fc2ブログ
訪問日:2019年4月1日(月)

つけ麺 一燈【参四】-1

本日のランチは、一軒目に『麺屋 一燈』で、4月の月曜日限定として本日から提供開始された「クセになる辛辛麻婆豆腐麺」「倍辛+α」の激辛仕様でいただいて😅
二軒目に向かったのは『麺屋 一燈』から70m先の至近距離にあって、徒歩1分で行ける『つけ麺 一燈』!

『つけ麺 一燈』は、『麺屋 一燈』の系列店で!
屋号通り、つけ麺を中心としたメニュー構成の店で!


今週の4月第1週は限定つけそばウィーク
定休日の木曜日を除く、月曜日から水曜までと金曜日の4日間、日替わりで違うつけ麺が提供される。


つけ麺 一燈【参四】-0

月曜日:蛤つけそば
火曜日:スパイスつけそば
水曜日:煮干しつけそば
金曜日:鶏出汁つけそば


こちらの店のレギュラーのつけ麺は、「伊勢海老つけ麺」、「豚骨魚介つけ麺」、「サバカレーつけ麺」、「伊勢海老細つけ麺」という品揃えで、鶏白湯や豚骨魚介のこってりとした濃厚つけ麺がメイン!
淡麗なつけ麺は「伊勢海老細つけ麺」だけで


今週、提供される4つの「つけそば」は、すべて、淡麗なつけ麺なので!
淡麗好きとしては嬉しいし♪


できれば、オールコンプリートできればいいかもしれないけど
中でも注目していたのは、初日の月曜日に提供される「蛤つけそば」!

蛤を使った阿部シェフの「つけそば」は、昨夏にバナナ🍌を使った「彩り野菜と蛤の冷やしつけそば」という
斬新な「つけそば」をいただいたことはある。

しかし、普通の「蛤つけそば」は食べた記憶がないので
楽しみにしながら、朝の7時30分過ぎに整理券を取りに行ったところ

店はシャッターで閉ざされたまま
ただ、中で阿部シェフが仕込みをしているかもしれないので…

麺屋 一燈【五七】-3

シャッターを上げようとすると
ガッチリ鍵が掛かっていた🔏

阿部シェフが出勤するのを待ってはいられなかったので、今日は『麺屋 一燈』で、本日から提供される4月の月曜日限定の「クセになる辛辛麻婆豆腐麺」を食べることに切り替えたけど
「蛤つけそば」食べたかったな😢

麺屋 一燈【五七】-4
麺屋 一燈【五七】-2

そうして、『麺屋 一燈』で「クセになる辛辛麻婆豆腐麺」を「倍辛+α」でいただいたときに、居合わせた映画とラーメン大好きブロガーのしょーぞーさんから
全汁しなかったら出入り禁止( ̄▽ ̄;)

ちゃんと、全汁した写真を見せて!
なんて言われて
😅

こちら『麺屋 一燈』で、「クセになる辛辛麻婆豆腐麺」の辛さ「普通」をサクッと食べて、次に『つけ麺 一燈』で「蛤つけそば」を「連燈(連食)」するために、『つけ麺 一燈』の行列に並んでいたしょーぞーさんに証拠の画像を見せに行ったところ…
画像を見たしょーぞーさんはニヤニヤ(笑)

そして、帰ろうとすると
「あれっ?食べていかないの…」と強要されて

ここのところ、連食が続いて、肥えてしまったので
セーブしようと思ったのに

でも、こちら『つけ麺 一燈』も、本店の『麺屋 一燈』も、つけ麺の並盛の麺量が以前は200gだったのに、今は150gに減らされていて
つけ麺食べるときには、大概、300gは食べるので!

150gなら、先ほどの「麻婆豆腐麺」の麺量も150gだったし
それに、行列に並ぶお客さんも10人ほどで、そんなに待たずに食べられそうだったので

釣られて私も「連燈」することに( ̄▽ ̄;)
前に並ぶお客さんが入店して、食券を買って戻ってきたのと入れ換えに入店!

券売機で「季節の限定」の食券を購入して、スタッフのトアンくんに渡すと
「醤油」と「塩」が選べますと言うので

つけ麺 一燈【参四】-2つけ麺 一燈【参四】-3

どちらがおすすめなのか!?
オープンキッチンの厨房で「つけそば」作りをしていた阿部シェフに尋ねたところ

「醤油がいいと思います♪」
即答で答えがあったので、もちろん「醤油」でお願いするとに


そうして、外に出て、しょーぞーさんに私同様、「連燈」している、『麺屋 一燈』でポールだったじゃいさんに2番手だったRランさん
さらに、『麺屋 一燈』グループの常連のお客さんとおしゃべりをしているうちに、席も空いたようで、トアンくんから店内へと案内された。

席につくと、すでに阿部シェフによって「つけそば」が作り始められていて
茹で上がった麺を冷水で〆ると

並盛150gの麺と中盛250gの麺を、手の感覚で取り分けて
丼にキレイに盛りつけていって

つけ麺 一燈【参四】-4つけ麺 一燈【参四】-5

そうして、完成した「蛤つけそば」の「醤油」と「塩」が先客に出されていって
そして、この後、阿部シェフ自らの手によって、「蛤つけそば」の「醤油」が私にも出された。

つけ麺 一燈【参四】-6

ちなみに、こちらが、先に出されたじゃいさん注文の「蛤つけそば」の「塩」!
しかし、じゃいさん

この後、食べ終わって、一度、店から出たと思ったら
並び直して、「蛤つけそば」の「醤油」まで、3連食しようとしてるんですけど😅

先ほど『麺屋 一燈』で、「クセになる辛辛麻婆豆腐麺」を食べて、この「蛤つけそば」を連食したのは、他の限定ハンターや『一燈』ファンの皆さんと同じで
かく言う私もそうだけど😅

でも、3連食したのは、じゃいさんだけ
さすがです(-"-;A ...アセアセ

つけ麺 一燈【参四】-14

供された「蛤つけそば」の「醤油」は、麺の上に殻付きの蛤、豚肩ロース肉鶏ムネ肉の2種のレアチャーシュー、レッドキャベツスプラウト酢橘が載せられた
シンプルながら、美しいビジュアルのつけそば♪

つけ麺 一燈【参四】-7つけ麺 一燈【参四】-8

昆布水に浸かった全粒粉入りの切刃22番だと思われる平打ち気味の中細ストレートを、つけ汁にはつけずにいただくと
つるモチ食感の加水率高めの麺で!

つけ麺 一燈【参四】-9

つるんと啜り心地がよくて!
のど越しのいい麺で!


全粒粉入りの割りには、あまり、小麦粉は香らなかったけど
小麦粉のうま味は、しっかりと感じられる美味しい麺で♪

そして、麺が浸かっていた昆布水だけど…
ドロドロまではいかないけど、粘度の高めの濃厚昆布水が麺に絡み付いてくる

さらに、この昆布水
ただの昆布水ではなく

蛤出汁も入れられていて
この蛤昆布水に浸かった麺を食べるだけでも、とても美味しくいただける♪

麺をつけ汁につけて、いただくと
蛤!蛤!蛤!

蛤風味満載のつけ汁で!
そして、生揚げ醤油と濃口醤油をブレンドしたと思われるカエシが芳醇で♪


この蛤出汁のつけ汁とよく合っていて!
最高に美味しい♪


そして、食べ進めるうちに、濃厚蛤昆布水が徐々につけ汁に移ることで
蛤出汁のつけ汁が、だんだんと蛤と昆布の味わいのつけ汁に変わっていくのもよくて♪

さらに、酢橘を麺の上に搾りかけて、いただくと
甘酸っぱく、そして、爽快に味変してくれたのもよかったし♪

殻付きの蛤は、プリップリの食感が最高で!
しっかりと、貝のうま味も残っている蛤だったので


つけ麺 一燈【参四】-10

これは、出汁でとった蛤を載せたのではなく
ちゃんと、トッピング用に用意した蛤なんだろうね♪

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、バジルで味つけられたイタリアンな味わいのもので!
しっとりとした食感に仕上げられていて、味、食感ともに優れた一品だったし♪


つけ麺 一燈【参四】-11

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、『つけ麺 一燈』の豚肩ロース肉のレアチャーシューって、こんなに美味しかったっけ!?
以前のイメージからは、本店の豚肩ロース肉のレアチャーシューは全国でも屈指の味わいの逸品なのに対して、こちらのものは、それなりに美味しいレベルのものだったので

つけ麺 一燈【参四】-12

これがデフォルトのレアチャーシューなら
これからはトッピングして食べないといけないかも♪

そして、麺も具も食べ終えたところで
普通だと、残ったつけ汁に昆布水を入れて、昆布水割りにしていただくか

あるいは、カウンターの上に置かれたポットに入った
こちらの店のレギュラーメニューの濃厚つけ麺用に用意されている魚介出汁の割りスープで割っていただくか

しかし、冷めてきてしまったつけ汁に生ぬるくなってしまった蛤昆布水を入れてさらに冷ましてしまっては
正直、あまり美味しいとは思えないし( ´△`)

でも、せっかく、いい蛤と昆布の味が出たつけ汁に、また、違う節のうま味を入るのがいいのか
これに対する阿部シェフの解決策は!?

冷めたつけ汁に生ぬるい蛤昆布水を入れて
これをレンジで温めるという方法!

もちろん、喜んで、そうしてもらうと
再び、温かくなって、蛤と昆布が香って♪

つけ麺 一燈【参四】-13

最高のスープ割りで、最後まで美味しくいただけました♪
明日のパクチー&スパイスはパスさせてもらうけど


明後日と金曜日の「煮干しつけそば」と「鶏出汁つけそば」は
特に金曜日の「鶏出汁つけそば」は、『麺屋 一燈』で坂本店主が初期に出していた伝説の濃厚鶏清湯スープの「芳醇香味そば」をリスペクトして作ったスープを「つけそば」として提供するということだったので!

これは、絶対に食べないとね♪
ご馳走さまでした。




メニュー:伊勢海老つけ麺…900円/半熟味玉伊勢海老つけ麺…1050円/特製伊勢海老つけ麺…1200円/チャーシュー伊勢海老つけ麺…1200円

豚骨魚介つけ麺…850円/半熟味玉豚骨魚介つけ麺…1100円/特製豚骨魚介つけ麺…1100円/チャーシュー豚骨魚介つけ麺…1100円

サバカレーつけ麺…850円/半熟味玉サバカレーつけ麺…1100円/特製サバカレーつけ麺…1100円/チャーシューサバカレーつけ麺…1100円

伊勢海老細つけ麺(塩/醤油)…850円/半熟味玉伊勢海老細つけ麺(塩/醤油)…1000円/特製伊勢海老細つけ麺(塩/醤油)…1100円/チャーシュー伊勢海老細つけ麺(塩/醤油)…1100円

中盛り券…100円/大盛り券…150円/特盛り券…200円

豚肩ロースチャーシュー(4枚)…300円/鶏胸バジルチキンチャーシュー(4枚)…300円/豚バラロールの煮豚チャーシュー(4枚)…300円/トリプルミックス(各2枚)…450円/鶏せせり肉の炙り焼き(4枚)…300円
燻製半熟煮玉子…150円/メンマ…150円/とろけるチーズ…100円/海苔(5枚)…100円/エビ辛味…100円

〆のチーズリゾット…100円/小ライス…50円/ライス…100円

【4月の限定】蛤つけそば
並盛(150g)…1000円
中盛(250g)…+100円/大盛(350g)…+150円/特盛(450g)…+200円


つけ麺一燈



関連ランキング:つけ麺 | 新小岩駅



好み度:蛤つけそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4625-47b0dd35