fc2ブログ
訪問日:2019年3月30日(土)

神保町黒須【壱四】-1

本日のランチは、古書店街であり、カレーの聖地でもある東京・神保町の表通りの喧騒から少し離れた
城南信用金庫と出版社の集英社の間の狭い路地の中頃にひっそりと佇む店『神保町黒須』へ!

オープンしたときには、果たして、この場所で飲食店として営業なんてできるんだろうか!?
そんな場所にあるというのに、今では、平日のランチタイムとなると、近くのオフィスのビジネスマンやOLのお客さんを中心に、いつも行列ができる店になっている。

それで、こちらの店では、限定メニューが提供されても、提供は混雑が緩和する14時以降か、夜営業の18時以降に限られてしまう。
一度、どうしても食べたい限定があって、14時に訪問したことはあるけど


14時まで待たなければならないというのも、辛いものがあるし
18時からの提供というのも、私は地方遠征しているとき以外は、夜は原則ラーメンを食べない人なので

しかし、今日は土曜日で、近くに行く用事があって!
そして、土曜日は11時のオープンから限定が提供されるので!


これは、食べに来てくださいと言われているようなものなので(笑)
そして、いくつか出されている限定の中で、食べてみたかったのは、3月26日から夜営業で提供が始まった「塩つけそば」!

というわけで、11時11分11秒に店の前までやって来ると
外待ちはなし

土曜日だと、近隣の会社も休みなので
それに、まだ、ランチするには時間も早いからかな

などと思いながら、入店するとL字型カウンター8席の席には5人のお客さんが座っていた。
奥の厨房の黒須店主と目が合って挨拶。


そして、壁に貼ってあった限定のお品書きを見て、「塩つけそば」と「牡蠣茶漬け」を食べたかったので
券売機で「限定①」と「限定③」の食券を購入。

神保町黒須【壱四】-2神保町黒須【壱四】-3

そして、奥の厨房から店の入口に向かって一直線に7席並ぶ席ではなく、L字型に90度曲がった1席のみ厨房に向かって座る
厨房からは一番遠い席へ、スタッフの人に案内されて

神保町黒須【壱四】-4

食券を渡すと
「塩つけそばは、1玉、1.5玉、2玉から麺の量を選べます!」とスタッフの人から言われて!

麺の量も聞かずに
「2玉で!」と即答すると…

「限定③は、ガーリックソルトペッパーの和え玉ですか?」
「牡蠣茶漬けですか?」
と聞かれて…

「牡蠣茶漬け…」と答えると…
「では、麺を半分くらい食べたら、注文してください。」と言って、「限定③」の食券を戻してきたので

食券は受け取らずに
「いや、いっしょに出してもらっていいですよ。」と言って注文成立!

そうして、つけそばができるのを待つうちに
まず、2人のカップルのお客さんが入店してきて、満席に!

さらに、3人、2人と続けざまにお客さんが来店。
中待ちのベンチも満席になって、外待ちまでできた。


オフィス客が多い店なので、土曜日は空いてると思ったのに
意外にお客さんは多かった。

そうして、少し待つうちに、まず、「塩つけそば」の麺とピンクソルトと本山葵が載せられた小皿が運ばれてきて
「まずは、こちらの塩と山葵で食べてみてください。」とアナウンスがあった。

さらに、すぐに、つけ汁とともに「牡蠣茶漬け」も運ばれてきて
「牡蠣茶漬けは、牡蠣出汁が掛かっていますので、最初は、そのまま食べて、途中で、こちらのスープを入れて召し上がってみてください。」と食べ方の説明があった。

神保町黒須【壱四】-5

麺の上には春菊ライムの輪切り!
つけ汁の中にもライム


三つ葉
さらに、カットしたチャーシューがいっぱい入るつけそば!

神保町黒須【壱四】-6神保町黒須【壱四】-7

まずは、ピンクソルト山葵
そして、つけ汁にもつけずに

黄金色した昆布と煮干しと思われる出汁に浸かった
切刃14番と思われるウェーブがかった手揉み風の麺だけをいただいてみると

神保町黒須【壱四】-8

プリッ、モチッ!
ひもかわうどん(きしめん)のような食感の麺で!


小麦粉のうま味もしっかりと感じられる♪
そして、出汁は昆布と煮干しではなく、鰹と昆布出汁で!


鰹の風味がとてもいい感じで!
このままでも美味しくいただける♪


次につけ汁につけて食べてみると
フレッシュな鶏のうま味が口の中に広がって♪

さらに、昆布と干し椎茸のうま味にホタテの干し貝柱の貝出汁のうま味も感じられて
絶品♪

そして、食べ進めるうちに、これに鰹と昆布のうま味が加わっていくのを楽しめたのもよかったし♪
この味わい、今まで食べてきた淡麗な塩つけ麺では、最高峰にある味わいかも


つけ汁の中に沈んでいたチャーシューを引き上げてみると
豚肩ロース肉の薄切りのレアチャーシューで!

神保町黒須【壱四】-12

でも、こんな、麺一面を覆うほどいっぱい入っていて
これを麺といっしょにいただくと、めっちゃ、美味しかったし♪

そして、この後、半分ほど食べた後に
おすすめの山葵を麺に載せて食べてみると

神保町黒須【壱四】-9

さっぱりと食べられて
これも、スゴく、よかったし♪

次に、ピンクソルトもパラパラと掛けて、いただいてみると
ちょっと、しょっぱいかな(>_<)

神保町黒須【壱四】-10

それに、こうしたことで、特に美味しくなるわけではないけど
小麦粉のうま味に甘味が、より強く感じられたのはよかった♪

さらに、食べ進めたところで、ライムを麺に搾り掛けて食べてみると
爽やかに酸味のある味わいに味変してくれたのもよかったし♪

神保町黒須【壱四】-11

そうして、麺がなくなったところで、「牡蠣茶漬け」をいただいたんだけど
これが、牡蠣出汁と昆布出汁でとった出汁スープがかけられたもので!

神保町黒須【壱四】-13神保町黒須【壱四】-14

牡蠣出汁がよく出ていて、ちょっと、癖のある味わいのものだったけど
牡蠣好きにはたまらない味わい♪

ただ、牡蠣や貝が苦手な方は、ぜんぜんダメ((+_+))
そんな味わいだったけど

これに、つけ汁を加えていただくと
これが、また、めちゃめちゃ美味しかったし♪

神保町黒須【壱四】-15神保町黒須【壱四】-16

そうして、最後につけ汁を渡して、「スープ割り」をお願いすると
割りスープで割られて白髪ネギと小ネギが足されて戻ってきて!

神保町黒須【壱四】-17

いただくと!
これは、いりこ!


いりこ出汁のうま味と甘味がよく感じられるスープ割りで!
これも最高に美味しくて♪


最後まで、本当に堪能させてもらいました。
しかし、今日は、果たして、何回、味変を楽しめたのだろうか
!?

この「塩つけそば」と「牡蠣茶漬け」の組み合わせ!
めちゃくちゃおすすめです♪


これは、また、食べに来ないとね♪
ご馳走さまでした。


神保町黒須【壱四】-18

メニュー:焼豚醤油蕎麦…1130円/特製醤油蕎麦…1030円/味玉醤油蕎麦…880円/醤油蕎麦…780円

焼豚煮干蕎麦…1150円/特製煮干蕎麦…1050円/味玉煮干蕎麦…900円/煮干蕎麦…800円

焼豚塩蕎麦…1180円/特製塩蕎麦…1080円/味玉塩蕎麦…930円/塩蕎麦…830円

雲呑ー…150円/肉飯…150円/限定飯…250円/替玉…100円
焼豚皿…500円/支那竹…150円/味玉…100円

【本日(3月30日(土))限定】塩つけそば…1000円/吉備黄金鶏の鶏油そば…1200円
牡蠣茶漬け…300円/ガーリックソルトペッパーの和え玉…300円/キーマカレー…200円


神保町 黒須



関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅



好み度:塩つけそばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4623-97df7be1