fc2ブログ
訪問日:2020年10月16日(金)

NoodleSpice curry 今日の1番-1

本日のランチは、埼玉県川口市に今年の6月20日にオープンした話題の煮干しラーメンとスパイスカレーの店「Noodle&Spice curry 今日の1」へ!

朝6時30分から営業して、500円ワンコインの「煮干かけソバ」と「煮干かけソバ」に日替わりのスパイスカレーのセットを1,000円で販売する!

そして、提供される「煮干ソバ」にスパイスカレーは、どちらも専門店並みの本格的なもので!
とても美味しいと評判の店で!


仙台から帰省するときに食べに行くつもりで
7月の4連休と8月のお盆休みに2度訪問を試みた。

しかし、1度目は、チャーシュー切れで朝営業のみ
昼営業は臨時休業になってしまい😣

2度目は店主の体調不良による臨休で、2度フラれてしまった😫
今日が3度目のトライになるけど、朝6時24分のTwitterのツイートを見る限りは、「本日朝、昼、夜の3部営業です。」ということだったので、たぶん、大丈夫。

ただ、1度目に訪問しようとしたときも、その後のツイートで昼営業が急遽、休みになったので😓少し大きい文字
その後もTwitterをチェックしていたところ

8時37分のツイートで、10時から昼営業をするとツイートしていたので、一安心😌
ただ、一つだけ残念だったのは、「濃厚はイカとアジ煮干入です。」とツイートしていたこと

私は煮干しラーメンが好きで♪
今まで、何百杯も煮干しラーメンを食べてきているけど


唯一、苦手なのが、烏賊煮干しの風味😨
だから、一番好きで、一番多く通っている『中華ソバ 伊吹』でも、烏賊煮干しが使われたラーメンだけは食べない😞

しかし、昨日も、山形市に行く機会があって、『やきとり遊喜』が木・金のみのランチタイムに『鶏そば 遊喜』として営業する店に行くことができたというのに
店頭に、この日の営業は限定ラーメンのみの告知がされていて

鶏そば 遊喜

この限定ラーメンというのが、何と烏賊煮干しで作った「烏賊そば」😕
レギュラーメニューの「鶏そば」を食べたかったのに、仕方なく撤退せざるを得ないという悔しい思いをしたばかりだというのに

なかなか来れる機会もない店なので、できれば、「煮干ソバ」と「濃厚煮干ソバ」の連食をしたかったのに
でも、スパイスカレーを食べればいいか♪

そうして、東京で一仕事して、店のあるJR京浜東北線の川口駅へとやってきて
駅西口から徒歩8分の店へとやって来ると

6人のお客さんが外待ちしていた。
後ろに付いて待つ。


すると、この後、食べ終わったお客さんが出てきても、待っているお客さんを入店させない
それが続いて、16分待って、ようやく、入店することを許されたんだけど😅

こちらの店は、そのロットのお客さんが食べ終わるまで、次のお客さんを入れない「入れ替え制」が実施されていた。
二郎系の店などでは、よくある風景だけど、普通のラーメン店では珍しい。


そして、前の6人のお客さんが入店した後に、スタッフのお姉さんから
「お一人様ですか?」と言われて…

「はい!」と答えると…
「どうぞ♪」と言われて、入店。

すると、8席あったカウンター席のうち、入口に一番近い席が1席のみ空いていた。
そして、店内では、まだ、1人だけ食べていたお客さんがいたので、この回は7人のお客さんの入れ替えということになった。


そして、まずは、入口付近に掲げられたホワイトボードで本日のメニューを確認して
その右隣にある券売機で食券を購入する。

NoodleSpice curry 今日の1番-2NoodleSpice curry 今日の1番-3

ホワイトボードには、「本日の煮干」と書かれていて
本日、販売されている「煮干ソバ」に「濃厚煮干ソバ」に使用された煮干しに、その他の材料の種類が掲載されていた。

「煮干ソバ」は、「九十九里✕愛媛✕京都小羽✕カマス✕岩手片口✕乾物✕鶏」。
「濃厚煮干ソバ」は、「九十九里背黒✕アジ✕イカ✕乾物✕豚鶏」。


もう少し、わかりやすく説明すると
「煮干ソバ」に使用した煮干しは、千葉県九十九里産の背黒(青口煮干し)、愛媛産の瀬戸内のいりこ(白口煮干し)、京都産背黒の小型の煮干し、カマス煮干し、岩手県産の背黒ということで

「岩手片口」の「片口」とは!?
片口イワシの煮干しという意味で、上記の煮干しでは、カマス以外は、すべて、背黒(青口煮干し)もいりこ(白口煮干し)も片口イワシの煮干し。

「背黒」というのは!?
九十九里のような外海で獲れる片口イワシの煮干しで、背の部分が黒いので、そう呼ばれる。

青口煮干しとも呼ばれて
「九十九里背黒」、「長崎背黒」、「八戸青口」など、産地によって呼称が違う。

「いりこ」は、主に西日本で呼ばれる煮干しの総称でもあるけど
実際には、瀬戸内海で獲れる片口イワシの煮干しのこと。

白口煮干しとも呼ばれて
「背黒」同様、こちらも「伊吹いりこ」、「愛媛白口」、「広島白背」の呼称で呼ばれる。

「小羽(こば)」とは、小型の煮干しのこと。
煮干しは、その大きさから、大羽(約8cm以上)、中羽(約6~8cm)、小羽(約4~6cm)、かえり(約3~4cm)に分類される。

切りがないので、これくらいにしておきますが😅
「濃厚煮干ソバ」に使用されたアジ、イカは、鯵にスルメイカの煮干しのこと。

そして、今日は、この「煮干ソバ」、「濃厚煮干ソバ」の2種類のラーメンの他に「つけソバ」に「まぜソバ」も用意されていて
スパイスカレーは「1種」、「2種」の2種類。

本日の「1種」は魯肉飯(ルーローハン)で、これは、豚肉のこま切れを甘辛く煮込んで、ご飯の上にかけた台湾料理
スパイシーカレーではないご飯ものが用意されていて

「2種」は、この「魯肉飯」とキーマカレーの合いがけ!
これを見て、券売機で「煮干ソバ」と「セット スパイスカレー 2種」の食券。


さらに、「特製」にするか「肉増し」にするか、少し迷って
「特製」の方がお得なんだろうなと思いながらも、特に味玉は食べたいとは思わない人なので、「肉増し」トッピングの食券も買って席へとついて

食券をカウンターの上に上げると
順番に食券を回収していく店主!

そして、先客4人のラーメンを作り終えたところで
次に先客2人と私のラーメンを3個作りし始める店主。

そして、ラーメンができる前に、まず、お姉さんから「魯肉飯とキーマカレーの合いがけ」が提供されて
すぐに、完成したラーメンも、「濃厚煮干ソバです。」と言って、先客2人に続いて、私にも「濃厚煮干ソバ」が出されたので

「違います。」
「煮干ソバですよ。」
と言うと…

すぐに間違えに気づいた店主から
「すぐに作り直します。」

せっかく作ったラーメンが無駄になるのは忍びないので、こういう場合、大概は
「いいですよ!」と言って受け取る。

しかし、今日だけは
烏賊煮干しを使った「濃厚煮干ソバ」だけは、申し訳ないけど、食べたくないので😓

なお、新たにラーメンができるまでは、カレーは放置プレイ
冷めてしまうけど、カレーを先に食べてしまうと、ラーメンの味わいがわからなくなってしまうので

そうして、作り直された「煮干ソバ」の「肉増し」が
「お待たせして、申し訳ありません。」という店主のお詫びの言葉とともに着丼!

NoodleSpice curry 今日の1番-4NoodleSpice curry 今日の1番-5

「肉増し」にしたので、豚肩ロース肉鶏ムネ肉の低温調理されたレアチャーシューが4枚ずつと
粗微塵切りされた玉ネギ、海苔がトッピングされた煮干しラーメン!

NoodleSpice curry 今日の1番-6

まずは、煮干しが香るスープをいただくと
背黒の力強いうま味が口の中に広がるスープで

NoodleSpice curry 今日の1番-7

いりこのうま味に甘味も感じられて…
そして、煮干しの、ほんのりとしたビターさも感じられて

そして、京都小羽や愛媛もコストの高い煮干しだけど
九十九里背黒も「特撰」と呼ばれる価格の高い上者の煮干しが使われているのか!?

感じるのは上質な煮干しのうま味で♪
えぐ味はなく、最高に美味しい
😋

そして、さらに、昆布のうま味と
わずかながら、鯖節、宗田節と思われるうま味に酸味も感じられる、この味は!?

以前に、東武動物公園駅が最寄り駅で
しかし、駅からはだいぶ離れていて、車じゃないと行けない「アグリパークゆめすぎと」という「道の駅」の中にあった『煮干乱舞』という店で食べた500円ワンコインの「かけそば」スタイルの煮干しラーメンに似ているかな!?

でも、スープが、かなり、しょっぱかった記憶がある。
それに引き換え、このスープは、それほどでもない。


もちろん、大量の煮干しが使われているので塩分濃度は高い。
でも、その割りには塩分濃度が抑えられていたのもよかった♪


スープに合わされた細ストレート麺は、時間を計測しているうちに、40秒の時点で、気づいたときには、すでに茹で終えて、湯切りされた麺が、スープの張られたラーメン丼に納められていたので
おそらく、麺の茹で時間は20秒から30秒の間位と思われるけど

NoodleSpice curry 今日の1番-8

アルデンテに茹でられた麺は、カタめで、パッツンパッツンの煮干しラーメンの定番麺と博多とんこつラーメンに使用される麺の中間のような食感の麺で!
スープとの相性もいい♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、厚みがあって、火入れの状態もよくて!
しっとりとした食感に仕上げられていたのもよかったし♪


NoodleSpice curry 今日の1番-10

肉のうま味が中に閉じ込められた絶品のチャーシューで😋
トッピングする価値のある逸品だったし♪

NoodleSpice curry 今日の1番-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューも、厚みがあって
こちらも、しっとりとした食感に仕上げられていてよかった。

NoodleSpice curry 今日の1番-11

ただ、何枚も要らないので
できれば、豚肩ロース肉のレアチャーシューだけトッピングできるようにしてもらえると、ありがたいんですけど😅

刻み玉ねぎは、ビターな味わいの煮干しスープにはマストな薬味だし!
海苔もパリッとした上質なものが使われていてよかった♪


魯肉飯とキーマカレーの合いがけ」は、「魯肉飯」の豚バラ肉がトロットロに、やわらかくて煮込まれているのがよくて!
八角の香りも♪


NoodleSpice curry 今日の1番-12NoodleSpice curry 今日の1番-13

オイスターソースの味わいも!
甘辛い味付けもよかったし♪


「キーマカレー」は、スパイスの複雑かつ芳醇な香りが、とてもよくて♪
口に含むと、玉ねぎの甘みとスパイシーな香りが口の中に広がって、めちゃめちゃ美味しかったし
😋

ヨーグルトの酸味も!
アーリーレッドの甘味と辛味も!


ドライパセリの風味も!
このキーマカレーには、よく合っていたし♪


キューリのキューちゃんのような漬物も箸休めによかったし
美味しく完食😋

そうして、最後は、少し残っていたスープを飲み干してフィニッシュ!
「煮干ソバ」もスパイスカレーも評判通りの美味しさだったし
😋

次に、もし来ることができたら、「つけソバ」を、また、スパイスカレーをセットにして食べてみたいな♪
ご馳走さまでした。


NoodleSpice curry 今日の1番-14

メニュー:【朝限定】煮干かけソバ…500円/スパイスカレー…500円/煮干かけソバスパイスカレーとのセット…1000円/TKG…200円

特製煮干ソバ…1080円/煮干ソバ…780円
特製濃厚煮干ソバ…1200円/濃厚煮干ソバ…900円

和え玉…220円/和え玉ハーフ…220円

特製煮干つけソバ…1200円/煮干つけソバ…900円
特製煮干まぜソバ…1300円/煮干まっぜソバ…1000円

つけソバ・まぜソバ大盛…100円

味玉…100円/特製…300円/肉増し…300円/ごはん…100円/肉ごはん…300円/生玉子…50円

セット スパイスカレー 1種…550円/セット スパイスカレー 2種…650円/単品カレー…1200円


ヌードル&スパイスカレー 今日の1番



関連ランキング:ラーメン | 川口駅



好み度:煮干ソバ+肉増しstar_s45.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5112-6abd4cc7