FC2ブログ
訪問日:2020年12月29日(火)

【新店】池田です!(仮)-1

本日のランチは、千葉市中央区に12月5日にオープンした『池田です!(仮)』へ!

今年の1月30日に突然閉店してしまった『零一弐三』のしょーくんこと池田店主が約10ヶ月ぶりに復活オープンさせた店で!
カタチとしては千葉県船橋市の東海神駅前から千葉市中央区に移転オープンしたってことになるのかな
!?

なお、食べログにもラーメンデータベースにも、『池田です!』で店名登録されているので、それに習って、『池田です!(仮)』とさせていただいているけど
実際には「名前のない店」としてスタートさせている。

なお、『零一弐三』に最後に伺った昨年11月には、しょーくんから、この店を閉店する話しと、新たに開店するときには屋号は付けないという話しを聞いていたので
おそらく、今後も「名前のない店」で行くんじゃないかと思う。

閑話休題。
そんな店へ、今日、ようやく、訪問することができる!


最寄り駅は千葉都市モノレールの葭川公園駅で、徒歩5分!
しかし、京成千葉線の千葉中央駅からも9分で行けるので!


こちらからアクセスして、11時15分になる時間に店へとやって来ると
15人ほどのお客さんが行列を作って待っていたんだけど

【新店】池田です!(仮)-3

思った以上に多い
しょーくんはTwitterで店の住所を明らかにしていない。

ただ、地図を公開していて、店の隣が「三恵シティホテル」で!
私は、このホテルを目印にやって来た。


【新店】池田です!(仮)-2

でも、後で「池田です!」とググっただけで、住所が表示されたのには驚かされた
きっと、住所を知りたくて、検索している人が多いんだろうね。

なお、店頭には、池田店主の師匠である『ちばから』の長谷川大将からの開店祝いの花に
『Homemade ramen 麦苗』からの観葉植物が置かれていた。

【新店】池田です!(仮)-4

最後尾に11時25分に付いて!
35分ほど待って、入店すると


店内にもお客さんが7人ほど、立って待っていた。
15人待ちの割りには時間が掛かってると思ったけど、これなら仕方ないね


セミオープンキッチンの厨房には池田店主と男性スタッフ、女性スタッフが各1名。
そして、客席は、その厨房前に一直線に並ぶカウンター席9席と奥に4人掛けのテーブル席が1卓。


まずは、券売機で食券を購入する。
メニューは大きく分けて、「中華そば「煮干し」」と「濃厚にぼしつけ麺」の2種類!


【新店】池田です!(仮)-5

それぞれに「特製」と「味玉」付きか用意されていて
しかし、「チャーシュー」増しなどの単品トッピングはなし。

また、「味付け替え玉」はあったものの
『零一弐三』時代にあった「炊き込みご飯」もメニュー落ちしていた。

「特製中華そば「煮干し」」の食券を買って、列の後ろに並ぶと
女性スタッフその人が食券を回収にきて

「醤油か塩のどちらになさいますか!?」と聞かれて…
「醤油!」と即答!

その後、しばらく、厨房のも様子を眺めていると
『零一弐三』のとき同様、ラーメン作りはしょーくんが1人で行っていて

スープを温めて、麺を茹でて
相変わらず、手を休めることなく、鬼のオペレーションで、ラーメンにつけ麺を作り続けていた🤣

この後、席へと案内されて、しょーくんのワンオペで作られたラーメンがしょーくん自らの手で出されたのが到着から50分後!
できれば、並び直して、「濃厚にぼしつけ麺」も食べてみたいとは思ったけど、また、50分待つのはつらいものがあるかな
😓

供された「特製中華そば「煮干し」」は、まず、木製の小ぶりなスプーンの中に味玉をセットして!
豚バラ肉の煮豚豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏モモ肉のローストチャーシュー、玉ネギ、小ネギ、海苔がキレイに盛りつけられたラーメン♪


【新店】池田です!(仮)-6【新店】池田です!(仮)-7【新店】池田です!(仮)-8

まずは、煮干し香るスープをいただくと
しょーくんの味だ!

池田店主の作るスープは、池田店主のもう1人の師匠である『中華ソバ 伊吹』三村店主譲りの「淡麗中華ソバ」がベースになっている。
しかし、煮干しの構成やスープの炊き方を変えているからか
!?

また、師匠とは違う味わいで!
師匠のスープも好きだけど、しょーくんのスープもいい♪


そして、しょーくんの作るスープは、師匠のスープと共通して言えることだけど
煮干しと水だけで作った清湯スープといったら、普通は淡麗な味わいのはずなのに、煮干しが濃厚なこと!

そして、背黒の力強いうま味といりこのうま味、甘味が口いっぱいに広がるスープで!
背黒のビターさもあって!


ニボラーには、たまらない味わいのスープに仕上げられていること
やっぱり、しょーくんの作るスープは、マジで美味しい😋

そして、夏に青森県の弘前に行ったときに、『麺屋 謝(いやび)』でいただいた「煮干しそば」は、リョーマ店主が池田店主から手解きを受けて作る池田店主リスペクトのラーメンで!
そのときは、このしょーくんのラーメンの味わいに感じられて、スゴく美味しいと思ったけど、やっぱり、本物は、もっとスゴかった♪


麺は、切刃22番の中細ストレートの自家製麺で!
つるパツな食感の加水率低めの中加水麺で!


【新店】池田です!(仮)-9

他の有名な煮干しラーメンの店が使う製麺所のザクパツな食感の低加水麺に比べると、やや、やわらかめに感じられる。
個人的には、ザクパツな食感の麺に慣れてしまっていることもあって、もう少しカタめの食感の麺の方が好み♪


でも、スープとの絡みは、とてもいいし!
それに、しょーくんの作る麺は、煮干しラーメンに使用される麺では、あまり感じられない小麦粉のうま味を感じられるのがいいんだよね♪


3種類のチャーシューは、どれもよかった♪
まず、豚バラ肉の煮豚は、ノーマルなものと炙ったもの!


どちらも、豚肉のジューシーさを感じるものでよかったし!
炙りチャーシューは、さらに、香ばしい香りが、とてもよかったし♪


【新店】池田です!(仮)-10【新店】池田です!(仮)-11

低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューは、火入れの状態もよくて!
しっとりとした食感に仕上げられていて!


噛めば、肉のうま味も感じられて!
これ、単品トッピングで用意されていたら、絶対、トッピングして食べたい逸品だね♪


鶏モモ肉のローストチャーシューは、食感は、やや、カタめ
しかし、噛む度に肉のうま味がジュワジュワと滲みでてくるチャーシューで絶品だったし😋

そうして、最後は、もちろん、スープも全部飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。

【新店】池田です!(仮)-12

PS 店を出て、まだ、お腹に余裕があるので、すぐ近くに今年の6月20日にオープンした『ラーメン二郎 千葉店』へ!
麺半分、豚半分の『ミニ』をヤサイ、ニンニク、アブラで食べるつもりが


店頭には20人超の行列ができていた😓
やっぱ、『二郎』半端ないわ😫

【新店】池田です!(仮)-13

メニュー:特製中華そば「煮干し」…1080円/味玉中華そば「煮干し」…930円/中華そば「煮干し」…830円
味付き替え玉…250円

特製濃厚にぼしつけ麺…1150円/味玉濃厚にぼしつけ麺…1000円/濃厚にぼしつけ麺…900円
中盛り券250g…50円/大盛り券350g~400g…150円

子供ら~めん…500円/マスク…30円


池田です!



関連ランキング:ラーメン | 葭川公園駅千葉中央駅県庁前駅



好み度:特製中華そば「煮干し」star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5169-fad6c3b3