fc2ブログ
訪問日:2020年8月19日(水)

麺匠 独眼流【壱四】-1

本日のランチは、「新しい麺料理の楽しみ方の提案」を始めたという『麺匠 独眼流』へ!

仙台でイタリアンの料理人をしていた諏訪店主が泉ヶ岳という標高1,175mの山の中腹にオープンさせたラーメン店!

そんな場所に、「なぜ?」、「何で?」、「どうして?」ラーメン店をオープンさせたの🤔
誰もがそう思う

しかし、そんな場所にあっても
いくら時間とお金をかけて行っても惜しくない

この店には、それだけの価値のある「醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」の2種類のラーメンがある。
さらに、3種類の麺を美味しく食べさせる工夫がされた「独眼流つけ麺」という、ここでしか食べられない唯一無二のつけ麺もある。


そんな店で、8月1日から、また、新たな試みが始まったようで
すくにでも食べに行きたいと思いながらも、ずいぶんと遅くなってしまった😅

今日も泉ヶ岳スキー場まで、後2㎞という山岳ロード沿いに建つ和の趣きの店へとやって来たのは、開店時間15分前の10時45分。
すると、すでに店は開店していた。


以前に、こちらの店の諏訪店主からは、お客さんが待っていれば、準備整い次第、店を早く開けるという話を聞いていたので!
今日もそうだったんだなと思いながら入店すると


オープンキッチンの厨房には、今日も屋号が刺繍されたコックコートを纏った諏訪店主!
ホールには茶衣着を姿のステキな女将の姿があった。


ご夫妻と挨拶を交わして
席が1席空いているのを確認して、小型の券売機で、お目当ての「独眼流香露」の食券を買い求めると

麺匠 独眼流【壱四】-2

いつものように女将が食券を回収に来たので
「お子ちゃまで、野菜が苦手なんですけど…」食券を渡しながら、そう言うと…

「えっ!?」
一瞬、驚きの表情になったので
😮

「すいません、ジョークです。」と訂正させていただいたけど😓
これは、券売機のボタンに「野菜嫌いな方、お子様は不可になります。」と書かれていたので🤣

なお、今回のこの「独眼流香露」は、何度か以前に出されている「独眼流香露」とは、まったくの別物!
2,000円という価格のラーメンも関東では食べたことはあるけど、東北では初めて!


さて、どんなラーメンが供されるのか、調理の工程も含めて楽しみにしていると
先客の「つけ麺」を出し終えた諏訪店主が、さっそく、調理に取りかかった。

まず、ガス台の上に網を置くと、その上に野菜を並べて、直火で焼き始めた。
焦がさないように注意深く、野菜をひっくり返して焼いていくと


細麺と平打ちのひもかわうどんのような2種類の麺を時間差で大鍋に入れて茹でていく
そして、その間に、琥珀色した冷製スープを小鍋に入れると

さらに、緑色したペースト状のものをスープに入れていって
そこで取り出したのはハンドブレンダー!

バーミックスという名称でも紹介されて、関西のを中心に一時、大ブレークしたカプチーノのように泡出つスープを仕上げるのに欠かせない調理器具が出されると
器具を振動させて、琥珀色した冷製スープと緑色したペースト状のものをまぜ始めた。

麺匠 独眼流【壱四】-4

と思ったら、すぐに、茹で上がった麺を冷水で〆て
ジェノベーゼのようにも、和食の枝豆の擂り流しのようにも見えるスープの中にキレイに2種の麺を盛りつけると

「鰹出汁と季節野菜のほうれん草のスープの冷製麺です。」
「こちらは、無農薬の京野菜に鎌倉野菜を炙って、白トリュフオイルで和えたものです。」


「まず、野菜を麺の中に入れるのではなく、野菜を食べて、麺を食べて、そのマリアージュをお楽しみください。」
諏訪店主からは、そんな説明があって、料理が二品出された。


麺匠 独眼流【壱四】-5麺匠 独眼流【壱四】-6

そして、料理ができる前に女将から手渡された、「本日の独眼流ガストロノミー」と題されたメニュー説明によると
この一品目のお皿は「無農薬野菜の炙り・白トリュフ和え」と名付けられた一品で

麺匠 独眼流【壱四】-3

「野菜の旨味と、白トリュフの芳醇な香りが麺とからみ、ストーリーを始める前菜的な麺料理になります」とあって!
それを確かめているうちに、冷蔵庫から取り出した鴨ロースを包丁でカット!


あらかじめ用意されていた揚げ麺をお皿の上に置くと、その上に、この鴨ムネ肉を盛りつけていくと
最後に、抹茶のような黄緑色した粉が掛けられて、供された。

麺匠 独眼流【壱四】-7

こちらは、「いちじく風味の巣籠り鴨のロティー・抹茶の香り」とネーミングされた一品!
「鴨の甘味にいちじくの甘味が加わり、森の情景を思わせます。麺が交わることで、重さとのバランスが取れた味わいになります」と解説があった。


麺匠 独眼流【壱四】-8麺匠 独眼流【壱四】-9

まずは、茄子や玉ねぎなどの炙り野菜をいただくと
香ばしくて♪

野菜の甘味が引き出されていて!
とてもいいんだろうとは思うけど


そんなに野菜は好きではないので😅
しかし、これに高級な白トリュフオイルで和えたところが、さすが、イタリアンの料理人!

しかも、この白トリュフオイル!
おそらく、イタリア製の、かなり高価なものが使われているからだと思われるけど


ほんのりとした上品なトリュフの風味が口に広がって
しかし、トリュフとしての存在感はしっかり残していってくれていた♪

2皿目は「いちじく風味の巣籠り鴨のロティー・抹茶の香り」!
こちらは、ロティー(ロースト)した鴨ロースに無花果の甘味とコクのあるソースに赤ワインの風味が融合したフレンチの一皿!


オーブンでローストしたと思われる鴨ロースの火入れがバツグンで!
鴨ムネ肉の甘味にうま味が巧みに引き出されていて、最高に美味しい
😋

麺匠 独眼流【壱四】-11

そして、この鴨ロースを食べて、2種の麺をいただくと
これもいい!

これが、諏訪店主が言うところの「麺と具材のマリアージュ」!
しかし、こんな麺料理をラーメン屋で食べるのは初めて
🔰

そして、この2皿を食べている間にも、諏訪店主は手を止めずに
冷蔵庫から取り出した背の部分の生の鰹を遠火で炙り始めた。

さらに、説明書きにも書かれていた無農薬の藁で香り付けした鰹のたたきが仕上がると
ポン酢を掛けて出すのではなく、ブラッドオレンジオイルを掛けて仕上げるのが諏訪店主らしいところ!

麺匠 独眼流【壱四】-10

このブラッドオレンジオイルは、カルパッチョの仕上げなどに使われるもの!
オリーブオイルでもいいけど、このブラッドオレンジのオイルを掛けると、柑橘系の甘味と酸味が、鰹のたたきのうま味を引き立ててくれるのがいいんだよね♪


とても美味しくいただきました。
それと、まったく鰹に臭みもないので、こうして、冷やしの冷たい麺といっしょに食べても美味しい
😋

そして、気づけば完食していたけど
今日は、これを食べることができてよかった♪

なぜなら、私が食べて、その後に入店したカップルのお客さんが、このメニューを注文したところで、販売終了になってしまったので
諏訪店主に確認したところ、現在は1日3食限定での提供だという。

理由は、コストが掛けられたメニューなので、余っても困るし!
かといって、作るのに手間と時間が掛かるメニューなので、こればかりが出てしまうと、オペレーションが乱れてしまうということだったので


食べたい方は、早い時間に訪問することをおすすめします。
ご馳走さまでした。


麺匠 独眼流【壱四】-12

メニュー:醤油らぁ麺…1000円/塩らぁ麺…1000円
独眼流つけ麺(麺三昧仕立て)…1500円/独眼流香露(独眼流の新しいらぁ麺の形)…2000円

トッピング
チャーシュー…300円/味玉…100円

本日のご飯…400円/チャーシュー丼…400円/お子様ラーメン…500円


麺匠 独眼流



関連ランキング:ラーメン | 仙台市泉区その他



好み度:独眼流香露(独眼流の新しいらぁ麺の形)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5069-371500de