FC2ブログ
訪問日:2018年1月15日(月)

麺屋 一燈【参七】-1

本日のランチは、昨年の12月と今年の1月の2ヶ月間、月曜日限定で提供されている「地鶏そば」を求めて『麺屋 一燈』へ!

そして、この「地鶏そば」限定は、使用する地鶏が毎週替わる。
12月は、第1週が愛知県の「名古屋コーチン」


第2週が奈良県の「大和肉鶏」
第3週が青森県の「青森シャモロック」


第4週が秋田県の「比内地鶏」といった具合で!
それぞれの地鶏で、スープの味わいが変わってくるので、ぜんぜん、飽きない!


それで、12月は毎週、朝早く整理券をゲットして!
4種類の「地鶏そば」を全コンプ♪


しかし、先週は、3連休の最終日と重なって、不幸にも、15枚のプラチナチケットはゲットならず(涙)
2ヶ月間全コンプリートを狙っていたのに、夢は儚くも消えた

でも、先週でタスキは途切れてしまったけど
また、気を取り直して、今日も、朝早くから整理券を求めて『麺屋 一燈』へ!

そして、7時15分に新小岩にある店に到着すると
こちらの店の鶴崎店長から渡されたカードは4番

麺屋 一燈【参七】-2

そして、鶴崎店長からは、「今日の地鶏は「さつま若しゃも」です。」というアナウンスがあったんだけど
「さつま若しゃも」とは

天然記念物の「薩摩鶏」を父親に持ち、28日齢以降1㎡当たり10羽以下の飼育密度で平飼いし、飼育期間は80日以上の地鶏!
そして、鹿児島県の地鶏3銘柄「さつま若しゃも」、「さつま地鶏」、「黒さつま鶏」のうちの一つでもある。


「さつま地鶏」で出汁を引いたスープのラーメンは東京・王子の『えんや』で!
「黒さつま鶏」は京都の『とうひち』でいただいたことがある。


しかし、「さつま若しゃも」は、もしかすると、他の軍鶏とのブレンドのスープを『麺尊 RAGE』で食べたことがあるかもしれないけど
どんな出汁を出してくれるのかわからないので、めっちゃ楽しみ♪

そうして、午前中の用事を終えて、集合時間の10時30分ギリギリに店へとやって来たところ
2番目に待っていたのは

鰤(ブリ)が大好きなので、kanburiというTwitterのハンドルネームを付けている『中華ソバ 伊吹』の常連のお客さん!
先週、『中華ソバ 伊吹』でお会いしたときに、この『一燈』の「地鶏そば」が話題になって


そのときに居合わせた3人の『中華ソバ 伊吹』の常連さんとは
「では、また、月曜日に『一燈』でお会いしましょう♪」と約束して別れたんだけど

本当にやって来たのはkanburiさんだけだったな(汗)
そのkanburiさんに『一燈』グループの常連のお客さんと少し話しをしているうちに、今日もスタッフの上田さんが店の中から出てきて

まず、整理券の順番にお客さんの並び替えが行われると
ポールのお客さんから順番に、先に食券を買うように促されて

4番目に入店して、券売機で購入したのは「地鶏そば」850円と「小ライス」50円の食券!
そして、上田さんに食券を渡しながら


麺屋 一燈【参七】-3

「塩でお願いします!」と言って、注文を確定させたんだけど
この「地鶏そば」は、「醤油」味と「塩味」が選べて!

どちらも美味しいので迷ってしまうけど
今日は、何か塩の気分だったので、最初から雑炊用の「半ライス」を購入したんだけど

「半ライス」50円というのは、めっちゃリーズナブル!
それに、ブランド地鶏を使った限定ラーメンが850円というのも、めちゃめちゃコスパ高いよね♪


今は、東京のラーメン店では、デフォのラーメンの価格が1,000円オーバーという店も出てきているし!
限定で、高価な材料を使かったラーメンとなったら、当然、それなりの価格になるのは当たり前の風潮があるというのに


こちら『麺屋 一燈』に『麺屋 一燈』グループの各店では
デフォも限定も、他の有名ラーメン店と比べてリーズナブルでコスパの高いラーメンを提供してくれるのが嬉しい♪

そうして、再び、外に出て!
用意されている丸椅子に座って開店を待っていると


もうすぐ開店時間の11時にになるところで、上田さんが暖簾を持って店の中から現れて
暖簾を掛け終わると

続いて、鶴崎店長が出てきて、開店宣言をして!
定刻開店♪


整理券番号1番のお客さんから11番のお客さんまでが入店して、左奥の席から、順番に席へとついていく!
すると、もう厨房では、最初の3人のお客さんのラーメン作りが始まっていて!


鶴崎店長が麺を取り出して、茹で麺機の中のテボに入れて、茹で始めると
30秒後には、茹で上がった麺が湯切りされて

スープの張られたラーメン丼の中へ!
そうして、スタッフの人によって、軽くソテーされた鶏モモ肉と鶏ムネ肉のたたきがトッピングされて


完成した3つの限定ラーメンがお客さんに出されていったんだけど
提供がめちゃめちゃ早い♪

そうして、作り終えると、5番目のお客さんに
「つけ麺ご注文のお客さま…」

「申し訳ありませんが、限定ラーメンの提供が先になります。」
「ご了承いただきますようお願いいたします。」とスタッフの人がお断りすると


先ほど同様、限定が3個作りされて!
完成した「さつま若しゃも」の「地鶏そば」が、4番目の私と6番目、7番目のお客さんに出された。


さらに、すぐに、別のスタッフの人から「半ライス」も出されたんだけど
毎回、思うことだけど、こちら『麺屋 一燈』のオペレーションのよさは、特筆すべきものがある!

麺屋 一燈【参七】-4

5番目のお客さんが注文した「濃厚つけ麺」にしたって、「限定」が2度出された後に、そうタイムラグなく出されていったんだけど
この「濃厚つけ麺」

限定の「地鶏そば」を優先して作ったわけではない。
「濃厚つけ麺」は、麺の茹で時間が掛かるので、先に「地鶏そば」が出されただけであって!


早くから、麺が茹でられて
「地鶏そば」が2度出されるまで茹でられて

すぐに冷水で〆られて出されたので
実は、これも最短時間での提供!

そうして、供された「さつま若しゃも」の「地鶏そば」は、鶏ムネ肉鶏モモ肉のたたきが載せられて!
九条ネギが散りばめられたラーメンで!


麺屋 一燈【参七】-5麺屋 一燈【参七】-6

シンプルながら、なかなか豪華なトッピングが載せられた一品♪
まずは、黄金色したスープをいただくと


ふわぁ~っと鶏が香り♪
ふくよかな地鶏のうま味がいっぱいのスープで!


スープにコクがあって、厚みがあって!
香味油に使われた鶏油がスープに、さらなるコクとうま味を与えていて♪


甘味の感じられる塩ダレとスープがよく合っていて
最高に美味しい♪

水と鶏だけでとったスープの塩ラーメンとしては、尼崎のレジェンドには及ばないかもしれないけど
情熱大陸他3つのテレビ番組に出演して200人もの大行列を作る湯河原の名店の「塩らぁ麺」をも凌ぐ味わいで!

鶴崎店長が作った過去の塩味の「地鶏そば」としては、昨年2月に提供された「比内地鶏の地鶏そば」が最高峰の味わいだったけど!
それに匹敵するほどの美味しさ♪


麺は、北海道産小麦粉の「春よ恋」を使って製麺された「心の味食品」の細ストレート麺で!
つるっ!プチッ!


啜り心地がよくて、プチッと切れる!
とても食感のいい麺で!


麺屋 一燈【参七】-8

小麦粉のうま味も感じられる美味しい麺で♪
それに、何と言っても、この絶品のスープをいっぱい持ってきて、美味しく食べさせてくれるのがいい♪


トッピングされた鶏モモ肉とムネ肉のたたきは、今日は「小ライス」に移して、スープを掛けて、「鶏雑炊」にしていただいたんだけど
まず、どちらのたたきも、提供される寸前に軽くソテーされて提供されるので!
とても香ばしいのがいい♪


麺屋 一燈【参七】-9麺屋 一燈【参七】-10

そして、鶏モモ肉のたたきは、今週のものも、ブリッブリの食感に仕上げられていて!
弾力があって、歯応えのある食感が最高だったし♪


噛む度に、鶏肉のうま味がジュワジュワと広がる絶品のたたきで!
今週も美味しくいただけました♪


また、鶏ムネ肉のたたきも、しっとりとした食感のもので!
味も優れた一品でよかったし♪


さらに、このコクうまの地鶏スープを吸ったサラサラのご飯が、また、たまらない美味しさで!
「鶏雑炊」が美味しすぎるから、また、来週も塩にしちゃおうかな


麺屋 一燈【参七】-11麺屋 一燈【参七】-12

そう思わせるだけのものはあった。
そうして、最後は、少し残ったスープも、一滴たりとも残さず飲み干して完食♪


なお、鶴崎店長の話しによると、来週の地鶏は、まだ、何にするか決まってないということだったけど
これだけ美味しいスープを飲んでしまったら

どんな地鶏だったとしても、これは、また、来週も来るしかないよね♪
ご馳走さまでした。

麺屋 一燈【参七】-13

メニュー:濃厚系

濃厚魚介つけ麺…830円/半熟味玉濃厚魚介つけ麺…930円/特製濃厚魚介つけ麺…1080円/チャーシュー濃厚魚介つけ麺…1100円

濃厚魚介らーめん…780円/半熟味玉濃厚魚介らーめん…880円/特製濃厚魚介らーめん…980円/チャーシュー濃厚魚介らーめん…1030円

淡麗系(水・金・日の提供)

(塩)芳醇香味そば…780円/半熟味玉(塩)芳醇香味そば …880円/特製(塩)芳醇香味そば …950円/チャーシュー(塩)芳醇香味そば…1000円


(火・木・土の提供)

(醤油)芳醇香味そば…780円/半熟味玉(醤油)芳醇香味そば …880円/特製(醤油)芳醇香味そば …950円/チャーシュー(醤油)芳醇香味そば…1000円

中盛り券(つけ麺:300g、ラーメン180g)…50円/大盛り券(つけ麺:400g、ラーメン230g)…100円/特盛り(つけ麺:500g)…150円


トッピング
辛味…100円/チャーシュー(豚のみ5枚)…300円/チャーシュー(鶏のみ5枚)…200円/チャーシュー(豚と鶏ミックス3枚づつ)…300円
海苔5枚…50円/極太メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/とろけるチーズ…50円


【12月・1月の月曜日限定】地鶏そば…850円

サイドメニュー(週替わり毎週一種類づつの提供)
バターたっぷりローストポークガーリックめし…250円/焼きチーズカレー丼…250円/ローストポークジンジャー…250円

麺屋 一燈



関連ランキング:ラーメン | 新小岩駅



好み度:さつま若しゃもの「地鶏そば(塩)」star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4208-ce99d268