FC2ブログ
訪問日:2019年11月15日(金)

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -2

本日のランチは、9月25日から長期休業に入ってメニューをリニューアル!
11月2日から営業を再開した『Homemade ramen 麦苗』へ!


「小田急百貨店 新宿店」で10月30日から開催された「TRYラーメン大賞・フェスティバル」で『らぁ麺 飯田商店』の大行列に並んでいると
『麦苗』のじゅんちゃん登場(⋈◍>◡<◍)。✧♡

小田急百貨店 新宿店「TRYラーメン大賞・フェスティバル」 ~らぁ麺屋 飯田商店~6

今日は『ネコゴオリ』の応援で来ていた♪
そして、『麦苗』の深谷店主も遅れて会場入り!


深谷店主まで『ネコゴオリ』のブースに入ってお手伝い!?
かと思ったら、じゅんちゃんに頼まれて、パシリで『ネコゴオリ』の材料を届けに来たんだそう🤣

そして、そのときに、11月2日に営業再開することと
リニューアルするラーメンの話しを聞いて👂

これは、すぐにも行かないと!
と思いながらも


営業再開が11月2日から4日までの3連休で、長い間、再開を待ち望んでいたお客さんが殺到するのは火を見るより明らかなので😅
少し静観していたところ

じゅんちゃんの11月9日のツイートによると
現在は、以前まで土日に限って行われていた「ウェイティング」というシステムが毎日、実施されているようで

これは、10時半と12時頃にエントリーの受付を開始!
その時間に店頭に並んでいた順番に名前を聞かれて、再集合の時間が告げられるというもの。


Homemade ramen 麦苗【弐六】 -6

大行列に延々、並ぶことなく、再集合の時間に来店すれば、そう待つことなくラーメンを食べることができるシステム!
これはいいことだとは思う。


しかし、この日、10時半の最後尾に並んだお客さんの再集合時間は15時台ということで
10時30分に一度、来店して、ラーメンを食べるために5時間以上、時間を潰して、再来店しなければならないというのも🤔

正直、しんどいので😓
もう少し、静観しないといけないのかな!?

しかし、前回訪問した7月には、7月1日付けの食べログ全国ラーメン人気ランキングで第4位だった店が、とうとう、11月1日付けのランキングでは第1位に輝いて🥇
これは、とても喜ばしいことだけど、この後も、しばらくは、混雑が続きそうなので😓

今日は、意を決して訪問することに!
そうして、JR大森駅と京急の大森海岸駅の中間にあって、どちらの駅からも少し歩く場所にある店へとやって来たのは9時45分


当初は、最低でも9時30分より前には来る予定だった。
だいたい誰もが、1時間前には行けばどうにかなるんじゃないか
!?

漠然とそう考えて来る気がしたので、その前に行ければ
しかし、こういうときに限って、急に忙しくなったりするもので

予定よりだいぶ遅れてしまったので
もし、あまりにスゴい行列ができていたら、今日のところは諦めよう( ´△`)

そう思っていたのに
先客は8人だけ😮

何と、こんな時間にもかかわらず、第1巡目に入店できるスタメンの9人に入ることができた😊
さらによかったのは、スタメンの9人には椅子が用意されて、ウェイティングの10時30分まで、椅子に座って待つことができたこと♪

しかし、平日は、思ったほど、お客さんは多くないのかな🤔
なんて思っていたら

私が到着した3分後くらいから、どんどんとお客さんが来店。
10時までに20人超の行列ができて


そうして、10時30分に、じゅんちゃんが店の中からウェイティングの受付を始めたときには、軽く50人オーバーの大行列ができた😮
こちらの店は、連食ができて、サイドメニューを食べるお客さんも多いので、お客さんの滞在時間も長い

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -3

なので、最後尾の人がラーメンを食べられるのは、14時以降になると思われるけど
やっぱり、平日でもスゴい人気(-"-;A ...アセアセ

じゅんちゃんは、ポールのお客さんから順番に、名前と何杯ラーメンを食べるかを聞いていって…
再集合の時間が告げられる。

私は9番なので、開店と同時に入店できる11時15分の集合時間がじゅんちゃんから告げられて
とりあえず、その場を離れて、改めて、11時11分11秒に店頭にやって来ると

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -4

先ほど、先に並んでいたうちの6人のお客さんが戻ってきていた。
すると、私の後に1人のお客さんが並んで


先ほど、後ろに並んだお客さんの中にはいない、特徴的な風貌のお客さんだったので
「ウェイティングの受付け済まされてます?」と聞くと…

「いや、何ですか、それ?」と言うので
「ウェイティング」のシステムの説明をして、先ほどの10時30分の「ウェイティング」では、すでに60人ほどの行列ができていたので、次に食べられるのは、早くても14時過ぎになることを説明すると、驚いて、帰っていってしまったけど

この後、開店すると
やはり、先ほどのお客さん同様、「ウェイティング」のシステムを知らずに来店するお客さんが何人もいて

その都度、じゅんちゃんが説明のために外に出て、対応していて、大変そうだったから…
普通に整理券にして、番号とともに、予め目安の再来店時刻を整理券に印刷しておくか、表にまとめて掲示するなどしておけばいいんじゃないかと思うんだけど🤔

この後、11時15分になると、深谷店主がブラインドを上げて!
じゅんちゃんが店の中から出てきて、開店♪


Homemade ramen 麦苗【弐六】 -5

1番のお客さんから名前を呼ばれて順番に入店していって
しかし、皆さん、券売機の前に立って、食べたいメニューが多くて悩むからか、時間が掛かって

私が入店して、券売機の前に立ったのが11時23分だったから、この間、8分!
平均で1人当たり1分悩んだ計算になる
(笑)

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -7

なお、リニューアルされた新メニューは、「醤油らあめん」に替わる「醤油」1,000円と「上 醤油」1,300円。
「にぼらあ」に替わる「いりこらあ」950円、「上いりこらあ」1,250円。


リニューアル前は「醤油らあめん」850円、「特製醤油らあめん」1,100円。
「にぼらあ」850円、「特製にぼらあ」1,100円だったから、100円から200円値上げされていて


これは消費税分の値上げ分も含んではいるものの、次のステージに進むに当たって、さらに、使いたい、いい材料を使用するため!
今までも美味しかったけど、さらに美味しくなるならノープロブレム
😊

さらに、今回のリニューアルで設定されたのが2杯目限定の「塩」700円に「麺玉」700円というメニュー!
Twitterの写真でしか見ていなくて、「美味しい😋」というツイートは多いけど、具体的な味について触れたツイートがないので、どちらも、どんな味かは不明
( ̄▽ ̄;)

ただ、わかっているのは、「塩」は、具は薬味のみの「かけ」スタイルのラーメンで!
麺の量も、レギュラーの麺量の半分の80g。


「麺玉」は、麺の美味しさをわかってもらおうという「ぶっかけ」のような「まぜそば」のようなメニューで!
こちらは、麺の量を80gと160gから選べる。


以上が麺メニューのはずなのに
今日は「にぼらあ」ベースの「ワンタン麺」1,300円なんてメニューがあった。

あとで、じゅんちゃんに聞いたら
本日から提供される新メニューで、スープは「いりこらあ」ベースだけど、カエシが違って!

麺も「麺玉」用の麺を使うそうだけど
どちらも食べてないので、どんな味かは不明。

今度、食べてみようかな!?
でも、その前に、まずは「いりこらあ」が先だね♪

サイドメニューのご飯ものも充実!
従来から継続の「実家の魚飯」550円に加えて、「埼玉地卵かけご飯」350円、「林SPF豚飯」500円、「黒毛和牛飯」700円とあって!


どれも食べてみたいので、皆さんが悩んで、時間が掛かるのもわかる😅
そして、券売機のお札の挿入口に千円札を3枚差し込んで、買い求めたのは「上 醤油」、「二枚目限定 塩/麺玉」に「黒毛和牛飯」の食券!

なお、「上 醤油」の「上」とは
黒毛和牛に鶏チャーシュー、海老と林SPF豚のミックスワンタン1個と海苔2枚がプラスされたもの!

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -8

そして、トッピングされた黒毛和牛に「黒毛和牛飯」に使われた黒毛和牛が、「今日の和牛」として「牛個体識別番号表示」のラベル付きで表示してあったんだけど🐂
こんなの、ラーメン屋で見たの初めて👀

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -9

着席して、じゅんちゃんと深谷店主に挨拶して
カウンターの上に食券を置くと

深谷店主が食券を回収していって
「上醤油からでいいですか!?」と聞かれて…

順番も決定!
ただ、「醤油」と「塩」だったら、本当は「塩」が先の方がいいような
🤔

このときは、そう思った。
でも、あとで、後でよかったことを知る。


それから、少し待っていると
完成した「上 醤油」が深谷店主から出された。

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -10Homemade ramen 麦苗【弐六】 -11

リニューアル前の「特製醤油らあめん」とは違って、チャーシューに黒毛和牛のイチボのレアチャーシューが加わって
鶏ムネ肉のレアチャーシューは賽子状にカットされるように変更されて!

その上から、刻んだ大葉が少量、パラッと掛けられて
豚は、以前と変わらない吊るし焼きのモモ肩ロースのレアチャーシューの2種のチャーシューが載せられて!

さらに、海老と林SPFポークのミックスワンタン、メンマ、笹切りされたネギ、小口切りさるた九条ネギと海苔がトッピングされた…
彩り鮮やかで、とても美しいビジュアルのラーメン♪


さらに、少し遅れて
「麺を半分くらい召し上がったら、お好みでお使いになってください」とのアナウンスとともに小皿に入れられた「手火山式鰹節」が供された。

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -12

まずは、醤油が香るスープをいただくと
分厚い地鶏出汁のうま味に

鰹、いりこ、昆布、干し椎茸にアサリと思われる和風出汁のうま味が重ねられていて…
バツグンにバランスがいいし♪


そして、このスープに芳醇で、キレがあって、深いコクのあるカエシがマリアージュすることによって、絶品の味わいのスープに仕上げられていて
最高に美味しい♪

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -13

リニューアル前に比べると、やや、醤油のカエシが強めに感じられたかな!?
でも、一口、飲んだだけで、『麦苗』の味とわかる味わいで、基本の味わいは、そう大きくは変わらない

しかし、「やまがた地鶏」に加えて、深谷店主が休業中に出会って、一目惚れしたという岐阜県地鶏の「奥美濃古地鶏」が、いい出汁出してくれて!
鶏出汁のうま味と厚みが、さらに増していたし♪


鰹節も「手火山式鰹節」に!
いりこも「伊吹いりこ」から「オリーブいりこ」も併用するようになって


よりプレミアムな厳選素材を使用するようになったからか!?
リニューアルして、さらに美味しくブラッシュアップされていた♪

そして、この絶品の味わいのスープに合わせられた麺は、茶色い斑点模様から、小麦胚芽が配合された
リニューアル前と変わらない切刃18番の中太ストレートの自家製麺(麺の太さ1.67㎜)と思われるけど

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -15

つるモチ食感の
やや、やわらかめにも感じられる麺は、しなやかなコシのある麺で!

卓上に置かれた小冊子に書かれている国産のこだわりの小麦粉が使われていることと
麺の芯まで、よく茹でられていることから

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -14

小麦粉のうま味と甘味が、よく感じられる美味しい麺で!
ローストした小麦胚芽が練り込まれていて、香ばしさも感じられたのもよかったし♪


それに、以前にいただいたときには、その前に使用していた切刃20番の麺(麺の太さ1.5㎜)の方がスープとの絡みがいいようにも感じられたけど
パワーアップしたスープには、この麺が馴染んで、スープとの一体感も感じられて、より美味しく食べさせてくれたし😋

トッピングされたの5種類のチャーシューは、どれも、クオリティの高い!
味わい深いものばかりで
🐮🐔🐷

黒毛和牛のイチボのレアチャーシューは、やわらかくて!
和牛のうま味と甘味が、よく感じられる極上の味わいの逸品だったし
😋

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -16

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、賽子状にして、厚みがあるので、しっかり、鶏肉のうま味も味わえて♪
塩加減がバツグンで、味付けもとてもよかったし
😋

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -17

豚モモ肉の吊るし焼きチャーシューは、その薫香がたまらなくよくて♪
肉の中にうま味が閉じ込められた絶品のチャーシューだったし
😋

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、脂身の多い部位のものだったけど
この脂身が甘味があって、とても美味しかったし😋

この豚肉の異なる部位の異なる製法で作られた2種のチャーシューは、林SPFポークが使われていることもあるとは思われるけど
ラーメン屋で普段食べるチャーシューとは肉のうま味が、ぜんぜん違う

海老と林SPFポークのミンチの餡が入るミックスワンタンは、海老のプリッとした食感と
肉餡のジューシーな味わいがたまらなくよくて

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -18

チュルンとした皮の食感もとてもいい!
味、食感ともに優れたワンタンだったし♪


メンマのコリコリとした食感も、とてもよくて!
トッピングは、すべてパーフェクト!


Homemade ramen 麦苗【弐六】 -19

そして、後半、「手火山式鰹節」を投下すると
鰹の風味がふわっと香って♪

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -20

この味変も面白い!
ただし、この「手火山式鰹節」は、風味が強すぎて


スープが鰹に支配されてしまうので
入れ時としては、後半よりも終盤に入れるのがおすすめかな

そうして、最後は、スープの最後の一滴まで飲み干して完食😋
やっぱり、この一杯が私の中の「マイ・フェイバリット・醤油ラーメン」なんだと再認識したところで

一杯目の「上 醤油」を食べている途中で深谷店主から
「もう、かけ塩お作りしてよろしいですか?」と聞かれて、お願いした二杯目限定の「かけ塩」が着丼!

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -21Homemade ramen 麦苗【弐六】 -22

写真で撮ると、パッと見、一杯のフルサイズの塩ラーメンが出てきたようにように見えるけど
そうではなく、丼のサイズが小さいので、そう見えるだけ!

スープを飲み干した「上 醤油」の丼を置いておけば、サイズ感がわかったのに
失敗した💦

スープと麺以外は、笹切りされたネギとアーリーレッドの薬味だけが載る
実にシンプルな塩ラーメン!

まずは、スープをいただくと
こちらは、昆布と鰹の魚介スープ!?

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -23

いや、でも、鶏ベースに昆布と鰹を重ねているよね!
しかし、「醤油」の地鶏メインのスープに鰹やいりこを入れることでバランスよく仕上げたスープでもなく


伊吹いりことオリーブいりこだけで出汁を引いた「にぼらあ」のスープでもない
この「かけ塩」だけのために作ったスープだったのには驚かされた😮

それと、驚いたのが、最初からブラックペッパーが掛けられていたこと
さらに食べ進めていくと

牛骨
牛骨出汁と思われる風味が感じられたので、深谷店主に

「これ、牛骨使ってます?」と聞くと…
「いや、昆布と…」

「鰹と鶏も少々使ってますけど、牛は…」と言いかけて…
「ああ、それ、麺の下に隠したチャーシューに牛が入っていたからですよ!」

そう言われて、麺の下を探すと
スープの熱で変色して、何のチャーシューかは解らなかったけど、肉が出てきた。

「かけ」と見せておいて、下にチャーシューが隠されていたというサプライズを狙ったと思われるけど
ここに入るチャーシューは、切り落としのようで、何が入るかはわからない

たまたま、私の「かけ塩」に入っていたのが、先ほど「上 醤油」に載っていた黒毛和牛のレアチャーシューの切り落としだったということだったけど
牛チャーシューが入ったことで、牛の風味が感じられて

牛スープとブラックペッパーの相性はいいので!
これはこれでいいと思うし!


これが、山椒だったら、ブラックペッパーよりも、さりによかったような気もしたけど
でも、もし、牛がいなかったら、このブラックペッパーは要るのかな!?

せっかく、繊細な昆布出汁メインの出汁スープを味わってもらおうというなら
スパイスは不要なんじゃないのかな

麺も、先ほどとは違う切刃22番と思われる中細ストレート麺が合わされていて!
スープによって、使用する麺を変えていた。


Homemade ramen 麦苗【弐六】 -24

ただ、こちらもローストした小麦胚芽が練り込まれた香ばしさの感じられる麺だったので♪
最初は、麺帯は同じで、切刃だけ変えてるのかなと思ったら


こちらの麺は、先ほどとは違って、ザラッとした麺肌の麺で!
そうすることによって、あっさりとしたスープにも麺が絡みやすい工夫がされていて


「かけ塩」は、スープも麺も新たに新調したものとわかったけど
手間が掛けられている。

そして、じゅんちゃんが「上 醤油」を食べている間に作って出してくれた「黒毛和牛飯」は、黒毛和牛のイチボのレアチャーシューがご飯の上に敷き詰められて
最後にバーナーで炙られたもので!

Homemade ramen 麦苗【弐六】 -25

和牛が炙られた香ばしい香りがたまりなくよくて♪
和牛の甘味が存分に味わえる絶品のお肉で!


めちゃめちゃ美味しくて😋
最初は、700円というサイドメニューとしては、少し、高めにも感じられた価格も、これだけ美味しい和牛が載せられて、この価格だったら、むしろ、安いくらい!

そんな感想を、じゅんちゃんに話すと
まさに、その通りで

サイドメニューだし、この位の価格じゃないとと思って、売り出したそうだけど
コストが高いので、やめるか、値上げするか迷っていると話していたので😓

メニュー落ちするか
値上げする前に食べておかないとね😅

「かけ塩」は、黒毛和牛のチャーシューが入っていたことで、美味しくはいただけたものの
ブラックペッパーが掛けられていたのが、ちょっと、気になった

しかし、「上 醤油」はスープ、麺、トッピングの具とも完璧だったし!
次は「にぼらあ」!


ぜひ、近いうちに再訪して、リニューアルした「にぼらあ」を食べてみたい!
ご馳走さまでした。


Homemade ramen 麦苗【弐六】 -26

メニュー:醤油…1000円/上 醤油…1300円
いりこらあ…950円/上 いりこらあ…1250円

ワンタン麺…1300円

【二杯目限定】かけ塩…700円/麺玉…700円

【限定】実家の魚飯…550円/埼玉地卵かけ飯…350円/林SPF豚飯…500円/黒毛和牛飯…700円/土鍋炊き白飯…200円/地卵(豚・牛飯用)…150円

追加ワンタン(2個)…250円/おつまみワンタン…350円/おつまみ鶏…250円/チャーシュー盛…600円/メンマ…150円/愛知県産 海苔(5枚)…150円


Homemade Ramen 麦苗



関連ランキング:ラーメン | 大森海岸駅大森駅立会川駅



好み度:上 醤油star_s50.gif
かけ塩star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gifstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4844-3b22e6e8