FC2ブログ
訪問日:2018年5月7日(月)

麺屋 一燈【四壱】-1

本日のランチは、本日5月7日から提供される「5月の月曜日限定」の「台湾細豆花麺」を求めて、東京・新小岩の大行列店『麺屋 一燈』へ!

朝7時前に店へとやってきて
準備中になっている店の扉を開けて、中へと入っていくと

今日も、厨房には、仕込み中の鶴崎店長の姿があって!
鶴崎店長から渡されたのは2番の整理券!


麺屋 一燈【四壱】-2

熱烈な『一燈』ファンがいるので、事前に整理券をもらわない限り、15食限定の限定ラーメンにはありつけないので、この時間に来た。
でも、ゴールデンウィーク明けで、さすがに今日は、そんなに混まないはず!


『一燈』ファンの皆さんも、そう踏んで、そんなに早くは来ないのでは!?
7時前に来れば、ポールを獲れるかも!?

なんて、考えていたのに
甘かった( ´△`)

でも、こんなに早く来る人って誰だろう
『一燈』ファンの中には、店の近くにお住まいの「地元民」と呼ばれる方が何人かいるので

その人たちのうちの1人か
あるいは、ミスターポールマンのじゃいさんか

しかし、じゃいさんだとしても、こんなに早く来るだろうか
錦糸町に4月24日にオープンした『満鶏軒』でも、彼がポールで並んでいて

聞くと
7時に来たということで

以前は、ポール奪取のために、前日から徹夜で並んだこともある人だけど
もう、体力的にも、気力の面でも、そんな無理はしない

せいぜい、早く来たとしても、こんなもんですよと話していたので
それもあって、7時前に来たというのに

そうして、再集合時間の10時30分に、あと数分の時刻に店の前に戻ってくると
店頭に居たのは

しょーぞーさん
本当、最近は、この映画とラーメンをこよなく愛する彼と、いろいろな店でよく会う。


そうして、1番と4番の椅子以外の椅子が埋まって
立って待つお客さんも合わせて、20人ほどのお客さんが行列を作ったところにやってきたのは

ミスターポールマンのじゃいさん!
颯爽と現れると、当然のようにポールの椅子へとつく


やっぱり、ポールは、この人だった
さすがっす("`д´)ゞ

この後、いつものようにベテランスタッフの上田さんか店の中から現れて
整理券の順番通りに行列を並べかえると

ポールのお客さんから順番に、先に食券を買うよう促すという
毎日繰り返される光景が今日も繰り返されて

ポールのじゃいさんが食券を買って戻ってくるのと入れ違いに入店して
券売機で買い求めたのは「台湾細豆花麺」と「中盛」、「小ライス」の食券!

麺屋 一燈【四壱】-3

なお、「中盛」にしたのは、「台湾細豆花麺」が名前から、ラーメンなのか、つけ麺なのか、あるいは汁なしなのかわからなかったので、朝、鶴崎店長から整理券をもらう際に聞いて
つけ麺だということがわかって!

ラーメンなら、絶対に「並盛」だけど、つけ麺の場合は、ほぼ「中盛」にしてしまう人なので!
でも、そうなると「小ライス」は要らないかな
(汗)

でも、残ったつけ汁にライスをダイブして、「台湾雑炊」にして食べたい気持ちを捨てきれず
一瞬、迷ったけど、結局、どちらの食券も買って!

上田さんに3枚の食券を渡して
再度、外に出て、椅子に座って待つ。

そうして、じゃいさんとおしゃべりをしているうちに
上田さんが、再度、暖簾を持って現れて

暖簾を掛け終わったところに、鶴崎店長も出てきて
開店時間を2分前倒して10時58分に開店♪

先頭のじゃいさんに続いて、暖簾を潜って入店!
左奥の席から詰めて、次々に着席していくと


厨房では、すでに調理が始まっていて!
そして、今日は、鶴崎店長ではなく、この限定の作者である伊藤CEOが厨房を仕切って、限定のつけ麺ばかりが作られていって!


そして、今日は、いつもの月曜日限定に比べると、少し時間がかかって!
ポールのじゃいさんと2番の私にスタッフの人から「台湾細豆花麺」が出されたのは11時9分!


麺屋 一燈【四壱】-8麺屋 一燈【四壱】-9

じゃいさんも私も、「小ライス」をお願いしていたので
違いは、じゃいさんが麺200gの「並盛」だったのに対して、私が麺300gの「中盛」だったこと。

麺屋 一燈【四壱】-4麺屋 一燈【四壱】-5
並盛(麺200g)

麺屋 一燈【四壱】-6麺屋 一燈【四壱】-7
中盛(麺300g)

そうして、じゃいさんが伊藤CEOに
「麺とミンチは和え麺のように混ぜちゃった方がいいてすか?」と聞いて…

そうした方がいいという答えがあって
私も、それに習うことにしたんだけど

ただ、その前に
いつも、つけ麺を食べるときと同様に、麺だけを箸で手繰って、いただいてみると

麺屋 一燈【四壱】-10

麺の表面に粒々模様のあることから、全粒粉が配合されたと思われる
太くも細くもない中庸な太さのストレートは、思った通り、小麦粉の香りが口の中に広がる風味のいい麺で!

つるモチ食感の麺は、啜り心地がよくて♪
適度なコシもあって!


小麦粉のうま味も感じられる!
とても良質な麺が使われていた♪


そうして、レンゲと箸を使って、まぜて、まぜて、よくまぜ合わせて
「和え麺」のようにしていただいたんだけど

このままでは、味はもう一つ
豚と鶏の挽肉に、ニンニク、豆板醤、醤油、砂糖で味付けられたといった感じの台湾ミンチの味わいはよかったとは思うけど

台湾ミンチの量が、「並盛」のじゃいさんと変わらず
「中盛」では量が少なかったからかな!?

そこで、つけ汁につけていただくと
辣油の「辣」に、花椒の「麻」も感じるものの

豆乳と胡麻の風味が強くて
「台湾つけ麺」にしては、辛さはかなりマイルド

食べる前に、今回の「台湾細豆花麺」の作者の伊藤CEOに
「結構、辛かったりします?」と聞いてみると…

「いや、ぜんぜん辛くありません。」
「マイルドな辛さだと思います。」
という答えがあって…

先月の「4月の月曜日限定」の、こちらは鶴崎店長作の「台湾らーめん」をいただいたときも、マイルドな味わいで
どうなんだろうと思っていたけど

本当に辛くない(笑)
実際、今まで、台湾ラーメンや台湾つけ麺を食べると、激しく咳き込んで

終盤は汗ダラダラなのに
今回は、咳き込むことも、汗がダラダラどころか、滲むこともなかった。

それに、豆乳と胡麻風味の強いこの味わいは、「台湾つけ麺」というよりは「担々つけ麺」か!?
辛くない「麻辣つけ麺」か

スープは、コクもうま味もあって、美味しいと思う♪
ただ、イメージしている台湾つけ麺とは大きく違ったかな


台湾ミンチを麺に和えてしまったのがいけなかったか
台湾ミンチがつけ汁の中に最初から入っていたら、違ったかもしれないけど

でも、面白かったのは、伊藤CEOから教えてもらった、つけ汁表面の白黄色した物体!
最初、じゃいさんから


「これ、湯葉ですか?」と言われて…
私は、食べる前からチーズだと思っていて

つけ汁がこれ以上マイルドになるのを防ぐため、「半ライス」の上に移動させて、食べてなかったので、わからなかったくせに
「チーズじゃないですか?」と答えて…

いちおう、ちょびっと食べて見たところ
味が豆乳のような、ちょっと、変わった味わいではあったけど

食感がチーズだったので
「やっぱりチーズですよ。」と言うと…

あとで、じゃいさんが伊藤CEOに
「このチーズが円やかでいいですね♪」的な感想を話したところ…

「そう、思うでしょう?」
「実は、これ、豆腐なんです。」


そう言うと
してやったりという感じで、満面笑顔の伊藤CEO(笑)

「えっ!そうなですか?」とじゃいさんは答えていたけど…
悪いことしちゃったかなf(^_^;)

伊藤CEOの話しでは、これは、相模屋の「ナチュラルとうふ」という豆腐だそうで!
あとで、スマホでググってみたところ


「大豆100%でありながら “もっちもち×のび〜る×とろける”のまったく新しい食感のおとうふです。」
「濃厚でまろやかな味わいのもっちもちなおとうふをもっちりとした豆乳仕立てのうす皮で包み込んでおり、その二つの新感覚のおいしさをお楽しみいただけます。」


こんな商品説明があって!
まさに、チーズのような豆腐ということがわかった♪


ただ、この「台湾細豆花麺」とネーミングされた「台湾つけ麺」
「台湾豆花」だとしたら、緑豆、小豆、落花生などの豆類やシロップが加えられて、果物も添えられる甘~い食べ物のはずだし

「台湾つけ麺」だったら、豆乳に胡麻味ではないし
もっと、唐辛子がきかされているし

あとで、「辛い豆花」でググってみたところ
「豆花 - Wikipedia」がトップでヒット!

「四川、重慶の豆花は辛い調味料が使われ、南部の甘い豆花、北部の塩からい豆花とは対照的である。」なんていう解説があったので
伊藤CEOは、それをイメージして作ったのかな!?

麺を食べ終わったところで、残った台湾ミンチとニラと刻みネギをご飯に載せて
つけ汁を掛けて「台湾雑炊」にしていただいたところ

麺屋 一燈【四壱】-11

このままでは、しょっぱかったので
つけ麺用の割りスープで割ると

麺屋 一燈【四壱】-12

魚介風味満載の、やや、辛味のある雑炊になって!
最後まで完食♪


繰り返しになるけど、コクもうま味もある少し辛い、このつけ麺は、美味しいし!
個性的で、他にないオンリーワンの「台湾つけ麺」でいいと思う。


でも、個人的には、普通の「台湾つけ麺」が食べたかったかな
ご馳走さまでした。

麺屋 一燈【四壱】-13

メニュー:濃厚系

濃厚魚介つけ麺…830円/半熟味玉濃厚魚介つけ麺…930円/特製濃厚魚介つけ麺…1080円/チャーシュー濃厚魚介つけ麺…1100円

濃厚魚介らーめん…780円/半熟味玉濃厚魚介らーめん…880円/特製濃厚魚介らーめん…980円/チャーシュー濃厚魚介らーめん…1030円

淡麗系(水・金・日の提供)

(塩)芳醇香味そば…780円/半熟味玉(塩)芳醇香味そば …880円/特製(塩)芳醇香味そば …950円/チャーシュー(塩)芳醇香味そば…1000円


(火・木・土の提供)

(醤油)芳醇香味そば…780円/半熟味玉(醤油)芳醇香味そば …880円/特製(醤油)芳醇香味そば …950円/チャーシュー(醤油)芳醇香味そば…1000円

中盛り券(つけ麺:300g、ラーメン180g)…50円/大盛り券(つけ麺:400g、ラーメン230g)…100円/特盛り(つけ麺:500g)…150円


トッピング
辛味…100円/チャーシュー(豚のみ5枚)…300円/チャーシュー(鶏のみ5枚)…200円/チャーシュー(豚と鶏ミックス3枚づつ)…300円
海苔5枚…50円/極太メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/とろけるチーズ…50円


【5月の月曜日限定】台湾細豆花麺…850円

サイドメニュー(週替わり毎週一種類づつの提供)
バターたっぷりローストポークガーリックめし…250円/焼きチーズカレー丼…250円/ローストポークジンジャー…250円

麺屋 一燈ラーメン / 新小岩駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:台湾細豆花麺star_s35.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4307-d271a1b3