fc2ブログ
訪問日:2020年8月21日(金)

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-1

本日のランチは、仙台市宮城野区に2015年3月3日にオープンした『石臼玄麦自家製らーめん 丸竈』へ!

こちらの店は、店内にある石臼で宮城県産の玄麦を挽いて自家製粉した小麦粉を使って自家製麺した麺を出す店!

日本蕎麦屋だったら、蕎麦粉を自家製粉するというのも珍しくない。
しかし、玄蕎麦とは違って、玄麦から製粉する饂飩屋も少ないし、ラーメン店は、さらに少ない。


理由は、JAや玄麦の流通の問題もあるけど
そんな玄麦から仕入れて、自家製粉している店があると知って、行ってみたいとは思っていたけど

こちらの店は、高火力で、鶏ガラ、モミジ、丸鶏を炊き上げ、ポタージュのようなクリーミーなスープに仕上げた鶏白湯スープの濃厚なラーメンがメインの店で!
まだ、つけ麺があれば、麺の美味しさは理解できるのかも知れないけど


それで、スルーしていたところ
そんな店で、いさき煮干しを使った魚介出汁だけで作ったスープのラーメンを限定で出してきて

ツイ友の2人が食べて大絶賛していて、改めて、少し、興味を持った。
ただ、いさき煮干しって、そこまでは美味しい煮干しではないという記憶があったので、訪問するまでは至らず
😅

ところが、明日から、いさき煮干しに替わって、かます煮干しとアゴ煮干しを使用した魚介オンリースープのラーメンを出すという、こちらの店の店主のTwitterのツイートが、カマス煮干しの画像入りで入ってきて!
これは、食べに来てねっていうメッセージじゃないかと思ったので
🤣

そこで、店の住所をカーナビにインプットして、店へとやってきたのは、開店10分前の10時50分!
すると、駐車場に先客の車の姿はなく、ポール獲得
🥇

そのまま、店の右側の通路を入ったところにある入口の前に並ぶと
定刻11時に店主が暖簾を掲げて開店!

一番乗りで入店して、カウンター席の1席へと着いて
店主に注文を聞かれて、オーダーしたのは、メニューに書かれていた「かます煮干しとアゴ出汁の塩らーめん」!

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-2石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-3

メニューは、大きく分けて、2つのラーメンがあって!
1つは、鶏白湯スープの「鶏白湯しおらーめん」に「鶏白湯しょうゆらーめん」、「鶏白湯辛(カラ)らーめん」の3つと


今日から提供される「かます煮干しとアゴ出汁の塩らーめん」に「ダブル魚介醤油らーめん」、「海苔しおらーめん」、「なるとらーめん」という
「魚介系清湯スープのらーめん」4種!

注文を受けると、さっそくラーメン作りに入る店主!
スープを雪平鍋で温めて


茹で麺機のデボで50秒茹でられた麺が茹で上がると
湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼の中へ

そうして、最後にトッピングの具が盛りつけられると
完成した「かます煮干しとアゴ出汁の塩らーめん」が店主から供された。

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-4石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-5

ラーメン丼の大半を覆い尽くす大判の豚肩ロース肉のレアチャーシューメンマなると
ネギ、小ネギ、玉ねぎの3種類の薬味がトッピングされた塩ラーメン!

まずは、塩ラーメンにしては、やや、濃いめの、淡い琥珀色したスープをいただくと
カマス!梭魚!魳!

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-6

白身魚のカマス煮干しらしい味わいのスープで!
アゴ煮干しの風味が後を追いかけてくる


ただ、このスープ!
この2つの煮干しだけではなく、いりこも使われていて


鯖節と思われる節の風味も感じられた。
そして、アニマルオフの魚介オンリースープにありがちな、物足りなさなんてものは微塵もなくて


そして、「塩らーめん」ということだったけど、塩ダレに白醤油も使われているのか!?
スープに甘味も感じられて!

多少、癖のある味わいだけど、めっちゃ好みの味わいだし♪
最高に美味しい
😋

そして、玄麦から自家製粉して作るという麺は、平打ちの中太ストレートの麺が合わせられていて
つるっとしたのど越しのよさもあるのに、パツッとした歯切れのよさもある麺で!

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-7

それに、小麦粉のうま味がよく感じられて♪
そして、何と言っても、この煮干し出汁のうま味いっぱいのスープとよく絡んで、美味しく食べさせてくれるのがいい
😋

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、大判なだけではなく、厚みもあって!
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる絶品のレアチャーシューだったし
😋

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-8

コリコリとしたメンマも好みのものだったし♪
薬味の刻み玉ねぎに小ネギがスープとよく合っていたし!


石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-9

最後はスープも、ぜんぶ飲み干して完食😋
期待していた以上に美味しい一杯だった♪

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-10

そして、時間も早いせいか
お客さんも、まだ、少なかったので

「ダブル魚介醤油らーめんの冷やしって、できます!?」と店主に聞いてみたところ…
「ええ、できますよ。」ということだったので、お願いすることに♪

これは、ツイ友のラーメン変人さんがYouTubeに上げて、Twitterでツイートしていたメニューにはない裏メニュー!
ラーメン変人さんが絶賛していたので、これも食べられたら、食べてみたいと思っていた
😋

そうして、少し待つうちに
完成した「冷やしダブル魚介醤油らーめん」が、再び、店主によって供されたんだけど

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-11石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-12

今回は3分という長い時間、麺が茹でられて!
店主によって、冷水で、よく〆られていたので


先ほどとは違う、麺が提供されるんだろうと思っていたのに
同じ麺だった😮

ビジュアルも、ほぼ、いっしょ!
大判の豚肩ロース肉のレアチャーシューメンマ、なるとにネギ、小ネギ、玉ねぎの3種の薬味がトッピングされているのも同じだったし!


違いは、大判の豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚載せられて、ほぼ、ラーメン丼を覆い尽くしていたのと
スープの色が、淡い琥珀色ではなく、濃い醤油の色をしていたこと。

まずは、スープをいただくと
枕崎産の上カツオ節を使って出汁を引いたとメニューに解説されていた冷製スープは、蕎麦つゆのような味わいで!

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-13

スープだけだったら、日本蕎麦屋の「ぶっかけ」を食べているような
そんな極上の美味しさ😋

そして、鯖、鰹、宗田鰹の混合節と思われる魚粉が、さらに、スープにインパクトを与えていて、いいとは思うけど
出汁が濃いめに感じるだけで、個人的には、鰹がいい出汁出していたので、特になくてもよかったような

それに、魚粉の粉っぽい口当たりも、少し気になったので
魚粉は要らないようにも感じてしまったかな😅

そして、麺は、先ほど同様の平打ちの中太ストレートの麺だったけど
食感が、まるっきり違った😮

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-14

まず、つるっとした食感の麺は、先ほどより、なめらかな口当たりに感じられて
そして、大きな違いは、先ほどは、パツッと歯切れのよさを感じられた麺が、今回は、それが、まったくなくて

しなやかなコシの強い麺に感じられたのが不思議で
先ほどは、日本蕎麦っぽいように感じられた麺が、今回は、まるで、冷麦を食べているようだったので

「この麺、先ほどの麺と同じですよね!?」と確認した上で…
そんな、食感の大きな違いを店主に話して

「先ほどは、加水率31%か32%ほどの加水率低めの中加水麺に感じられたのに、今回は30%後半の加水率高めの中加水麺に感じられたと話すと…」
ニコッと笑って😊

「加水率は36%です。」
「加水率低めに感じられたのは、宮城県の地粉を使っているからかもしれませんし、熟成した麺を使っていルからかもしれません…」


なんて答えがあったけど
先ほど以上に小麦粉のうま味に甘味も感じる美味しい麺だったし😋

宮城県の玄麦を店内にあった電動石臼製粉機で自家製粉してから作る、この自家製麺は、思った以上に秀逸な麺でよかったし♪
自家製粉して、自家製麺にする、店主の作る麺を他のスープでも食べてみたいと思った。


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、先ほど同様、大判なのに厚みもあって!
肉のうま味も感じる美味しいレアチャーシューでよかったし
😋

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-15

メンマのコリコリとした食感も!
3種類の薬味もスープに合っていてよかった♪


石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-16

2杯目だったけど、美味しいスープを残すなんて考えられないので、すべて飲み干して完食♪
ご馳走さまでした
😋

石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-17石臼玄麦自家製らーめん 丸竈-18

メニュー:鶏白湯しおらーめん…680円/鶏白湯しょうゆらーめん…730円/鶏白湯辛(カラ)らーめん…780円

【新メニュー】かます煮干しとアゴ出汁の塩らーめん…730円/ダブル魚介醤油らーめん…730円/海苔しおらーめん…830円/なるとらーめん…880円
【裏メニュー】冷やしダブル魚介醤油らーめん…730円

半熟しお玉子…100円/チャーシュー(+2枚)…250円/麺大盛…100円/背脂・辛味・マー油…各50円
ライス…130円/ひき肉ご飯…180円


石臼玄麦自家製らーめん 丸竈



関連ランキング:ラーメン | 中野栄駅



好み度:かます煮干しとアゴ出汁の塩らーめんstar_s45.gif
冷やしダブル魚介醤油らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5076-88ac38ed