FC2ブログ
訪問日:2018年12月4日(火)

岡ほし【弐】-1

本日のランチは、「杭全」と書いて、「くまた」と読む、大阪の難読地名の町に、今年の9月25日にオープンした『岡ほし』へ!

こちらの店は、池田市にある『麺哲』系の『麺野郎』で修業した岡店主が開業した店!

10月18日の夜に訪問して、「塩ねぎまつけ麺」に「鉄火丼」!
さらに、「穴子の白焼き」、「鶏ハラミ焼き」、「万願寺唐辛子焼き」も、「剣菱」の熱燗のアテにいただいた!


「穴子の白焼き」をはじめとするアテは、皆、美味しくて!
日本酒が進む一品だったし♪


「鉄火丼」は、出汁醤油に味醂で味付けられた「漬け丼」で、味付けがよくて!
使う鮪も、関西ではポピュラーなキハダやヨコワではなく、天然のメバチマグロが使われていたのもよかったし!


ラーメン屋で食べる域を遥かに超えた
寿司屋で食べる「漬け丼」で!

これが400円で食べられるんだから
これから、こちらの店に来たら、毎回、ラーメンとセットで注文してしまいそう♪

そして、「塩ねぎまつけ麺」は
さすが『麺哲』出身だけあって、麺のクオリティは超一級品!

ただ、しび節と昆布と貝柱で出汁を引いて
鶏などの動物系を使用しないというスープのつけ汁は…

最初は、ラーメンだったら、いいかもしれないけど
つけ麺のつけ汁では、ちょっと弱いような気もしたけど

でも、麺を、蕎麦を食べるときのように、ちょこっとつけたり
ドブづけして食べると、もう一つだったけど

食べ方を変えて、じゃぶじゃぶを食べるときのようにして食べてみると
よくなって♪

そうして、最後にいただいた「出汁割り」が、贅沢にも、ラーメンに使うスープを「酒たんぽ」に入れて出してくれる「割り出汁」をセルフで割って作る「出汁割り」で
これが、最高に美味しくて、最後まで堪能させてもらったし♪

それに、こちらの店は、味がいいだけではなくて、心遣いのあるホスピタリティ溢れる店で!
気持ちよく食事することができたのが、とてもよかったので♪


次回の大阪遠征では、また、夜営業のときにお邪魔したいと思っていた。
ただ、今回は、事情もあって、新店ハンターのまーちんさん的に言うところの「夜の訪問者」にはなれなかったので


昼営業に伺うことにした。
というわけで、朝から大阪のキタで一仕事した後、大阪メトロで天王寺駅までやってきて


天王寺駅からはJR大和路線の各駅電車に乗り換えて
1駅目の東部市場前駅で下車。

駅からは徒歩9分ほどの場所にある店へとやって来たのは11時43分!
すると、まだ、開店準備中だったんだけど


こちらの店は、珍しく、12時開店の店だったんだよね
東部市場前駅からスマホのナビしたとろ

「こちらの店は、まだ、オープンしていない可能性があります。」という音声のナビがあって
初めて気づいた(-"-;A ...アセアセ

開店時刻の12時を迎えると
イケメンの岡店主が暖簾を持って、店の中から現れて開店♪

席について、メニューを見ると
麺メニューは、「正油」、「塩」の基本のラーメン!

それに、具なしの「ネイキッド(かけ)」というラーメンがあって!
つけ麺は、前回にいただいた「塩ねぎまつけ麺」という品揃え。


岡ほし【弐】-2岡ほし【弐】-3

スープと麺だけの「かけラーメン」がメニューに置いてあるもいうのは、それだけ、スープに自信のある証拠だし!
500円のワンコインで食べられるというのも魅力♪


そこで、この「ネイキッド」を「塩」で食べて!
普通に「醤油」も店内連食でいただいて


とりあえず、レギュラーメニューを制覇しようか!
とも思ったけど


ただ、こちらの店のでは、メニューにはない裏メニューが提供されているときもあるやわうなので
岡店主に聞いてみたところ

「昨日までは、自家栽培の無農薬野菜があったんですけど…」
「今日は、広島ならあります!」なんていう嬉しい答えが返ってきた♪


「広島」というのは、『麺哲』系の店で、主に冬期の一定期間に出される広島産の生牡蠣を使ったラーメンのことで!
牡蠣のエキスが出た塩味のスープが最高に美味しくて♪


トッピングされた、プリっプリの牡蠣がめちゃめちゃ好みなので
これが、食べられるのは、めっちゃ嬉しい♪

なので、喜んで、お願いすると
「つけ麺でお出ししましょうか?」

「広島をつけ麺で食べられるのは、麺野郎だけですので…」なんて言われたので
もちろん、そうしてもらうことにした♪

「麺は300でいいですか?」と聞かれて
「鉄火丼」があるので、そうすることにしたけど

「つけ麺」単体だったら
麺が美味しいので、400gでも500gでも行けちゃうんだよね♪

麺を茹でるのに時間を要するため、その間に「鉄火丼」を作る岡店主!
しかし、酢飯の盛り方一つを見ているだけでも、寿司屋そのものだね!


この人は、寿司も握れるんじゃないかと思って、尋ねると
「昨日も、あまり体調のよくない89歳の祖父が、僕の寿司を食べたいというので、泉佐野まで行って、寿司を握ってきました。」なんて話していて

さらに、岡店主は、いつも、福島区の野田にある「大阪市中央卸売市場 本場 」に行っては
この「鉄火丼」の鮪の他にも魚を仕入れているので

その気になれば、この人、きっと、寿司職人にもなれるね!
そんな店主が作った「鉄火丼」は、きっちり、仕事がされた「漬け丼」で!


岡ほし【弐】-4岡ほし【弐】-5

今日も良質な鮪が使われていて
味付けも完璧で

これが400円で食べられるのだから
これと、500円ワンコインラーメンの「ネイキッド」とセットで食べても900円だから、めっちゃ、コスパ高いよね♪

しかし、岡店主に1日の提供数を聞いたところ
「ご飯は絶対に残したくないので、六合しか炊きません。」

「だから、最大でも30食ですね。」ということだったので
「鉄火丼」を確実に食べるためには、早めの時間に訪問するのがおすすめ♪

そして、美味しいので♪
パクパク食べて、あっという間に完食してしまうと


「早っ!」
「もう少し、お待ちくださいね…」


「麺の茹で時間に8分かかりますので…」
そう言うと


「これを食べて、お待ちください。」と言って、岡店主から差し出されたのは
丹波黒鶏のムネ肉のタタキと蒸し海老」のアテ!

岡ほし【弐】-6

昼じゃなければ、日本酒を追加注文してしまうところだけど(-"-;A ...アセアセ
これは、冒頭、席に着いたときに、昨夜、大阪入りして、何もなければ、こちらに来る予定だったけど、大阪の友人と河内鴨と大和肉鶏のタタキや焼き鳥を出す店に行ってしまったというのを話したことから

「大和肉鶏と比べたら、たいしたものではないですけど…」と言って、岡店主から出されたもの
しかし、これが、昨夜いただいたものに比べても、こちらの方が美味しく感じられる

岡ほし【弐】-7

どちらも地鶏で、鶏肉のうま味は甲乙付けがたいものだったけど
違いはポン酢!

こちらの店の自家製ポン酢の方が、鶏料理専門店の味を上回っていた。
蒸し海老もプリップリの食感が最高だったし♪


そうして、少し作るのに時間を要して、完成した「広島」が着丼!
豚肩ロース肉のレアチャーシュー青菜、千切りされた九条ネギ、小口切りされた長ネギと牡蠣がつけ汁に入れられたつけ麺!


岡ほし【弐】-8岡ほし【弐】-9岡ほし【弐】-10岡ほし【弐】-11

まずは、 『麺野郎』の製麺機を使って、岡店主が打った麺をいただこうとしたところ
前回に比べて、麺が太くなっていたように感じられたので

「この麺、14番ですか!?」
前回は岡店主の方から、切刃16番の麺であると言われたので、何の疑いもなく、そうだと思っていた。


しかし、この麺は16番には見えなかったので、確かめてみたところ
「いいえ、16番です。」という答えが返ってきたんだけど

でも、切刃16番の麺だったら、4分30秒も茹でればいいだろうし
8分はあり得ないと思っていたら

岡店主からは続けて
「16番の切刃を使ってますけど、僕は太めに出しています。」という答えもあって、納得!

岡ほし【弐】-12

前回同様、艶やかに輝く麺は、なめらかな口当たりの
モチモチとした食感の多加水麺で!

コシがあって!
のど越しのよさもある麺で♪


そして、小麦粉のうま味も感じられる美味しい麺で!
さすが、『麺哲』系の麺♪


こうして、つけ麺で、冷たく〆た麺だけをいただくと
麺のうま味や食感のよさがよくわかる♪

次に、麺を半分ほどつけ汁につけて、啜ると
前回は、お鍋のつゆのような淡い味わいに感じられて

私には上品すぎるような味わいに感じられたつけ汁の出汁のうま味が増していた♪
さらに、あえて、麺をつけ汁の中にドブッとつけて食べてみたところ


前回は、しょっぱく感じられたのに
今回は、塩味も円やかに感じられて、めちゃめちゃ、美味しい♪

うま味が強く感じられたのは、つけ汁の中にゴロゴロと入った牡蠣から出たエキスによるものもあるかもしれないけど
昆布のうま味が増しているように感じられて!

岡ほし【弐】-13

つけ汁の出汁のうま味がしっかりしているので!
これだけ太くて、中力粉を使って、コシのある讃岐うどんのような食感に仕上げた麺なのに、しっかりとつけ汁とも絡んでくれたのもよかったし♪


これなら、他の『麺哲』系の店のように、鶏の動物系出汁を使わなくても、何の過不足も感じられないし!
十分に美味しくいただける♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、ずっと、つけ汁の中につけたままにしておいたので、せっかくのピンク色したチャーシューが色褪せてしまったのが(>_<)
そして、つけ汁の熱によって、カタくなってしまって、完全に失敗してしまったけど

岡ほし【弐】-14

でも、この歯応えのある食感が、意外に悪くなかったし!
噛む度に、肉のうま味が感じられる美味しいチャーシューでよかったし♪


牡蠣も大小合わせて5個も入っていて!
食感も思った通り、プリップリで!


岡ほし【弐】-15

噛めば、牡蠣のうま味がジュワっと出て来て
牡蠣好きにはたまらない味わいだったし♪

そして、麺を食べ終わったところで、「出汁割り」をお願いすると
「割り出汁」が今回も、日本酒をお燗するアルミ製の「酒タンポ」に入れられて登場!

岡ほし【弐】-16

まず、この「割り出汁」を、前回同様、レンゲにとって、味見しようとすると
あれっ?とろろ昆布

しび節と昆布と貝柱のスープに、さらに、とろろ昆布を加えたものが「割り出汁」として出されて
岡店主によると

わかりやすい美味しさで、自身がとろろ昆布が好きだからということだったけど
個人的には、ちょっと、微妙かな(-"-;A ...アセアセ

とも思ったけど
でも、これはこれで、「とろろ昆布うどん」のおだしのようで、最後まで美味しく完食♪

そして、今日も、お会計すると
お見送りまでしていただいて

ありがとうございます。
最後まで、心地いい接客のホスピタリティ溢れる店♪


また、大阪に来たら、絶対に伺います。
ご馳走さまでした。


岡ほし【弐】-17岡ほし【弐】-18

メニュー:正油…800円/塩…800円/ネイキッド(かけ)…500円
ラーメン替え玉…100円

塩ねぎまつけ麺…1100円より
【本日の裏メニュー】広島(つけ麺)…1200円より

鉄火丼…400円/白ご飯…200円


岡ほし



関連ランキング:ラーメン | 東部市場前駅北田辺駅今川駅



好み度:広島(つけ麺)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4505-2fdcd09e