訪問日:2008年11月17日(月)

必勝軒【壱参】-1

必勝軒で今月から始まった「しなそば」限定イベント!

月曜日は「しなそば」デーとなって、メニューは「しなそば」オンリー!
この日は、通常メニューの「もりそば」と「ラーメン」は供給されない!

必勝軒【壱参】-2

必勝軒【壱参】-3

17時49分に店に着くと…
店の中は真っ暗で、椅子に座って3人のお客さんが待っていた…

ずいぶん少ないなと思ったら、それもそのはず…

私は、夜の営業時間を18時開始と思い込んで、この時間にやって来たんだけど実際には18時30分からだった…
まだ、40分以上開店時刻まで時間がある…

失敗したな…
最初のうちはそう思った…

しかし、18時を過ぎるあたりから、ドドッとお客さんが押し寄せ…
18時15分には行列は23人までに増え、店のアプローチからマロニエ通りまではみ出すまでになった!

20分に、開店準備中だったこちらの店のスタッフの清水さんと目が合って挨拶!

25分にマロニエ通りの様子を見に行ったら、行列は35人にまで増殖していて…
さらに増え続けている…

早く来すぎたんだけど…
かえって、早く来てよかったのかもしれない…

開店時刻間際に来ていたら、大変なことになっていた…

18時28分…
定刻より2分早く清水さんが出てきて、本日のメニュー説明を行い…
次いで、並んでいるお客さんの注文を順に取り始めた…

といっても、今日はトッピングの有無を聞くだけだったんだけどね…

月曜日の「しなそば」デーは、供給されるメニューは「しなそば」に限定!
量も決まっていて、麺1.5玉200gの普通盛のみ!
「大盛」はなく、麺は「替え玉」で供給される。

必勝軒【壱参】-4

清水さんは、注文を取るというよりは、この今日のルール説明に回っているような感じだった…

一通り、注文を取り終えた清水さんが店に戻ると
小林マスターが替わりに店の外に出てきて…
簡単な挨拶と今日の「しなそば」イベントの説明をした上で、お客さんを迎え入れ始めた…

並んだ順番通り、店の奥から順に着席していく…
私は4番目だったので奥から4番目の席…

目の前の厨房では既に「しなそば」が茹で始められていた。
そして、次々にテボが引き上げられ、順番に出されていった…

必勝軒【壱参】-5

スープの味は、想像していた「あっさり」した「しなそば」のイメージからは離れたものだった…

「鶏9:豚1」と入口のボードに書かれたスープは、いつもの必勝軒の土曜日に出される「オールマイティスープ」の動物系の比率を変えたもので…
「あっさり」というよりは、むしろ「こってり」した部類に入るスープといえる…

しかし、スープ表面に敷かれた鶏油がスープにコクを与えていて、なんとも美味しい!
それと、いつもに増して強く感じた煮干しの風味がとてもいい!

しかし、この鶏ガラとモミジ、そして煮干しの使い方の妙は小林マスターならではのもの!
好きだなこの味!

麺はいつものラーメン用の麺に比べると、いくらか細いようだ…
麺の風味も若干違っている…

そこのところを知りたくて、清水さんに質問したところ…

「麺は、しなそばのスープに合うように1日しか寝かせていないんです。」
「麺がやわらかだから、それで大盛りにはせずに、替え玉でお出ししているんです。」
替わって小林マスターが答えてくれた…

「替え玉2玉!」
「替え玉ダブル!」

「こっちも替え玉2玉お願いします!」
「替え玉1玉で…」

早くも1.5玉200gの麺を食べ終わりそうなお客さんから、次々に声がかかる!

この替え玉…
1玉または2玉単位で供給される…

1玉100円!
替え玉は無制限に供給される。

何度、替え玉してもいい!
ただし、70食分と言っていたので、おそらく用意された麺の量は300玉限定と思われる。

小林マスターが語る…
「今日の昼の最高は11.5玉!」

これはいろんな意味ですごいとは思う…

しかし、11.5玉ということは、デフォルトが1.5玉だから、10玉替え玉したことになる…

金額も、まず「しなそば」が750円で、替え玉が100円×10玉で1000円だから…
合計1750円の支払い…
どうなんだろう?
この金額…

それに…

今日の昼の待ち時間は50分でした!」
「毎度、お待たせして申し訳ありません…」
小林マスターはそう話していたけど…
この替え玉制度をとっていれば、この時間になるのも仕方ない…

夜営業の4番目に入店して、一番早く店を後にしたのは私だった…
なぜなら、私だけ替え玉をしなかったからだ…

私が帰る時点で、隣のお客さんなんかは、すでに替え玉2玉の2回目のお替わりを終えてご満悦の様子だったし…

他のお客さんの何人かはも競うようにして2度目の替え玉に入っていて…
まるで早食い、大食い競争の様相…

これでは、落ち着いて食べることもできやしない…

それに、いくら早食いの人でも、替え玉すれば時間はかかる…
麺の性格上、仕方ないところはあるのかもしれないけど…

「しなそば」と、この無制限の替え玉制は、私には、いつもに比べて割高の価格に感じたし、待ち時間もかかるし、忙しないので…

まあ、一度は食べてみたかったのでよかったんだけど…
もう、これっきりでいいかな…

いつもの「ラーメン」の麺の方が私は好きだし…

「しなそば」はデフォルトで1.5玉と、「ラーメン」の2玉に比べて量が少ない…

半分付く茹で玉子もない…
これで価格は同じ…

さらに、「ラーメン」の場合、「多め」と呼ばれる2.5玉には50円増しでできるのに…
「しなそば」の場合は、デフォルト1.5玉+替え玉1玉100円増しで2.5玉となり…
同量にした場合は50円高くなる…
せこい計算だけど…

しかし、一番の理由は…
「おつかれビール」を注文できる雰囲気じゃなかったってことかな…

必勝軒【壱参】-6

住所:千葉県習志野市津田沼2-5-9
電話:047-474-8283
営業時間:(月・火・木・金)11:30~14:00/18:30~21:00
(水)11:30~14:00
(土・祝日) 10:30から150玉で終了 ※平日が祝日の場合、10:30から150玉/18:30~21:00
休日:日曜
アクセス:JR総武線津田沼駅南口から千葉工業大学とサンペデックの間のまろにえ通りを直進。道沿い左側。徒歩5分




メニュー:ラーメン…750円/チャーシューメン…950円
もりそば…800円/もりチャーシュー…1000円

多め(+0.5玉)…50円増し
+1玉…100円増し
+2玉…200円増し
+3玉…300円増し
※1玉130g


しなそば…750円(月曜限定)/替え玉(1玉:130g)…100円/替え玉(2玉:260g)…200円

※必勝軒では各曜日にスープテーマを設定し、違った味が楽しめるようになっている。
月曜:    『しなそば』限定イベント
火曜:    バランスDAY、動物・魚介をバランスよく
水曜:    動物系・濃厚スープ
木曜・金曜:魚介系・中心スープ
土曜:    ファミリーも安心のバランス系スープ


好み度:しなそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/419-a409aa54