FC2ブログ
訪問日:2019年9月13日(金)

むぎくらべ【六】 ~麺や 福はら~~其の参~-1

本日のランチに向かったのは、今週だけで3回目の訪問になる『むぎくらべ』!

今週の『むぎくらべ』には、大阪・生野区から『麺や 福はら』が出店!

『麺や 福はら』は、『麺屋 一燈』グループの各店で修業を重ねて!
『麺屋 一燈』坂本店主公認の独立店として、地元・大阪に店を構えた福原店主の店で!


2017年7月21日のオープンの日から大行列ができて!
その後、2年以上が経過した今でも行列が絶えない人気店!


現在、食べログ大阪ラーメンランキングでは3.86の評価で第4位!
ラーメンデータベースの「最近人気のラーメンさんランキング」でも第4位!


店では、淡麗な鶏清湯スープの「芳醇鶏そば(塩/醤油)」と、濃厚豚骨魚介スープの「濃厚魚介ラーメン」の2つのスープのラーメンを出す。
そして、今回の催事に持ち込んだのは「芳醇鶏そば(塩/醤油)」!


これは、奈良県の地鶏である「大和肉鶏」と水だけで作るスープのラーメンで!
特に「芳醇鶏そば(塩)」は、全国的に見ても屈指の味わいのスープだと思っている。


大阪の店には11回ほど、お邪魔して、味はわかっているけど、かつて、修業した東京へ凱旋するというので!
行かないわけにはいかないでしょう♪


というわけで、台風15号が千葉に上陸して、電車がストップして、大混乱になった月曜日の出店初日には、3時間30分掛けて、何とか神田小川町の『むぎくらべ』まで行って!
「芳醇鶏そば(塩)」を食べてきた。


ただ、この日のスープは大阪で作ったスープを東京に送ったもので
福原店主が東京で炊いたスープのラーメンを食べたかったので、昨日の木曜日に再訪して、再び、「芳醇鶏そば(塩)」をいただいた。

月曜日のラーメンのスープも昨日のラーメンのスープも、どちらも、味のブレもなく、とても美味しくいただけた。
ただ、昨日のスープの方が鶏が香るスープで!


個人的には、昨日のスープの方がぜんぜんよかったし♪
そして、大阪とは水も違うし!


店とは、ガスの火力も違うだろうし
調理器具だって違う。

そんな環境の中、大阪の店と変わらない、絶品の味わいのスープを作れる福原店主はスゴいと思ったし♪
昨日、食べに行って大正解だった!


それなのに、昨日に続いて2日連続で来たのは!?
「芳醇鶏そば(塩)」が美味しいので、店では「塩」ばかりで、「醤油」を食べたのは1回だけ😅

しかし、この「醤油」が美味しくなってるという話しを聞いて
せっかく、東京に来てくれているので!

そこで、今日も、昨日と、まったく同じ、9時44分に店頭にやって来ると
今日は、すでに4人の先客がいた。

むぎくらべ【六】 ~麺や 福はら~~其の参~-2

5番目に接続して待っていると
11人の行列ができたところで、開店時間の10時を迎えることになった。

入店して、正面のレジで注文して、代金を支払うと
スタッフの女子からリプライコールを渡されるので

それを持って、空いてる席についていく。
私の番になって、買いと求めたのは「芳醇鶏そば(醤油)」!


そして、昨日とは違って、チャーシュートッピングができるので!
絶品の「豚チャーシュー」をトッピングしたいところだったけど


この後、すぐに新宿に移動して、新宿高島屋の催事に出店している『ラーメン 星印』で、本日まで限定で提供されている『拉麺 大公』とのコラボ限定の「生姜味噌中華そば」を食べる予定をしていたので!
自粛することに


リプライコールを受け取って、昨日同様、福原店主の立つ『むぎくらべ』のコンパクトなオープンキッチンの厨房近くの席に座りたいところだったけど
今日は5番目ということで、そうも行かず( ´△`)

そこで、福原店主に挨拶して、奥の2人掛けのテーブル席へとついて待っていると
お客さんが1人、こちらに向かって歩いてくると

「相席させてもらっていいですか!?」
そう言ってきたのは、『麺屋 一燈』グループの店で、何度かお見かけしたことのあるお客さん。


もちろんOKすると
「何を注文されました?」と聞かれて…

「醤油です。」と答えると…
「私は塩にしました。」

「本当は醤油ラーメンが好きなんですけど…」
「福原さんには、いつも塩をすすめられましたので(汗)」


なんて言っていたけど
「塩」にして正解!

「塩」の方がスープのうま味をストレートに味わえるし!
それに、単純に「塩」の方が美味しいので
😋

もちろん、「塩」が嫌いな人にはおすすめはしないけど
どちらかといえば、「醤油」が、好きだけど、「塩」も食べる人には、この店だけは「塩」をおすすめしちゃうかな♪

この後、昨日は3番目だったので、10時10分に振動したリプライコールが、今日は5番だったからか、振動し始めたのは1!分遅れの10時20分。
リプライコールと引き換えにトレイに載せられた「芳醇鶏そば(醤油)」を引き取って席へ。


むぎくらべ【六】 ~麺や 福はら~~其の参~-3

供された「芳醇鶏そば(醤油)」は、豚肩ロース肉鶏ムネ肉のレアチャーシューが1枚ずつと、小松菜青ネギが載る、とてもシンプルなトッピングの塩ラーメン!
昨日は配送遅れで、チャーシューが届かない影響からか、鶏モモ肉のレアチャーシューだったけど、今日は元の鶏ムネ肉のレアチャーシューに戻っていた。


むぎくらべ【六】 ~麺や 福はら~~其の参~-4むぎくらべ【六】 ~麺や 福はら~~其の参~-5

今日は、「醤油」にしたので、黄色い大和肉鶏の鶏油がわかりやすい!
そして、昨日とは違って、鶏の他に醤油も香る芳醇な香りのスープをいただくと


むぎくらべ【六】 ~麺や 福はら~~其の参~-6

大和肉鶏の地鶏出汁の豊潤な味わいとカエシの芳醇な味わいがマリアージュしたスープは、めちゃめちゃ美味しい😋
やっぱり、大和肉鶏の地鶏出汁のうま味をストレートに味わえる「塩」の方が個人的には好きだけど、でも、「醤油」もいい♪

そして、この醤油のカエシが変わっていて
以前に、この「芳醇鶏そば(醤油)」をいただいたときに、福原店主から聞いた話しでは

「もったりとした味わいの醤油が好きなんですよ。」と言っていて…
「もったり」という言葉を使ったことがなかったので、後で辞書で調べてみたところ

「粘りけがあるさま。」という意味と
「鈍い感じがするさま。」という意味があるらしく

前者は
「料理で、卵や生クリーム、バターなどを泡立て、少し粘りが出てかき回す手応えが重くなった状態をいう。」

「また、そのような食感があるさま。」となっていたけど
こっちじゃないよね😅

でも、鈍い味わいの醤油って🤔
つまり、キレのある鋭い味わいの醤油ではないってことなのかなと思うけど

確かに、この醤油は、「ミシュランガイド東京」のビブグルマンに掲載されている『にじゅうぶんのいち』なんかもそうだけど
魚醤が使われたような味わいに感じられるし

関東が発祥で流行りの生揚げ醤油を使ったキレッキレの味わいのカエシとは、まったく違う
でも、福原店主は東京で修業して、関東のお客さんの好みはわかっている!

しかし、この後に触れる麺もそうだけど、このカエシも、関東のお客さんの好みに合わせて、寄せてくるということを一切しない。
でも、これが福原店主のプライドで、いいと思うけどね♪


なお、誰かが、カエシが変わって、進化していると言っていたけど
私のバカ舌では感知できなかった

細かな変化はあったのかもしれないけど
2年前のものとの違いは感じられなかったな

それと、今日の麺は、また、月曜日に食べた、やわい麺に戻っていた。
これは、麺に奈良の小麦粉である「福飛鳥」を使って製麺した中細ストレートの麺が使われていたことが原因!


むぎくらべ【六】 ~麺や 福はら~~其の参~-7

大阪の店で食べた麺に比べても、やわらかめに感じられる麺で!
月曜日に食べたときは、かなり、やわらかめに感じられたので、それをブログに書かせてもらった。


しかし、昨日は、麺をカタめに修正してきていた。
こるは、私と同じように、やわらかいと感じたお客さんが多かったためで!


茹で時間を短めにして、関東のお客さんの好みに合わせようとしたようだったけど
やっぱり、関東のお客さんに媚を売るのはやめようと思ったのかな(笑)

ただ、不思議なことに、月曜日に「塩」で食べたときには、もう一つに感じられたのに
今日の「醤油」では、そう違和感はなかったし

スープとの絡みも悪くないように感じられた。
それに、昨日の麺よりも、小麦粉のうま味がより強く感じるような気もした。


肩ロース肉のレアチャーシューは、月曜日のものも昨日食べたものもクオリティの高いものだったけど
今日も最高!

火入れも、ちょうど、いい感じで!
しっとりとした食感に仕上げられていて!


元々、国産豚の良質な肉を使用しているから、肉のうま味も強く感じられる!
絶品の味わいのチャーシューだし
😋

むぎくらべ【六】 ~麺や 福はら~~其の参~-8

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、こちらも、しっとりした食感に仕上げられていてよかった!
ただ、昨日の鶏モモ肉のレアチャーシューに比べてしまうと


そういう意味では、今日は連食予定で、一番好きな「豚チャーシュー増」は豚肩ロース肉のレアチャーシューが5枚も付いてくるのでパスしたけど
豚、鶏ムネ、鶏モモのレアチャーシューがが1枚ずつ付いてくる「チャーシューmix」にすれば、よかったかも😥

今さら、そんなことを言っても、後の祭りだけどね😅
まあ、今日も、勝手なことを書かせてもらったけど😓

「芳醇鶏そば(醤油)」も美味しかった😋
そして、「芳醇鶏そば(塩)」は、さらに上を行く美味しさだということも、よく、わかった♪

そうして、今日も最後は、スープもせんぶ飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


PS 『むぎくらべ』のスタッフの人の話しでは、昨日までの1日当たりの来店者数170人というのは、仙台から出店した『五福星』を抜く新記録だそうで!
この話しを聞いて、170人というのが多いのか、少ないのか
!?

地方から有名店が出店したら、もっと多くのお客さんが来てもいいのにと思う一方
デパートの物産展とは違って、それだけの集客力はないか

オフィス街にあるアンテナショップで、営業時間も10時から18時までということを考えれば
そんなもんなのかな

でも、初日の月曜日のお昼の時間帯には、満席だからと帰っていくお客さんが何人もいたし!
私の前に待っていたお客さんは20分待っても席が空かないと言って、返金してもらって、帰っていってしまったので


今回は福原店主が1人大阪から乗り込んできて
誰の手も借りずに、ワンオペで営業を続けて、この結果だったので

もし、もっと回転が早ければ
もっと、大きな集客ができたはずなので!

せひ、次回は、もっと、事前に準備して、大阪の店のスタッフの人とともに臨むか!
東京で誰かの手を借りて、また、出店してください。


でも、そうは言うものの、孤軍奮闘で1人で1日170人分のラーメンを作るのは
実際には、1人で、2杯、3杯食べるお客さんもいたから、おそらく1日200杯はラーメンを作っていたと思われるし

さらに、サイドメニューのご飯ものも作って!
これを連続5日間続けるというのも、かなりしんどかったと思う


今日、営業を終えたら、大阪に帰って、ゆっくり休んでください。
そこで、帰りがけにそれを福原店主に話すと


「明日から3連休で、稼ぎ時なのに休んでる暇なんてありません。」とキッパリ言われてしまったんだけど😅
社長、儲かりまんな🤣

むぎくらべ【六】 ~麺や 福はら~~其の参~-9

メニュー:芳醇鶏そば(醤油)…900円/芳醇鶏そば(塩)…900円
大和肉鶏の香味まぜそば…900円

豚チャーシュー…600円/鶏むねチャーシュー…300円/鶏ももチャーシュー…400円/チャーシューMIX…400円
味玉…100円/麺大盛り…100円

炙り豚飯…400円/ネギ塩豚飯…400円


麺や福はら



関連ランキング:ラーメン | 今里駅(近鉄)小路駅(大阪メトロ)新深江駅



好み度:芳醇鶏そば(醤油)

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4784-dab26212