FC2ブログ
訪問日:2019年9月12日(木)

【新店】笹塚大勝軒-1

10時オープンの『むぎくらべ』で、大阪から出店している『麺や 福はら』で「芳醇鶏そば(塩)」をいただいて
次に向かったのが『笹塚大勝軒』!

昨年、永眠された『永福町大勝軒』の創業店主のもとで6年間修業して!
店主の地元である笹塚の地に一昨日の9月10日にオープンした店!


珍しく、新店ハンターさんが訪問して、ブログに記事をアップしてなかったので
代わりにレポートするため訪問🤣

『むぎくらべ』を出て、すぐ左前にある地下鉄の入口を入っていって!
都営新宿線の小川町駅から京王線の橋本行きの電車に乗って、京王新線の笹塚駅で下車。


笹塚駅南口から「観音通り」という商店街に入っていって、少し歩いていくと右側に店とお祝いのお花が見えてきた。
駅からは徒歩3分。


居酒屋の『薫風』跡地で
斜め前には『武蔵野うどん みらい家』があった!

【新店】笹塚大勝軒-2

オープン情報か、ほとんどなくて
笹塚の南側にある「観音通り」の奥の方の南側という情報と

11時オープン!
日曜休みという情報だけをもとにやってきて


ちょっと、不安もあったけど、すんなりと見つけられてよかった。
10時57分着で、お客さんの姿はなく、ポール獲得!


店は半分シャッターが開いていて、中に暖簾も見える。
それに、中からテレビの声が聞こえてきたので、もうすぐオープンするんだろうと思っていたのに、11時を過ぎてもオープンしない。


【新店】笹塚大勝軒-3

そこへ、自転車に乗ってきた女性のお客さんが来店してきて
「まだ、オープンしてないんですか?」と聞かれたので…

店の入口の引戸を開けて
「すいません、まだ、オープンしないのですか?」と聞くと…

「すいません、茹で麺機の調子が悪くて…」
「今日は30分遅れで、11時30分開店とさせてください。」
と店主から言われたので…

それをご婦人にお伝えすると
「まだ、25分もあるから、また、後で来てみるわ。」

「あなたはどうするの?」と聞かれて…
「私は、近くから来たわけではないので、ここで待ちます。」と言うと…

「あら、そう…」と言うと…
自転車に乗って、去っていってしまった

その後、11時25分に開店!
入店すると、オープンキッチンの厨房を囲むように配されたL字型カウンター8席の店で!


奥の方に茹で麺機があったので、一番奥の席へとつくと
暖簾を掛け終わった店主が戻ってきたので、壁に掛かっていたお品書きを見て、「中華麺(小)」と本日から発売になったという「チャーシュー」と「ワンタン」のトッピングから「ワンタン」をチョイスしてオーダー!

【新店】笹塚大勝軒-4

なお、メニューは、非常にシンプルで、麺メニューは「中華麺」の「大」と「小」だけ!
「子ども麺」というのもあったけど、これは「中華麺(小)」で、実質は子ども向けの割引メニュー!


それと、「ワンタン」が100円と、とてもリーズナブルな価格設定だったので、『永福町大勝軒』系の店で食べたことのある、餡なしの「皮ワンタン」かと思って、店主に確かめたところ
「具は小さいですけど入ってます。」とのことでした♪

口頭で注文すると、さっそくラーメン作りに入る店主!
大勝軒と書かれた緑色のプラスチックの麺箱からから「草村商店」謹製の麺を1玉取り出すと、茹で麺機のデボの中へと入れていって、タイマーをセット!


そうして、4分26秒で、タイマーが鳴る4秒前にデボを引き上げて
湯切りされた麺が、洗面器のような大きなラーメン丼に並々と張られたスープの中に納められると

続いて、やはり、デボで茹でていたワンタンを引き上げて
ワンタン、チャーシュー、メンマ、ネギが盛りつけられて、「中華麺(小)」の「ワンタン」トッピングが完成すると

「ワンタンメンお待ちどうしまでした。」と言う言葉とともに店主より供された。
てるてる坊主型のワンタン、豚肩ロース肉の煮豚、メンマ、刻み長ネギが載る『永福町大勝軒』系らしいシンプルなビジュアルの醤油ラーメン!

【新店】笹塚大勝軒-5

まずは、すぐに、煮干し香るスープをいただくところだけど
『永福町大勝軒』系のスープは、スープ表面を覆うラードによって、熱々のスープが中に閉じ込められているので!

焦って飲むと、口の中を火傷してしまう危険がある😓
そこで用心深くフーフーと息を吹き掛けて、いただくと

【新店】笹塚大勝軒-6

スープは、煮干しがきかされて、節もきかされた、この味わいは『永福町大勝軒』!
豚骨清湯ベースの動物スープに大量の煮干しと節を加えて炊いたシングルスープといった感じで!


煮干しは、背黒メインで!
産地違いの何種類かの背黒が使われていると思われるけど


背黒の力強いうま味とビターさも出ていて♪
さらに、いりこのうま味も感じられて!


それに、もしかすると平子も使っているかもしれないけど
煮干しが、いい出汁出してる😋

節は、鰹節、鯖節と宗田鰹かな!?
煮干しとともに節のうま味が感じられて!

今は、美味しい煮干しラーメンの店が、たくさんできたけど
やっぱり、好きだな、この『永福町大勝軒』の味♪

『永福町大勝軒』の永福町にある本店には、もう、何年も行ってないけど
『永福町大勝軒』系の店には何店も行っていて

この味わい
たまに、無性に食べたくなるんだよね♪

カエシが薄く感じられることもなく、ちょうど、いい感じで!♪
『永福町大勝軒』本店も、こんな感じだった記憶があるし


もしかすると、近年食べた『永福町大勝軒』系の店では一番の美味しさかも😋
それに、創業店主が昨年他界して、今はお孫さんが厨房に立つ本家『永福町大勝軒』よりも、『永福町大勝軒』らしさを感じられるかも♪

麺は『永福町大勝軒』系の店御用達の「草村商店」の麺!
見た目から、切刃20番の太くも細くもない中庸な太さに見える麺は、プリプリのやわめの食感の麺で!


【新店】笹塚大勝軒-7

でも、これが『永福町大勝軒』らしくて!
これはこれでいい♪


ただ、一般的には、少し、やわらかめに感じられるので
あまり、やわらかめの麺が好みじゃない方は、注文する際に「麺カタめ!」のリクエストをするのがおすすめかも!

豚肩ロース肉の煮豚は、これも、ある意味『永福町大勝軒』品質!
私は『永福町大勝軒』系列の店の煮豚には、あまり期待はしていないので、こんなもんかなという印象
🤣

【新店】笹塚大勝軒-8

メンマは、クニュクニュとした、やわらかめの食感のものだったけど
普通に美味しくいただけたし!

よかったのはワンタン♪
100円だったこともあって、気軽に注文したけど


そして、確かに、店主の言うように、てるてる坊主型で肉餡は少なめだったかもしれないけど
肉餡は肉のジューシーさを感じられたし♪

それに、ワンタンの皮のトゥルンという食感がとてもよくて!
これは、絶対、トッピングしておくべき逸品だと思う♪


そうして、最後は丼を持ち上げて、スープもぜんぶ飲み干して完食したところ
それを見ていた店主から、えらく、感謝されてしまったんだけど😅

こんな美味しいスープを残すなんてことは考えられないので♪
ご馳走さまでした。

【新店】笹塚大勝軒-10

メニュー:中華麺(大)…1000円/中華麺(小)…700円/子ども麺…500円
チャーシュー…150円/ワンタン…100円


笹塚大勝軒



関連ランキング:ラーメン | 笹塚駅東北沢駅代田橋駅



好み度:中華麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4777-2bf82b37