FC2ブログ
訪問日:2019年10月11日(金)

日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-1

本日のランチは、まず、『神保町黒須』で熊本地鶏の天草大王と水で作った15食限定の塩ラーメンをいただいて!
2軒目に向かったのが「日本橋高島屋S.C.」


昨日の10月10日から15日までの6日間、「第66回 北海道の物産と観光 大北海道展」が開催されて!
この催事のイートインに札幌から『Japanese Ramen Noodle Lab Qが出店する!


日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-2

こちら『Japanese Ramen Noodle Lab Q』の平岡店主が作る「清湯醤油」を同じ「大北海道展」が開催された「新宿高島屋」で一昨年の秋に初めていただいた。
北海道地鶏の新得地鶏をメインに天草大王など全国より厳選した4種の地鶏を使用した地鶏清湯スープに昆布、鰹節、煮干しなどを重ねて仕上げた醤油ラーメンは、こんなネオクラシックな絶品の醤油ラーメンを食べさせてくれる店が北海道にもあったとはと衝撃を受けたラーメンで♪


これを火力の弱い百貨店の厨房で、これだけのクオリティの高いスープが作れることにも驚かされたし
さらに、1年後の昨年秋に開催された「大つけ麺博 ラーメン日本一決定戦!!」の第4陣でもいただいて

こんな特設ブースでも、かなりクオリティの高いラーメンを食べさせてくれたので!
これは、店だったら、どれだけ美味しいラーメンを食べられるんだろう
!?

そう思って、翌月の11月11日に札幌へと向かって!
そして、翌日、札幌の店舗で、4種類のチャーシューがトッピングされた「清湯醤油チャーシュー麺」をいただいた。


詳しい内容は、ブログをご覧いただければ、よく、おわかりになると思いますけど
「全国的に見ても、少なくとも十指には入ってくる味とクオリティの高さを持つ逸品!」

「やっぱり、こうして、店でいただくのが一番♪」
「わざわざ、札幌まで行っても、食べる価値のある一杯♪」


そうブログに書かせていただくだけの絶品のラーメンだった😋
そんな店が、再び、東京にやって来る♪

これは、行くしかないでしょう♪
というわけで、「日本橋高島屋S.C.」へとやって来て


催事の案内が見当たらなかったので、入口近くの案内所の女性に場所を聞いてみると
「あちらの本館8階になります♪」と教えてもらって…

本館に入り直して、エレベーター乗り場へと行くと
「上に参ります♪」

そう言われて、急いで乗り込んだんだけど
こちらの百貨店には、今でもエレベーターガールがいるんだね♪

そうして、8階に着いて、エレベーターガールの女性から説明のあった催事の場所へと行ってみると
入口近くに『Japanese Ramen Noodle Lab Q』の入るイートインがあった。

時刻は12時10分!
昼の書き入れ時だからか、25人のお客さんが待っていた。


普通だと1時間待ちは覚悟しなければならないところだけど
デパートの催事は早いので!

そして、その通り、17分でイートインの中へ!
しかし、普通は食券売場で前払いで食券を購入するのに、こちらは席で注文して、後払いするシステム。


メニューは、各日150食限りの「Lab Q 特製らぁ麺」1,500円、日本橋高島屋限定で各日100円限りの「地鶏 塩らぁ麺」1,250円と限定数の記載がない「醤油らぁ麺」1,000円の3種類のラーメンと
トッピングの「飛ぶ鳥農場有機たまご」の「煮たまご」250円に「ルスツ産もち豚ワンタン」350円。

日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-3

もし、『神保町黒須』で「天草大王の鶏と水(塩)」を食べてなかったら、「地鶏 塩らぁ麺」と「醤油らぁ麺」の連食をしていたかもしれないけど
さすがに3連食は( ̄▽ ̄;)

それに、3杯目になると、食べれても美味しくは食べられないので😅
そこで、注文したのは「地鶏 塩らぁ麺」!

今まで、こちらの店では「醤油」の清湯スープのラーメンしか食べてなかったので!
初の「塩」ラーメンを食べることにした。


でも、札幌の店で提供されているのは「清湯醤油」と「白湯塩」の2種類!
清湯スープのラーメンは「醤油」だけなんだよね!


ただ、平岡店主が催事等で不在のときに、暖簾を掛け替えて、スタッフだけで営業する『裏Q』では、「煮干し醤油」と「清湯塩」というメニューが提供されているので!
今回の、この「地鶏 塩らぁ麺」って、「清湯塩」のことなのかな
🤔

平岡店主に聞いてみたかったけど、多くの百貨店催事同様、この催事も、クローズドキッチンの厨房だったため、確かめられず
そんなことを考えているうちに、注文してから9分後に「地鶏 塩らぁ麺」が配膳されてきた。

日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-4

イートインに到着して、25人待ちの行列に接続してからラーメンが出されるまで26分後!
やっぱり、デパートの催事は早い♪


供された「地鶏 塩らぁ麺」は、豚ロース肉豚バラ肉のレアチャーシューの上に白髪ネギ、三つ葉柚子が載せられた塩ラーメン!
かと思ったら、豚ロース肉と豚バラ肉のレアチャーシューの下に豚モモ肉のローストチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューが隠されていた。


日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-5日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-6日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-9日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-10日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-11日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-12

これって、札幌の店でいただいた4種類のチャーシューがトッピングされた「清湯醤油チャーシュー麺」の「塩」バージョンなのかな!?
細かいことを言えば、あのときは豚バラ肉ではなく、豚肩ロース肉のチャーシューだった記憶があるけど

まずは、キラキラと鶏油が煌めく黄金色したスープをいただくと
淡麗な味わいの地鶏出汁のうま味が口の中に広がるスープで♪

日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-7

昆布に煮干しのうま味が追いかけてきて!
さらに貝と海老かな
!?

地鶏出汁オンリーのうま味ではなく、和風出汁のうま味も入れることによって、バランスのいいスープに仕上げてきていて!
「醤油」も美味しかったけど、この「塩」も美味しい
😋

でも、この淡麗な味わいのスープの場合は、生揚げ醤油のカエシのうま味と合わせた「醤油」の方が、やっぱり、美味しいかな😋
それに、個人的にも「醤油」の方が好み♪

麺は、全粒粉が配合された中細ストレート麺で!
つるっとした食感の麺は、啜り心地も、のど越しのよさもある中加水麺で!


日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-8

この塩味の地鶏と魚介のハイブリッドスープとも、程よく絡んで、よかった♪
でも、これ、自家製麺なのかな


昨年、札幌の店でいただいたときは、なめらかな口当たりの麺で!
もっちりとした、やや、やわらかめの食感に感じられる麺で!


しなやかなコシがあって!
のど越しのよさもあって♪


北海道小麦粉にこだわって製麺した麺からは、小麦粉のうま味に甘味が感じられて
スープと馴染んで、スープとの一体感が感じられたので

豚ロースのレアチャーシューは、札幌でいただいたものと同じなら、薄口醤油で味付けして、炭火焼きしたもので
レア感もあって、肉も良質なものが使われているのもわかる。

でも、「大つけ麺博」のときと同様、スライサーで薄くスライスされたものだったので
札幌で食べたときのような感動はなかったかな

豚バラ肉のレアチャーシューは、こちらは塩味なのかな!?
こちらも、豚ロースのレアチャーシュー同様、レア感があって!

肉もいいものが使われているんだろうと思うけど
こちらも薄切りすぎて、そのよさがわからなかったし

豚内モモ肉のローストチャーシューも、札幌で食べたときは、豚の赤身肉のうま味がよく感じられて、最高に美味しいチャーシューだったのに!
これは、もう一つだったし


鶏ムネ肉のレアチャーシューだけは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
やわらかくて、塩加減の塩梅もよかったけど♪


今回の催事の、この4種類のチャーシューは、札幌で食べたものとのギャップが大きく感じられてしまったので
これなら、豚ロースのチャーシュー1枚だけでいいので、札幌クオリティのものを出してもらえた方が、ずっとよかったと思う。

トッピングは、考えさせられるものがあったけど
でも、スープは、さすがのクオリティでよかった♪

明日12日は台風19号の東京直撃が予想されていて、催事の開催自体が難しいだろうし
明後日も台風の影響によって、どうなるかわからないけど

期間中に、もう一度、来て、「醤油らぁ麺」を食べてみたい♪
ご馳走さまでした。


日本橋高島屋S.C.「 大北海道展」 ~Japanese Ramen Noodle Lab Q~-14

第66回 北海道の物産と観光 大北海道展

10月10日~10月15日
■10月10日(木)→15日(火)
■日本橋高島屋S.C. 本館8階 催会場

※最終日は午後6時閉場。




メニュー:Lab Q 特製らぁ麺…1500円(各日150食限り)…1500円
【日本橋高島屋限定】地鶏 塩らぁ麺(各日100食限り)…1250円
醤油らぁ麺…1000円

トッピング
煮たまご(飛ぶ鳥農場有機たまご)…250円/ルスツ産もち豚ワンタン(2個)…350円


Japanese Ramen Noodle Lab Q



関連ランキング:ラーメン | さっぽろ駅(札幌市営)大通駅西4丁目駅



好み度:地鶏 塩らぁ麺star_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4805-bebb67e5