FC2ブログ
訪問日:2018年7月14日(土)

【新店】晴耕雨読-1【新店】晴耕雨読-2

昨夜、大阪・豊中市にある『ラーメン哲史』で催された「石野会」で、ご一緒させてもらった食べログの超有名レビュアーのTamagooさんと、なにわの新店ハンターの黒帽子さんとともに、今日は大阪・生野区の『麺や 福はら』で、『麺屋 一燈』をリスペクトした「特製濃厚魚介つけ麺」をいただいて
次に向かったのが京都・宇治市に5月25日にオープンした晴耕雨読

最初、『麺や 福はら』を出たときに、黒帽子さんから
「次、何処行きましょう!?」と聞かれて

Tamagooさんも私もノープランだと答えると
「じゃあ、『たけ井』に行きましょう!」

「『福はら』で、つけ麺食べたら、『たけ井』の自家製麺を食べたくなりました♪」と言われて
『麺や 福はら』で、「濃厚鶏白湯魚介つけ麺」を食べたばかりというのに、今度は『麺屋 たけ井』で「濃厚豚骨魚介つけ麺」(゜_゜;)

という気はしたけど(汗)
Tamagooさんも特に異議を唱えることもなく

「では、行きましょう!」ということになって、黒帽子さんの新車で、大阪の近鉄今里駅近くにある店の前から、一路、京都の城陽市へ!
しかし、出発して、すぐに


「イチエさん、晴耕雨読行かれましたか?」と聞かれて
「いや、行ったことないです。」と答えると

「えにし(縁)には、行かれてます?」と重ねて聞かれたので
「ないです…」

「縁の店主が、実家のラーメン屋を改装して始めたラーメン屋さんというのは知っていましたけど…」と答えると
「それなら、一度、食べておいた方がいいですよ!」ということになって、城陽市よりもそらに遠い京都の宇治へと向かうことに!

そうして、下道を使って来たこともあって、店の前までやって来たのは、それから2時間以上経過した午後の1時30分過ぎ
すると、店頭にはお客さんの姿はなし。

車中で、お二人に、土日ともなると、店頭に大行列ができていいて
さらに、連食OKの店なので、回転も悪くて、かなり待つ覚悟が必要と聞いていたのに

京都の夏は暑い!
そして、今日は、カンカン照りで!


黒帽子さんの車に搭載された温度計によると
外気温は38℃!

こんな暑い日に熱いラーメンなんか食べる来る奴なんていないか!?
でも、何はともあれ、炎天下の中、並ばずにに、行列店に入れるのは、めっちゃ嬉しい♪

というわけで、近くのコインパーキングに車を停めて、店の前まで戻ってくると
いつの間に5人のお客さんが行列を作っていた( ´△`)

【新店】晴耕雨読-3

店頭に置かれた日傘を差して
待つこと15分

店主のお母さまと思われるご婦人に招き入れられて
入店!

まずは、券売機で食券を買う。
こちらの店では、毎日、出されるメニューが違うようで


この日のメニューは、「シャモとパクチーのまぜそば(ピリ辛)」、「地鶏中華そば」、「ピリ辛肉みそまぜそば」、「汁なし担々麺(香酢orごま)」、「白味噌中華そば」の5種類!
ただし、「ピリ辛肉みそまぜそば」は、辛口にした「赤いまぜそば」にできるとのことで!


さらに、「汁なし担々麺」は、香酢かごまが選べるということで!
実質的には、全7種類から選べる。


【新店】晴耕雨読-4【新店】晴耕雨読-5

そして、この中からチョイスしたのは、Tamagooさんが「赤いまぜそば」!
汁なしをあまり食べない黒帽子さんと私は「白味噌中華そば」と「地鶏中華そば」をそれぞれ選択して、案内された4人掛けのテーブル席で待つ


なお、こちらの店!
関西では、かなり有名な店で!


2008年に京都の伏見に『ラーメン はなふく』としてオープン!
「鶏とんこつラーメン」というラーメンが人気で、機会があれば食べてみたいと思っているうちに、2010年8月16日に京都での営業を終了。


そして、なぜか、淡路島へと移転していってしまって
もう行く機会もないかなと思っていたら、その後、『ラーメン まぜそば 縁』として2014年5月26日に神戸に移転!

ただ、屋号には「ラーメン まぜそば」とあるものの…
ラーメンは日曜日のお昼限定だそうで

代表的メニューは「汁なし担々麺」ということで
汁なしには、あまり興味がないので、食指は動かなかった

そして、『晴耕雨読』としてオープンして、普通にラーメンが提供されるようになって!
「煮干しそば」を食べてみたいとは思っていたんだけど


訪問できないまま、時だけが過ぎていった。
それが、今日は、ひょんなことから、突然、訪問する機会に恵まれた。


そうして、待つうちに、まず、運ばれてきたのは、Tamagooさんのクラフトビールとアテのチャーシュー盛り♪
Tamagooさんは、ドライバーの黒帽子さんに、めっちゃ申し訳なさそうにして、これを注文していたけど
(笑)

【新店】晴耕雨読-6

Tamagooさんによると、このチャーシュー盛りに入っていた吊るしチャーシューは、滅多に食べられないチャーシューらしく
これをガブリと食べて

クラフトビールをグビッとやって…
ご満悦な表情を浮かべていた♪


さらに、運ばれてきたのが、やはり、Tamagooさんが注文した「赤いまぜそば」!
文字通り、真っ赤な唐辛子が麺の上を覆い尽くした強烈なインパクトの一杯!


【新店】晴耕雨読-7

そして、これ、見た目だけじゃなくて
唐辛子に大量に入ったニンニクスライスのフレーバーも強烈!

しかし、この「赤いまぜそば」を見て
そして、この「赤いまぜそば」を一口食べて、噎せて

涼しい店内で、汗をダラダラ流しながら食べているTamagooさんを見て
聞こえてきたのは「アルマゲドンのテーマ」♪

そして、日テレ系「有吉ゼミ」の「激辛」コーナーで激辛料理を汗だくで、のたうち回りながら完食するゴルゴ松本さんの顔とTamagooさんの顔がラップして
ふきだしそうになった(笑)



しかし、果たして、これは、どんな唐辛子を使って
どれだけ辛いまぜそはだったんだろう

ゴルゴ松本さんばりに苦しみながら食べて
途中、ビールをおかわりして、辛い麺を流し込んでいたTamagooさん

どうにか麺だけは食べきったようだったけど
最後は「ギブ…」(笑)

【新店】晴耕雨読-14

そうして、Tamagooさんの「激辛悶絶まぜそば(笑)」に続いて運ばれてきたのが黒帽子さんのオーダーした「白味噌中華そば」と私の「地鶏中華そば」!
黒帽子さんによると、この「白味噌中華そば」は、動物系なしの魚介のみで作られたスープということで


【新店】晴耕雨読-8

黒帽子さんの厚意で、スープを味見させてもらったんだけど
白味噌の香りとコクに、仄かな甘味も感じられる京都らしい上品な味わいのスープで!

一口だけだったので、わからないけど
鰹と鯖か目近(宗田鰹)か

節の味わいも感じられて!
鶏も豚もいないのに、過不足を感じない美味しいスープだった♪


そうして、私の「地鶏中華そば」は
大判の豚ロースの吊るし焼きチャーシューが一枚に刻み玉ねぎが載せられただけの、実にシンプルな装いの醤油ラーメン!

【新店】晴耕雨読-9【新店】晴耕雨読-10

まずは、醤油香るスープをいただくと
地鶏のうま味が凝縮された、うま味いっぱいのスープで♪

何、これ!?
めちゃめちゃ美味しい♪

京都・綾部産の「黒峰シャモ」の丸鶏と地養鶏のガラで出汁を引いたと、帰りがけに瀬口店主から聞いたスープは
大量の鶏を使って、高めの温度で炊いたような!?

そんな味わいのスープで
いい意味でワイルドなシャモの味わいがスープに出ているのがいい♪

さらに、飲み終わりの頃には、鶏が香って♪
この最後のスープの余韻が、また、よくて


『はなふく』時代は、鶏豚骨の白湯スープのラーメンにつけ麺!
『縁』時代は、辛いまぜそばの他は「煮干し中華そば」を作る人というイメージで、こんな全国的に見ても屈指の美味しさの鶏清湯スープを作れる人というイメージは持っていなかったのに


そして、この絶品の味わいのスープに合わされた麺は、麺の表面に斑点模様が、あることからもわかるように、全粒粉が配合された
切刃22番と思われる中細ストレートの自家製麺で!

【新店】晴耕雨読-11

つるっとした、のど越しのいい!
しかし、ちょっと噛むと、プツッと切れる


まるで、日本蕎麦の「二八そば」をいただいているような食感の麺で!
食感が最高だったし♪


それに、スープとの相性もバツグンで!
スープと、とてもいい感じに絡んでくれて、最高に美味しく食べさせてくれたし♪


そして、豚ロース肉の吊るし焼きチャーシューは、まず、スモーキーな薫香がたまらなくよくて!
肉のうま味が閉じ込められたチャーシューは、噛むと、肉のジューシーさがよく感じられる絶品のチャーシューで♪


【新店】晴耕雨読-12

肉質のいい豚肉が使われていて
おそらく、国産の銘柄豚が使われているんじゃないかと思われるけど

さらに、肩ロース肉ではなく、ロース肉が使われていたこともあって、肉のうま味が、一般のラーメン店で食べるものとは、ぜんぜん違う……
Tamagooさんがアテで食べて、大絶賛していたのもよくわかる極上の味わいの逸品だったし♪

しかし、この一杯は、スープ、麺、チャーシューとも完璧で!
関西には、尼崎のレジェンドがいるので、一番とは言えないけど
(汗)

少なくとも、関西で食べる醤油ラーメンでは一二の味とクオリティを誇る
絶対に食べておくべき一杯だと思う♪

最後は、スープの最後の一滴まで惜しむように飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


PS こんな突き抜けた味わいのラーメンが食べられる店と知っていたら
もっと早めに訪問していたのに

今日は黒帽子さんのおかげで、いいラーメンに出会えて、堪能することができました。
ありがとうございました。


【新店】晴耕雨読-13

メニュー:白味噌中華そば…800円/地鶏中華そば…900円

汁なし担々麺(ゴマありor酢)…850円/まぜそばA…850円

ライス(小)…100円/ライス(中)…150円


晴耕雨読ラーメン / 宇治駅(JR)JR小倉駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:地鶏中華そばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s45.gif


ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4395-e7d3fd84