FC2ブログ
訪問日:2018年3月14日(水)

豚骨一燈【弐七】-1

本日のランチは、東京・小岩に3月7日の水曜日にオープンして、毎週水曜日のみ営業する『麺や 福なが』へ(笑)

東京・小岩の『豚骨一燈』で、先週水曜日の3月7日から毎週水曜日に、スタッフのリョーマくんこと福長さんの作る「煮干しそば」が提供されるようになって!
先週、食べにいったとろ


これが、思いがけず美味しくて
クオリティの高い一杯だったのには驚かされた(゜_゜;)

長崎産平子、愛媛白口、八戸青口という3種の煮干しを使って出汁を引いた純煮干しスープは、それぞれの煮干しのうま味を引き出した秀逸な味わい逸品で!
そして、これが、あっさりとした淡麗な味わいのものではなく、清湯なのに濃厚な出汁のうま味の強いスープで!


一流の煮干しラーメン専門店に引けを取らない!
いや、下手すると、それ以上の味わいのスープに仕上げられていて!


あえて、煮干しの頭と腸を取り除かずに、煮干し特有のビターさを出して!
ニボラー好みの味わいに仕上げてきたのもよかったし♪


そんなリョーマくんが第2週目に作る「煮干しそば」は!?
リョーマくんが今日の深夜に更新したブログによると

今週の構成は、
九十九里産 背黒
長崎産 平子
愛媛産 白口
八戸産 青口
油 白口と平子
になります!


豚骨一燈【弐七】-3

というもので!
先週の煮干し構成に九十九里産の背黒を加えてきた。


背黒を増やすことで、より力強い味わいにしようとしているのか!?
より、ビターさを出して、マニアックに仕上げてくるのか!?

先週のスープの出来が、かなりよかったので!
それを超えられるのか
!?

ちょっと、不安なところもあったけど(^_^;)
今週も期待して訪問することに♪

JR小岩駅で下車して、駅直結の商業ビル「シャポー」に繋がっている出口を出て!
すぐ左にある「シャポー」の出口から外に出て、右へ!


そして、すぐ、左の路地に入って、直進!
蔵前橋通りに出ると、すぐ右に歩道橋があって!


これを渡れば、歩道橋の右にある店へと最短距離で行ける!
そうして、開店10分前の10時50分に店の前までやってくると


先客が2人、店頭に4脚置かれた丸椅子に座って待っていた。
3番目の椅子に座ると、直後に、もう一人お客さんがやってきて!


この後、10人のお客さんが並んだところで、定刻の11時を迎えて
リョーマくんが出てきて、「準備中」になっていた立て札をひっくり返して、「営業中」にすると

「お待たせしました。」
「開店させていただきます!」と開店宣言をして、開店となった。


先頭のお客さんから券売機で食券を買って、L字型カウンター9席の左奥の席から詰めて座っていく。
私の番になって、購入したのは、「煮干しそば」730円と「和え玉」200円の食券!


豚骨一燈【弐七】-4

そうして、食券をスタッフの人に渡すと
「醤油」か「塩」か、好みの味を聞かれたので

醤油でお願いして、席へ!
すると、厨房では、早くもリョーマくんが麺を茹で始めようとしているところで


両手に2玉の麺を持つと
茹で麺機のテボの中へと入れて、タイマーをセット!

豚骨一燈【弐七】-5

そうして、タレと香味油レードルを使って、ラーメン丼に入れて
あらかじめ、ガス台の火に掛けて温めていたスープを注いでだところで

ピピピッ♪
麺の茹で上がりを知らせるベルが、タイマーをセットしてから50秒後に鳴って♪


すばやくテボを引き上げると
リョーマくんによって湯切りされた麺が、スープの張られたラーメン丼の中へ!

そうして、スープと麺を合わせたところで、スープの味見をすると
タレか香味油かのどちらかが足されて、味の修正が行われて

さらに味見すると、納得して!
ラーメンを作る前に、直前に切り出されたチャーシューなどの具が盛りつけられて、ポールと2番目のお客さんに出されていったんだけと


これが正しい味見の仕方!
よく、スープを入れて、タレと香味油と合わせた状態で味見している店があるけど、これでは不十分


これに麺が加わって、麺から熔け出たエキスが加わった状態の味わいが、そのラーメンのスープの味になるので!
この状態で味見しないと意味がない


そうして、同じルーティーンでリョーマくんによって2個作りされた「煮干しそば」が完成すると!
そのうちの一つが、今日もリョーマくんの手によって供された。


豚骨一燈【弐七】-6

前回同様、豚肩ロース肉のレアチャシュー豆苗刻み玉ねぎが載るだけのシンプルな装いの「煮干しそば(醤油)」!
でも、ピンク色したレアチャーシュー豆苗の緑が入れられているので、彩りは悪くはないけど


豚骨一燈【弐七】-7豚骨一燈【弐七】-8

ただ、できれば、普通の玉ねぎではなく、赤紫色したアーリーレッドにすると
あるいは、豆苗の代わりにレッドキャベツスプラウトを入れて!

さらに、玉ねぎとともに万能ネギを薬味に併用しても、もっと、彩りがよくなるんだけど
もっとも、手間と原価が上がるので、価格据え置きでするのは難しいかもしれないけど

ただ、730円という安価な価格設定なので、50円くらい値上げしても、個人的には、そうした方がいいような気がけど
閑話休題(笑)(汗)

今日は、いりことともに平子も香味油に使ったからか
着丼した瞬間から平子が香るスープをいただくと

豚骨一燈【弐七】-9

平子!平子!平子!
平子の風味が口の中に、ふわっと広がるスープで


好きだな♪
この風味!


スープは、フレッシュな平子の風味を強く感じられたので
リョーマくんに感想を話すと

「今日は、平子の代わりに九十九里の背黒を使って、味の違いを感じてもらおうたと思っていたんですけど…」
「思ったより、背黒がいい出汁出してくれなくて…」


「最後に平子で追いました。」と話してくれたので…
どんなスープなのかは、だいたいわかった。

おそらく、九十九里産背黒を水だしして、一晩寝かせたものに、愛媛産白口と八戸産青口を合わせて炊いて!
さらに、この2段仕込みしたスープに、最後に長崎産平子で追い煮干しした3段仕込みのスープということだろうと思われるけど


時間を掛けて、丁重に作られたスープは、しっかりと煮干しのうま味にが抽出されていて
煮干しだけで出汁をとったスープのラーメンとしては、『中華ソバ 伊吹』は別格としても

『中華ソバ 伊吹』出身の『零一弐三』に次ぐくらいの美味しさに感じられたし♪
もし、これが『豚骨一燈』の限定ではなく、新店で、レギュラーメニューで出されたものだったら、今年のTRY煮干し部門の新人賞は、これで決まりじゃないかと思えるほどの味わい♪


特に、平子といりこのうま味がよく出たスープで!
平子のビターさもよく感じられるニボラー好みのスープなのがいい♪


ただ、確かにリョーマくんが話していたように、九十九里の背黒がもう一つだったのか!?
出汁の強みという点では、先週のスープの方が上かな

でも、そうはいっても、今日のスープも絶品で!
超一級品のスープであることには変わらない♪


麺は、先週同様、心の味食品謹製の加水率30%の中細ストレート麺が使われていたと思われるし
麺の茹で時間も先週と変わらない50秒で

同じ食感のはずなのに
今日の麺は、先週に比べて、カタめで、歯切れもいいように感じられた。

豚骨一燈【弐七】-10

今日は、開店前からお客さんがシャッターで並んで!
その並んだお客さんの注文がすべて「煮干しそば」で!


終始、多忙なリョーマくんとは、あまり、話しをすることはできなかったので
麺について、小さな変更があったのかどうかはわからないけど

イメージ的にはパン用の強力粉を使って、加水率28%に仕上げた麺という感じがして
先週の麺に比べて、麺が軽やかに感じられた。

もしかすると、気のせいかもしれないけど
個人的には、今日の麺の方が好み♪

それと、よかったのが豚肩ロース肉の真空低温調理されたと思われるレアチャーシュー
先週は、レアすぎて、噛みきりにくくて、コンデションがもう一つに感じられたのに


今日は、やや、レア感のある
しっとりとした仕上がりの一品で!

豚骨一燈【弐七】-11

噛めば、肉のうま味が滲み出てくる絶品のレアチャーシューで♪
これがスタンダードなら、次回はぜひ、トッピングしてみたいと思ったくらい!


そうして、麺を3分の1ほど食べたところで、リョーマくんにお願いして作ってもらった「和え玉」は
麺を食べ終わる絶妙のタイミングで着丼!

豚骨一燈【弐七】-12

麺1玉に、豚肩ロース肉のカットレアチャーシューに刻み玉ねぎが載せられて
醤油ダレのカエシと香味油が掛けられた一品で!

『煮干中華ソバ イチカワ』の市川店主が考案した、このメニューも、今は、全国の煮干しラーメンの店では、ポピュラーなメニューとなっているけど
リョーマくんの「和え玉」は、今回、初めて食べるので、どんな味わいなのか

まずは、麺と具を丼の底に沈んだカエシと香味油に和えて「和え麺」のようにしていただくと
カエシとラーメンにも使われた、白絞め油を熱して、白口と平子の煮干しを揚げて、煮干しの風味を移した煮干し油の風味がよくて!

このままでも、美味しくいただける♪
次に、麺を残しておいたスープにつけて、「つけ麺」のようにして食べても美味しいし!


豚骨一燈【弐七】-13

さらに、残った麺と具をスープにダイブさせて!
ラーメン」のようにして食べても美味しい♪


豚骨一燈【弐七】-14

というわけで、最後まで、いろいろと楽しませてもらいました♪
なお、冒頭で、冗談で『麺や 福なが』なんて、書いたけど


ジョークではなく、水曜日は「煮干しの日」として!
「煮干しそば」一本で営業してもいいかも♪


あるいは、リョーマくんが昨年までいた
事情により昨年末に惜しまれながら閉店してしまった『煮干し中華ソバ 一燈』を曜日限定で復活させる手もありかも♪

でも、これは、この「煮干しそば」がお客さんに認知されて!
この「淡麗」な「煮干しそば」一本ではなく、「濃厚」な「煮干しそば」も用意されないと難しいかもしれないけど


まずは、来週以降
リョーマくんが、どんな煮干し構成の一杯を作ってくれるのか

楽しみにしながら、また、食べに来るつもり♪
ご馳走さまでした。


豚骨一燈【弐七】-2

メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【水曜限定】煮干しそば(醤油/塩)…730円/和え玉…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:煮干しそば(醤油)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4262-377e0086