FC2ブログ
訪問日:2020年12月24日(木)

らーめん よっちゃん(仮)-1

本日のランチは、仙台市青葉区八橋にある『らーめん よっちゃん(仮)』へ!

家系ラーメン店出身の店主が作る鶏白湯スープのラーメンが人気の店!

「やきとりSAIでランチタイムにやってるらーめん屋」という名称(?)で2014年4月にオープンしたという情報だったので!
焼鳥屋を間借して営業開始したのかな
!?

その後、現在の場所に移転して2015年4月8日に『らーめん よっちゃん(仮)』という仮名で店をオーブン!
しかし、オープンから5年8ヶ月も経つというのに、まだ、仮名で営業を続けている
🤣

そんな店を知ったのは、例年、夏期限定で提供されている「マリンブルーの風に抱かれて」という青いスープのラーメンが販売されているのをTwitterで見て!
「青いスープのラーメン」といえば、東京の東京スカイツリーのお膝元である本所吾妻橋から渋谷に移転した『吉法師』が有名!


『吉法師』では、青いスープの他に緑のスープのラーメンも出していて!
インスタ映えするということで、SNSで話題に上がっていた♪


そして、この「青いスープのラーメン」!
歴史を遡れば、2005年に横浜中華街の『中国名菜 廣東』という広東料理の店(今は閉店して『隆蓮』という店になっている)で食べている方がいて


これは、横浜ベイスターズの優勝記念に作られたラーメンで!
別名「ベイスターズラーメン」と呼ばれていたそうだけど


閑話休題。
ただ、「青いスープのラーメン」には抵抗があって、食べたいとは思わないので、『吉法師』には行っていない。


だから、仙台にも「青いスープのラーメン」を出す店があるんだなということを知っただけで、食べに行こうとは思わなかった。
それに、鶏白湯ラーメンは嫌いじゃないけど、特に好きでもないので、仙台に移住してからも、こちらの店へ訪れることはなかった。


そんな店に行ってみようと思ったのは、クリスマス限定で「鴨白湯・塩」を食べている人のツイートとラーメンの画像がTwitterのTLに流れてきて!
大好きな鴨ロースがいっぱいトッピングされて!


白いスープの上にカラフルなあられが散りばめられたラーメンの画像を見て一目惚れしたから🥰
でも、いつまで提供されているのかわからないので、店主のTwitterを見に行ってみると

らーめん よっちゃん(仮)-12

クリスマス・イブ・イブの23日からクリスマス当日の25日昼までの提供ということで!
明日のクリスマス・イブのランチは、これに決まり♪


だったはずなのに
その日の夜営業が終了すると

らーめん よっちゃん(仮)-13

23日から販売して25日の昼まで持つ予定のはずが、23日1日で終了って😣
何食分用意したんだろうか!?

でも「鴨清湯・醤油」をやると言うので
ただ、「ある材料フル活用してこれから諸々仕込む」ということだったけど

限られた材料で、どれだけのスープがとれるのか!?
また、どれだけのクオリティのスープができるのか、ちょっと心配… 

でも、鴨清湯スープのラーメンは鴨白湯スープのラーメン以上に好きなので🥰
そこで、明日は、売り切れないように、開店15分前には訪問しよう!

と思っていたくせに、出発か遅れて
さらに、渋滞に巻き込まれてしまって

店の近くのコインパーキングに車を停めて、店頭へと、やっと来ることかできたのは11時53分
すると、店内は満席のようで、3人のお客さんが外待ちしていたんだけど

でも、これでも、まだ、よかった。
4番目で待っていると、この後、数分の間に5人のお客さんが私の後ろに付いたので


いいタイミングで来れたのかもしれない♪
9分ほど待って、入店して


店を入って、すぐ右にある大型の券売機で食券を購入する。
限定のボタンはどこにあるのか
!?

いつもなら、まず、ボタン探しから始まる
しかし、今日は、手書きのメモが「限定1」のボタンの下に貼り付けられていたので、すぐに、わかった🤣

らーめん よっちゃん(仮)-2

なお、券売機には、おすすめの左上から鶏白湯の「しょうゆ」、「しお」、「みそ」とボタンが並んでいて!
やっぱり、ここは鶏白湯押しの店なんだということがわかった!


限定と〆の鴨雑炊にするための「半ライス」の食券を買って
8分ほど待つうちに、席が空いた。

オープンキッチンの厨房を取り囲むように造られたL字型8席のカウンター席の1席について、カウンターの上に2枚の食券を上げて、ラーメンができるのを待つ。
厨房では店主のワンオペでラーメンが作られていて


3個作りされたラーメンを完成させて、先客に出すと
すぐに、また、手早くラーメンを3個作りしていく

鬼のオペレーションでラーメンを作り続ける店主!
そうして、作られた「鴨清湯しょうゆ」の一つと「小ライス」が私にも供された。


らーめん よっちゃん(仮)-3

鴨ロースのレアチャーシューが大小合わせて5枚に🦆
穂先メンマ、小口切りされた九条ネギ糸唐辛子がトッピングされた美しいビジュアルのラーメン♪

らーめん よっちゃん(仮)-4

まずは、せっかくのピンク色した鴨ロースのレアチャーシューが、スープの熱で変色してしまわないように🦆
「小ライス」の上に移動させて

らーめん よっちゃん(仮)-5らーめん よっちゃん(仮)-6

そして、ふわっと鴨が香り♪
カエシの醤油が芳醇に香るスープをいただくと


らーめん よっちゃん(仮)-7

カモщ(´Д`щ)カモ-ン
野田鴨で出汁を引いたというスープは、鴨出汁のうま味が口いっぱいに広がる極上の味わいのスープで🎵

正直、鴨白湯スープを作った余りの材料で作るスープだし
どんだけ鴨が感じられるのか!?

実際には、鴨は鴨脂くらいしか感じられないんじゃないか!?
そう思って、ハードル下げてきたのに(;^_^A アセアセ・・・

失礼しました🙇
しかし、これだけ鴨を感じるスープを味わったのは、いつ以来だっただろうか!?

めちゃくちゃ美味しくて😋
東京の有名鴨ラーメン専門店をも凌ぐような味わいのスープだったのには驚かされた😮

鴨白湯のラーメンは食べられなかったのでわからないけど
もともと、白湯スープが得意なんだろうから、この鴨清湯スープと鴨白湯スープの2つのスープで、鴨ラーメンの2号店オープンさせちゃってください♪

麺は、細ストレートの昔ながらの中華麺って感じの麺が合わせられていて
味も食感も町中華の店で使われている中華麺のようだったのが😑

らーめん よっちゃん(仮)-8

券売機の貼り紙には、「細麺ですが中太ちぢれに変更可です。」とあって!
この麺が出てくると知っていたら、絶対、変更していたのに


これだけ美味しいスープだから、この麺でも、それなりに美味しくはいただけたけど
もう少し、このスープに合った麺を合わせてくれたら、もっと凄みのある一杯に昇華するはずなので

鴨ロースの下に隠れていた穂先メンマは、やわらかくて
穂先部分のシャクシャクとした食感がたまらなくよかったし♪

らーめん よっちゃん(仮)-9

そうして、麺と穂先メンマを食べきったところで
「鴨ロース オン・ザ・ライス」にセルフでスープと九条ネギを掛けて「鴨雑炊」にしていただくと

らーめん よっちゃん(仮)-10らーめん よっちゃん(仮)-11

鴨ロースのレアチャーシューは、分厚くカットされていて
鴨ムネ肉のうま味を存分に味わえる逸品で、最高に美味しかったし😋

鴨出汁のエキスを吸ったご飯が、また、とても美味しくて😋
最後まで美味しく完食♪

しかし、鶏白湯スープのラーメンが有名な店なので!
鴨白湯スープも美味しくできるのかなとは思っていたけど


鴨清湯スープも、これだけ美味しくできるんだったら、鶏清湯スープも美味しいかもしれないので!
次回は鶏清湯スープの「ラーメン」か
!?

あるいは、さらに、「ラーメン」のスープを濃厚にしたという「超強・淡麗」を食べてみようかな!?
ご馳走さまでした。



メニュー:味玉鶏白湯しょうゆ…950円/鶏白湯しょうゆ…850円
味玉鶏白湯しお…950円/鶏白湯しお…850円
味玉鶏白湯みそ…1000円/鶏白湯みそ…900円

味玉ラーメンしょうゆ(細麺)…850円/ラーメンしょうゆ(細麺)…750円
味玉ラーメンしお(細麺)…850円/ラーメンしお(細麺)…750円

油そばしょうゆ味玉入り…750円/油そばしょうゆ…650円/油そばしお味玉入り…750円/油そばしお…650円

強・淡麗…800円/超強・淡麗…850円
新鶏白湯X(にんにく入)…950円/ガーリックマヨまぜそば…800円

【クリスマス限定】鴨清湯しょうゆ…900円

鶏皮丼…250円/辛みそごはん…200円/ライス…200円/半ライス…100円
チャーシュー…200円/味玉…100円/にんにく…50円/麺増し(半玉)…100円


よっちゃん(仮)



関連ランキング:ラーメン | 川内駅国際センター駅東北福祉大前駅



好み度:鴨清湯しょうゆstar_s45.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5168-001067ce