FC2ブログ
訪問日:2018年12月26日(水)

【新店情報】迂直-1

本日の遅いランチは東京・荻窪に12月22日オープンの新店『迂直』へ!

『Homemade ramen 麦苗』の深谷店主の後輩である店主が、1968年(昭和43年)に創業して、今年の6月30日に50年の歴史に幕を閉じた荻窪ラーメンの老舗『中華 三益』の跡地に開業した店!

店主は、今年の『大つけ麺博』第四陣に出店した『飯田商店』のヘルプでブースに入って麺上げをしていた人で!
やはり、ヘルプでブースに入っていた『Homemade ramen 麦苗』の深谷店主から、近々、ラーメン店をオープンさせる人ということで紹介された。


しかし、なかなかオープン情報は伝わってこなくて
昨日、『Homemade ramen 麦苗』を訪ねたときに、深谷店主に尋ねると

「実は12月22日にサイレントオープンしてます。」と聞かされて…
「では、明日、さっそく行ってみます。」と答えると…

「ああ、でも、確か、水曜定休にしようかなんて言っていましたので…」と教えてくれたので…
「じゃあ、木曜か金曜日に行ってみます。」と答えたけど…

あとでスマホに、「迂直 荻窪」と入力してググってみると
真っ先にラーメンデータベース情報がヒット!

しかし、実食のリポートはなく、銀あんどプーさんが登録した店舗情報だけ!
そして、唯一、実食した方のブログもあったものの


営業時間も定休日もわからない。
そして、電話番号も不明


やっぱり、訪ねるのは木曜日以降かなと思っていたくせに
今日は、午前中の予定が大幅に押して

ご飯も食べずに、午後一に予定のあった新宿へ!
そうして、解放されて、新宿駅に戻ってきたのは午後の2時になる時刻


今日、行く予定の店には今から行っても間に合わない
そこで、この店が営業していることに賭けてみることにした。

もし、深谷店主の言う通り、定休日を水曜日にするんだとしても、最初の一週間は、休みなしで営業するかも!?
そう思って、唯一、ラーメンデータベースに記載されていた住所を便りに、午後の2時22分22秒に店の前までやって来ると

入口のシャッターが閉まっている。
もう営業終了してしまったのか


近づいてみると
営業時間は15時までとなっていたけど、定休日は水曜日


【新店情報】迂直-2

やっぱり今日は休みだったのか!?
何れにしても食べられそうにはないよね(--;)

ただ、シャッターは閉まりきっておらず、中には人のいる気配がするな
なんて思っていたところ

シャッターを少し開いて
私のことを確認した店主が外へと出てきてくれた。

「せっかく、来ていただいたのに、すいません。」と言われて…
「深谷さんからは、水曜定休じゃないかと言われていたんですけど、もしかしたら、やってるかなと思って来たので、いいんです。」と答えると…

「ちょっと、待ってください。」と言うと…
再び、店の中へと戻って

『飯田商店』に『Homemade ramen 麦苗』から贈られた開店祝いのお花を出してきて
「こんな立派な胡蝶蘭をいただいてしまって…」と言ってスゴく喜んでいた♪


【新店情報】迂直-3

そうして、「大つけ麺」第四陣初日以来の再会を果たした店主とは、この後、少し、外で、立ち話しをさせてもらったんだけど
気になる店主の経歴は…

店主の希望により、一切、明らかにして欲しくはないし
修業先はおろか、名前さえも非公開にして欲しいと話す。

ただ、店主は、『麦苗』の深谷店主を兄のように慕う人で!
『飯田商店』の飯田店主のこをも尊敬している。


しかし、『飯田商店』での修業経験はない。
でも、並の新人ではないことだけは確か


店主の作る「鶏出汁らぁめん」は、「にいがた地鶏」を軸に節や煮干しなどの乾物を加えた淡麗な無化調スープに北海道小麦粉を使って製麺した 切刃20番の中ストレートの自家製麺を合わせた一杯で!
これを聞いて、「にいがた地鶏」を選択したのは、秋田県の「比内地鶏」を使う『飯田商店』に、山形県の「やまがた地鶏」を使う『麦苗』忖度したのかなと思ったけど
(-"-;A ...アセアセ

そうではなく
全国のいろいろな地鶏を使ってスープを炊いて、巡りあったのが、この新潟県の地鶏だという♪

この地鶏
ググってみると

新潟県原産の天然記念物「蜀鶏(とうまる)」に「名古屋種」、「横斑プリマスロック」を交配し作出した地域色豊かな地鶏ということだったけど
いい出汁を出してくれるそうなので、楽しみだな♪

さらに、店主は、もう一つ、濃厚な豚骨魚介の「豚出汁つけ麺」も作れる人で!
こちらも無化調で!


これに、切刃 16番の中太ストレートの自家製麺をつけて食べてみたいと思ったけど…
店主の話では、暫くの間、「豚出汁つけ麺」は封印するという

理由は、4日間、仕込みと営業を続けてきて
1人で、2つのスープと2つの麺を作ってはきて、どれにも、すべて100%の力を注ぎたいのに注げない。

それで、鶏出汁に特化して!
その代わり、「鶏出汁らぁめん」とともに、昆布水に浸かった「鶏出汁つけ麺」もやるというので、これはこれで楽しみ♪


※「鶏出汁らぁめん」は「醤油らあめん」に…
昆布水に浸かったつけ麺は「鶏出汁つけ麺」ではなく「鰹昆布出汁 つけ麺」の名称で販売されたようです。


メニュー:鰹昆布出汁 味玉・つけ麺…950円/鰹昆布出汁 つけ麺…850円/鰹昆布出汁 大盛・つけ麺…980円

味玉醤油らあめん…880円/醤油らあめん…780円

味玉…100円/肉増し…250円/メンマ…100円/ねぎ増し…100円
ゴロ肉ごはん…200円/ごはん…100円


迂直



関連ランキング:ラーメン | 荻窪駅



ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4525-5d431050