fc2ブログ
訪問日:2019年1月5日(土)

大勝軒 てつ【五】-1

本日のランチは、千葉県柏市の国道16号線・藤ヶ谷新田付近にある大勝軒 てつへ!

「麺屋こうじグループ」からの独立店で!
「麺屋こうじグループ」系の濃厚豚骨魚介つけ麺にラーメンがメインの店!


しかし、こちらの店では、時折、まったく違うタイプの限定ラーメンを出す。
昨年も、11月には「阿波尾鶏の煮干し中華そば」


12月には「博多地鶏の塩ラーメン」なんていう
ちょっと、そそられるラーメンを出していたので!

そして、新年の午前1時に店の公式Twitterで、こんなツイートをしていた
「年明けには、花咲蟹・渡り蟹、清湯系、辛い系の限定を年をまたぎながら考えています。」

「花咲蟹」は、以前に、こちら『大勝軒 てつ』が所属する「麺屋こうじグループ」が2016年の「大つけ麺博」で出した「花咲ガニの濃厚つけ麺」が、めっちゃ美味しかった記憶があるので!
また、食べてみたいし♪


清湯系は、次は何をしてくるのか!?
楽しみだし♪

辛い系は「勝浦タンタン麺」をやるのかな!?
なんて思っていたら

新年1月3日から営業を開始して
まず、いきなり、ゲリラ限定の「煮干しそば」を販売!

さらに、第2弾の限定として、本日1月5日にオーソドックスな名古屋発祥の「台湾ラーメン」をやるという!
「勝浦タンタン麺」じゃなかったけど、「こうじグループ」の「台湾ラーメン」は食べたことないし


このツイートを見て、無性に辛いものが食べたくなったので!
今日のランチはこれに決まり♪


というわけで、国道16号線を車で走っていると
柏方面からだと反対車線に

千葉方面からだと右に見えてくる
『東池袋大勝軒』の故・山岸一雄さんが微笑む大きな看板!

大勝軒 てつ【五】-2

11時30分すぎに車を広い駐車場に停めて
入店すると

「いらっしゃいませ!」
まず、厨房にいたスタッフの人たちから元気な挨拶があって!


正面の券売機の前に進むと
かわいいスタッフの女子が近づいてきて

「今日は台湾ラーメンの限定やってます♪」
「今日の限定ご飯はハンバーグカレーです♪」


限定メニューの紹介があった。
券売機の右下の位置に「台湾ラーメン」700円、「特製台湾ラーメン」950円というボタンがあったので

大勝軒 てつ【五】-3大勝軒 てつ【五】-4

「特製台湾ラーメンって、普通の台湾ラーメンとどこが違うのですか?」と聞くと…
「特製にすると、チャーシューが付きます♪」ということだったけど…

「台湾ラーメン」にチャーシューは要らないので、ノーマルな「台湾ラーメン」の食券を買うと
「こちらにどうぞ♪」と言って…

8人掛けのテーブルの真ん中に衝立を立てて4×4のカウンター席として利用している席の1席へと案内されたんだけど
こちらの店は、約50席もある大箱店なのに、店内は6割ほど埋まっていて

帰りには、外待ちも出るほどで
土曜日で、まだ、正月休みのお客さんも多いとは思うけど、流行ってる♪

なお、こちらの店の厨房は、客席から見えることは見えるものの、高めの壁に遮られて、厨房スタッフの上半身が見えるだけのセミクローズドキッチンで、調理の様子はわからない。
そこで、メニューの写真などを撮っていると


大勝軒 てつ【五】-5大勝軒 てつ【五】-6

「お待たせしました♪」
先ほどの彼女とは違う、今度は長い髪を後で束ねたキレイなスタッフの女子が台湾ラーメンを配膳してくれた。


大勝軒 てつ【五】-7大勝軒 てつ【五】-8

台湾ミンチニラ、刻みネギが載るだけの
見た目にもオーソドックスな台湾ラーメン!

さっそく、朱色したスープを飲んでみると
鶏ガラに背ガラかな!?

あっさりとした味わいの鶏豚の清湯スープ醤油ダレを合わせて
豚挽き肉を豆板醤、鷹の爪、ニンニク、生姜で炒めた台湾ミンチを載せることによって、それから出る辛味とうま味で食べさせるスープ!

大勝軒 てつ【五】-9

辛味はじんわり
名古屋の元祖「台湾ラーメン」の『味仙」』ように一口目から辛さがくるタイプではなかった。

つい40分ほど前にあった、こちらの店の公式Twitterのツイートでは、辛味弱めの「アメリカン」と辛味強めの「イタリアン」にもできるとあって!
一瞬、「イタリアン」にしようかなと思ったけど


ただ、スタンダードの辛さがわからないので
ノーマルのままにしたんだけど

失敗したかな(>_<)
なんて思っていたけど

スープを飲み進めていくうちに
首の後から、じわっーっと汗が滲み出てきて

台湾ミンチを崩すと、いい感じの辛さになって
『味仙』で食べたときのように咳き込むことはなかったけど

でも、最低、これくらい辛くなかったら「台湾ラーメン」じゃないよね!
昨年も何度か、この「台湾ラーメン」を含む辛いラーメンを食べているけど


ある有名店のある人が作った限定の「台湾ラーメン」を食べて
それが、ほとんど辛味のない「台湾ラーメン」だったので

それを指摘すると
「誰でも食べられるように、辛くはしておりません。」と言われて、閉口したことがあった。

「台湾ラーメン」に限らず、辛いラーメンは文字通り、辛くないと意味がないと思っている人なので
なぜなら、辛いのが苦手な人は辛いラーメンなんて食べに来ない。

辛いラーメンを食べに来る人は、辛さを求めてやって来るのだから
辛くない辛いラーメンなんてナンセンス!

でも、このスープもギリギリ合格という感じで!
もう少し汗をかかせて欲しかったかな
(-"-;A ...アセアセ

麺は、公式Twitterには「細麺」とあったのに、合わせられていたのは、おそらく、「東池袋大勝軒」系の店が伝統的に使う切刃17番の中太ストレートの自家製麺が合わせられていて
なめらかで、つるっとした啜り心地のいい麺で!

大勝軒 てつ【五】-10

噛めば、モチモチとした、うどんのような食感の
しっかりとしたコシを感じる麺で!

中力粉と強力粉をブレンドした多加水麺は、麺自体は、とても食感のいい麺だし!
濃厚豚骨魚介の白湯スープのラーメンにはバッチリ合うと思う♪


ただし、この鶏豚の清湯スープがベースとなった辛味スープとの絡みはもう一つ
昨日のツイートから変更があったのか

それとも、つけ麺に使われている切刃14番の麺を太麺!
こちらの17番の麺を細麺と称しているのか
!?

わからないけど
何れにしても、このスープにこの麺のマッチングはなかったかな

台湾ミンチも、豆板醤がきかされていてよかったけど
できれば、甜麺醤、XO醤など少量加えて、少しコクを出してやると、もっとよかったかも

でも、ニラもシャキッとしていたのがよかったし!
ニンニクがきかされていたのもよかった♪


ただ、ニンニクは、細かく刻んで欲しかったな😓
スライスしたニンニクが大量に入っていて、スープを飲む度に、口に入ってくるのが

結構、飲み込んでしまったけど、それでも、スープを飲み干すと、こんなにもニンニクのスライスが残っていたし
ぜひ、次回は、これだけは改善して欲しい

大勝軒 てつ【五】-11

でも、いろいろ気になるところはあったけど
最後はスープも飲みきったし♪

次回の限定にも期待しています。
ご馳走さまでした。


大勝軒 てつ【五】-12

メニュー:特製つけ麺…1000円/つけ麺…750円/味玉つけ麺…850円/野菜つけ麺…900円/チャーシューつけ麺…1050円

特製みそつけ麺…1070円/みそつけ麺…820円/味玉みそつけ麺…920円/野菜みそつけ麺…970円/チャーシューみそつけ麺…1120円

特製ラーメン…1000円/ラーメン…750円/味玉ラーメン…850円/野菜ラーメン…900円/チャーシューメン…1050円

特製みそラーメン…1070円/みそラーメン…820円/味玉みそラーメン…920円/野菜みそラーメン…970円/みそチャーシューメン…1120円

トッピングメニュー
のり…50円/味玉…100円/メンマ…150円/チャーシュー(グリル、バラ、煮豚)…250円

【1月5日限定】台湾ラーメン…700円/特製台湾ラーメン…950円

チャーハン(ニンニク)…600円/チャーハン(ソース)…600円
ミニチャーハン(ニンニク)…300円/ミニチャーハン(ソース)…300円
チャーシュー丼…200円/TKGG…200円/ネギ丼…250円/ローストポーク丼…250円/温玉丼…250円/ライス…150円/小ライス…100円

大勝軒餃子…290円/しそ餃子…290円

バニラアイス…100円/杏仁豆腐…100円

女子盛り(女性・お子様限定)
ラーメン(120g)orつけ麺(170g)+バニラアイスor杏仁豆腐


大勝軒 てつ



関連ランキング:つけ麺 | 高柳駅逆井駅六実駅



好み度:台湾ラーメンstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4536-3e8a5b90