FC2ブログ
訪問日:2020年8月16日(日)

特級鶏蕎麦 龍介【参】-1

本日のランチは、茨城県土浦市の人気行列店の『特級鶏蕎麦 龍介』へ!

2012年8月28日にオープンした鶏のうま味が凝縮された超濃厚な「つけ蕎麦」が評判の茨城県を代表する店!
その後、客席と厨房を広げるために、前の店舗から徒歩1分の場所に2017年6月2日に移転オープン!


そんな店には、『煮干し狂會』のイベント4周年イベントで2度ほど訪れたことがある。
しかし、移転後は今回が初めて!


そんな店に、今日、行こうと思ったのは、こちらの店で夏季限定の「昆布水 醤油 つけ蕎麦」が提供されるというので!
毎年、この暑い時期には、よく、昆布水に浸かった麺を清湯スープのつけ汁につけて食べるつけ麺をいただくことが多い!


それに、今まで、こちらの店では、浅野店主の作る濃厚鶏白湯スープの蕎麦につけ蕎麦を食べていて、美味しいのはわかっているけど!
淡麗鶏清湯スープのつけ蕎麦は初めてなので!


どんな「昆布水つけ麺」を食べさせてくれるのか
楽しみに訪問♪

広い駐車場に車を停めて、店頭へとやってくると
ベンチに座って2人のお客さんが待っていた。

そして、ちょうど、前を歩いていたカップルのお客さんが、まっすぐに入店。
店を入って左にある大型の券売機で食券を買っていたので


この店は、先に食券を買うシステムなんだなと思って
入口近くで、カップルのお客さんが食券を買い終わるのを待って入店。

券売機の前に立つと、「<限定④>昆布水 醤油 つけ蕎麦 ¥1,000」のPOPが貼ってあったので、千円札を差し込んで、限定④のボタンをプッシュ!
さらに、なかなか予約が取れない人気のかき氷屋店の「さくら氷菓店」と「龍介」がコラボして提供されている「STRAWBERRY SHAVE」の食券も買おうとしたけど、こちらは、売り切れ
😓

特級鶏蕎麦 龍介【参】-2

でも、これは想定内!
これが食べたかったら、もっと早く来ないとね
🤣

特級鶏蕎麦 龍介【参】-3

ベンチについて待つ。
すると、男性スタッフの人が食券を回収に出てきて


食券を渡すと
「無料で大盛りにできますけど、大盛りにされます。」と言われて!

確か麺量は、デフォでも、つけ麺としては少し多めの250gのはずなので、大盛だと350gかな!?
250gだと少ないし、350gだと多いな

以前に麺友のとしくんが200gに減量して食べていたので
麺300gにしてもらおうかな!?

なんて思いながら
「大盛って麺何gになりますか!?」と聞いてみると…

「400gです。」なんて言うので…
それって、特盛の量なんじゃない!?

そう思って
「並盛だと!?」と重ねて聞くと…

「300です。」と言うことだったので!
「では、並盛で!」と言って注文を確定させたんだけど…

並盛で麺300gって!
他店の大盛の量あるんですけど
😅少し大きい文字

そうして、少し待つうちに、お客さんが出てきて
男性スタッフの人から呼ばれて、カウンター席の1席へと案内されると

厨房はカウンター席の前にあるものの、席からは少し離れた位置にあって、調理する様子は客席からはわからない。
そして、その厨房の奥の方に浅野店主の姿が見えた。


そうして、その厨房で作られた「昆布水 醤油 つけ蕎麦」が完成すると!
ベテランスタッフのお姉さんが、手元まで配膳してくれた。


特級鶏蕎麦 龍介【参】-4特級鶏蕎麦 龍介【参】-5

豚肩ロース肉の焼豚鶏ムネ肉のレアチャーシュー穂先メンマ、輪切りされたレモンピンクソルト山葵が別皿で提供されて
麺が浸かった、たっぷりの昆布水には、色紙切りされたネギが散りばめられて、大きな海苔が添えられて

「醤油つけ蕎麦」のはずなのに、「醤油味」の他に「塩味」のつけ汁も出されて!
それぞれのつけ汁には、色紙切りされたネギが浮かべられた


見た目のビジュアルも最高だし♪
それに、つけ汁がダブルで付くという贅沢な「つけ蕎麦」!


しかし、コスト掛かってそうなのに、これを1,000円で出しちゃっていいのかな!?
ちょっと、心配になる😅

まずは、昆布水に浸かった、見た目は切刃16番に見える中太ストレートの自家製麺を、つけ汁にはつけずにいただくと
小麦粉の香りが口の中に広がって、鼻から抜けていく…

特級鶏蕎麦 龍介【参】-6

これは、国産小麦粉を使って製麺しているからだと思われるけど
さすが、つけ蕎麦が売りの店だけあって、風味のいい麺が使われていた♪

そして、なめらかでな麺肌の麺で!
つるっと啜り心地がよくて、のど越しのよさもあって!


噛めば、モッチリとした食感の加水率高めの中加水麺といった感じで!
しなやかなコシも感じられる秀逸な麺♪


次に、ピンクソルトを指で摘まんで
パラパラと麺に掛けて、食べてみると

円やかで甘みのある、このヒマラヤ岩塩が麺の甘みを引き立ててくれて!
こうして食べるだけでも美味しくいただける
😋

そして、2つのつけ汁のうち、まずは、「塩味」のつけ汁に潜らせて、麺をいただくと


それに、アゴ
鶏清湯ベースのスープに蛤とアゴのうま味を重ねて作ったと思われるつけ汁は、蛤のうま味と焼きアゴの風味が感じられて、最高に美味しい♪

つけ汁は、基本鶏出汁で!
もしかすると、昆布や椎茸の乾物のうま味


あるいは、煮干しや節のうま味を入れてくるかもしれないとは思ったけど
蛤と焼きアゴが使われているとは

しかし、蛤も焼きアゴも、どちらも高価なのに
この「塩味」のつけ汁だけの「つけ蕎麦」でも1,000円以上の価値がある!

特級鶏蕎麦 龍介【参】-7

次に、「醤油」味のつけ汁につけて食べてみると
こちらは、水と鶏で作ったスープに生揚げ醤油を使用したカエシを合わせた流行りのつけ汁で!

しかし、鶏のうま味がハンパなくて♪
こちらも、めちゃめちゃ美味しいじゃないですか
😋

しかし、これ、どんな鶏を使ってるんだろう!?
銘柄鶏!?

いや、この鶏のうま味は地鶏のような気がするんですけど
ただ、確かめようにも、浅野店主は厨房の奥の方にいて、確かめる術なし😑

と思っていたら、帰り掛けに私を見つけた浅野店主がやって来た😅
確認したところ

鹿児島の三種類いる地鶏の一つである「黒さつま鶏」と熊本の、あの有名なブランド地鶏の「天草大王」で出汁を引いたスープということで!
それで、これだけうま味の強い出汁が出ていたんだなということがわかった
👍

しかし、「醤油味」と「塩味」の2種類のつけ汁を出して!
どちらのスープにも地鶏が使われていて


さらに、「塩味」のつけ汁には、地鶏にプラスして、蛤に焼きアゴまで使われていて
これ、最低でも1,500円!

2,000円で販売されてても、おかしくない
それだけの価値のあるプレミアムなつけ麺

縁が紅色した豚肩ロースの焼豚は、焼き釜で吊るし焼きされた本格的な焼豚のようで!
炭火でじっくりと吊るし焼きされた焼豚は、余分な脂を落として、うま味を閉じ込めたもので!


噛めば、ジューシーな肉汁が滲み出てきて!
絶品
😋

特級鶏蕎麦 龍介【参】-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて
厚みがあるのにやわらかくて!

そして、塩味の加減が、ちょうどよくて!
ほんのりスパイシーな味付けなのもよかったし♪


穂先メンマは、やわらかくて!
穂先のシュクシュクとした食感がたまらなくよかったし♪


特級鶏蕎麦 龍介【参】-8

そうして、最後はスープ割り!
ただ、卓上にポットに置かれた割りスープがあるので、これで割るべきか


それとも、昆布水で割るか!?
いつもなら、冷たい麺をつけることによって、冷めてしまったつけ汁に、ぬるい昆布水を入れたって美味しくないので、昆布水を入れるなんてことはしない。

しかし、今回はつけ汁がダブルだったのと
最初からつけ汁が熱々で、これなら、昆布水割りにしてもいいかな!?

ポットのつけ汁は、元々、濃厚鶏白湯つけ蕎麦向けに用意されているものだろうから
そこで、ベテランのお姉さんに

「これって、このポットの割りスープで割って、スープ割りにすればいいのですか!?」と聞いてみたところ…
「あ、これは、節が入ってるから駄目よ!」

「昆布水で割った方がいいわ。」
「つけ汁、温めましょうね♪」


そういうと、つけ汁を2つ持っていって
レンジで温め直ししたものをサーブしてくれた。

「熱いので、お気をつけください!」
そう言って、出された2つのつけ汁は、丼を触ると火傷しそうな熱さで
💦

これに昆布水を注ぐと
これが、飲むには、ちょうどいい加減の濃度で!

特級鶏蕎麦 龍介【参】-10特級鶏蕎麦 龍介【参】-11

そこまで計算して、最初から、たっぷりの昆布水が入れてあったのだろうか!?
味も、「塩味」の方は、地鶏と蛤にアゴと昆布がマリアージュした極上の味わいのスープ割りだったし😋

「醤油味」の方も、地鶏と昆布がハーモニーを奏でる絶品のスープ割りで♪
どちらも、ゴクゴク飲み干して完食
😋

塩味に醤油味も楽しめて♪
しかも、塩味と醤油味ては、使うスープまで変えて


スープに使用している素材は、すべて、プレミアムなものばかりで
チャーシューだって、手間隙掛けて作られたものが合わせられていて!

麺も400gまで無料で増量できて!
それで、千円札1枚で食べられる。


さらに、つけ汁の温め直しサービスも嬉しいし😊
味のよさだけではなく、サービスやコストパフォーマンスも合わせれば、今年いただいた淡麗系つけ麺では、間違いなくNo.1🥇

堪能させてもらいました。
ご馳走さまでした。


特級鶏蕎麦 龍介【参】-12特級鶏蕎麦 龍介【参】-13

メニュー:濃厚系
特級純とりそば…1080円/純とりそば…880円/和え玉(純とりそば用)…200円

あっさり系
特級醤油そば…1080円/醤油そば…880円/特級塩そば…1080円/塩そば…880円/和え玉(醤油or塩)…200円
特級蛤そば(醤油)…1210円/蛤そば(醤油)…1010円/特級蛤そば(塩)…1210円/蛤そば(塩)…1010円/和え玉(醤油or塩)…200円
特級煮干そば…1080円/煮干そば…880円/和え玉(煮干)…200円

つけそば系
特級龍介つけ蕎麦…1150円/龍介つけ蕎麦…950円/特級辛つけ蕎麦…1180円/辛つけ蕎麦…980円/特級海老つけ…1180円/海老つけ…980円

汁なし系
肉まぜそば…1080円/台湾まぜそば…900円

※まぜそば大盛無料

サイドメニュー
餃子(5個)…350円/餃子セット(餃子5個+半ライス)…430円/チャーマヨ丼…300円/肉味噌丼…300円/ライス…150円

トッピング
特級肉増(トロ豚+窯焼き2枚)…300円/肉増し(トロ豚or窯焼き2枚)…180円/味玉…100円/肉ワンタン(2個)…150円/自家製メンマ…170円/有明産高級のり(5枚)…200円/鶏ダンゴ(3個)…120円/くずれ味玉…50円

【夏季限定】昆布水 醤油 つけ蕎麦…1000円
さくら氷菓店×龍介コラボ「STRAWBERRY SHAVE」…500円


特級鶏蕎麦 龍介



関連ランキング:つけ麺 | 土浦駅荒川沖駅



好み度:昆布水 醤油 つけ蕎麦star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5073-3eb9f828