2008.12.05 群青【弐】
訪問日:2008年12月5日(金)

群青【弐】-1

天六(てんろく)の語呂合わせで…
10月6日にリニューアルオープンした「群青(ぐんじょう)」!

群青色の暖簾に屋号とともに、目に入ってくるのが自家製麺の文字!
「群青」は、製麺機を購入して、自家製麺の店として再スタートを切った!

元々は…

堺筋本町にある居酒屋「司」を昼間のみ間借りするかたちで…
「Soup Noodle屋さん 昼のみ」として営業を開始した…

しかし…

口コミで「つけそば」が人気を呼び、開店時刻の11時からオフィスの昼休みの始まる12時までの間に売り切れてしまう状態が続いた…

原因は、「つけそば」用の麺が、手打ちの手切り麺だったので、供給量が限られてしまうことにあった…
「中華そば」用の麺は、製麺所の麺を使ったものの、「つけそば」はいいものがなく、手作りにこだわった…

そして、一旦は閉店して…
製麺機を購入し、場所を天六こと天神橋六丁目に移して、屋号も新たに再出発を図った!

私は、10月24日に来て以来、2度目の訪問

ちょうど、昼のピーク時に来てしまったこともあるけど…
雨の中、傘を差しながら5人のお客さんが待っていた…
さらに、店内でも3人が待っていて、合計8人待ち…

群青【弐】-2

前に待っていたお客さんが、連れのお客さんに…
ここは、大阪で一番美味しい「つけそば」が食べられる店であるということを関西弁で話していたけど…

もう既に、口コミで味のよさは広まっているようだ…

8人待ちの割りには、結構待たされて席につくまでは40分を費やした…
さらに「つけそば」が出されるまでに10分かかったから、50分待ちしたというのになる…

こんな経験は、東京なら過去に何度もしているけど、大阪で体験したのははじめて!

しかし、それより驚いたのは、大阪の人たちが、私と同じように、行列して、黙って50分も待っていたこと…
大阪の人たちは、並んで待って食べるということはあまりしない…
店がいっぱいだと、待たずに近くの店を探しに行く習性がある…

なのに、この店では、50分待ちしてでも食べる…

こんなこと、過去に、ラーメン店以外の店でも、大阪では1度も経験ないよ…

しかし、ちょっと、時間がかかり過ぎだね!

原因は…

①「つけそば」に人気が集中して、麺の茹で時間がかかってしまうこと。

②「つけそば」は3玉まで無料で増量できるため、3玉の注文が多く、一度に何人分もの麺を茹でられないこと。

③注文メニューに関係なく、注文の順番通りにつくり、まとめて作らないこと…
また、作ろうにも、設備やスペースの関係からできないこと。

④店員さんが1人入ったみたいだけど、麺茹で、スープ作り、チャーシューの炙り、具の盛り付けまで、調理作業をすべて店主1人が行なっていること。

⑤お客さんが席についてから、注文を受けつくるため、お客さんが全員食べていると、その時間が手待ち時間になってしまうこと。

⑥「つけそば」が多く、また、3玉の注文が多いため、お客さんの食事時間が長くなること。


店主は、目一杯、身体を動かして、頑張ってはいるんだけど…

何かしらの改善を行って、お客さんを待たせず食べさせられる工夫をしないと…
経営的にも、もっと回転率をあげないといけない…

だから…
店内で先頭で待っているときに、「つけそば」を作り終わって一息の店主に、指を3本立てて声をかけた…
「つけそば3玉で…」

群青【弐】-3

大将は私に気づくと、にこやかな笑顔を浮かべ会釈。
そして、店員さんに、並んでいる人の注文をとるよう指示!
私と、店内に入っていた3人のお客さんの注文を聞き、メモをとると、厨房に戻った…

大将は、その間に、麺を3玉取出し、テボに投入して茹で始めた!

大将が体格に似合わない丁寧さで作りあげた「つけそば」が出された!

群青【弐】-4

そば粉で有名な長野市にある「日穀製粉」の業務用小麦粉「(中)たんぽぽ」を使い…

群青【弐】-5

「大成機械工業」製の機械にもだいぶ慣れたことによって、格段に進歩した!

群青-6

しかし、本人はまだまだ…
どうやってつくれば美味しい麺づくりができるか…
日々、勉強だと話す。

この麺を美味しく食べさせるのが、こちらの店の「濃厚豚骨魚介」のつけダレ!
大阪№1は当然として…
知名度が上がれば、おそらく、全国でも上位にランキングされるだけの力があると思う!

前回は、チャーシューをトッピングして…
その炙りチャーシューの脂がによって、つけダレの味が若干、変わってしまったけど…

今回はバッチリ!
「Soup Noodle屋さん 昼のみ」で食べて感激した味が完全に再現されていた!
このつけダレは本当に美味しい!

チャーシューにメンマ、デフォルトで付く味玉は特にどうというものじゃないけど、普通に美味しいし…

こんなに美味しい「つけそば」が…
これで、麺3玉の450g食べて、味玉が付いて720円で食べられるなんて…

スープのコストはかなり高いと思うのに…
この価格で提供する大将は偉い!

「他のメニュー」も食べなきゃ…
そう思うんだけど、「つけそば」が美味しすぎるんで…
次、また来ても、また、「つけそば」を注文してしまうんだろうな…

群青【弐】-6

住所:大阪府大阪市北区天神橋6-3-26 レンガ通り内
電話:なし
営業時間:11:30~14:00/18:00~20:30
休日:水曜・土曜・日曜・祝日
アクセス:大阪市営地下鉄谷町線、堺筋線・天神橋筋六丁目駅8番出口から徒歩1分。レンガ通り内

メニュー:魚介系清湯醤油味 中華そば 普通(150g)…630円/大盛(225g)…680円
魚介系白湯醤油味 中華そば 普通(150g)…630円/大盛(225g)…680円

特製つけそば 1.5玉(225g)/2玉(300g)/2.5玉(375g)/3玉(450g)…720円
以降、麺1玉(150g)追加ごとに+150円

チャーシュー増量…200円/メンマ増量…100円/ネギ増量…100円


評価:特製つけそばstar_s50.gif
サービス・接客star_s45.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/439-cd01c0cb