FC2ブログ
訪問日:2020年3月17日(火)

麺屋 葵-1

本日のランチは、昨日3月16日にグランドオープンした話題の新店『中華そば イデタ』へ!

グランドオープン前にプレオープン営業を何日か繰り返して
その前には、知り合いを招いて試食会が何度か行われて

その都度、Twitterでラーメンを大絶賛するツイートが上げられていて!
どんだけ美味しいラーメンが食べられるんだろう
!?

楽しみに、東武日光線の幸手駅という
都心から離れたローカルな駅に初めて下車して

店の前に開店時間20分前の10時40分にやって来ると
お客さんの姿はなし

麺屋 葵-2

嫌な予感がして、入口の前に進むと
17日定休日って😢

麺屋 葵-3

昨日オープンしたばかりで、2日目が定休日の火曜日だからって、普通、休む!?
店主はTwitterでツイートしていて、見ていなかった私が悪いんだけど

こんなに遠くまで来てしまったので、リカバリーするのが大変😞💦
よし、では、同じく、昨日の3月16日にオープンした『中華麺きなり』へ行こう!

同じ埼玉県の新河岸にオープンした店なので!
なんて思ってスマホで検索すると、最短でも、ここから1時間48分もかかるって


車で横にスライドして行ければ、そんなに時間は掛からない!
しかし、今日は電車で来ていたので!


そこで、リカバリーに向かったのは『麺屋 』!
2015年2月18日オープンの店。

オープン当初は、中華鍋を振って作る王道の「味噌ラーメン」が売りの店で、「餃子」や「チャーハン」もサイドメニューに用意されているという情報だったのに
いつの間にか、鴨出汁ラーメンの店になっていて、鴨ラーなので、機会があれば、食べてみたいと思っていた♪

そこで『イデタ』からは徒歩9分。
幸手駅からだと17分ほど掛かる


オレンジ色のスペイン瓦の長屋建ての建物に4軒入る飲食店のうちの1店として入っている店へと11時19分にやって来ると
一番右が『麺屋 葵』で!

麺屋 葵-4

ちょうど店の中から店主が出てきて、暖簾を掛けているところだった。
一番乗りで入店!


店内は、右奥から手前にかけてのスペースが、オープンキッチンの厨房になっていて、中には店主と女性スタッフの人が1人。
厨房の正面には4人掛けのテーブル席が2卓。


厨房の左横にはカウンター席が3席。
壁に向かって座るカウンター席も2席あって、最大13席が着席できる店


券売機の姿がなかったので、厨房横のカウンター席の1席へと座って
卓上のメニューを見ると

「鴨出汁・白」、「鴨出汁・黒」の2種類の「鴨出汁らーめん」に!
「カレー鴨油そば」、「鴨油そば」の2種類の「汁なし鴨油そば」の全4種類。


麺屋 葵-5麺屋 葵-6

「鴨出汁つけ麺」もメニューにあったはずで、これを別皿に具がトッピングして出される「特製」で食べるつもりだったのに
そこで、2種類の「鴨出汁らーめん」の中から「鴨出汁・白」をチョイス!

さらに、「特製トッピング」にしようとして
しかし、その下に「鴨チャーシュー」トッピングもあったので、どちらにするか迷って、「鴨チャーシュー」は何枚増しになるのか

女性スタッフの人に聞いてみると
わからないようで😅

代わりに店主から
「4枚です。」と答えがあった。

「特製」だと、鴨チャーシュー2枚に豚チャーシュー2枚と味玉が付くのに、「鴨チャーシュー」トッピングは鴨チャーシューが4枚。
「特製」がお得なのは歴然。


ただし、特に味玉は、あっても、なくてもよかったので迷うところだったけど
デフォルトでは付かない豚チャーシューも食べているおいた方がいいかなと思って、「特製」にしてもらって!

さらに、ご飯ものの中から、平日限定で提供されていた「鴨チャーシュー丼」もお願いすることにした。
こちらの店はオープンキッチンとはいえ、カウンターの壁が高くて、座っていたら、調理する様子がわからないので、黙って、ラーメンができるのを待っていると


次々にお客さんが入店してきて、私が帰るときには、満席になって!
スゴく流行ってる♪


注文してから8分ほどで、完成した「鴨出汁・白」の「特製トッピング」がトレイに載せられて、女性スタッフの人によって配膳されてきた。
鴨ロースのスモークハムが4切れに豚バラ肉の煮豚、味玉、極細メンマ三つ葉、刻みネギが盛りつけられたラーメン!


麺屋 葵-7麺屋 葵-8

そうして、ラーメン画像を撮って、味玉をパッカーンと二つ割りしているうちに
鴨チャーシュー丼」も出された。

麺屋 葵-9麺屋 葵-10

まずは、鴨香るスープをいただくと
香りの割りには、鴨出汁は、あくまで、じんわり

鴨ガラだけで炊いて、丸鴨が使われていないからか!?
鴨ガラの量が少ないからか

あるいは、炊き出しの温度か
出汁の抽出時間の問題からか

鴨出汁のうま味は弱めで
鴨脂のオイリーさが目だってしまって

さらに、カエシに使われた白たまりか白醤油かの甘みが強く感じられて
ちょっと、思い描いていた味わいとは大きく違ったかな

麺は全粒粉入りの中細ストレート麺で!
入口に菅野製麺所の看板があったので、おそらく、菅野製麺所の麺だと思われるけど


麺屋 葵-11

つるパツの食感の加水率低めの中加水麺で!
小麦粉のうま味も感じられる麺でよかったと思うし♪


それに、この淡麗な味わいのスープとも、それなりに絡んでくれて、よかったとは思うけど
もう少し、スープに鴨出汁のうま味が欲しかったかな

豚バラ肉の煮豚は、特別なものじゃなかったけど
普通に美味しい。

麺屋 葵-12

味玉は黄身の茹で加減が緩くもカタくもない、いい茹で加減のものでよかった♪
ただ、極細のメンマは、やわらかくて、あまり、味、食感とも、好みのものとは違ったかな


さらに、麺を食べ終わったところで、「鴨チャーシュー丼」に載せられたソテーした鴨ハツをご飯とともにいただくと
甘辛く味付けられた味わいが、とてもよくて、これは美味しい😋

そうして、鴨ハツと味が付いたご飯を食べた後に
「鴨チャーシュー丼」に残ったスープを掛けて、セルフ「鴨雑炊」にしていただくと

麺屋 葵-13麺屋 葵-14

まず、鴨チャーシューは、鴨ロースを低温調理したか、焼いたか、コンフィしたか
何か調理されたものだろうと思っていたのに

鴨ロースのスモークハムが使われていて
もしかしたら、燻製して自作したハムなのかもしれないけど

でも、おそらく、市販のものをカットしただけのものと思われて
う~ん😑

雑炊にしても、味わいは、もう一つだったし😞
ラーメンデータベースの評価がよかったので、期待していたのに

申し訳ないけど、ちょっと、私の口には合わなかったかな
ご馳走さまでした。

麺屋 葵-15

メニュー:らーめん(140g)
鴨出汁・白…830円/鴨出汁・黒…830円
大盛
(210g)…120円

油そば(220g)
カレー鴨油そば…850円/鴨油そば…680円
大盛(330g)…120円

トッピング
特製トッピング…200円/鴨チャーシュー…200円/豚チャーシュー…200円/味玉…100円/メンマ…150円/柚子…50円


ご飯物
鴨ハツ丼…350円/鴨キーマカレー丼…350円/まかない丼(豚チャーシュー丼)…350円/鴨チャーシュー丼(平日限定)…350円/ライス…200円

※麺類を人数分ご注文いただいていないお客様…+150円

焼餃子
3ケ…250円/5ケ…380円

※麺類をご注文いただいていないお客様…+50円

麺屋 葵



関連ランキング:ラーメン | 幸手駅



好み度:鴨出汁・白star_s20.gif
接客・サービスstar_s25.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4957-40d6ff1a