FC2ブログ
訪問日:2019年9月6日(金)

らぁめん 山と樹【参】-1

本日のランチは、東京のJR高円寺駅に近い環七通り沿いに2017年1月24日にオープンした『らぁめん 山と樹』へ!

オープン初日に訪問して、どこか懐かしいのに新しい洗練された東京ノスタルジック醤油ラーメンといった感じの「らぁめん」を「チャーシュー」増しでいただいて!
その年の5月21日に再訪して、石臼挽きの全粒粉が配合された自家製麺でいただく「塩つけめん」をいただいた。


どちらも、じんわりとした鶏出汁のうま味が感じられるスープで、やや、多めの鶏油が鶏感を高めているのもよくて!
さらに、昆布に背黒、鰹節、鯖節などのうま味も少し入れて、バランスを整えているのもよかった♪


そして、この、まったりとした味わいのスープに芳醇でコク深い弓削田醤油を使用したカエシで食べさせる「らぁめん」もよかったけど!
貝のうま味を入れたミネラル豊富な塩ダレを合わせた「塩つけめん」もいい♪


しかし、スープ以上によかったのが、厨房の入口近くに鎮座した製麺機で店主が製麺する自家製麺!
石臼挽きの全粒粉が配合された麺は、小麦粉が香る麺で、「塩つけめん」で食べると、そのよさが、よく実感できたし♪


らぁめん 山と樹【参】-9

平打ちの太ストレートの麺を茹でる前に店主が入念に手揉みして縮れさせた麺は、ムチッとした、やや、カタメの食感に感じられたり!
ムニュっとした、やや、やわらかめの食感に感じられたりして、食感がとても面白くて♪


麺に不規則な縮れがつけられているので、スープといい感じに絡んでくれるし!
道産の内麦が使われていて、小麦粉のうま味がよく感じられる麺なので、この麺を食べるだけでも、価値がある♪


だから、その後も、未食の「塩らぁめん」に醤油味の「つけめん」も食べてみたいと思ってはいたけど
次から次にラーメン店の新店がオープンして!

新店ハンターではないけど、美味しそうなラーメン店ができれば、つい、行ってしまうし😅
限定ハンターでもないとは思うけど、魅力的な限定がTwitterで告知されたりすると、ついつい、そっちに流れてしまうし😓

また、月に何度かは、地方遠征にも出掛けているので!
食べたいとは思いながらも、以降、訪れることもなく、時だけが過ぎていってしまった


ただ、こちらの店はデフォしかやらない店ではなく、過去に何度も食べてみたいと思う限定をリリースしている。
でも、それは、こちらの店に食べに行った人がTwitterでツイートしているのを見て、知るだけで


こちらの店の店主はFacebookInstagramで新作限定の告知をしていて!
しかし、Twitterはしていないので


それで、今まで、何度も来るチャンスを失っているのも事実
そして、今日、ここに来ようと思ったのも、たまたま、誰かが、こちらの店で「冷やし中華」を食べてツイートしていたのを見て!

そのビジュアルが、とてもキレイたったので、店主のFacebookにInstagramを見に行ってみると
まだ、終了の告知はしていなかったので、今日のランチはここに決まり

というわけで、JR高円寺駅で下車して、高架下の道を中野方面へと歩いて
環七通りに出たら、ガード下の横断歩道を渡って右方向へ

途中、立ち食いそば屋とラーメン店を左に見ながら進んだ先にある店へとやってきたのは12時12分12秒のお昼の書き入れ時!
店の入口の引戸には「冷やし中華」と書かれた貼り紙があって、まだ、終了していないことを確認
🎶

入店すると、いきなり、目の前に現れるのは券売機!
メニューは以前と変わらず、「らぁめん」、「塩らぁめん」、「つけめん」、「塩つけめん」の4種類。


らぁめん 山と樹【参】-2

特製推しで、「特製らぁめん」、「特製塩らぁめん」、「特製つけめん」が大きなボタンになっていて、「特製塩つけめん」だけが小さなボタンなのも以前通り。
しかし、以前と違うのは、空白になっていた券売機右上の大きなボタンの上に「期間限定 冷やし中華」と手書きされたシールが貼ってあったこと!


そこで、「期間限定 冷やし中華」と「大盛」の食券を購入。
なお、「期間限定 冷やし中華」の大きなボタンの下に「自家製ごまだれ」なるボタンがあって


これは、おそらく、ベースは醤油味のタレで、これを入れることによって、胡麻味に変更させる味変アイテムなんだろうと思って
ブログネタとしては面白いかなとは思ったけど、初めて食べるので、まずは、ノーマルのままでいくことに

そうして、店内へと入っていこうとすると、店主から
「ただ今、満席ですので、入口でお待ちください。」というアナウンスがあった。

前回に訪問してから2年と3ヶ月余りだけど
前回のブログには

「これだけ美味しいラーメンを出す店ならば、本来は、もっと、お客さんが入っていてもいいはずなのに…」
「こちらの店は、駅から少し離れた、徒歩6分ほどの場所にあって…」


「ただ、それだけなら、まだ、いいんだけど…」
「環七通り沿いにあるので…」


「たまたま通りがかった、フリのお客さんが入るといった店ではない。」
「そして、駐車場があるわけでもないので、ドライバーが車を停めて気軽に食べられるわけでもないし…」


お客さんが入ってなくて
やっていけるんだろうかと

ちょっと心配になって、こんなことを書いていた。
しかし、お昼の書き入れ時の時間とはいえ、満席だし!


この後も、お客さんが帰れば、新規のお客さんが入店してきて
私の滞在している間は、満席状態が続いていたので、味のよさが浸透し始めたのかな♪

6分ほど待って、お客さんが帰っていくと…
店主から「どうぞ!」と言われて

カウンター10席の店の
ただし、奥と手前で段違いに、2列に別れたカウンター席の奥の方のカウンター席の1席へとついて、食券をカウンターの上に上げる。

このカウンター席の前は、広々としたオープンキッチンの厨房で!
厨房の中には、今日も店主が1人なのは2年3ヶ月前といっしょ。


そして、先客のラーメン作りをしている間は、食券を回収には来ないのもいっしょ(笑)
前回は、何で、回収に来ないんだろうと思ったけど

調理に集中して、それを中断されたくない。
ワンオペで調理しているので、その方が料理の提供も早くなるので、そうしている。


見ていて、いいなと思ったのは、隣の席で、「つけめん」を食べていたお客さんが、麺と具を食べ終えて、スープ割りをリクエストすると
「お待ちください。」と店主から返答があって!

しかし、店主は、他のお客さんのラーメン作りをしていたため、その作業を止めずに…
ラーメンを完成させて、お客さんに出してから、割りスープを温めて、お客さんにサーブしていたので

すぐに対応せずに
その間、少し待たされたので、イラッとする人もいると思うけど

このお客さんは、まったく、そんな態度も見せずに、黙って待っていたし!
スープ割りを味わって飲むと、満足そうな顔をしながら、「ご馳走さま。」と言って、カウンターの上に食べ終えた丼を上げて、カウンターの上をダスターで拭いて、帰っていったので


この店は、店主のワンオペのため時間がかかる店であることをわかって来ている。
そして、そうして、待たされても余りある美味しさだということもわかっている♪


そうして、先客5人の注文した麺メニューが出された後に、食券を回収にきて
店主のワンオペで作られた私の「冷やし中華」の「大盛」が供されたのは12時31分。

着席してから13分。
来店してから19分後だったけど


「冷やし中華」の調理には、まず、大きな青い皿を出してくるところから取りかかって…
麺を手もみするのに数十秒。

そして、麺の茹で時間が3分20秒。
麺を冷水で〆て、具を盛りつけて、出されるまで5分。


その前に5人前の麺メニューが作られて
初めの2人前の「らぁめん」は、すでに調理中ではあったかもしれないけど

その後、「冷やし中華」、「らぁめん」、「つけめん」と作った後に私の、「冷やし中華」が作られて!
それで、13分というのは、スゴく手が早い!


閑話休題(笑)
供された「冷やし中華」の「大盛」は、写真ではわかり難いけど、ラーメン丼の倍はあろうかという大きなお皿に入れられての提供で!

らぁめん 山と樹【参】-3らぁめん 山と樹【参】-4

大判の豚肩ロース肉のレアチャーシューが3枚に出汁玉子が3個とピーラーで長~く削られた胡瓜、がたくさんとアーリーレッド、白胡麻が盛りつけられて!
トッピングされた具が麺を覆い隠すビジュアルに圧倒されるし、とても印象的で美しい「冷やし中華」♪


まずは、具を寄せて
現れた、平打ちの太縮れの手もみ麺をいただくと!

らぁめん 山と樹【参】-5

北海道産強力粉の「春よ恋」と石臼挽きの全粒粉を使って打ったと、後から店主に聞かされた麺は、小麦粉の風味が、とてもよくて♪
手もみして、麺の厚みが所々、違っているせいか
!?

ムチッとした、やや、カタめの食感に感じられたり
モチッとした、やや、やわらかめに感じられて、食感が独特なのが、とてもいい♪

そして、この冷やし中華!
基本の味わいとしては、昔ながらの冷やし中華である、醤油、酢、砂糖、胡麻油に水で作る醤油味の町中華の冷やし中華の味わい。


しかし、甘味と酸味が抑えられているのが特徴で!
さらに、鰹出汁に背黒、昆布、干し椎茸のうま味が感じられたので


「らぁめん」用に使われた魚介出汁というか和風出汁がをタレに合わせていて
味わいとしては、「大人の冷やし中華」という感じの味わい!

後で、食べ終わったところにやってきて
まだ、2回しか来たことがないし

前回の訪問から、もう2年3ヶ月余りも経っているというのに
なぜか、私の顔を覚えてくれていた店主から感想を聞かれて…

「甘ったるい味わいで、酸味の強すぎる冷やし中華は、あまり好きじゃないので、甘さと酸味を抑えて、和風出汁をきかせた、この味わい、めっちゃ好みです♪」と言うと…
意外な答えが返ってきた。

「冷やし中華、嫌いなんですよ☹️」
「子供の頃から、母が冷やし中華のタレで作る、醤油味の冷やし中華が嫌いでした。」


「それで、こんな風にしてみました。」
「和風出汁を入れて、胡麻油に唐辛子とニンニクの風味を移して使ってます。」


「それで、和がらしがなくても、刺激があって、美味しくいただけたんですね♪」
「大人の冷やし中華ですね。」
と言うと…

「そう!」
「それですね!」と言って、激しく賛同してくれ
たけど(^▽^)/

これ、めっちゃ美味しくて😋
めちゃめちゃおすすめです♪

そして、トッピングされた具の中でも最高だったのがシメジが入って、和風出汁がきかされた出汁玉子
そこで


らぁめん 山と樹【参】-6

「普通は錦糸卵が入るところを出汁玉子にしているのがいいですね!」
「でも、出汁玉子を作るのも職人技で、そんなことができるラーメン屋さんも少ないのに…」
なんて話すと…

「いや、これ、オムレツですよ。」
「和風出汁は使ってますけど、オムレツです。」


そう言われて、よく見れば、確かにオムレツかも😅
でも、美味しくて、秀逸な和風オムレツでした♪

さらに、以前、こちらでいただいたときは、チャーシューは煮豚だったので
店主の作る豚肩ロース肉のレアチャーシューを食べるのは初めてだったけど

らぁめん 山と樹【参】-7

しっとりとした食感に仕上げられていて
肉のうま味も感じられる美味しいレアチャーシューだったし😋

胡瓜も、果たして、これが食べやすいかどうかはわからないけど
幅広で大胆な胡瓜のこの提供方法は、とても面白いと思ったし♪

らぁめん 山と樹【参】-8

最後は、タレが美味しかったから、飲みにくいのに、すべて飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


PS この「大人の冷やし中華」の提供は、店主によると、来週の土日までとのことだったけど
詳しくは、店主のInstagramを確認ください。



メニュー:特製らぁめん…1000円/らぁめん…780円/あじ玉らぁめん…880円
特製塩らぁめん…1000円/塩らぁめん…780円/味玉塩らぁめん…880円
大盛り(2玉/300g)…100円

特製つけめん…1100円/つけめん…880円/味玉つけめん…980円
特製塩つけめん…1100円/塩つけめん…880円/味玉塩つけめん…980円
つけめん大盛(350g)…100円

チャーシュー…300円/あじ玉…100円/メンマ…100円/青ねぎ…100円/海苔…100円
ごはん…100円/バラチャーシュー丼…320円


【期間限定】冷やし中華…900円/自家製ごまだれ…100円

らぁめん山と樹



関連ランキング:ラーメン | 高円寺駅東高円寺駅新高円寺駅



好み度:冷やし中華star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4771-247061bc