FC2ブログ
訪問日:2017年12月5日(火)

らぁ麺 紫陽花【四】-1

今夜、のぞみで名古屋入りして、ホテルにチェックインせずに、駅からそのまま向かったのは、食べログ愛知県No.1ラーメン店の『らぁ麺 紫陽花』!

こちらの店は、東京・府中の『麺創研 かなで』で修業した後、三重の『らーめん 鉢ノ葦葉』、名古屋の『つけ麺 丸和』他でも修業を重ねた戸谷店主が地元の名古屋に、2015年の4月10日にオープンした店!

2015年6月3日に伺って、「醤油つけ麺」をいただいて!
めっちゃ美味しかったので、翌日の6月4日にも訪問して、「醤油らぁ麺」「濃厚つけ麺」をいただいた。


「あっさり」とした味わいの鶏清湯煮干しスープの「醤油らぁ麺」に「醤油つけ麺」も!
「こってり」とした味わいの鶏白湯煮干しの「濃厚つけ麺」も、どれもが、めちゃめちゃ美味しくて♪


そして、前回、2ヶ月前の10月5日に訪問して!
「醤油らぁ麺」をいただいたところ


2年4ヶ月前に食べた味わいと変わらず!
絶品の味わいを維持しているのを確認することができた♪


そこで、今夜は、2年6ヶ月前にいただいた、「醤油つけ麺」を
こちらも、美味しさをキープしているだろうとは思いながら、もう一度、食べに行くことに!

そうして、店の最寄り駅である地下鉄名港線・六番駅で下車して
3番出口を出て、15分ほど歩いて、夜の18時18分18秒に店の前までやってくると

店内は満席で!
店頭から店の右横を折れた路地にかけて、この寒空の下、12人ものお客さんが行列を作って待っていた
(^_^;

らぁ麺 紫陽花【四】-2

さすが、愛知県No.1ラーメン店♪
ただ、これは想定内のことではあるけど


今夜の名古屋は、底冷えする寒さで
こんな中、待つのも辛いものがある(>_<)

そうして、35分ほど待って店内へと案内されたんだけど
中でも6人のお客さんが椅子に座って待っていた(汗)

なので、外待ちは12人だったけど、中待ちも合わせると18人のお客さんが待っていたことになる
でも、それだけ待っても、こちらの店のラーメンにつけ麺は、食べる価値があるから、皆さん、こうして、我慢して待つんだろうね

そうして、入店して、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
今夜は、券売機に注意書きが貼られていて

らぁ麺 紫陽花【四】-3

そこには、「本日は連食禁止」の文字が
これは、賛否両論あると思う。

せっかく、わざわざ、ここまで来て!
そして、これだけ待って、食べるのだから、1杯だけではなく、2杯食べておきたいと思う人の気持ちもわかる


でも、そのおかげで、1人当たりの滞在時間が長くなって
後のお客さんが、長い間、待たなければならなくなるので

どうしても食べたい場合は、並び直して、食べるしかないかな
特に、今夜みたいな寒い日は、連食禁止の判断は正しい判断だったと思う。

それが目に入った後に、目に止まったのが、本日限定の「にぼし醤油らぁ麺」のボタン!
「醤油つけ麺」を食べるつもりで来た


しかし、こんなボタンを見つけてしまっては(汗)
そして、今日は2つは選べない

こうなると
限定に弱くて(汗)

さらに、ニボラーを自負する私
なので、チョイスしたのは、もちろん「にぼし醤油らぁ麺」♪

さらに、前回同様、ビールにおつまみの「チャーシュー盛り」に、今夜は、「よだれ鶏」ももらって、一杯やってから、ラーメンをいただこうかと思ったんだけど
10席のL字型カウンター席では、全員が、黙々とラーメンにつけ麺を食べていて!

何となく、ゆっくり飲める雰囲気じゃなかったので(汗)
今夜はパスすることに

そうして、ようやく、スタッフの人に呼ばれて、席へとつくと
戸谷店主が、チャーシューの肉塊を取り出して、切り出し始めたんだけど

それが、いつも切り出すチャーシューに比べると、薄くて
これを、何枚も何枚もカットしていく

何をしているんだろうと思ったら
そのカットしたチャーシューをお皿に載せたので

おつまみ!?
それにしては多すぎるか

なんて思っていると
麺を2玉取り出して、茹で麺機のテボの中へ!

そうして、雪平鍋で温めていたスープをラーメン丼に注ぐと
そこへ、茹で始めから1分30秒で引き上げて、湯切りされた麺が入れられて

そこに、モモ肉と思われる大量のチャーシューがドカッと載せられて
メンマカイワレに白髪ネギが肉の山の上にちょこんと置かれて

この白髪ネギに一味唐辛子が振り掛けられたラーメンが完成すると、私と後客のお客さん2人に出されたんだけど
これが、本日限定の「にぼし醤油らぁ麺」だった。

らぁ麺 紫陽花【四】-4らぁ麺 紫陽花【四】-5

想像していたものとずいぶん違うのに戸惑っていると
それを察したかのように戸谷店主から

「喜多方ラーメンをイメージして作ってみました。」
「喜多方ラーメンなので、(動物系は)ゲンコツとチャーシューを煮たスープに煮干しを合わせました。」
なんて説明があったんだけど…

「喜多方ラーメン」なので、チャーシューがいっぱい!
「喜多方ラーメン」なので、鶏ガラではなく、豚ベースに煮干し


それはわからないでもないけど
「喜多方ラーメンなのに、スープが濁ってるし、煮干しがスゴく濃厚そうじゃないですか!」と言うと…

「一杯当たり、180gの煮干しを使いましたから(笑)」
「でも、白口なので、そんなに濃厚ではないですよ。」
なんて言うんだけど…

一杯当たりの煮干し量が180gって!?
通常、煮干しラーメンに使う煮干しの量といったら30gくらいのもの

多くたって60g。
あの、東京・志村坂上の巨匠の店だって、「中華ソバ」に使う煮干しの量は130gから150g。


こんな、一杯当たり、180gもの煮干しを使う店なんて、他に知らない。
もう、この時点で、これは「喜多方ラーメン」ではないよね
(笑)

それと、こんなに塩分の高い煮干しを使ったら、めっちゃ、しょっぱいのでは!?
煮干しのえぐ味や苦味も強そうだし

などと心配しながら、煮干しの銀粉漂うスープをいただくと
いりこ!いりこ!いりこ!

らぁ麺 紫陽花【四】-6

伊吹いりこか、愛媛白背か!?
上質な瀬戸内のいりこ(白口煮干し)のうま味が出まくった、うま味満載のスープで!

ヤバい!
めちゃめちゃ美味しい♪


それに、懸念された塩分濃度は、ぜんぜん高くなくて
まったく、しょっぱくない。

これは、たぶん、大量の煮干しを使って!
煮干しを潰さずに出汁をとったからだと思うけど


煮干しのえぐ味は極力抑えられていて
感じるのは、煮干しのうま味だけ♪

そして、白口とともに背黒も使われていて!
背黒のうま味とともに、背黒特有のビターさも感じられる、ニボラー好みのスープに仕上げられていたのもよかったし♪


それと、ゲンコツとともに、チャーシューも煮込んで、豚のうま味を出した動物系スープをベースにして
煮干しを重ねることによって!

スープに、よりうま味が増して!
厚みが感じられたのもよかったし!


これは、超一流の煮干しラーメン専門店の味をも凌駕するほど!
最高に美味しい♪


そして、この濃厚煮干しスープに合わされた麺は、デフォの「醤油らぁ麺」にも使われている、平打ちの中太ストレートの自家製麺で!
なめらかで、シルキーな口当たりの麺で!


らぁ麺 紫陽花【四】-7

プリモチ食感の加水率高めの麺は、しなやかなコシもあって♪
のど越しのよさもあって♪


そして、小麦粉のうま味がよく感じられて!
さらに、スープとの絡みもまずまず!


ただ、悪くはないけど
やっぱり、このスープには、定番の中細ストレートのザクパツな食感の低加水麺が合う♪

スープもここまでやるなら、ぜひ、麺も!
得意の多加水麺ではなく、低加水の麺を作ってもらえるといいんだけど


チャーシューは、豚モモ肉なのに、やわらかくて!
醤油味お味わいもよくて!


それに、この美味しいチャーシューが、これだけいっぱい載せられて!
それで、これが800円でいただけるというのはリーズナブルだし♪


らぁ麺 紫陽花【四】-8

メンマは、こちらも、デフォの太メンマで、外はコリッ、中はサクッ
大好きな食感のメンマで、よかったし♪

最後は、スープの最後の一滴まで、惜しむように飲み干して完食♪
美味しかった♪


鶏スープのマエストロが作った煮干しスープ!
堪能させてもらいました♪


また、名古屋に来たら、お邪魔させてもらいます♪
ご馳走さまでした。


らぁ麺 紫陽花【四】-9

メニュー:らぁ麺(並盛:150g/大盛:210g)
醤油らぁ麺…730円/特製醤油らぁ麺…980円
麻辣担々麺(小辛・中辛・大辛・激辛)…800円/ミンチ増し
(担々麺のみ)…100円

つけ麺(並盛:200g/大盛:300g)
醤油つけ麺…780円
濃厚つけ麺…800円/特製濃厚つけ麺…1050円
濃厚辛つけ麺…850円


※麺類は終日大盛無料
つけ麺特盛(400g)…100円


トッピング
味玉…100円/メンマ…100円
チャーシュー
(豚と鶏の2種)…200円/特製トッピング(豚と鶏の2種チャーシュー+味玉)…250円

ごはん物
炙り肉飯…300円/本気のTKG…200円/白ごはん…100円
醤油らぁ麺炙り肉飯セット…930円


お子様らぁ麺…400円

【本日限定(15食)】にぼし醤油らぁ麺…800円


らぁ麺 紫陽花ラーメン / 六番町駅

夜総合点★★★★★ 5.0



好み度:にぼし醤油らぁ麺star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4154-0fd625a9