訪問日:2018年5月6日(日)

ramen case-K【弐】-1

本日のランチは、千葉県習志野市の京成大久保にあった『らーめん処 ○は』の跡地に3月10日にオープンした『ramen case-Kへ!

こちらの店は、店長だった方がお亡くなりになって、閉店を余儀なくされた『らーめん処 ○は』に東京・入谷の『麺処 晴』などで修業を重ねた、けーちゃんこと北里店主が開業した店!

オープン初日に訪問して!
唯一、販売されていた「とりのらぁめん」に特製トッピングが付く「特製らぁめん(醤油)」をいただいた。


「宮崎県産の地鶏・じとっこに惚れ込み、そのガラと丸鶏を惜しげもなく使用。」
「それに牛骨とアサリ等の魚介を加えたスープは、まるで日本の四季のように移ろう味わいが印象的。」


「力強い鶏のうま味が堪能できる。」
ラーメン官僚がTwitterで大絶賛していた通り!


地鶏のうま味とアサリのうま味が先行して!
後から昆布と椎茸のうま味が追いかけてくる


うま味が幾重にも重ねられたスープで!
めっちゃ美味しい♪


欲を言えば、もう少し地鶏のうま味が強かったら完璧なんだけど
でも、オープン初日から、こんな新人離れした美味しいスープのラーメンが食べられるとは思っていなかったので驚かされた。

次は、「塩らぁめん」か「煮干しらぁめん」か
新たなラーメンが発売されたら、また、来るつもり♪

と思っていたのに、すぐには発売されずに
オープンから2週間余りが経過して、3月27日より発売されたのが「とりのあぶらそば」!

しかし、私は、「油そば」、「まぜそば」、「和え麺」といった、所謂「汁なし」には、あまり食べない人だし
鶏清湯スープのスープのない「汁なし」なんて

それって、「和え玉」なんじゃない!?
と思ってしまう人なので、スルー

その後、新メニューの発売もないまま、GWに突入
しかし、GW真っ只中の5月2日に、突然、昆布水に浸かった「つけめん」が発売になると!

けーちゃんがTwitterでツイートしていたので!
本日GWの最終日にお邪魔することに♪


「プラザグレミオ」という、ラーメン店2店を含む飲食店が入居した集合施設の1階に入る店を開店時間10分前の10時50分に訪ねると
先客の姿はなく、ポール獲得!

ramen case-K【弐】-2ramen case-K【弐】-3

ただ、この後、キレイな奥さまが出てきて、11時の開店時間を迎えるまでに、誰も来店しなかったのが
ちょっと心配

なんて、思っていたら、開店時間を過ぎて、続々、お客さんがやってきた。
驚いたのは、その客層!


カップルに女性2人、女性客のお一人様もいて
女性比率が、めっちゃ高い!

これは、カフェのようなインテリアの店で!
店内が明るくて、キレイで、清潔感があって!


若い夫婦2人で営業しているからだろうと思われるけど
近くに犇めく競合するラーメン店とは明らかに客層が違う。

そうして、まずは、入口を入って、すく左に鎮座した券売機で食券を購入する。
「とりのらぁめん」同様、「つけめん」にも、「味玉」入りと「特製」トッピングのバージョンがあったので、「特製つけめん」にして食券を買い求めて!


ramen case-K【弐】-4

厨房にいたけーちゃんに、デフォルトの麺の量を聞くと
「ラーメン用の麺1.5玉を使って、茹で前の麺の量で210gになります。」と懇切丁寧に回答があって!

「大盛にもできますけど、普通盛でバランスよく食べられるよう調製してますので、普通盛がおすすめです。」言われて
「大盛」の食券は買わずに

セルフでコップに水を入れて、席へとついて
カウンターの上に食券を置いて、「つけめん」ができるのを待つ。

厨房では、けーちゃんによって、まず、「つけめん」が1個作りされるようで
鶏ムネ肉のレアチャーシューをブロックからカットしていくと

次に、豚バラ肉のチャーシューをブロックからカットして
バットに並べて、バーナーで炙る!

そうして、村上朝日製麺の麺の入った木箱から麺を取り出して、テボで茹でて
冷水で〆ると

麺線をキレイに揃えて、ラーメン丼に盛りつけて!
昆布水が注がれると


最後にトッピングの具が盛りつけられて
完成した「特製つけめん」が、けーちゃんから供された。

ramen case-K【弐】-5ramen case-K【弐】-6ramen case-K【弐】-7

昆布水に浸かった麺の上には、「特製」にしたので味玉がトッピングされて!
豚バラ肉の炙りチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューが1枚ずつ増量されて!


この「特製」トッピングの他に太メンマ、青ネギが載る。
そして、つけ汁には長ネギが浮かべられたキレイなビジュアルのつけ麺!


まずは、昆布水に浸かった麺を、つけ汁にはつけずにいただくと
中細ストレートの麺は、太めの素麺を食べているような、やや、やわらかめの食感の麺で!

ramen case-K【弐】-8ramen case-K【弐】-9

ラーメンで食べたときには、もっと、モッチリとした食感に感じられた気がしたけど
でも、素麺は好きなので、何の問題もなし♪

つけ汁につけていただくと
まず、生揚げ醤油の芳醇な香りがとてもいい♪

そして、驚いたのが、分厚い動物系のうま味♪
前回、「特製らぁめん(醤油)」をいただいたときには


地鶏のうま味とともにアサリのうま味も感じられて!
地鶏とアサリの合わせ技たで食べさせるスープという印象だったのに


地鶏のうま味が強くなって!
スープに厚みが出て!


めちゃめちゃ美味しく進化していた♪
そこで、そんな感想をけーちゃんに話すと


「わかりました!?」
「動物系のうま味を強くして、スープに厚みが出るように改良を重ねました。」と言って、めっちゃ嬉しそうに笑っていたけど!


ramen case-K【弐】-10

短期間のうちに、ここまで美味しくスープをブラッシュアップしてきたのはスゴいし!
これは、もう一度、『とりのらぁめん』を食べないといけないね♪


そうして、何口か食べたところで、昆布と椎茸の出汁で炊いたという太メンマをつけ汁に沈めて
つけ汁に麺を潜らせて、食べ進めていくと

太メンマから出た昆布と椎茸の風味に、麺をつける度に移っていく、昆布水の出汁昆布の風味によって
鶏ベースのつけ汁が、徐々に味変していくのが実感できるのもよかったし♪

トッピングされた豚バラ肉の炙りチャーシューは、香ばしくて♪
タレの味付けがいい、美味しいチャーシューだったし!


ramen case-K【弐】-11

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられた一品で!
食感がとても好みだったし♪


味玉は、ちょうどいい感じの半熟加減に茹でられていて!
味も中までしみた美味しい味玉でよかったし♪


ramen case-K【弐】-12

太メンマは、外はコリッ!
中はサクッ


大好きな食感のメンマで!
昆布と椎茸出汁の味付けも、めっちゃよかったし♪


そうして、最後は、昆布水で割って完食したけど
いつも思うことだけど

ramen case-K【弐】-13ramen case-K【弐】-14

この昆布水に浸かったつけ麺の場合、昆布水でスープ割りする店がほとんどだけど
絶対に温かいスープで割った方が美味しくいただけるので!

そういう店が増えてくれると嬉しいんだけどね
でも、それを差し引いても、大満足の一杯♪

けーちゃん、マジで美味しかった♪
ご馳走さまでした。


ramen case-K【弐】-15ramen case-K【弐】-16

メニュー:とりのらぁめん(醤油)…780円/味玉らぁめん(醤油)…880円/特製らぁめん(醤油)…980円

つけめん…800円/味玉つけめん…900円/特製つけめん…1000円

とりのあぶらそば…700円

大盛…100円
味玉…100円/ねぎ…100円/めんま…100円/ちゃーしゅー…200円

ごはん…100円/ちゃーしゅーごはん…200円/マヨちゃーごはん…250円

こどもらぁめん…500円


ラーメンケース ケーラーメン / 京成大久保駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:特製つけめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4309-59e307e3