FC2ブログ
訪問日:2018年7月2日(月)

麺屋 さくら井【四】-1

本日1軒目に、西荻窪にある『麺尊 RAGE』で、本日の「MONDAY RAMEN」限定の「超大和肉鶏そば」をいただいて
すぐに向かったのが、三鷹に一昨年の2016年11月17日にオープンした人気行列店の『麺屋 さくら井』!

最寄り駅のJR三鷹駅から12分も歩く、武蔵野市西久保の住宅街にある、お世辞にもアクセスがいいとは言えない店
しかし、こちらの店のサクちゃんこと櫻井店主の作るラーメンが美味しいと評判になって!

瞬く間に、行列のできる店の仲間入りを果たした♪
そんな店には、オープン日の11月17日に訪れて、「醤油らぁ麺」と「煮干らぁ麺」をいただいて!


12月3日の2度目の訪問で「塩らぁ麺」を「チャーシュー盛(ハーフ)」で食べて!
さらに、翌年の2017年1月22日にも、再び、「煮干らぁ麺」を「特製」トッピングに「チャーシュー盛(ハーフ)」もプラスして、「味付け替え玉」付きでいただいた。


デフォルトの3種類のラーメンは「醤油らぁ麺」も「煮干らぁ麺」も「煮干らぁ麺」も、並みの新店が作るラーメンの域を遥かに超えた味わいの一杯で!
本来なら、もっと訪問回数が多くても然るべきなんだけど


ネックとなったのは、まず、いつでも行列が絶えないこと
三鷹には、サクちゃんの店がオープンした後に、スキンヘッドの土屋店主の『ラーメン 健やか』に、すーさんの『鶏こく中華 すず喜』がオープンして!

その際、連食で2度ほど訪問したのに
大行列に阻まれて、食べるのを断念せざるを得なかったので

それに、限定ラーメンを出さないこともネックになっている。
限定で、新たな味わいのラーメンを出してもらえれば、どんなことをしてでも行くのに


限定で出されたのは、夏期に出された「煮干冷やしらぁ麺」だけ!
ただ、これには、あまり惹かれずに、3度目に訪問してから1年半近くが経過してしまった


今年も、また、6月2日から「煮干冷やしらぁ麺」が始まっていたけど、あまり食指が動かなかった。
しかし、サクちゃんがTwitterで、昨年より煮干感強めの仕上がりだとツイートしていて!


さらに、麺も冷やし専用麺にして!
鶏スープの出汁氷を用意!


「お茶漬けセット」と合わせていただくと
「一口目は煮干がガッツリ」

「鶏出汁の氷が溶けていって味わいが少しずつ変わります」
「鶏が顔を出したスープにご飯がとても合いますのでお茶漬けセットがおすすめです!」なんてツイートしていたので!


ちょっと、気になっていた
そこで、今日は、せっかく、西荻窪まで来たので、少し足を伸ばして、三鷹まで、行ってみることにした♪

そうして、西荻窪駅から2駅先の、電車で5分で行ける三鷹駅へ移動して
駅から炎天下の中をトボトボと十数分間も歩いて、店へとやってきたのは11時40分を少し回った時刻。

店内は満席のようで
店頭には2人のお客さんが待っていた。

こちら『麺屋 さくら井』の営業時間は11時30分!
それに対して、『麺尊 RAGE』は11時なので、この時間に来ることができた。


そして、この様子だと、まだ、開店して10分ほどだから、早開けでもしない限り、入店したお客さんが食べ終わって出てきたとは考えにくいので
そうすると、先客は、カウンター席8席に座る8人のお客さんと、外待ちしている2人のお客さんを合わせた10人!

先客10人が全員、限定10食の「煮干冷やしらぁ麺」ならアウト!
ただ、そんなことは、ほぼ、考えられない。


と思いつつ、窓から店内を覗いてみたところ
温かいラーメンを食べているお客さんを発見♪

やったね(*≧∇≦)ノ
これで、無事、「冷やし」確保!

そして、2人のお客さんの後ろに付いて待っていると
わずか3分ほどで、お客さんが出てきて、入れ替わりに店内へと案内された。

まず、サクちゃんに挨拶して!
券売機に千円札を差し込んで、「限定E」のボタンを押して、買い求めたのは「煮干冷やしらぁ麺」と「お茶漬けセット」の食券!


麺屋 さくら井【四】-2麺屋 さくら井【四】-3

そして、スタッフの人から案内された席へとついて、サクちゃんに
「ご無沙汰してました。」と言うと…

「もう、1年ぶりでしたっけ?」と言うので…
「いや、もう、昨年の1月以来かな…」と言うと…

「もう、そんなでしたっけ?」
そんな会話から入って、いろいろ話しをしながらも、サクちゃんの手は動いていて


完成させた「醤油らぁ麺」と「煮干しらぁ麺」が先客へと出されていって
さらに、話しをしているうちに、私の注文した「煮干冷やしらぁ麺」も完成!

大きなガラスお皿に入れられて
レンゲも透明で!

見ためからも涼しげな一杯が、サクちゃんから供されると
続いて、「お茶漬けセット」も出された。

麺屋 さくら井【四】-4

鶏ムネ肉のレアチャーシュー小松菜アーリーレッド(紫玉ねぎ)、鶏そぼろ、フライドオニオンがトッピングされて
鶏出汁氷が入る「煮干冷やしらぁ麺」!

麺屋 さくら井【四】-5麺屋 さくら井【四】-6

まずは、煮干し出汁のスープそのものの色といった感じのスープをいただくと
思った以上に煮干しがきかされたスープで!

いりこと背黒の煮干しのうま味に昆布のうま味
さらに、背黒のビターさも、よ~く感じられて、めちゃめちゃ美味しい♪

麺屋 さくら井【四】-7

煮干しの冷やしラーメンは、だいたいどこの店のものも、煮干しと昆布で出汁を引いた、淡麗な味わいのものばかりで
いい言い方をすれば、えぐ味や苦味といったネガティブなものはないスープと言えるかもしれないけど

えぐ味や苦味もない代わりにうま味も弱い
温かい煮干しスープに比べると個性も弱い

今までは、そんなイメージを強く持っていたけど
これは、それを覆す味わいのスープ♪

こんな美味しいとわかっていたら、もっと早く、食べに来たのにと
プチ反省\(_ _)

麺は、全粒粉が配合された平打ちの細ストレート麺が合わせられていて
つるっとした食感の麺は、啜り心地がよくて、のど越しのいい麺で!

しなやかなコシも感じられて
そして、何より、このニボニボな冷製スープとの相性もバツグン♪

麺屋 さくら井【四】-8

煮干しラーメンの場合、カタメで、パツンと歯切れのいい低加水麺を合わせるのが定番になってきているけど
「冷やし」に限っては、こんなシルキーで、しなやかな食感の麺もいい♪

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
この白醤油ベースのカエシの冷製スープに合っていたし♪


麺屋 さくら井【四】-9

小松菜もスープとの相性はよかったし!
シャキシャキとした食感もよかった♪


アーリーレッドは、その甘味と辛味が、このビターな味わいの冷製スープと調和してくれてよかった♪
ただ、スライスではなく、みじん切りしたものだったら、さらに、シャリシャリとした食感を楽しむことができて、もっと、よかったと思うんだけど


そうして、麺を食べ終えたところで
残った具とスープをかけて「冷やし煮干茶漬け」にしていただくと

麺屋 さくら井【四】-10

サクちゃんがTwitterでツイートしていた通り、ちょうど鶏出汁氷がスープに溶け出して
煮干しのうま味に鶏のうま味が重なって

劇的に味が変わるわけではないけど
このちょっとした味変も、なかなかよかったし♪

ご飯に載ったバラ海苔の磯の風味がよくて!
冷たいラーメンもよかったけど、この冷たいお茶漬けもよかった♪


さらに、フライドオニオンもよかった♪
実は、最初は、その強い風味が、冷やしラーメンのスープには邪魔になるんじゃないかと思って、すぐに、「お茶漬けセット」のご飯の上に移動させていたんだけど


こうして、ご飯といっしょにお茶漬けで食べたら
香ばしい風味とともにパリパリとしたクリスピーな食感もよかったし♪

最後は少し残っていたスープもゴクゴクと飲み干して完食!
美味しかった♪


煮干しの冷やしラーメンなんて、どこで食べても大差ない
そう考えてる方がいたら

斯く言う私も、その一人だったんだけど(汗)
このサクちゃんの作る「煮干し冷やしらぁ麺」は一味違うので

必ず、「お茶漬けセット」といっしょに食べるのがおすすめです♪
ご馳走さまでした。


麺屋 さくら井【四】-11

メニュー:醤油らぁ麺…780円/味玉醤油らぁ麺…880円/特製醤油らぁ麺…980円
塩らぁ麺…780円/味玉塩らぁ麺…880円/特製塩らぁ麺…980円
麺中盛…50円/麺大盛…120円

煮干らぁ麺…800円/味玉煮干らぁ麺…900円/特製煮干らぁ麺…1000円
味付き替え玉(煮干らぁ麺専用)…200円/味付き替え玉+生卵…250円

半ライス…100円/ライス…150円/名古屋コーチンの卵かけご飯…250円/チャーシューご飯…380円/豚ユッケ風ご飯…350円

味付玉子…100円/自家製メンマ…100円/のり…100円/チャーシュー盛(ハーフ)…200円/チャーシュー盛…400円/トッピング盛(おつまみ盛)…350円


【限定C】煮干冷やしらぁ麺…900円
【限定E】煮干冷やしらぁ麺 お茶漬けセット…1000円


麺屋 さくら井ラーメン / 三鷹駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:煮干冷やしらぁ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4363-67f5698e