2008.12.14 田代笑店
訪問日:2008年12月14日(日)

田代笑店-1

千葉市稲毛区にある「ラーメン劇場」

全国各地にあるラーメン商業施設の一つで…
国道16号線の千葉北インター近くにある「ダイエー」と建物続きで繋がる「ワンズモール」の2階にある。

先月に店の入れ替わりがあって…
ネットで調べてみたら、面白い店やラーメンがあったので…
ちょっと行ってみることにした!

場所柄、徒歩でいくには辛いので、車で向かった…

「ラーメン劇場」の入口までやってくると…
雨模様の天気とはいっても、さすがに日曜日だけあってか、人が大勢集まっている!

田代笑店-2

こちら「ラーメン劇場」に現在、入居している店は6店。
ただ、入れ替わりが激しくて、今まで何店もの店が撤退している…
http://www.chibaraumen.com/gekijo/index.html

場所柄、土日の休日には、こうして、お客さんも多く来店するんだろうけど、平日はきっと少ないんだろうね…

私が、まず、目指したのは「田代笑店」!
「茨城大勝軒」グループ代表の田代氏が経営する店!
今回の入れ替えでは、この「茨城大勝軒」グループが3店舗同時に出店!

ここのところの千葉や東京への出店ラッシュはとどまることを知らず、勢いを感じる!

「田代笑店」は、同じく入った「常勝軒」とは違うコンセプトを打ち出してきた!

それは、「山岸一雄」の名を冠し、新しいスタイルの「もりそば」を提唱してきたこと。

「山岸一雄」とは、あの「東池袋大勝軒」の創始者!
「ラーメンの神様」の山岸大将の本名。

田代笑店-3

山岸大将が監修したという新しい「もりそば」!
それは、そば粉を練り込んだ中華麺でつくる、さっぱりとした「もりそば」だそう!

店の前までやってくると、小さいお子さんを連れたファミリー客が何組か待っていた。

メニューは、看板メニューらしい「特製もり鴨」980円!

田代笑店-4

しかし、普通の「もりそば」なら580円で食べられる。
子供用の「もりそば」もあって、値段はなんと250円!

これは、ファミリー客が来るのも頷ける。

田代笑店-5

店の外に設置された自動券売機で「もりそば」の食券を買っていると…
女性の若い店員さんが出てきて、待っているお客さんに人数を聞き出す…

「4人!」、「3人!」、「3人!」、「1人!」…

カウンター席でもいいかと聞かれて頷いた女性3人組と最後に「1人!」と答えた私が先に入店させてもらえた。

案内されたカウンター席からは厨房の様子がよくわかった!

厨房スタッフは3名!
それと、ホール・接客担当の女性スタッフを合わせた4名体制で営業している。

「BLUE MOUNTAIN」と印字された麺箱が見える!

田代笑店-6

「茨城大勝軒」グループから独立した「麺屋 青山」製造の自家製麺だ!

青山店主は、独立後も田代代表との親交は深いようで…
それで、きっと、この特殊な麺をつくることを引き受けたんだろうね。

麺の茹で時間は短く、さっと水で締めた麺が出されて…
遅れて、つけダレが出されたんだけど…

出す寸前に、結構な量の辣油が入れられたのが一抹の不安…

田代笑店-7

さっそく麺からいただきます!

これは…

完全に「そば」だね!
日本蕎麦!
しかも、申し訳ないけど、美味しいとは言えないそば…

そば粉2割に小麦粉8割…
「二八そば」ならぬ「八二そば」?
いや、「二八中華」か…

しかし、2割のそば粉が完全に勝ってしまっている…

味は、よく、長野県に観光に行くとある…
素人向けの「手打ちそば教室」で…
自分で打ったそばを食べたときのような味…

こういうところは、素人だと、そば粉10割では練り上げることができないので、小麦粉を4割ほど混ぜて、素人でも「そば作り体験」ができるようにしてある。

体験された方はよくわかると思うけど…
できあがったものは、確かに味はそばなんだけど、美味しくないんだよね…

つけダレは、さっぱりした鶏と魚介の風味のつけダレだけど、最後に入れた辣油が台無しにしている…

救いは、具の鶏肉が美味しかったことと…
店員さんがみんな腰が低くて、きちんと挨拶がなされていたことくらいかな…

本当にこれが「山岸大将」がやりたかったという新しい「もりそば」なのだろうか?

このメニュー…
今年一杯限りの期間限定提供で…
入口には「あと18日!」の表示があったけど…

田代笑店-8

そば粉を使った麺のアイデアは買うけど…
できあがったものが美味しくなくては…

辣油を入れてインパクトを出そうとしたのも大失敗!

山岸大将の写真まで出しておいて「これかい!」って感じだったな…

店を出て気づいたのは…
系列の「常勝軒」や、その隣の「魂麺」には20名以上の行列ができていたのに…
こちらの店にはすっかり並びがなくなっていたこと…

やっぱり、お客さんは…
味をよくわかっているんだね…

田代笑店-9

田代笑店-10

住所:千葉県千葉市稲毛区長沼町330-50 ワンズモール2F
電話:043-250-2368
営業時間:11:00~22:00
休日:ワンズモールに準ずる
喫煙:不可
アクセス:京葉道路「穴川IC」下車。国道16号を柏・八千代方面へ
JR総武線・稲毛駅から草野車庫行、こてはし団地行、「ワンズモール」バス停下車

メニュー特製もり鴨…980円/もりそば…580円/お子さまそば…250円


評価:もりそばstar_s20.gif
サービス・接客star_s40.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/451-f9d943dd