FC2ブログ
訪問日:2018年2月15日(木)

麺処 ほん田【弐拾】-1

本日のランチは、今日でオープン10周年を迎える『麺処 ほん田』へ!

オープンの日に訪問して、若き本田店主の「濃厚豚骨魚介特製らーめん」をいただいてから、早いもので、もう10年も経ってしまったんだね!
いろいろと感慨深いものはあるけど、ともかく、本田店主おめでとうございます。


今日は特に10周年記念の限定が提供されるわけではないけど
とりあえず、お祝いを言うために、お邪魔することに♪

JR京浜東北線の東十条駅で下車して、11時30分過ぎに店の前までやって来ると
店頭に置かれた椅子に座って、3人のお客さんが待っていた。

店頭には、本田店主の元で修業して、独立開業した『麺処 篠はら』の篠原店主に『麺処 夏海』の吉越店主!
『らーめん つけめん 雨ニモマケズ』の内藤店主に、本田店主の出身母体でもある『麺屋 こうじ』グループの青木さんからのお祝いの花々が咲き誇っていた♪


麺処 ほん田【弐拾】-2麺処 ほん田【弐拾】-3麺処 ほん田【弐拾】-4麺処 ほん田【弐拾】-5

こちらの店は、先に食券を買ってから並ぶのがルールなので
まずは、入店して、本田店主に10周年のお祝いの言葉を述べて!

券売機で買い求めたのは、「特製濃厚豚骨魚介つけ麺」と「カレーに変更」の食券!
そうして、再び、外に置かれた椅子に座って待っていると


麺処 ほん田【弐拾】-6

スタッフの人が食券を回収にきたので
食券を渡しながら

「手揉み麺でお願いします。」と告げて…
さらに、デフォと中盛にした場合の麺の量を尋ねると!?

デフォで250g。
中盛は350gということだったので


350gは、ちょっと、多いかなと思ったのと
それなら、ライスを残ったつけ汁にダイブさせていただく方がいいかなと思ったので

「デフォのままでいいです。」と言うと…
スタッフの人からも

「追い飯するのがおすすめです。」なんてアドバイスがあったんだけど
その方が、絶対いいよね♪

そうして、待っていると…そう待つことなく店内へと案内されて
席へとついて、目の前のオープンキッチンの厨房を見ていると

本田店主によって、手揉みされた麺が茹でられていって
そうして、完成した、「特製カレーつけ麺」が本田店主自らの手で供された。

麺処 ほん田【弐拾】-7

豚肩ロース肉のレアチャーシュー豚バラ肉の吊し焼きチャーシュー
味玉カイワレ糸唐辛子が麺の上に載せられて!


カレーが香るつけ汁の中には、カットチャーシュー、ひき肉、メンマ、小ネギが入る!
美しいビジュアルのつけ麺♪


麺処 ほん田【弐拾】-8麺処 ほん田【弐拾】-9麺処 ほん田【弐拾】-10

まずは、「心の味食品」謹製の平打ちストレートの麺を本田店主が手揉みして、縮れさせた麺は
つい先日、加水率を41%から45%に上げたという超多加水麺で!

麺処 ほん田【弐拾】-11

しかし、本田店主により、冷水でジャブジャブと洗われて、キッチリと〆られた麺は
モチッとした食感の麺ではあるけど

以前に、醤油ラーメンでいただいたときのような、プリモチ食感の、やや、やわらかめの麺とは違って、カタめに感じられて
ラーメンで温かい麺で食べるのと、つけ麺で冷たい麺で食べるのは、こんなにも食感が違うもんなんだなということを改めて実感することができた。

それと、こうして、冷たい麺で食べたことによって、わかったのは
この麺も、小麦香る、風味のいい麺で♪

やっぱり、「心の味食品」の麺は、風味がいい♪
それに、小麦粉のうま味も、よく感じられたし!


そして、この麺をスパイス香るつけ汁につけていただくと
まず、理屈なしに美味しい♪

本田店主の作る「カレーつけ麺」は、同業者のラーメン店主にも好評で!
あの人気店に、あの有名店の店主まで、美味しすぎるからと、本田店主からレシピを教えてもらって、店で限定で出したくらいのものなので♪


美味しいのは、最初からわかってはいたけど
これほど美味しいとは♪

それと、つけ汁は、こちらの店の「濃厚豚骨魚介つけ麺」の濃厚な白湯スープベースのつけ汁だと思っていたのに
意外にサラッとしていて

しかし、スープカレーのように、しゃばくはない
あとで、本田店主に聞いた話しでは、このつけ汁

濃厚豚骨魚介スープの動物系スープに魚介を合わせる前の濃厚な白湯スープと
あっさりの「手揉み中華蕎麦」の清湯スープを合わせているということだったけど

これが、ちょうどいい濃度、粘度のつけ汁に仕上げられていて!
鶏豚のうま味もしっかりと感じることができたし♪


さらに、スパイシーさの中にも、野菜や果物の甘味が溶け込んだ、コク深い味わいだったので!
リンゴとチャツネが使われているんじゃないかと思ったら


本田店主によると、リンゴと玉ねぎに、ホールトマトも隠し味に使っているということで!
それで、甘味とともに、微かな酸味も感じられたんだね!


市販のルーやカレー粉を使ってスープに辛味とトロミを付けただけのカレーラーメンやつけ麺が横行する中
手間暇掛けて作られた一品で、言うこと無し!

そして、トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした仕上がり感なのがよくて!
肉のうま味を感じる美味しいレアチャーシューだったし♪


豚バラ肉の吊し焼きチャーシューは、香ばしくて♪
肉のうま味が中に閉じ込められた絶品のチャーシューで、最高に美味しかったし♪


麺処 ほん田【弐拾】-12

そうして、つけ麺を食べている途中で、追加でお願いした「追い飯」は、ご飯の量によって、50円、100円、150円の小盛、並盛、大盛が用意されていて
50円の小盛でお願いしたところ

つけ汁をつける器に半分ほどの量のご飯にカットチャーシューがパラッと掛けられて供されたんだけど
これが50円って、リーズナブルすぎません!?

麺処 ほん田【弐拾】-13

麺中盛にするのも50円でできるので、悩むところだけど(^_^;
これに、残っていたスパイシーなつけ汁をかけて、カレー丼にしていただくと

麺処 ほん田【弐拾】-14

これも、間違いなしの美味しさで!
サラッと完食♪


そして、さらに残ったつけ汁にスープ割りしてもらうと
これが、また、めちゃめちゃ美味しい♪

麺処 ほん田【弐拾】-15

ただ、Twitterのツイートを見る限りは、皆さん、なぜか、つけ汁にライスをダイブさせてフィニッシュして
誰もスープ割りしていなかったけど

カレーつけ麺の醍醐味は、このスープ割りにあるといってもいいので
これは、ぜひ、リクエストしてみてください!

なお、この「カレーつけ麺」は日曜日までの提供ということだったので
食べてない方は、ぜひ!

本当、最高に美味しい「キング・オブ・カレーつけ麺」なので♪
ご馳走さまでした。

PS 10周年の記念限定は、何と1kg5,000円もする雉(きじ)を使って!
蜆(しじみ)と合わせた限定を作る予定だというので


実施日も合わせて!
本田店主のTwitterはチェックしておかないとね
(^_-)
麺処 ほん田【弐拾】-16

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺(魚介風味・柚子風味)
濃厚豚骨魚介
つけ麺…780円/味玉つけ麺…880円/ちゃーしゅーつけ麺…1080円/特製つけ麺…980円

カレーつけ麺変更券…100円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円


麺処 ほん田ラーメン / 東十条駅王子神谷駅十条駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:特製カレーつけ麺star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4238-a091d30d