FC2ブログ
訪問日:2019年7月29日(月)

王者-23-2

本日のランチは、徳島市国府町に2013年7月1日にオープンして、先日、創業6周年を迎えた『王者-23』へ!

徳島ラーメンの名店『王王軒(ワンワンケン) 』で修業した前川店主が、ご両親と妹さんとともにご家族で営む店。

店で提供されるのは、味が濃いめで、甘味が強い、すき焼きのような味わいなのが特徴の王道の徳島ラーメンである「中華蕎麦」!
さらに、この「中華蕎麦」のスープに魚介出汁のスープを加えた「特製蕎麦」の2つ!


しかし、この2つのラーメンに加えて、不定期に提供する限定ラーメンが人気で♪
「王者家」という名付けた横濱家系ラーメンがよく提供されている。


でも、これは、ベースの徳島ラーメンの豚骨醤油の白湯スープを応用すればできそうなイメージはあるけど
前川店主の作る限定は、それだけにとどまらない。

福島県の喜多方ラーメンや新潟の燕三条の背脂煮干しラーメン!
地元・徳島の地鶏である「阿波尾鶏」を使って作った「阿波尾鶏の中華蕎麦」などの清湯スープのラーメン!


鮮魚の真鯛やカンパチを使って作る鮮魚系ラーメンの限定もあれば!
流行りの昆布水に浸かったつけ麺まで提供してしまう。


食べログのこの方のレビューを見るとわかるけど、あんな限定やこんな限定までやっていて!
近くにあったら、絶対、同じようにヘビロテで通ってしまいそう
😅

でも、こんなことができるのも、若いのに料理の才能のセンスがあって!
さらに、勉強熱心な前川店主だからこそできる業だと思うけど


そんなわけで、前川店主の作るラーメンを、機会があったら食べてみたいと思っていたところ
向こうからやって来てくれた。

それが、昨年の「大つけ麺博」!
「大つけ麺博2018」の第1陣に出店した『王者-23』へ開幕の日に行って、前川店主の作った「徳島ラーメン」をいただいた。


そのときの感想をブログにこう記している。
「今までに徳島で食べてきた徳島ラーメンと比べると、スープがめっちゃ濃厚で、出汁のうま味が半端ない!」

「今まで、出汁感のない、ただ、甘じょっぱいだけのスープが徳島ラーメンだと思っていた人は、徳島ラーメンの概念が変わると思う。」
東京に初めてやって来て、「大つけ麺博」の会場である新宿歌舞伎町の大久保公園でスープを炊いて作った徳島ラーメン!


そんな環境でスープを炊いて
火力も水も違うのに、今まで、食べてきた徳島ラーメンの名店以上に美味しいスープが作れる。

だから、これを店で食べたら
絶対に、これより美味しい徳島ラーメンが食べられる😋

だから、徳島の店に行く機会があったら、もう一度、食べてみたいと思っていた。
そして、そのときに、もし、限定をやっていたら、連食で食べよう♪


そう思っていたくせに、なかなか、行く機会がなくて
ようやく、チャンスが巡ってきた!

JALで徳島阿波おどり空港へ!
空港からはリムジンバスで徳島駅へ。


王者-23-3王者-23-23

徳島駅からはJR徳島線の阿波池田行きの各駅電車に乗って府中(こう)駅へ!
そうして、駅から11分ほど歩いて漆黒の壁に覆われた店の前までやって来たのは17時22分。

王者-23-6

すると、シャッターで閉ざされた店頭の前には先客の姿はなく、ポール獲得🥇
しかし、直後に一人

さらに、一人と並んで
17時30分にシャッターが開いて開店したときには10人ほどの行列ができていた。

しかし、帰りにわかったことだけど、今、乗ってきた徳島線
通勤・通学の時間を除けば1時間に1本しかない😅

王者-23-4王者-23-5

そして、店があるのは、まだ、少し賑やかな街道沿いだったけど
そこに至るまでは、長閑な田園風景が広がり、こんな場所で商売して、お客さんが来るのかと心配になるようなところで😅

しかし、皆さん、ほとんど、車で来店されているとは思うけど
開店前に、これだけのお客さんを集客する力が、この店にはあるんだね!

しかも、今日の徳島地方は夕方になっても、まだ、蒸し暑くて😫💦
こうして、立っているだけでも、汗が滲み出てくる。

だから、駅から11分歩いただけで、汗ダラダラでバテバテ!
普通の人だったら、とてもラーメンなんて食べる気にならないような気候なのに
😞💦

入店して、まずは、入口を入って、すぐ右にあった券売機で食券を購入する。
メニューは「中華蕎麦」に「特製蕎麦」!


王者-23-7

その「玉子入り」、「肉入り」、「肉玉子入り」の徳島ラーメンでは定番のトッピングバージョンがあって!
そして、限定ラーメンは、「花咲ガニの冷やし蕎麦」に「蟹味噌ラーメン」!


今朝、店主のTwitterをチェックして、この2つの限定ラーメンが提供されるのはわかっていた。
夏が旬の花咲ガニで作る限定2種!


どっちも食べたい😊
ただ、デフォの「中華蕎麦」も食べたいから

2つは連食で食べるべるつもりだけど、どの組み合わせにするか迷っていた。
しかし、5日前に梅雨明けした徳島をなめていた


まずは、水分補給をしないと💦
というわけで、「瓶ビール」に「盛りチャーシュー」の食券

さらに、いきなり「蟹味噌ラーメン」はないなと思ったので、とりあえず、「花咲ガニの冷やし蕎麦」の食券嵩を買って厨房に面して3席あったカウンター席の一席へと着くと
「ようこそ徳島へ!」

「よく、こんな遠いところまで…」
「暑かったでしょう…」


いきなり、店主から、妹さんから、そして、ご両親からも歓迎を受けた。
「大つけ麺」のときには、開幕して、お客さんは、まず、ビックネームの店に殺到したため、こちら『王者-23』のブースは閑散としていて
😅

そのおかげで、店主とも話しができたし!
妹さんからはTwitterフォローしてくださいと言われて、もう、すでにフォローしているという会話もした。


しかし、私の顔を覚えてくれていて
こんな言葉まで掛けていただいて、ありがとうございます。

お母さまに食券をお渡しすると
「冷やしは好きなタイミングで声を掛けてください。」と言われて…

すぐに、お母さまから「瓶ビール」が出されて🍺
続いて、「盛りチャーシュー」も出された。

王者-23-8王者-23-9

さっそく、喉を潤すと
至福のとき

そして、さっそく、めっちゃ食べたかったローストポークをパクリ😋
これが、予想していたものとは違ってカタめの食感のものだったけど

噛めば噛むほど、肉のうま味がよくわかる、超絶美味しいローストポークで!
ビールのつまみには最適
😋

炙った細切りのローストポークは、香ばしくて♪
脂身がジューシーで、これも、めっちゃ美味しくて
😋

それに、材木メンマも外はコリッ!
中はサクッ

食感が最高だったし!
まぶされたブラックペッパーのスパイシーな味わいが、また、ビールに合う!


ビールで、とりあえずクールダウンしたらラーメン!
まず、「冷やし」を食べて、次は「蟹味噌」か
!?

隣の席のお客さんに着丼しと「蟹味噌ラーメン」の味噌と蟹の香りがたまらなくよくて、そうしようかと思ったけど
こんな美味しいつまみがあったら、もう一本、ビールを飲みたくなる😅

というわけで、ビールとともに「ローストポーク」の食券も買い足して!
そうして、出てきた「ローストポーク」は、先ほど同様、味わい深いもので!


>王者-23-10

ビールが進む!
でも、こんなことをしていたら、ラーメンが食べられなくなってしまう
😓

というわけで、3本目のビールの誘惑を振り切って「冷やし」をお願いすると
お父さまが近寄ってきて

「店主から、ぜひ、冷やしに合うご飯ものも食べていただきたいと言っておるんですが…」なんて聞いてきたんだけど
うーん、どうしよう🤔

ご飯ものを食べたら、「蟹味噌ラーメン」を食べるのは無理っぽい
でも、せっかく、そう言っているので、断るのもね😅

というわけで、いただくことにした。
厨房では大忙しの前川店主!


開店から休む間もなく、ラーメンを作り続けていて
とりつく島がない。

王者-23-11

しかし、見ていて不思議だったのは、こんな暑い日だというのに、多く作られていたのが「蟹味噌ラーメン」だったということ
徳島県民は千葉県民と同じで濃厚民族が多いってことなんだろうか

そんな、しょーもないことを思いながら、2本目のビールも空にしたところで
完成した「花咲ガニの冷やし蕎麦」が着丼!

王者-23-12

いくら蟹の身生海苔
鶏ムネ肉のレアチャーシューメンマほうれん草、刻みネギが盛りつけられたゴージャスなトッピングの冷やし塩ラーメン!


王者-23-13

まずは、クリアーに澄んだスープをいただくと
花咲ガニ🦀花咲ガニ🦀花咲ガニ🦀

濃密な花咲ガニのエキスが口いっぱい広がるスープで!
蟹好きにはたまらない味わい♪


しかし、蟹清湯の冷製スープと聞いて
じんわりと蟹のうま味が感じられる淡麗な味わいのスープなんだろうと勝手に思っていたのに

清湯スープなのに濃厚な濃厚蟹清湯スープでくるとは
いきなりの衝撃!

今まで、花咲ガニで作ったラーメンは、ラーメンではなく、つけ麺でいただいたことはあるけど
白湯スープのつけ麺だったし!

ベースは鶏豚の動物系で
そのときも、濃密な味わいのスープだった記憶はあるけど

これ、めちゃくちゃ美味しいし😋
こんなの食べたことない!

そして、この濃密な味わいの蟹清湯スープに合わされた麺は、中細ストレートの色白美人な麺で!
つるっとした、啜り心地がよくて、のど越しのいい麺で♪


王者-23-14

小麦粉のうま味も感じられて!
この塩味の冷製スープともよく絡んでくれて、スープとの相性はバツグン!


いくら蟹の身は、どっちも大好物で美味しいに決まっているけど
これは、後で、ご飯ものが出てくるので、ご飯と一緒に食べるので、残しておいて😊

王者-23-15

生海苔をスープといっしょに!
次に麺に絡めて食べたら


生海苔の磯の香りが最高♪
なめらかで、ふっくらとした食感も最高
😋

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、厚みもあって、やわらかくて!
しっとりとしと食感に仕上げられているのもよかったし♪


王者-23-16

そうして、食べ進めているうちに着丼したのは「北海道の恵み 紅ズワイガニといくら飯」のようで!
これにも、いくら蟹の身生海苔が載り、三つ葉が飾りに添えられたもの♪


王者-23-17

これにさらに、「冷やし」に入っていたいくらと蟹の身、残った生海苔も追加して!
これは、このまま食べても美味しいのはわかっていたけど、花咲ガニ風味の冷製スープを掛けて「蟹雑炊」にしていただくと


王者-23-18王者-23-19

これ、最高♪
めちゃめちゃ美味しい
😋

しかし、この「冷やし」にしても「ご飯」にしても、こんなにいくらや蟹が入ってて、850円に380円って
コスパ高過ぎじゃないですか!?

そうして、最後は、少し残った蟹のうま味MAXの冷製スープをすべて飲み干して完食すると
「一期一会」に続いて、丼の底に「一杯入魂」の文字が現れた。

王者-23-20

「一球入魂」になぞらえてた造語だろうけど(笑)
「精魂を注ぎ込んだ一杯」というのがよくわかる一杯!

ただ、残念だったのは、お腹いっぱいで、今夜は一杯だけでフィニッシュになってしまったこと😅
「蟹味噌ラーメン」は無理でも、「中華蕎麦」の「小」くらいはとも思ったけど

お腹いっぱいで、無理して食べても、あまり、美味しく感じられなかったら、もっと残念なので
後ろ髪を引かれる思いで席を立って、店主に、また、絶対に来る約束をして店を出ると

何と、前川家の4人が裏口から、お見送りに出てきてくれた。
そこで、入口で一家4人の写真を記念に撮影させてもらったんだけど


ラーメンが美味しいだけじゃなく、ホスピタリティーにも溢れた店!
絶対にまた、戻ってきます♪


そして、もちろん、今年も出店する「大つけ麺2019」にも伺います。
ご馳走さまでした。


王者-23-21王者-23-22

メニュー:中華蕎麦(小)…600円/中華蕎麦 玉子入り(小)…650円/中華蕎麦 肉入り(小)…700円/中華蕎麦 肉玉子入り(小)…750円
中華蕎麦(大)700円/中華蕎麦 玉子入り(大)…750円/中華蕎麦 肉入り(大)…800円/中華蕎麦 肉玉子入り(大)…850円

特製蕎麦(小)…600円/特製蕎麦 玉子入り(小)…650円/特製蕎麦 肉入り(小)…700円/特製蕎麦 肉玉子入り(小)…750円
特製蕎麦(大)700円/特製蕎麦 玉子入り(大)…750円/特製蕎麦 肉入り(大)…800円/特製蕎麦 肉玉子入り(大)…850円

ご飯(小)…100円/ご飯大(大)…180円

トッピング
もやし…60円/ねぎ…100円/玉ねぎ…50円/生ニンニク…50円
燻製味玉…100円/ローストポーク…150円/チャーシュー…200円/盛りチャーシュー…300円/燻製吊るし焼き(2枚)…150円/特製トッピング…250円

【本日の限定】花咲ガニの冷やし蕎麦…850円/蟹味噌ラーメン…850円
麺大盛…100円

北海道の恵み 紅ズワイガニとイクラ飯…380円/吊るし焼き豚バラ丼…300円/〆の生海苔雑炊…250円


王者-23



関連ランキング:ラーメン | 府中駅



好み度:花咲ガニの冷やし蕎麦star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4744-7dd64456