fc2ブログ
訪問日:2018年12月5日(水)

【新店】中華そば さわ-1

本日のランチは、東武東上線の中板橋駅近くに、12月1日にオープンした新店の『中華そば さわ』へ!

こちらの店は、オープン前から、Twitterで、こちらの店のラーメンを試食してTwitterで上げて、絶賛する人が何人もいて!
期待できそうだったし♪


オープン日に訪問した新店ハンターの皆さんの情報によると
下北沢の『中華そば こてつ』出身の店主が開業した店のようで!

『中華そば こてつ』に訪問したのは、もう2年5ヶ月ほど前になるけど
醤油味の「チャーシューワンタン麺」を食べて!

美味しかったので、「塩ラーメン」も店内連食したくらい、好みの味わいだったので!
修業先の味を踏襲しているなら、間違いなく美味しいはず♪


というわけで、すぐにでも行くつもりが
昨日まで東京を離れていたこともあって、オープン5日目の今日、ようやく訪問することができた。

東武東上線・中板橋駅北口から徒歩2分ほどの店へと開店15分前の11時15分に店頭へとやって来ると
すでに2人、お客さんが待っていて、ポール獲得ならず

【新店】中華そば さわ-2

そして、6人のお客さんが行列を作ったところで、開店時刻の11時30分を迎えて
店主が暖簾を持って、店の中から現れて、定刻開店♪

ポールのお客さんから順番に店の入口を入ったすぐ左にある券売機で食券を購入して、店の奥の席から詰めて席へとついていく。
そうして、私の番になって、買い求めたのは、デフォルトの醤油味の「中華そば」650円!


【新店】中華そば さわ-3

券売機左上のおすすめのボタンは「特製中華そば」になっていて!
その右から、「中華そば」、「玉子入り中華そば」、「チャーシュー麺」、「ワンタン麺」とボタンが並んでいて


二段目には「塩中華そば」と、そのトッピングバージョンのボタンもできていたけど
まだ、販売されていないようで、売り切れを示す×マークが点灯していた。

なお、「特製中華そば」にすると、デフォで入る豚肩ロース肉のレアチャーシューの他に豚バラ肉の煮豚が2枚と
味玉、ワンタンもトッピングされて!

200円増しで「特製」にできるので!
いつもなら、そうしているところだけど


今日は、この後、隣駅に10月15日にオープンした『Soupmen』で、本日限定の「鴨醤油らぁ麺」を連食していくつもりなので自粛(汗)
しかし、デフォの「中華そば」が650円というリーズナブルな価格設定も

200円増しで「特製」にできるのも、修業先の『中華そば こてつ』を踏襲していると思われるけど
めっちゃコスパ高いよね♪

食券を買って、店主が1人立つ厨房の前に一直線に並ぶ6席のカウンター席の1席へとついて
食券をカウンターの上に上げると、ラーメン丼を3つ取り出して、さっそく、ラーメンを3個作りし始める店主!

まず、スープを寸胴から雪平鍋に移して、ガス台の火にかけていくと
ラーメン丼にカエシと香味油を入れて

さらに、麺を3玉半取り出すと
3基のテボに分け入れて、タイマーをセット

そうして、温まったスープを3つのラーメン丼に注いで
セットしてからジャスト1分で鳴り出したタイマーを止めると

湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられて
最後に盛りつけされて、ラーメンが完成すると

まず、先客2人にラーメンが出された後に
デフォの「中華そば」が、私のもとにも着丼

【新店】中華そば さわ-4【新店】中華そば さわ-5

低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシュー太メンマ青ネギが載るシンプルな出で立ちの
ネオクラシックな様相の醤油ラーメン!

まずは、醤油香るスープをいただくと
濃口醤油と生しょうゆをブレンドしたような味わいのカエシが使われていて、味の方向性は、修業先といっしょだね!

スープは、鶏ガラベースのスープに昆布と干し椎茸のうま味に…
背黒に鯖と鰹の節のうま味を重ねたような味わいのスープで!

「東京のクラシックな中華そば」!
あるいは、「東京のノスタルジックな醤油ラーメン」を現代風にアレンジしましたといった感じの味わいで!


子供の頃から、鶏ガラベースのスープに背黒の煮干しがきかされて!
鰹節、鯖節の節のうま味も感じられる


ずっと東京で育って、東京の醤油味の中華そばに慣れ親しんできたものからすると
懐かしいのに新しい♪

そんな味わいに感じられて
とてもいい感じだったのも

バランスがバツグンによくて♪
めっちゃ美味しいのも


さらに、やや、魚介系の主張が強くて
もう少し、動物系が強い方が、醤油ラーメンの場合はいいような気がしたところまで、『中華そば こてつ』と同じような

でも、このバランスで、「塩ラーメン」を食べると美味しいんだよね♪
『こてつ』の場合!


なので、こちらの店でも、間違いなく『塩中華そば』の方が好みだと思う♪
それと、ちょっと気になったのは、若干、味濃いめには感じられたことで


これはカエシの量を減らせばいいことだけど
でも、このくらいの方が、東京の下町の、ここ板橋のお客さんには受けはいいような気もした。

麺は、三河屋製麺の切刃22番の中細ストレート麺で!
麺の味わいから、今年初めて「ミシュラン」のビブグルマンに掲載された『中華蕎麦 蘭鋳』や「ミシュラン」ビブグルマンに毎年掲載されている『麺尊RAGE』が使う


三河屋製麺が『中華そば屋 伊藤』をリスペクトして作った麺なのは間違いないと思うけど
50秒で茹でるのがベストの茹で加減の、カタめで歯切れのいい、ザクパツな食感の麺に仕上がる麺を、あえて、10秒ほど長めに茹でて、スープに合わせてきたのはいいとは思うけど

【新店】中華そば さわ-6

煮干しラーメン用に開発された麺なので、あと、10秒か15秒茹でて、ツルっとした食感に仕上げるようにするとよくなる♪
なので、「塩中華そば」が販売されるようになったら、15秒長く茹でてもらうようリクエストするつもり!


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、やや、薄切りのために、味、食感とも、まずまずだったかな
もう少し厚みがあると、よかったとは思ったけど、価格を抑えているので、仕方ないのかな(汗)

【新店】中華そば さわ-7

太メンマは、外はコリッ!
中はサクッ!


理想的な食感の太メンマで!
こちらはめっちゃ好み♪


【新店】中華そば さわ-8

スープは、今でも、なかなかの完成度だと思う。
でも、まだ、もっと、美味しくなるラーメンだと思うので、今後のブラッシュアップに期待♪


「塩中華そば」が販売されるようになったら、また、来ます。
ご馳走さまでした。


【新店】中華そば さわ-9

メニュー:特製中華そば…850円/中華そば…650円/玉子入り中華そば…750円/チャーシュー麺…850円/ワンタン麺…850円

大盛り…100円

チャーシューご飯…250円/ライス…100円
味玉…100円/チャーシュー…200円


中華そば さわ



関連ランキング:ラーメン | 中板橋駅ときわ台駅板橋本町駅



好み度:中華そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4504-4898a64f