FC2ブログ
訪問日:2019年11月19日(火)

雨ニモマケズ【七】-1

本日のランチは、本日11月19日にオープン5周年を迎える『らーめん つけめん ニモマケ』へ!

今年も昨年同様、同じ十条に2014年11月13日にオープンして、創業5周年を迎えたばかりの『煮干そば 流。』とのコラボイベントを開催!
「5周年記念限定」のコラボラーメンが提供される!


これは、両店の店主が定休日の火曜日に双方の店舗に赴いて、周年記念限定が提供されるというイベントで!
昨年は、4月に『雨ニモマケズ』で!


5月には『流。』で!
1ヶ月のインターバルを置いて開催された。


しかし、今年は11月12日と11月19日の2週連続での開催。
そして、12日には『流。』で開催されて、5周年記念限定の「チャルメラそば」が提供された


『雨マケ』が得意な鶏スープに『流。』が得意の煮干しスープをブレンド!
香味油も『雨マケ』の「天草大王」の地鶏の鶏油と『流。』の煮干しラードを合わせたものということで!


どんなコラボスープができるんだろうと期待していた♪
しかし、鶏ガラ醤油に煮干し出汁の「昔ながらの中華そば」!


あるいは「ノスタルジックな東京醤油ラーメン」といった感じのレトロな味わいのラーメンを
化調に頼らず、素材のうま味を引き出して、真面目に作ったといった感じの味わいのラーメンで

悪くはなかったけど、インパクトが弱いし
両店のいいところが、あまり見えないラーメンという印象だったのが

さて、今週はどうなんだろうと思っていたところ
『雨マケ』の内藤店主がTwitterで!

トッピングする三色雲呑について!
スープに使用する煮干しの種類や量について


さらには、水出ししている煮干しの画像や!
火入れして、上がってきた煮干しの画像なども載せて、仕込みの様子を詳細にツイートしてくれていて!


これらを見ていたので!
今日は、めっちゃ期待できそう♪


でも、こんなに煮干しを使って
トッピングの三色雲呑も、スゴくコストが掛かっていそうなのに

これを1,000円なんかで販売しちゃっていいのかな😅
ちょっと、心配😓

そうして、当日は、先週も開店30分以上前に行って、15番だったので、もっと早く行くつもりが
朝から忙しくて、なかなか出れずに(-"-;A ...アセアセ

ようやく、店頭へとやって来れたのは、10時30分を5分ほど過ぎた時刻。
すると、ポールで待っておたのは、先週も2番で待っていた、映画とラーメン大好きブロガーのしょーぞーさん
🎬

「先週は9時半に来てダメだったけど、昨日は10時でポールだったよ!」と嬉しそうに話していたけど😅
でも、まだ、お客さんは先週の半分の7人しか並んでなくて、私が8番。

これなら、開店して、10席あるカウンター席に待たずに着ける♪
そうして、待つうちに、10時55分に16人のお客さんが行列を作ったところで、『雨マケ』の内藤店主が店の中から出てきて、暖簾を掛けると


雨ニモマケズ【七】-4雨ニモマケズ【七】-5

続いて、『流。』の手塚店主も店の中から現れて
両店主がが並んだところで

雨ニモマケズ【七】-6雨ニモマケズ【七】-7

簡単に内藤店主から5周年の感謝の挨拶があって!
開店♪


第一陣の10人が、最初に6人!
後から4人に分けて入店!


今日は券売機ではなく、現金による精算で
メニューは、5周年記念限定ラーメンの「三色雲呑の煮干中華そば」1,000円にトッピングの「バタフライ味玉」100円とサイドメニューの「和牛煮込み丼」200円!

雨ニモマケズ【七】-3雨ニモマケズ【七】-2

どれも、とても手がかかっていて、コストも掛けられたものばかりなのに
すべて、感謝価格なのがありがたい♪

手塚店主が順番にオーダーを取って、会計をしていって
私の番になって、注文したのは「三色雲呑の煮干中華そば」と「和牛煮込み丼」!

「バタフライ味玉」は、バタフライピー(マメ科の植物)から抽出した青い味玉らしく( ̄▽ ̄;)
合成着色料不使用!


これは、の三色の雲呑を作るので、味玉はというノリで作ったと思われるけど(笑)
ラーメンブロガーだったら、注文するでしょうと言われてしまいそうどけど(;^_^A アセアセ・・・

青い味玉って😓
正直、まったく、そそられないし😅

それに、私は、あまり味玉を食べない人なので
ごめんなさい🙇

厨房では、内藤店主が、「心の味食品」の木製の麺箱から麺を取り出して、計量した麺を一玉一玉手揉みしているところで!
体重を掛けて、手揉みし終わると、茹で麺機の中の3基のデボの中へ一玉ずつ入れて茹でていく


雨ニモマケズ【七】-8

その間に、ガス台の火に掛けて温められついたスープがラーメン丼に注がれて
2分30秒間茹でられていた3基のデボが引き上げられると

湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられて
金笊で茹でられていた三色の雲呑に青い味玉他の具が盛りつけられて

雨ニモマケズ【七】-9

3個作りされた「三色雲呑の煮干中華そば」が完成すると
ポールのしょーぞーさんから3番のお客さんまでに出されていって!

次もこれが繰り返されて、6番のお客さんに
そして、残り4人には、4個作りするのか

それとも、3個作りが繰り返されて、10番目のお客さんは、第二陣の11番と12番のお客さんのラーメンとともに作られるのかなと思ってみていたら
どちらでもなく、2個作りされて!

そうして、完成した「三色雲呑の煮干中華そば」が8番目に私のもとに着丼して!
それに合わせて、『流。』のスタッフの女子によって作られていた「和牛煮込み丼」も着丼。


雨ニモマケズ【七】-10

の三色の雲呑と
その雲呑の近くに雲呑の餡に使われた和牛、天草大王、佐助豚の背脂

そして、豚肩ロースのレアチャーシューと、そのレアチャーシューの下には材木メンマと蓮根が隠れていて
さらには、クレソンに薬味のアーリーレッドがトッピングされた、カラフルで、とてもキレイなビジュアルのラーメン♪

雨ニモマケズ【七】-11雨ニモマケズ【七】-12

まずは、『流。』の手塚店主がセレクトした4種の煮干しを計18kg使用して、一杯当たり120gもの大量の煮干しが使われたことになる
煮干しオンリーで出汁を引いたというスープをいただくと

平子が香るスープで♪
いりこのうま味に鯵煮干しの甘味も感じられて!


終盤になってくると、ウルメ煮干し独特の風味が顔を出してくる
真のニボラー好みの味わいスープで♪

これだけの量の煮干しが使われたというのに、煮干しを潰して使わなかったからか!?
煮干しのえぐ味は、ほとんど感じられなかったし

普通だと、塩分濃度も、かなり高くなってしまうのに
それがなかったのもスゴい!

しかし、これは、『雨マケ』の味でも、『流。』の味でもない
今回のコラボがなければ、味わうことができなかったスープ♪

一番ポピュラーな煮干しである背黒を使わないという煮干し構成も!
18kgという凄まじい量の煮干しを使うというのも、このコラボなしでは、絶対に実現しなかっただろうし
😅

そして、それだけの煮干しを使ったにもかかわらず、セメント系の濃厚煮干しにはしようとしなかったことに、『流。』らしさを感じたし
煮干しラーメン職人として、手塚店主をリスペクトしている内藤店主の思いも感じられたし

そして、麺が、また、最高だった♪
「心の味食品」の平打ちの太ストレート麺を内藤店主が手揉みした、まだ、茹でる前の麺が近くにあったので、顔を近づけて見たところ


雨ニモマケズ【七】-13

スゴく香り高い麺で!
小麦粉の何ともいい香りがして♪


この麺をつけ麺で食べてみたい♪
なんて思っていると


「この麺、本店(『麺処 ほん田』)で、師匠が手揉み麺にして使用している麺です。」
「でも、本店の麺は熟成麺てみすけど、この麺は打ち立てです。」


内藤から、そんな話しがあって
道理で香りがいいことがわかったけど♪

ただ、打ち立ての麺は、香りがいい反面、熟成されていないので、小麦粉のうま味は弱いのかな!?
なんて思ったのに

この麺だけは例外
小麦粉のうま味も、しっかりと感じられる美味しい麺だったし😋

雨ニモマケズ【七】-14

それに、プリモチの、やや、やわらかめの食感なのが、とても、いい感じで♪
さらに、手揉みされたことによって、不規則に付けられた縮れがスープを拾ってきてくれて、スープとの絡みもバッチリだったし
😋

三色の雲呑のうち、まず、赤色の雲呑は、和牛のミンチに玉ねぎの微塵切りとセロリの微塵切りが少々の餡を大阪の製麺所に大きさと厚みまで特注したトマトの天然素材で着色した皮で包んだもの!
黄色の雲呑は、熊本のブランド地鶏である「天草大王」のムネ肉とモモ肉の混合ミンチにネギ、生姜の微塵切りの餡を、これは何だかわからなかったけど、黄色い天然素材で着色した皮で包んだもの!


雨ニモマケズ【七】-15雨ニモマケズ【七】-16

そして、緑色の雲呑は、岩手の銘柄豚「佐助豚」のミンチとタケノコを微塵切りにしたものを合わせた餡をほうれん草で着色した皮で包んだものということで!
内藤店主が、こりにこって!


手間隙かけて!
さらには、かなりのコストも掛けて作り上げた力作雲呑で!


赤色の雲呑は、和牛のジューシーなうま味が滲み出てくる絶品のハンバーグのような味わいの一品で♪
めちゃくちゃ美味しかったし
😋

黄色い雲呑は、生姜をきかせた、鶏つくねを食べているような感じで…
これも、スゴく美味しかったし
😋

緑色の雲呑も、良質な豚肉が使われていて、肉のうま味が違うし😋
これをコリコリとした食感のタケノコと合わせた内藤店主の料理人としてのセンスが光る一品だったし♪

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、今までも、何度かレギュラーの「鶏そば」や限定の「昆布水のつけ麺」でいただいているものだったけど!
しっとりとした食感に仕上げられていて


雨ニモマケズ【七】-17

肉のうま味も感じられる!
美味しいレアチャーシューだったし
😋

材木のような極太のメンマも、外はコリッと歯応えがあって!
中はサクッと、やわらかい


雨ニモマケズ【七】-18

めっちゃ好みの食感のもので!
最高だったし♪


季節の蓮根が添えてあったのもよくて!
スープが美味しかったから、もちろん、最後の一滴まで、残さず完食
😋

雨ニモマケズ【七】-19

和牛煮込み丼」は、牛テールに野菜を味噌などで煮込んだものが載せられたもので!
これが、よく煮込まれていて!


やわらかくて
味付けも絶妙で、最高に美味しかったし♪

雨ニモマケズ【七】-20

今日は、スープも麺も雲吞もサイドメニューも堪能させてもらいました。
ご馳走さまでした。


雨ニモマケズ【七】-21

本日(11月19日)のメニュー:

【5周年コラボ限定】三色雲呑の煮干中華そば…1000円
バタフライ味玉…100円/和牛煮込み丼…200円




通常メニュー:鶏白湯濃厚つけめん…810円/味玉濃厚つけめん…910円/特製濃厚つけめん…1010円/チャーシュー濃厚つけめん…1110円

鶏そば(醤油)…770円/味玉鶏そば(醤油)…870円/特製鶏そば(醤油)…970円/チャーシュー鶏そば(醤油)…1070円

鶏そば(塩)…770円/味玉鶏そば(塩)…870円/特製鶏そば塩)…970円/チャーシュー鶏そば(塩)…1070円

中盛…50円/大盛…100円/特盛…200円/メガ盛…300円
学生中盛…無料

ライス…100円
学生ライス…無料

HM丼…300円/TKG…200円/限定丼…350円

自家製ラー油…50円/肉盛り三種…250円/わんたん(2個)…170円/極み盛り…450円/トッピング各種(味玉・メンマ・ネギ・のり・キャベツ)…100円


雨ニモマケズ



関連ランキング:ラーメン | 十条駅東十条駅



好み度:三色雲呑の煮干中華そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4843-d9fa14c9