FC2ブログ
訪問日:2020年11月11日(水)

麺SAMURAI 桃太郎-1

本日のランチは、岩手県奥州市江刺に2016年9月1日にオープンした『SAMURAI桃太郎』へ!

こちらの店は食べログレビューによると
江刺にあった『居酒屋桃太郎』の店主が一念発起して、『麺処 ほん田』から2015年8月に独立した埼玉県蓮田市にある『麺処 いぐさ』の店主のもとで修業して

2016年2月からランチタイムに『麺処 ほん田』のDNAを受け継いだラーメンを提供開始するようになって
さらには、『居酒屋桃太郎』を閉店させて、別の場所にラーメン専門店を開業した店ということだったけど

『麺処いぐさ』の井草店主は、2015年8月7日に店をオープンする前から『麺処 ほん田』出身と公言していて
気になったので、オープン日に訪問して、「塩そば」と「つけ麺」をいただいた。

しかし、どちらも『麺処 ほん田』にカタチは似せていても、味もクオリティも大きく劣るものだったし
後から調べると、井草店主は東京駅にあった『麺処 ほん田』関連の店などで4年間働いていたことはあるけど、埼玉県内にあるラーメン店3店にもいて

『麺処いぐさ』を開店させる前は千葉県の柏市にある『麺屋 こうじ』にいて
それに、『麺処いぐさ』は、『麺処 ほん田』の本田店主公認の独立店ではないことも知った

それと、『麺処いぐさ』は、すでに閉店して、『つけ麺 らーめん GITTON(ギットン)』という店になっていて
経営者は同じだけど、井草さんは店にはいないという情報を得ていたので

本当にこちらの店で『麺処 ほん田』のDNAを受け継いだラーメンなんて食べられるんだろうかと思っていて
それが、ようやく、今日、岩手県奥州市の前沢に行く用事があって、確かめることができた。

12時12分12秒の書き入れ時に店へとやって来ると
店の駐車場は満車🈵🚗 

と思ったら、ちょうど食べ終わって、店から出てきたお客さんが車に乗り込んで帰るところで!
入れ替わりに駐車することができた♪


店頭には、タープの張られた外待ちのベンチに座って待つお客さんもいれば
立って待っているお客さんもいて

行列していなかったので、入店して、スタッフの女子に順番待ちの方法を聞いてみると
「食券を買ってください。」と言う。

そこで、券売機に1,000円札と500円玉を投入して
最初から食べようと思っていた「奥州いわいの鶏だし塩」と「鶏チャー丼」というサイドメニューのボタンを押して

さらに、スタッフの女子の指導で、タッチパネルの人数と希望する席をタッチ!
最後に「発券する」にタッチすると、食券と整理券が発行された。


麺SAMURAI 桃太郎-2

なお、こちらの店はメニューが豊富で!
「奥州いわいの鶏だし(醤油・塩)」他に「煮干し中華そば」、「煮干し豚骨」、「魚介豚骨(醤油・塩)」、「はまぐり(醤油・塩)」、「鶏はまぐり」、「鶏白湯」、「辛鶏白湯」、「まぜそば」とあって!


「替え玉」の他に流行りの「和え玉」まであった。
さらに、「冬期限定」で「ゲリラ提供!!」と書かれた「鶏白湯味噌ラー麺」もあって!


麺SAMURAI 桃太郎-3

今日は、『麺処 ほん田』のDNAを受け継いだラーメンなのか検証するために鶏だしの塩ラーメンにしたけど
食べてみたいメニューがいっぱいある!

それと、これは、後で、写真を整理していて気づいたことたけど
券売機に貼ってあったラヲタシールに「雨ちゃん」のシールもあって!

「雨ちゃん」とは、『麺処 ほん田』本田店主公認の独立店である東京・十条にある『雨ニモマケズ』の店主だけど
雨ちゃんは、どうして、ここに来たんだろうか!?

雨ちゃんは岩手出身だったはずだから、帰省したときに寄っただけだと思うけど
雨ちゃんが何を食べて、どう思ったのか気になる

そうして、少し、車の中で待って、もう、そろそろかと思って外に出てみると
スタッフの女子から番号を呼ばれて、入店!

2人掛けのテーブル席へと案内されたんだけど
テーブル毎にパーテションで仕切られていて、各テーブルにも消毒液があって、コロナ対策も万全!

そうして、少し待つうちに完成した「奥州いわいの鶏だし塩」と「鶏チャー丼」がスタッフの女子によって配膳されて
「鶏チャー丼は、山葵を醤油に溶いて、お召し上がりください。」という説明があった。

麺SAMURAI 桃太郎-4麺SAMURAI 桃太郎-5

供された「奥州いわいの鶏だし塩」は、豚肩ロース肉鶏ムネ肉の2種類のレアチャーシューに小松菜メンマカイワレ、海苔が盛りつけられて
色紙切りされたネギが散りばめられた美しいビジュアルのラーメン♪

麺SAMURAI 桃太郎-6麺SAMURAI 桃太郎-7

色紙切りされたネギが散りばめられているのとレアチャーシューが使われていて
ビジュアルは『麺処 ほん田』っぽくもあるけど
まずは、「フランス産やモンゴル産の天日塩など数種類の塩をブレンドした黄金に輝く奥州いわいどりスープ」と店のホームページに解説されていたスープをいただくと

鶏出汁のうま味にグルタミン酸のうま味!
さらに、スープには干し椎茸が入っていて、そのグアニル酸のうま味も出ていて!


しかし、動物系は鶏だけで、ゲンコツは使われていないし
煮干しや節の魚介系のうま味も入れてないし

香味油の味わいも全く違って
これは『麺処 ほん田』の本田店主の作る東十条時代のリニューアル前の塩ラーメンの味とも、リニューアル後の味とも、全然、違う!

それに、『麺処 いぐさ』で食べた「塩ラーメン」とも違う
でも、解説されていた数種類の塩だけではなく、白醤油のうま味も入れられたと思われるカエシとマリアージュした鶏出汁メインのスープは、個性的で、とても美味しいスープに仕上げられていた♪

麺も塩ラーメンに合わせるには太めの中太ストレート麺が合わされていて
『麺処 ほん田』の東十条時代リニューアル前の塩ラーメンの細ストレート麺とも、リニューアル後の手揉み麺とも全く違ったし

麺SAMURAI 桃太郎-8

でも、なめらかで、モッチリとした、やや、やわらかめの食感の中力粉で作った、うどんのような食感の麺で!
スープとの絡みという点ではミスマッチのようにも思えたけど、食感はとてもよかったし♪


スープも麺も『麺処 ほん田』とは別物だったけど
これはこれで、オリジナルの味わいのラーメンでいいと思う♪

だから、何で、この味で『麺処 ほん田』に『麺処 いぐさ』を標榜するのか疑問だったけど
後で店主のInstagramを見て、プロフィール欄に『金色不如帰』、『麺処 ほん田』、『麺屋 翔』リスペクトと書かれていたので!

ミシュラン1つ星の『金色不如帰』をリスペクトしていたから、「はまぐり」ラーメンも提供していることがわかったし!
きっと、この3店をリスペクトしながら、独自の味わいを築き上げたということなんじゃないかと思う。


そして、豚肩ロース肉のレアチャーシューは、『ほん田』イズムが感じられるもので!
レア感があって、しっとりとした食感に仕上げられていてよかったし♪


麺SAMURAI 桃太郎-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューも、同じく、しっとりとした食感に仕上げられていて!
黒胡椒のスパイシーな味わいがアクセントになっていてよかったし♪


そして、麺と具をいただいたところで、「鶏チャー丼」を
まずは、スタッフの女子のおすすめに従って、鶏ムネ肉のレアチャーシューの上に山葵を載せて、小皿の醤油につけて、いただくと

麺SAMURAI 桃太郎-10
麺SAMURAI 桃太郎-11

これも、悪くはないかったけど
でも、やっぱり、ここは「鶏茶漬け」だよね!

というわけで、「鶏チャー丼」にスープを掛けて、山葵を溶いて、セルフで「鶏茶漬け」にしていただくと
これは、間違いのない味わいで、美味しくいただけました😋

麺SAMURAI 桃太郎-12

ただ、この「奥州いわいの鶏だし塩」は、美味しいとは思うけど、特に好きなスープのラーメンでもなかったので😅
次回、もし、来る機会があったら、「はまぐり」の「醤油」を食べて!

今度はミシュラン1つ星のラーメン店との食べ比べをしてみたいな♪
ご馳走さまでした。


麺SAMURAI 桃太郎-13

メニュー:奥州いわいの鶏だし塩…800円/奥州いわいの鶏だし醤油…800円
煮干し中華(中太麺)…830円/煮干し中華(太麺)…830円

煮干し豚骨(細麺)…830円/煮干し豚骨(太麺)…830円
魚介豚骨塩(細麺)…830円/魚介豚骨塩(太麺)…830円/魚介豚骨醤油(細麺)…830円/魚介豚骨醤油(太麺)…830円

はまぐり(塩)…860円/はまぐり(醤油)…860円/鶏はまぐり…860円

まぜそば(300g)…860円/まぜそば(350g)…920円
辛鶏白湯(3辛)…820円/辛鶏白湯(2辛)…820円/辛鶏白湯(1辛)…820円/鶏白湯…800円

【冬期限定】鶏白湯味噌ラー麺…860円

替え玉…150円/和え玉…250円
特製…200円/メンマ…100円/チャーシュー…250円/煮卵…100円

ロースト丼…380円/スタミナ丼…400円/鶏チャー丼…380円/豚チャー丼…380円/みぞれ丼…380円/追い飯…200円


麺SAMURAI 桃太郎



関連ランキング:ラーメン | 水沢江刺



好み度:奥州いわいの鶏だし塩star_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5176-15d020f5