FC2ブログ
訪問日:2020年5月24日(日)

麺匠 独眼流【九】-1

本日のランチは泉ヶ岳の泉ヶ岳スキー場まで、あと2㎞という登山ロード沿いに昨年の9月21日にオープンした『麺匠 独眼流へ!

元イタンアンの料理人である諏訪シェフが、この人里離れた場所に開業した店!

青森シャモロック、比内地鶏のブランド地鶏を使って、水と地鶏だけで作ったスープの「醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」が基本で!
どちらのラーメンも、全国的に見ても有数の味わいの地鶏ラーメンだったし♪


さらに「シャモロック搾り」という、通常のスープに使うシャモロックの量を2倍に増やしたプレミアムなラーメンがあって!
これが突き抜けた味わいののスープで最高だったし♪


「独眼流つけ麺」は、太麺、細麺と一反もめんの3種類の昆布水に浸かった自家製麺を青森シャモロック、比内地鶏のブランド地鶏と水だけで作ったスープの醤油味と塩味の2種類のつけ汁につけていただく贅沢なつけ麺で!
淡麗な清湯スープのつけ麺で、こんな美味しいつけ麺を食べたのは初めて♪


どれも、堪能させてもらったし!
これらのラーメンにつけ麺は、どんなにお金と時間を掛けても、食べに行く価値のある一杯だと思う。


さらに、こちらの諏訪店主の作る一杯は、これらの地鶏出汁のラーメンにつけ麺だけじゃない!
限定で出された貝出汁をきかせた「独眼流中華そば」も!


鮮魚の真鯛と水だけで作った濃厚真鯛スープの「鯛塩らぁ麺」も!
岐阜県多治見市にある「信濃屋」が発祥の「香露(ころ)」をオマージュして作った「煮干し香露」という、つゆだくの冷たい「ぶっかけ」も


諏訪店主は、鶏以外にも、貝でも、鯛でも、煮干しでも
どんな材料を使わせても、美味しい麺料理を作れる人なんだよね♪

そして、今日もTwitterを見ていると
こんなツイートをしていた



麺匠独眼流
@menshoudoku


本日日曜日、11時~です。
本日は珍しく濃い目の煮干しあります。會さんDIYリフォーム頑張れ応援限定とでもしておこう🎵
10杯程度です。
今日の山もいい感じです


麺匠 独眼流【九】-2



「本日は珍しく濃い目の煮干しあります。」
しかも、『中華蕎麦 會』応援限定って


こんなツイートを見てしまったら
今日はステイホームの予定だったのに

行かないわけにはいかないでしょう🤣
というわけで、急遽、愛車に乗って、泉ヶ岳を目指して出発🚙💨

そうして、山の中にある店へとやって来たのは11時46分!
すると、10台停まれる駐車場には、11台の車にバイクが1台駐車していた
😓

麺匠 独眼流【九】-3麺匠 独眼流【九】-4

ここのところ、雨続きの仙台地方
今日は久々に晴れたし

気温も今日は最高気温23°と、久しぶりに20°オーバーだったこともあって!
皆さん、山にハイキングにやって来たんだろうか
🤣

駐車場に入れないので、駐車場の入口に車を停めて、店の入口に置かれた記名ボードに名前を記入しに行くと
8組21人ものお客さんが待っていた😞

しかも、小さなお子さん連れのファミリー客も2組待っていたから、時間掛かりそう😓
それに、こんな状態で10食限定の煮干しの限定ラーメンなんて残っているんだろうか!?

でも、大自然の中で、爽やかな風を感じながら、こうして、のんびり待つのもいい♪
なんて思っていると、5分ほどで駐車場が空いた。


今までは新型コロナウイルス感染症対策として、名前記入したら、おとなしく車の中で待っていた。
しかし、今日は車を出て、店の裏の白樺とブナが連なる森林を散策。


麺匠 独眼流【九】-5

マイナスイオンを吸収して店頭へと戻ってきて
ベンチに座って待っていると

到着から1時間10分後の12時56分に呼ばれて入店!
券売機で食券を買おうとすると


今日も、さらりと着物を着こなした和服美人の奥さまから
「煮干しですか?」と聞かれて!

「Twitterのツイートに釣られて、やって来ました🤣
「まだ、残ってます?」と問いかけると…

「ええ、まだ、ありますよ♪」
「現金千円で承ります
😊

麺匠 独眼流【九】-6

ということだったので、その場で支払いを済ませると
席へと案内された。

今日もオープンキッチンの厨房には、屋号入りのコックコートを纏ったイケメンの諏訪店主の姿があって!
冷蔵庫から取り出したチャーシューの肉塊を取り出しているところで


必要なチャーシューを切り出すと、すぐに戻して
次に麺を大きな鍋に入れていくと

ゆったりと泳がせるように茹でていって
予め温めていたスープをラーメン丼に注いで

茹で始めからジャスト1分で麺上げて!
平ざる巧みに使って湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられると


箸で麺を整えて
チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉、海苔を盛りつけて、完成した「醤油らぁ麺」が先客に出された。

さらに、それに次いで作られたのが「濃厚豚煮干し」とネーミングされた本日の限定ラーメン!
そうして、先ほど同様、冷蔵庫から肉肩を取り出して、チャーシューを2枚切り出すと


さらに、アルミホイールに覆われた鍋の中から、煮豚と思われる肉塊を取り出してきて、こちらも3枚カットして、元へと戻して
この2種類のチャーシューをバットに載せると

ここで、麺を大鍋に入れていく
さらに、チャーシューが載せられたバットを後ろの調理台に持っていくと

ファイアー🔥
バットの上のチャーシューをバーナーで炙り始めた。

そうしているうちに、麺を茹で始めてから1分が経過
しかし、麺上げしない

そうして、この後、2分40秒ほど経過したところで、平ざるを巧みに使って麺上げして
完成した「本日の限定」の「濃厚豚煮干し」が諏訪店主から直接、供されることになるんだけど

麺匠 独眼流【九】-7麺匠 独眼流【九】-8

2分40秒も麺を茹でていたのは太麺を合わせていたから
こちら『麺匠 独眼流』では、3種類の自家製麺が用意されていて

「醤油らぁ麺」に「塩らぁ麺」には中加水の細麺が!
「シャモロック搾り」には多加水の太麺が合わされて


そして、「独眼流つけ麺」には、この細麺と太麺
さらに、ワンタンの皮を半分にカットしたような超幅広の麺の3種類の麺が合い盛りにして提供される。

しかし、煮干しの限定ということで、細麺が合わせられるんだろうなと思っていたのに
太麺で、果たして、この煮干しスープと絡んでくれるのか!?

ちょっと、心配になるところだけど
そんな心配は無用だった。

それは、多加水の極太平打ちのストレートの麺を、そのまま、合わせるのではなく
手揉みして、縮れを付けた麺が合わされていたので!

麺匠 独眼流【九】-10

こうすることによって、ストレート麺のままだったら、麺がスープ弾いてしまうところを
不規則に付けられた縮れがスープを持ってきてくれる♪

実際、麺をいただくと
適度にスープに絡んでくれて、美味しくいただけたし😋

それに、この麺!
モチッとした食感の麺で!


しっかりとしたコシのある麺で!
麺の芯まで、よく茹で上げられた麺は、小麦粉のうま味に甘みも感じられる美味しい麺なのがよかったし♪


麺の話しが先行してしまったけど
供された「濃厚豚煮干し」は、豚モモ肉の煮豚豚モモ肉のレアチャーシューを炙ったものが、それぞれ、3枚と2枚に穂先メンマアルファルファ(ルーサン)、白髪ネギ、刻みたまねぎ、海苔がトッピングされたチャーシュー煮干しラーメン!

まずは、煮干しが香るスープをいただいたところ
スープは、豚骨清湯ベースなんだろうと思ったら、諏訪店主によると、豚肉で作ったということだったけど

麺匠 独眼流【九】-9

この豚肉で作ったベーススープに大量の背黒を投入して作ったと思われるスープは、背黒のうま味に、アクセントとしてのビターさも出ていて、めっちゃ美味しい😋
でも、「濃い目の煮干し」とツイートしていた割りには、意外に、すっきりとした味わいのスープだったし!

『中華蕎麦 會』の応援限定ということで!
『中華蕎麦 會』をオマージュしたスープなのかと思ったのに違った。


『中華蕎麦 會』の「濃厚煮干しそば」は、ゲンコツ、豚足といった豚メインの動物系がベースとなったスープに、やはり、大量の煮干しを重ねたスープなので!
最初は、これをオマージュしたのかと思ったけど


『中華蕎麦 會』の「濃厚煮干しそば」は、清湯スープではなく白湯スープなので!
まず、ベーススープの濃厚さが違うし


それに、煮干しのうま味とともにえぐ味や苦味も強めに出ていて!
塩分濃度も高いコアなニボラー向けのスープといえるので


では、諏訪店主がオマージュしたのは、これではなく
『中華蕎麦 會』でお会いしたときに諏訪店主が食べていた「手揉み汐煮干しそば」なのかな!?

こちらのスープは、動物系は不使用ではあるけど、煮干し清湯スープのラーメンで!
そして、これが淡麗ではなく、煮干しオンリーというのに濃厚なスープなので!


しかし、このスープとも違う。
味わいも違うし、煮干しの構成も違う。


『中華蕎麦 會』では、背黒の他に白口(いりこ)や平子も使われていて
この背黒のうま味が凝縮されたスープも美味しいけど、さすが煮干しラーメン専門店だけあって、『中華蕎麦 會』のスープの方が一日の長があるかな!

トッピングされた2種類の炙りチャーシューは、どちらも、直前にバーナーで炙って提供されているので、香ばしいし♪
上質な豚肉が使われていて、味もクオリティにも優れたもので!


そして、この煮干しの限定用に用意された豚モモ肉の煮豚は、やや、噛み応えのある食感のものだったけど
噛む度に肉のうま味が広がる絶品の煮豚だったし😋

麺匠 独眼流【九】-11

豚モモ肉のレアチャーシューは、こちらは、モモ肉なのに、やわらかくて!
肉のうま味が、よく感じられる逸品だったし♪


穂先メンマも、やわらかくて
穂先部分のシャクシャクとした食感が、たまらなくよかったし♪

荒微塵切りされた玉ねぎは、シャリシャリとした食感が、とてもよくて!
玉ねぎの甘味が、このビターな味わいのスープとバッチリ合っていたし♪


最後はスープも、すべて飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。

麺匠 独眼流【九】-12

メニュー:醤油らぁ麺…1000円/塩らぁ麺…1000円
独眼流つけ麺(麺三昧仕立て)…1400円/シャモロック搾り(醤油・塩)…1200円
【本日の限定】濃厚豚煮干し…1000円

トッピング
自家製雲呑…200円/チャーシュー…300円/味玉…100円

本日のご飯…400円/チャーシュー丼…400円/お子様ラーメン…500円


麺匠 独眼流



関連ランキング:ラーメン | 仙台市泉区その他



好み度:濃厚豚煮干しstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5009-d936a6d5