FC2ブログ
訪問日:2020年8月26日(水)

つけ麺 和 泉中央店【弐】-1

本日のランチは、仙台市泉区の地下鉄南北線・泉中央駅近くに8月10日にオープンした新店の『つけ麺 泉中央店』へ!

東京・竹ノ塚に2018年1月9日にオープンした『つけ麺 和』の『つけ麺 和 仙台広瀬通店』に続く、仙台進出2号店!

ただ、メニューは、仙台進出1号店の『つけ麺 和 仙台広瀬通店』と、まったく、いっしょだったので、訪問を控えていたところ
限定で「淡麗昆布水塩つけ麺」が販売されていることを、こちらの店の公式Twitterで知って、昨日、食べに行った。

これが、昆布水にネバネバの粘度を出すためのガゴメ昆布だけではなく、出汁昆布の利尻昆布が使われていて!
さらに、ムロ節と鰹節の出汁のうま味も入れたコストの掛かった昆布水が使われていて


この贅沢な昆布水に使った麺だけを食べても美味しくいただけたし😋
岩手県産の銘柄鶏である「あべどり」と水だけで炊いたというスープのつけ汁に麺をサッと潜らせていただいても

鶏のうま味がしっかりと引き出されていて
しかし、鶏の癖や臭みなどのネガなものは皆無で

塩ダレも、薄くもなく、濃くもなく、ちょうどいい感じの塩加減で!
めっちゃ美味しかったし
😋

鶏と水だけという究極の引き算スープの場合、ただでさえ、使用する鶏のうま味に大きく左右されてしまう
さらに、特に塩味の場合、醤油と違って塩にはうま味がないため、鶏出汁のうま味がストレートに感じられてしまうのに

こちらの店では、鶏と水だけで
しかも、地鶏も使っていないのに、これだけ美味しく食べさせてくれるのはスゴい♪

そして、そんな塩味の昆布水つけ麺を作ったのは、この仙台進出2号店の店長に就任した城戸店長!
『つけ麺 和』の東京本店にいた人で、仙台に転勤してきた。


そして、そんな彼が、昨夜から、また、新たな限定を始めた。
それが「濃厚塩つけ麺」!


レギュラーメニューの醤油味の「つけ麺」を塩味にしたバージョンだと思われるけど
『つけ麺 和』の「つけ麺」は、濃厚な鶏白湯魚介のつけ汁自体は、いい出汁出してるのに

カエシに多めの砂糖が使われていて
味付けが甘すぎるように感じられるので

塩だったら、それが、だいぶ、緩和されるんじゃないかと思われるので!
というわけで、昨日に続いて2日連続で店へ向かうことに!


そうして、今日も地下鉄南北線の終着駅の泉中央駅から徒歩3分の「遊食館2」という飲食店が同居するビルの1階に入居する店へと11時40分にやって来ると
外待ちはなかったので、入店。

券売機に千円札1枚と50円玉を1枚入れて
券売機に貼られた手書きのPOPに従って、「塩漬けトリュフラーメン」のボタンと「中盛」のボタンをポチポチと押して

つけ麺 和 泉中央店【弐】-2つけ麺 和 泉中央店【弐】-3

「食券お預かりします♪」と言って、食券を回収にきたかわいいスタッフの女子に食券を渡すと
空いていた席の1席へと案内された。

奥にあったオープンキッチンの厨房には、城戸店長と男性スタッフ2人の姿があって!
次々に「つけ麺」が作られていって!


着席から10分ほどで、完成した「濃厚塩つけ麺」がトレイに載せられて
スタッフの女子によって配膳された。

つけ麺 和 泉中央店【弐】-4つけ麺 和 泉中央店【弐】-5

麺の上に低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚と鶏ムネ肉のレアチャーシューが1枚。
つけ汁の中には刻みネギが浮かべられて


別皿のツインの小皿には、こちらにも刻みネギと柚子ペーストが入る
シンプルながら、美しいビジュアルのつけ麺♪

まずは、太ストレートの麺だけを、そのまま、口に運ぶと
なめらかな口当たりの、モッチリとした食感の多加水麺で!

つけ麺 和 泉中央店【弐】-6

強力粉と中力粉をブレンドして製麺したと思われる麺は、噛むと、押し返してくるような弾力があって
強いコシのある麺で!

濃厚なつけ麺には最適な麺といえる♪
実際、つけ汁につけていただくと


麺が濃厚な鶏白湯魚介のつけ汁に程よく絡んでくれて!
美味しくいただくことができたし
😋

そして、鶏のモミジを強火で炊いて、時間差で鶏ガラのうま味を入れて!
スープのうま味と厚みを出すために豚のゲンコツも入れたといった感じの動物系出汁に


背黒の煮干しのうま味と鯖節、鰹節、宗田節の節のうま味を入れた魚介出汁を重ねたと思われるスープのつけ汁は、やはり、レギュラーメニューの「つけ麺」と同じで、素材のうま味が巧みに引き出されていて
動物系と魚介系のバランスが、とてもいい♪

そして、大きな違いは、醤油ベースか塩ベースの味わいなのかの違いに加えて、甘味が強いかどうかも大きくて!
個人的には、先に述べたように、砂糖が多めの甘味の強い味わいは、あまり好みではないので、この「濃厚塩つけ麺」の味付けの方がずっと好み♪


ただ、しょっぱいというほどではないけど、少し、塩の尖りが感じられたので
これを抑えることができたら、もっと美味しくなると思う。

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、火入れが絶妙で!
しっとりとした食感に仕上げられていて


適度な厚みがあって、肉のうま味も感じられる😋
味、食感ともに優れたレアチャーシューでよかったし♪

つけ麺 和 泉中央店【弐】-7

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、こちらも、厚くカットされたもので!
しっとりとした食感に仕上げられていて!


ソミュール液に漬けて、味付けられたからか!?
塩加減も、いい感じで、美味しくいただけたし😋

そうして、麺と具を食べ終えたところで、最後に残ったつけ汁にツインの小皿に入れられた刻みネギと柚子ペーストを入れて
カウンターの上に置かれたポットの割りスープを注いで、セルフで作った「スープ割り」は

つけ麺 和 泉中央店【弐】-8つけ麺 和 泉中央店【弐】-9つけ麺 和 泉中央店【弐】-10つけ麺 和 泉中央店【弐】-11

背黒の煮干しと鯖、鰹、宗田鰹の混合節に柚子が香るスープ割りになって♪
最後まで美味しく完食
😋

こちらの店には城戸店長がいるので!
今後も、また、新たに、東京本店で出されたことのある限定の提供もしてくれると思うので♪


「つけ麺」だったら「辛つけ麺」!
それに、塩ラーメンや煮干しラーメンなどのラーメンも、きっと、限定として提供してくれると思われるので!


城戸店長がツイートしている店の公式Twitterは毎日チェックしておかないとね♪
ご馳走さまでした。


つけ麺 和 泉中央店【弐】-12

メニュー:特製つけ麺(並盛)…1100円/つけ麺(並盛)…900円/素つけ麺(並盛)…750円/カレーつけ麺(並盛)…950円

【限定】濃厚塩つけ麺…950円

小盛(150g)…- 50円
並盛(200g)
中盛(300g)…+100円
大盛(400g)…+200円

味玉…100円/のり…100円/メンマ…200円/自家製にんにく…50円/チャーシュー鶏…250円/チャーシュー豚…300円

ライス(小)…100円/ライス(中)…150円/ライス(大)…200円/気まぐれ丼…350円


つけ麺 和 泉中央店



関連ランキング:つけ麺 | 泉中央駅



好み度:濃厚塩つけ麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5096-b3b7fd4f