fc2ブログ
訪問日:2019年1月29日(火)

RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-1

本日のランチは、『ミシュランガイド東京』のビブグルマンに2018年、2019年と2年連続で掲載されている荒川の巨匠と呼ばれる佐藤店主の店『RAMEN にじゅうぶんのいち【新店】RAMEN にじゅうぶんのいち-15』へ!

こちらの店は、都電荒川線の東尾久三丁目駅が最寄り駅となる下町の商店街に2012年10月3日にオープンした店で!
変わった屋号は、佐藤店主の誕生日が1月20日であることから、それを捩って付けられたもの!


そして、佐藤店主が作るラーメンは、昨年の誕生日である1月20日から、それまでの鶏スープに魚介を合わせたスープから、地鶏100%のスープへと変更!
私も、昨年の1月26日に訪問して、青森シャモロックの丸鶏と名古屋コーチンのガラで作ったスープの「塩そば」と「醤油そば」をいただいた。


以前のスープも美味しいスープだったけど!
より一層、うま味の強いスープへと変貌させていた♪


そして、当初は、いろいろな地鶏を試してスープ作りを行って
甲州地どりに落ち着いたようだったけど

今年の誕生日祝いに大阪の生野区にある『麺や 福はら』の福原店主から、店で使っている奈良の地鶏である大和肉鶏が贈られたようで!
1月27日に、この大和肉鶏100%スープのラーメンが提供された。


『麺や 福はら』の福原店主も、こちら『にじゅうぶんのいち』の佐藤店主も、同じ地鶏100%スープのラーメンを提供!
そして、普通、この水と鶏だけで作ったスープは、醤油ラーメンで出す店がほとんどで、塩ラーメンを提供する店は少ない。


その理由は、醤油にはうま味があるのに塩にはうま味がないことが大きい
しかし、この2店の店主は、ともに塩ラーメンが得意で、どちらの店でも塩ラーメンを推奨している。

というわけで、福原店主が使いなれた大和肉鶏を使ってスープを炊いて、どんな味わいのスープに仕上げてくるのか!?
とても興味があったのに、27日は、予定が入っていて。伺えず、残念な思いをしていた( ´△`)

しかし、その27日の営業終了後に、29日にTwitterで、もう一度、大和肉鶏100%スープのラーメンを作るとツイートがあった。
これは、絶対に行かないと♪


RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-2

というわけで、今日は、また、特別に寒さの厳しい中、東京メトロ千代田線の町屋駅から10数分も、寒風吹きすさぶ中、店の前へと開店10分前の11時20分にやってくると
3人のお客さんが待っていた。

寒さに震えながら、待っていると
8人が行列を作ったところで定刻の11時30分を迎えて、佐藤店主が暖簾を持って店の中から現れて、開店♪

まずは、券売機で食券を購入する。
なお、メニューは、限定の一択ではなく、スープが通常のスープではないだけで、「塩そば」も「醤油そば」も選べる。


RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-3

また、「味玉」入りや「特製」のトッピングバージョンに
単品で、好みの鴨ロースのチャーシュートッピングもできる♪

そこで、前回同様、豚肩ロースと鴨ロースチャーシューがミックスになる「ミックスチャーシュー」をトッピングしようとしたら、売り切れを示す×印(汗)
仕方ないので、豚肩ロースチャーシューと鴨ロースチャーシューを単品トッピングしようとしたところ、豚肩ロースチャーシューのボタンにも×印(+_+)

さらに、鴨ロースチャーシューのボタンには
「お一人様1枚まで」の注意書きがあった(>_<)

そこで、最終的に買い求めたのは「特製塩そば」と「鴨ロース」の食券!
「特製」にすれば、味玉に豚肩ロースチャーシューが1枚、鴨ロースも1枚追加になって!


味玉は特には要らないけど
豚肩ロースチャーシューがデフォルトで付く1枚に加えて2枚になって、鴨ロースも、単品トッピングの1枚を加えて2枚になるので♪

そうして、佐藤店主から指定された席へと着いて
カウンターの上に食券を置くと

食券を受け取った佐藤店主から
「鴨ロースは、特製に入ってますよ。」と言われたんだけど…

「いや、これでいいんです。」
「鴨が好きなので♪」
と言って注文成立!

そうして、まず、ラーメン丼を3つ取り出すと
茹で麺機の上に逆さに載せて、丼を温め始める佐藤店主!

次に麺を3玉取り出すと
軽く揉んで、空気に触れさせるようにして、解していくと

寸胴から雪平鍋にスープを移して、ガス台の火に掛けていって
3玉の麺を3基の大きなテボに入れて、茹で麺機で茹で始めて

温められていたラーメン丼を並べて、タレと香味油を入れて
温まったスープをその中へと注ぐと

茹で始めから1分50秒で、テボを引き上げて
自然に湯が落ちるのを少し待ってから

RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-4RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-5

何と、兵庫県・塚口に移転した、あのレジェンド店主のような激しい湯切りパフォーマンスを披露して(笑)
スープの張られたラーメン丼に入れられた麺の麺線を整えると

最後にトッピングの具がキレイに盛りつけられて!
ポールから3番目のお客さんに出されていった。


そうして、また、3つのラーメン丼が取り出されると
先ほどと、まったく同じルーティーンでラーメンが3個作りされて

そうして、完成したラーメンのうちの一つが、佐藤店主から、真っ先に供された。
豚肩ロース肉鴨ロースの2種類のレアチャーシューに、味玉、穂先メンマ九条ネギ、海苔がトッピングされた美しいビジュアルの「特製塩そば」の「鴨ロース」トッピング♪


RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-6

まずは、黄金色したスープをいただくと
大和肉鶏だけで炊いたスープを塩ラーメンで食べると、こういう味わいになるのかな!?

RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-7

スープは、『麺や 福はら』の味にも似た
大和肉鶏のうま味MAXのスープ♪

そして、このスープは、『麺や 福はら』がオープンしたときのスープのような
清湯スープなのに濃密な味わいのスープで!

めちゃめちゃ美味しくて♪
レンゲを持つ手が止まらない


麺は、京都の「麺屋棣鄂(ていがく)」の麺だったと思うけど
中細ストレートの麺は、啜れば、つるっ!

噛めば、もちっ!
やや、加水率高めの中加水麺で


RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-8

しなやかなコシも感じられて!
スープとも適度に絡んでくれてよかったし♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、まず、大きくて、厚みがあるのがいい♪
それに、火入れの加減がバツグンによくて!


RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-9

ちょうどいいレア感に仕上がっていて、ビジュアルもいいし♪
しっとりとした食感に仕上げられていて!


肉のうま味が中に閉じ込められたレアチャーシューで!
絶品♪


鴨ロースのレアチャーシューは、豚肩ロース肉のレアチャーシュー同様、火入れ加減が絶妙で
これ以上、時間を掛けたら、肉がカタくなってしまうし

反対に短いと、やわらかくて噛み切れない
そんな最高の状態に仕上げられていて

RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-10

噛めば、鴨ロースの濃厚なうま味に甘味がジュワ~っと口の中に広がって
最高に美味しい♪

味玉は、パッカーンと二つ割りすると、オレンジ色した黄身の味玉で!
半熟加減が絶妙で!


RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-11

しっかりと白身まで、味の滲みた
美味しい味玉だったし♪

穂先メンマは、醤油ダレで、しっかりと味付けられたもので!
でも、味付けが、とてもよかったし!


シャクシャクとした食感がたまらない!
味、食感ともいい穂先メンマだったし♪


RAMEN にじゅうぶんのいち【五】-12

そして、最後は、スープの最後の一滴まで飲み干して完食♪
できれば、もう一杯、「醤油そば」も連食したいところだったけど


店内でも、さらには、外でも、この寒い中、待っているお客さんがいたのと
それに、今日は30食限定ということだったので、ここは自粛して席を立つことに(汗)

今度は、甲州地どりで作ったデフォの「塩そば」を食べに来ます♪
ご馳走さまでした。




メニュー:塩そば(味玉入り)…950円/塩そば…850円/特製塩そば…1150円

醤油そば(味玉入り)…950円/醤油そば…850円/特製醤油そば…1150円

【数量限定】札幌中華そば味噌…850円

麺大盛…150円
炊き込みご飯(小)…220円/炊き込みご飯…300円

トッピング
ミックスチャーシュー(豚肩ロース+鴨ロース)…450円/豚肩ロースチャーシュー…300円/鴨ロース(お一人様1枚まで)…100円
焼きのり…120円/味付けメンマ…150円/半熟味玉…100円/くずれ味玉…30円


RAMEN にじゅうぶんのいち



関連ランキング:ラーメン | 東尾久三丁目駅町屋二丁目駅赤土小学校前駅



好み度:『麺や 福はら』から贈られた大和肉鶏100%スープの「特製塩そば」star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4570-64c998e2