訪問日:2008年12月11日(木)

中華そば 頓知房-1

先月11月17日!

東武東上線・鶴ケ島駅の駅前にオープンした「頓知房(とんちぼ)」!

「多賀野」で修業した若い店主が営む店らしい…

「多賀野」は、東京では有数の行列店で…
ここ2年ほど行っていないけど…

ここなら…
「多賀野」の…
しみじみと美味しい煮干し醤油の「中華そば」が並ばずに食べられる?

そう思って、池袋から東武東上線の急行電車に乗って鶴ケ島駅へ!

駅東口の階段を下りると…
数十歩で、すぐに店に着いてしまった!

この立地のよさもやはり、駅前にある修業先譲りか!?

しかし、店に入っていくと…
午後の1時だというのにお客さんでいっぱい!
1席だけ空いていた席にかろうじて座ることができたけど…
完全にあてが外れた…

しかし、さらにこの後は、店内の待合ベンチで待つお客さんも現れ…
まだ、座れただけでもよかったのかもしれない…

開店から1ヵ月しか経っていないのに、早くも人気になっているようだ…

厨房には、感じのよさそうな若い店主がひとり!
お手伝いをされている女性はお母様だろうか?

メニューをみると、「中華そば」と「つけそば」の2本立てのようで…
「中華そば」のバリエーションとして、「煮玉子中華そば」と「チャーシューメン」があった!

中華そば 頓知房-2

「中華そば」を注文!

しかし、目の前で作っていた「中華そば」と「チャーシューメン」を見比べて…
「チャーシューメン」に変更してもらった!

というのも、普通の「中華そば」には、肩ロースのチャーシューが1枚入るだけなのに…
「チャーシューメン」は、肩ロースのチャーシュー2枚に、バラ肉のチャーシャーが2枚載る!

2種類のチャーシューが食べられるのがいい!

「中華そば」を作る工程は、修業先とまったく同じ!
もちろん「追い煮干し」もしている!

こうしてできあがった「チャーシューメン」は、丼が修業先と同じものが使われていることもあってか…
「多賀野」に似ている!

中華そば 頓知房-3

スープもまさに「多賀野」
そう感想を店主に話すと…

「本当ですか!?」
と声を発しながらも、嬉しそう!

「先日、大将が味のチェックにきたんですよ!」
「えらく、緊張しました!」
顔を真っ赤にして、そのときの様子を語る店主!

やっぱ、いい奴だった!

麺は、歯ざわりのいい…
そしてバツンと歯切れのいい麺が使われていて…
結構好みの麺!

修業先とは同じ黄色い色をした卵麺で…
麺の切り刃の番手もストレートの麺の形状も似ていたけど…
麺のチューニングが違う!
そんな感想をまた、店主に話すと…

「大成さんも、ここまで配達しますよって言ってくれたんですけど…」
「地元の製麺所の麺にしました…」

「結構いけてると思う!」と店主には話したし…
個人的には、修業先の麺より、この麺のがいいと思うけど…

「今、いろいろと試しているところです!」
と言っていたから、今後は麺の見直しがあるのかもしれない…

チャーシューは、通常の肩ロースのものはやわらかくて味も悪くなかったけど…
バラ肉のものは固くて、ちょっとイマイチだったかな…

でも、「多賀野」の大将はどう評価したかはわからないけど…
これだけのスープがつくれれば合格でしょう!

機会があればまた来て、今度は「つけそば」を食べてみたいな。

中華そば 頓知房-4

中華そば 頓知房-5

住所:埼玉県鶴ヶ島市上広谷18―27
電話:090-6304-1018
営業時間:(火~土)11:30~15:00/18:00~スープ切れまで
( 日曜)11:3015:00
休日:月曜、祝日
喫煙:不可
アクセス:東武登場線・鶴ヶ島駅東口から徒歩1分。不二家の隣


地図を表示

メニュー:中華そば…650円/つけめん…750円/味玉そば…750円/チャーシューメン…900円
大盛り…100円増し


評価:チャーシューメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/449-a83ac49b