fc2ブログ
訪問日:2020年10月29日(木)

麺☆屋 MARU【四】-1

本日のランチは、先週に続いて仙台市宮城野区にある『 MARU』へ!

こちらの店はG系ラーメンを出す店!
しかし、時折、淡麗な鶏清湯スープのラーメンを限定で出していて


5月27日に、こちらの店に2度目に訪問したときに
そのまんま「淡麗」という名のG系ラーメンとは対極にある意識高い系の醤油ラーメンをいただいた。

これが、鶏出汁ベースの鶏と蛤のうま味が、よく出たスープで!
昆布や魚介のうま味がスープをサポートしていて、とても美味しいスープだったし!


全粒粉が配合された切刃24番の細ストレートの自家製麺も、カタめで、パツっと歯切れのいい!
好みの食感の麺が合わせられていてよかった♪


そこで、次は塩ラーメンを食べてみたいな♪
なんて思っていたら、なぜかTwitterで、いきなりの休業宣言
😑

その後も、一向に営業再開しないので
このまま、フェードアウトしてしまうんだろうなと思って、この店のことは忘れていた。

営業再開しているのを知ったのは先週!
そして、「ZERO」という淡麗ラーメンが限定で提供されていることも知って、さっそく、食べにいったところ


「ZERO(醤油)」と「ZERO(塩)」が用意されていて
いただいた「ZERO(塩)」のスープは、以前の「淡麗」よりも、さらに美味しく進化していて!

鶏のうま味が増して!
スープのコクも増していた♪


麺も中太ストレートの自家製麺を店主が手揉みして縮れを付けた麺で!
ランダムに付けられた縮れがコクうまのスープを持ってきてくれて、めちゃめちゃ美味しかったし
😋

仙台市街で食べた塩ラーメンの中では一番美味しいラーメンかも🥇
もっとも、仙台市内でも、市街から離れた山の中や、仙台市郊外には、地鶏を使って作る、もっと、突き抜けたスープのラーメンを作る店もあるけどね。

でも、もう、G系ラーメンの店主が作る意識高い系ラーメンなんて言ってる場合じゃない!
そして、店主は、このラーメンを仙台では超有名な店のインスパイアだなんて話していたけど


この一杯は、もうすでに、その店のラーメンの上を行っているので!
もっと、さらなる高みを目指して欲しいと思っている。


そんなラーメンを出す店に間を置かずに、今日は「ZERO(醤油)」を求めて訪問!
店指定の駐車場に車を停めて、ちょうど、午後の1時になる時刻に入店すると


店内はお客さんでいっぱい!
「満席!?」


厨房にいた新人スタッフの人に聞くと
L字型カウンター席の左奥の席が空いているという

新型コロナウィルス感染症対策の不透明なプラスチックの仕切りがあって、わからなかったけど
でも、以前、あそこに席、あったかな!?

コロナ禍の影響で減らしていた席を元に戻したとか!?
店主に確かめようと思ったけど、結局、聞き忘れてしまった😅

券売機で、前回同様、「ラーメン、並」の食券を買い求めて、空いていた席につくと
新人スタッフの人が食券を回収にきたので

麺☆屋 MARU【四】-2
麺☆屋 MARU【四】-3

「ゼロの醤油で!」と言って食券をカウンターの上に置くと…
「ラーメン作って、台湾作ってから作りますので、お時間掛かりますけど、いいですか!?」と聞かれて…

「いいですよ!」と答えて、待つこと18分。
店主によって作られた「ZERO(醤油)」が着丼!


麺☆屋 MARU【四】-4麺☆屋 MARU【四】-5

店主手揉みの太縮れ麺の上に親鶏チャーシューメンマ、ザク切りされたネギが載るシンプルな装いのラーメン!
しかし、驚いたのはスープの色
😮

5月に「淡麗」の醤油ラーメンをいただいたときには、濃口醤油と再仕込み醤油をブレンドしたような味わいの濃い色合いのスープだったのに
今日の、薄口醤油を使った関西のうどんのようなスープになっていた

さっそく、スープをいただくと
前回の「ZERO(塩)」同様、鶏出汁のうま味が口いっぱいに広がるスープで♪

麺☆屋 MARU【四】-6

前回よりも、スープに厚みが感じられて、うま味も強いような!?
ゲンコツも入れたのか!?

でも、スープには豚はいない
後、考えられるのは貝だけど

確かに、ほんの僅かに蛤出汁のうま味を感じる
ただ、前回の「塩」よりも強くはないので

前回のブログには塩ダレに蛤を使っているんじゃないかと書かせていただいたけど
スープにも使っていたんだね!

そして、前回の塩ではストレートにスープの出汁のうま味が感じられたのに
こちらは、出汁のうま味とともに、この淡い味わいの醤油と味醂のカエシのうま味の合わせ技で食べさせるスープに仕上げられていて!

それに、カエシに使われていた醤油は、薄口醤油に見えたけど、濃口醤油と白醤油だね!
きっと


これが、このスープと見事に調和して!
「塩」も美味しかったけど、「醤油」も、めちゃめちゃ美味しい
😋

しかし、鶏と水、あるいは、鶏と魚介を合わせたバランス系の醤油ラーメンといったら、カエシに生揚げ醤油を使うのがトレンドになっていて!
どこの店でも、鶏清湯スープの醤油ラーメンといったら、濃い色合いのスープなのが当たり前の中にあって、このカエシと合わせてきて


それで、美味しいのだから😋
言うことなし♪

そして、麺は、前回同様の切刃14番の太ストレート麺を店主が手揉みして仕上げた麺で!
G系のゴワゴワとした食感の低加水の麺ではなく


麺☆屋 MARU【四】-7

しかし、モッチリとしたコシのある多加水麺でもなく
プリッ、ムチッ、モチッ

中加水の太麺を手揉みして、不規則な縮れが付けられた麺は、場所によって、食感の違いがあって、とても面白かったし♪
麺に付けられた縮れがスープを拾ってくれて、美味しくいただくことができたし
😋

そして、トッピングされた親鶏のモモ肉のチャーシューは、低温調理して仕上げた手の込んだ一品で!
適度な歯応えがあって!


麺☆屋 MARU【四】-8

鶏モモ肉のうま味が滲み出てくる美味しいチャーシューでよかったけど
ただ、これも、前回のブログに書かせていただいたので、詳しくは、そちらをご覧いただければと思いますけど

某有名店のラーメンをインスパイアしたラーメンだからと、無理に親鶏のチャーシューを使わなくても
以前にいただいた「淡麗」に使われていた豚肩ロース肉のレアチャーシューに鶏ムネ肉のレアチャーシューの方が味もクオリティも高いので、そちらの方がいいんじゃないかと思う。

さらに、コリコリとした食感のメンマにザクザクとした食感のネギも、とてもよくて♪
最後は、今日もスープの最後の一滴まで飲み干して完食
😋

麺☆屋 MARU【四】-9

なお、前回は、この後、その日にグランドオープンする新店に食べに行く予定だったので、連食は控えて、一杯だけで終わらせたけど
今日は、そんなこともなく

それに、同じスープで、前回いただいた「塩」を食べて!
「醤油」との比較もしてみたかったので!


店主に連食していいか尋ねると
喜んでということだったので🤣

席を立って、券売機で、再度、「ラーメン、並」の食券を購入すると
もう、ラーメン作りに入っている店主!

そうして、完成した「ZERO(塩)」が着丼!
先ほどとはスープの色が違うだけで、手揉みの太縮れ麺の上に親鶏チャーシューメンマ、ザク切りされたネギが載る塩ラーメン!


麺☆屋 MARU【四】-10麺☆屋 MARU【四】-11

と思ったら、店主から
「塩味のチャーシューも1枚入れておきました。」

「ラーメン屋は、どこの店も、醤油でも塩でも同じチャーシューを使います。」
「でも、醤油だったら醤油味のチャーシューを、塩だったら、塩味のチャーシューにしたくて、試作しました。」

なんて話していたけど
まずは、クリアーなスープをいただくと

麺☆屋 MARU【四】-12

やっぱり、こちらの方が鶏のうま味が、さらに強く感じられる♪
それと、鶏油がスープにうま味とコクを与えていて、こちらも、めっちゃ美味しい
😋

そんな感想を店主に話すと
「鶏油には比内地鶏の鶏油を使ってます。」と教えてくれて、スープは親鶏で出汁を引いていることがわかったけど

でも、誤魔化しのきかない「塩」で、これだけ美味しいスープが作れるのは
しかも、無化調で作れるののはスゴい♪

そして、先ほどの「醤油」スープとの大きな違いは、蛤のうま味が、先ほどよりも強く感じられたことで!
これは、スープにも塩ダレにも蛤が使われている証拠だと思ったので、店主にそれを言うと


「よくわかりましたね」
「スープに蛤を使用していることは公表していなかったのに…」


やはり、そうだった!
しかし、前回のブログにも書かせていただいたけど、蛤は先ほどよりも主張はしていたものの、あくまで、主役は鶏!


鶏のうま味で食べさせるスープに仕上がっていた。
そこに、店主から


「醤油と塩では、どっちがよかったですか!?」という質問があったので!
「醤油!」と即答すると…

珍しく、ニヤッと笑って、喜びの笑みを浮かべていたけど
「醤油」は、個性的でオンリーワンの味わいだったので、そう思っただけで、「塩」も負けず劣らず美味しい😋

麺は、先ほど同様の太縮れの手揉み麺て!
プリッ、ムチッ、モチッとした食感が面白いし♪


麺☆屋 MARU【四】-13

不規則に付けられた縮れがスープを持ってきてくれて、こちらも美味しくいただけた😋
ただ、この麺もいいとは思うけど、特に「塩」は、細麺で食べたいかな!

親鶏のチャーシューのうち、塩味のものは
しょっぱい😫

麺☆屋 MARU【四】-14

これは失敗😓
もっと、塩分控えめに味付けないと

醤油味の方は、先ほどと同じで、美味しくいただけたけど
でも、醤油ラーメンには醤油味のチャーシューを!

塩ラーメンには塩味のチャーシューをという店主の考えは、とても、いいと思うし!
塩加減の調整でよくなるのもわかってはいるけど


ただ、繰り返しになるけど、店主の作る豚と鶏のレアチャーシューは絶品なので!
親鶏チャーシューにこだわる必要はないと思う。


コリコリのメンマとザク切りのネギは、先ほど同様、食感が最高だったし!
こちらもスープを飲み干して完食
😋

麺☆屋 MARU【四】-15

帰りがけに店主から
「今度、細麺のZEROやりますよ。」

「そのときは、チャーシューも、親鶏やめます。」
なんて話しがあったので!


これは、また、食べに来ないといけないね♪
ご馳走さまでした。


麺☆屋 MARU【四】-16

メニュー:ラーメン、小…750円/ラーメン、並…800円/ラーメン、大…900円
汁なし、小…800円/汁なし、並…850円/汁なし、大…950円

つけ麺、並…950円

野菜増し…50円/肉増し(5枚)…300円
カレーチーズ…150円/チーズ…100円/刻みしょうが…100円/紅しょうが…100円/白髪ネギ…100円/電電激辛…100円/チ―マージャン…50円/あげ玉…50円/フライドオニオン…100円/生卵…100円/コーン…50円

半ライス…100円/ライス…150円

【限定】ZERO(醤油・塩)…800円


麺☆屋MARU



関連ランキング:ラーメン | 苦竹駅東仙台駅陸前原ノ町駅



好み度:ZERO(醤油)star_s45.gif
ZERO(醤油)star_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5124-3ed9b883