FC2ブログ
訪問日:2019年3月27日(水)

麺屋 BASE. TORITON-1

本日のランチは、徳島市の北島町にある『麺屋 BASE. TORITON』へ!

2017年7月20日オープンの店で!
屋号の「TORITON」は、「TORI(鶏)」と「TON(豚)」を表していて


こちらの店で提供されるのは、「TORI(鶏)」と「TON(豚)」を合わせた鶏豚骨スープのラーメンではなく、「TORI(鶏)」と「TON(豚)」の鶏白湯と豚骨の2種類のスープのラーメンを用意している!
つまり、「チキン🐓&ポーク🐖」ではなく「チキン🐔 or ポーク🐷」ってこと!


そして、どちらのラーメンのスープも2日間かけて炊いて、寸胴が3分の1になるまで煮込んだもので!
驚くことに、どちらも無化調スープなんだとか(*_*)

そんな情報から、この濃厚そうな無化調スープのラーメンをいただくために店へとやってくると
お洒落で女子受けしそうなカフェのような外観の店で♪

店の入口の外にラーメンの商品説明があった。
一番上の大きな写真で紹介されていた「TORITONらーめん」の「鶏」と「豚」がおすすめなのは歴然
で(笑)

麺屋 BASE. TORITON-2

これは、どうやら、一番下の段の「baseらーめん」の特製トッピングバージョンのようで!
チャーシュー、煮玉子、のりが増量される!


面白かったのは、麺量も1.25倍になることで
麺大盛りにしたらスープも増量されますという店はあるけど、特製トッピングしたら、トッピングも麺も増量になるなんて、聞いたことない(゜〇゜;)?????

それに、この内容で
特に写真を見る限りは、チャーシューが1枚から4枚に増えて

これで、デフォルトのラーメンに220円増しするだけで食べられるのは、スゴく、お得だし!
デフォの680円という価格もリーズナブルだけど、この「TORITONらーめん」の900円という価格は、めっちゃコスパ高いよね♪


それと、中段には「TORITONらーめん」の「New」バージョンの「鶏白湯醤油」 というのがあったので
「鶏」のベースとなるタレは「塩」ってことなんだろうね。

さらに、その隣には「鶏赤」に「豚黒」!
これは、解説を見るまでもなく


「鶏base」の辛味バージョンに「豚base」のマー油掛けバージョン!
さて、この中から何を選ぶかだけど


「鶏」か「豚」かだったら、「鶏」かな
それに、新バージョンの「鶏白湯醤油」よりも「塩」味だと思われるベーシックな「鶏」かな!

それと、私は、基本、味玉を食べない人なので、超お得でも「TORITONらーめん」にしなくてもいいかな
そうなると、必然的に「鶏base」になるけど

あとは、チャーシューをトッピングするか
サイドメニューを選択するか

何て思いながら入店すると
店内も、ナチュラルモダンなインテリアのお洒落な店で♪

これなら、女子のおひとりさまでも入店できそう♪
反面、おじさんは入りにくいかも
(((*≧艸≦)ププッ

そうして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
ランチタイムは大盛りが無料になるんだね!

麺屋 BASE. TORITON-3麺屋 BASE. TORITON-4

スープと麺のバランスが崩れるのが嫌なので、私は大盛りにはしないけど
いっぱい食べたい人には嬉しいサービス♪

それと、サイドメニューに「ギョーザ」があって!
この餃子が、鶏・豚ミンチに野菜たっぷりの隠れた人気メニューらしく!


価格も270円とお手頃なところにきて
「鶏base」と「ギョーザ」と「御飯」がセットになったメニューがあって!

なんと、これが950円!
この後、人と会うので、ギョーザは断念せざるを得なかったけど、そうじゃなかったら、絶対、これを選んでた!


そして、結局、買い求めたのは「鶏base」とサイドメニューの「丼」のセット!
これは、単品だったら380円する「TORI丼」または「TON丼」をセットにすると80円お得になるもの!

そして、スタッフのかわいい女子からテーブル席へと案内されて、食券を渡すと
「鶏のラーメンは塩にしますか、醤油にしますか?」と聞かれたので…

「塩」と言おうとして、思いとどまって
「どちらが、おすすめですか?」と聞いてみたところ…

「塩が基本の味わいになりますので、おすすめです♪」と答えがあったので…
「では、塩でお願いします。」と言うと…

「サイドメニューの丼は、鶏にされます、豚にされます?」と重ねて聞かれたので…
「豚丼で!」と言って、注文確定!

そうして、少し待つうちに
奥のクローズドキッチンで作られた「鶏base」と「TON丼」のセットが、先ほどの女子によって運ばれてきた

麺屋 BASE. TORITON-7

鶏ムネ肉のレアチャーシューカイワレ、刻み玉ねぎ、糸唐辛子がトッピングされた鶏白湯ラーメン!
トッピングの具がスープに水没しているので、ちょっと見映えが悪いかな
😅

赤くて大きな円形したレンゲで白濁したスープをすくって飲んでみると
少しトロミはあるものの、そう粘度のない鶏白湯スープで、濃厚さはないかな

麺屋 BASE. TORITON-10

でも、鶏のうま味はしっかり出ていたし!
鶏白湯スープで、無化調で、これだけのうま味を引き出せるのはスゴい
⤴⤴

麺は細ストレートのつるパツな食感の加水率低めの麺で!
これは、豚骨スープの「豚base」と麺を共通化しているからかな
!?

麺屋 BASE. TORITON-11

スープはマイルドなので、これでも合わないことはない。
でも、麺が少し、スープに負けてしまっているので


できれば、切刃18番くらいの中太麺にして!
加水率も上げて、つるモチな食感の麺で食べさせる方が、より、美味しくいただけると思うんだけど


鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりしていた食感に仕上げられていて!
やわらかくて


しっかりとしみた醤油味の味付けもよくて!
美味しくいただけたし♪


麺屋 BASE. TORITON-12

サイドメニューの「TON丼」は、豚バラ肉のチャーシューカットチャーシューも入って!
さらに、味玉ハーフまで入れられて


麺屋 BASE. TORITON-13

単品価格は380円だけど、お客さんは、ほぼ、ラーメンとセットで食べるだろうから、実質300円!
それで、この内容なら、セットで頼んじゃうよね♪


そして、このチャーシューがトロットロにやわらかくて
箸で持ち上げようとすると、ホロホロと崩れるほど!

ただ、ちょっと、醤油味の味付けが、甘くて濃かったのが
私の好みからは、ちょっと、外れるものだったかな

ラーメン屋らしくない、お洒落な店で!
女子のお一人様でも入りやすい店♪


麺屋 BASE. TORITON-5麺屋 BASE. TORITON-6

実際に女性一人で来店していたお客さんもいたし!
出てくるラーメンも、女子には嬉しい、お肌つるつるになる、コラーゲンたっぷりの鶏白湯スープのラーメンだし!


こういうラーメン店が徳島にもできるようになったんだね♪
茶色くて、すき焼きのような甘じょっぱい徳島ラーメンもいいけど


たまには、こんな徳島にはなかった、こんなラーメンも食べてみては!?
ご馳走さまでした。

麺屋 BASE. TORITON-14

PS さらば、徳島!
また、来る日まで


麺屋 BASE. TORITON-15麺屋 BASE. TORITON-16

メニュー:TORITONらーめん(鶏)…900円/TORITONらーめん(鶏白湯醤油)…900円/TORITONらーめん(豚)…900円

鶏赤…780円/豚黒…780円

鶏base…680円/鶏白湯醤油base…680円/豚base…680円

麺替玉…100円

※平日ランチタイムのみ大盛り無料

チャーシュー(鶏)…200円/チャーシュー(豚)…200円/煮卵…80円/のり…50円/青ねぎ…50円/辛ねぎ…100円/黒マー油ねぎ…100円/紅しょうが…0円

ギョーザ…270円
TORI丼…380円/TON丼…380円/御飯(大)…150円/御飯(小)…100円

セットメニュー
鶏base+ギョーザ+御飯…950円/鶏base+丼…980円/鶏base+ギョーザ+丼…1100円
鶏白湯醤油base+ギョーザ+御飯…950円/鶏白湯醤油base+丼…980円/鶏白湯醤油base+ギョーザ+丼…1100円
豚base+ギョーザ+御飯…950円/豚base+丼…980円/豚base+ギョーザ+丼…1100円


麺屋ベース トリトン



関連ランキング:ラーメン | 吉成駅勝瑞駅佐古駅



好み度:鶏basestar_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4637-4b6494b1