訪問日:2017年11月20日(月)

中華そば いぶき【四】-1

本日のディナーは、大阪の天五中崎通り商店街というアーケード商店の中にある『中華そば いぶき』へ!

こちらの店は、ブランド煮干しの伊吹いりこを使って出汁を引いたラーメンにつけそばを出す店!
特に夏季限定で出される「冷やしイリコそば」が絶品♪


そんな店が、熊本のブランド地鶏の天草大王を使った「とりそば」なるメニューを出すようになって!
そして、このラーメンの販売価格が1,200円という高プライスなのも話題に!


しかし、スープに天草大王を使うだけではなく、チャーシュー代わりに天草大王のモモ肉がトッピングされるそうで!
それなら、この価格も納得♪


というわけで、このプレミアムな一杯を求めて、今年の5月12日に、5月8日オープンの新店『中華そば ぬんぽこ』でいただいた後に訪問したところ
もう開店時間の12時を過ぎているのにオープンしていない。

そこで、ドアを空けたところ
山中店主が出てきて

「金曜日は夜からの営業なんですよ…」と言われて…
スマホでググってみたところ

木曜日が定休日で、金曜日だけは夜営業のみとなっていた。
ちゃんと調べてくればよかったと反省


そうして「とりそば」を食べ逃してしまい
また、大阪に来た機会に食べようと思っていたくせに

次に大阪に来たときには、美味しそうなラーメンを食べさせてくれそうな新店がオープンしたり!
もっと食べてみたい限定ラーメンが提供されたりして


なかなか来れないうちに販売が中止されてしまった
しかし、Twitterを見ていたら、こちらの店で「塩そば」なるラーメンを食べている人のツイートを、たまたま発見!

これが、11月10日から発売された天草大王で出汁をとったスープのラーメンということだったので♪
この「とりそば」の後継ラーメンと思われるラーメンを食べに行くことにした。


地下鉄・天神橋筋六丁目駅の13番出口を出て、JR天満駅方面へ少し歩くと、通称「おいでやす通り」と呼ばれるアーケード商店街の「天五中崎通り商店街」が右に見えてくる。
商店街に入ると、すぐ左に大阪の魚介系ラーメンのパイオニアである「洛二神」


そのまま、商店街の中へと進んでいくと左手に店が見えてくる。
そうして、夜の開店時刻の6時に7分遅れで入店すると


厨房には山中店主の姿があって!
その厨房前の4席あるカウンター席に3人のお客さんが座っていた。


1席のみ空いていた厨房前のカウンター席へとついて
注文したのはビールと「天草大王ムネたたき」!

中華そば いぶき【四】-2

すると、先客3人のラーメンが出された後に、まず、ビールが出されて!
そして、突き出しに出されたのが、スープをとるのに使われている伊吹いりこ!


中華そば いぶき【四】-3
中華そば いぶき【四】-4中華そば いぶき【四】-5

食べられる煮干しを使っているんだね♪
でも、食べられる煮干しは高いのにね
(汗)

コイツをアテにして、まず、乙ビー♪
カリカリとした食感がいいし!


味のある煮干しで!
こんな煮干しを使って出汁をとったスープは美味しいに決まってるよね♪


続いて、山中店主が包丁を使って薄くスライスした「天草大王ムネたたき」も少し遅れて出されたんだけど!
山中店主によると、これは、白身魚と同じように昆布で締めて熟成させたものだそうで!


中華そば いぶき【四】-6中華そば いぶき【四】-7

しっとりとした食感なのもよかったし♪
天草大王の鶏ムネ肉のうま味が昆布締めすることによって、引き出されていて、めっちゃ美味しい♪


鶏肉は、ササミやムネ肉の刺し身やタタキも好きだけど♪
鶏モモ肉のタタキが大好きな人なので!


最初は、モモ肉の方がよかったのにな
なんて思っていたんだけど

食べてみたら
昆布締めされたこの一品は最高♪

それに、ムネ肉のタタキとともに付け合わせで出された鳴門産のワカメが、また、上質なワカメで!
シャキシャキとした食感と、仄かに感じる磯の香もよかったし♪


これをアテにビールをグビッとやれば
至福のとき

そうして、この絶品のアテをいただきながら、山中店主に
「塩そばは、とりそばの後継のラーメンになるんですか?」と聞いてみたところ…

「とりそばは、天草大王だけで出汁をとったラーメンですけど、塩そばは、魚介スープを合わせたラーメンです。」
「とりそばには、天草大王のモモ肉を入れてましたけど、こちらは、豚の内モモ肉のチャーシューになります。」


なるほど
天草大王オンリーのスープに魚介スープをブレンドすることと、天草大王の肉をトッピングしないことで、コストを抑えて、販売価格を1,200円から880円に下げてきた。

これが凶と出るか吉と出るか!?
これで、販売数量は伸びるだろうけど、味のクオリティはどうなんだろう

でも、とにかく、この「塩そば」を追加オーダーすることに
そうして、ビールもアテも空っぽになったところで、完成した「塩そば」が着丼することになるんだけど

中華そば いぶき【四】-8

普通は、カウンター越しにラーメンが出されるものなのに、山中店主は、わざわざ厨房を出て、ラーメンを手元まで配膳してくれる。
小さいことかもしれないけど、この気遣いが嬉しい♪


供された「塩そば」は、豚内モモ肉のレアチャーシューが3枚に、メンマワカメ、白髪ネギ、糸唐辛子かをトッピングされた一品で!
コストを抑えるためか、スープは少なめ
(笑)

中華そば いぶき【四】-9中華そば いぶき【四】-10

まずは、スープを一口いただくと
サラッとして、じんわりと天草大王のうま味が感じられるスープだと思っていたのに

中華そば いぶき【四】-11

予想に反して、やや、濁りがあって、粘度もある
兵庫県No.1ラーメン店の『らーめん専門 和海』タイプのスープだったのには、まず、驚かされた(゚o゚;;

そして、このスープ
地鶏のうま味がいっぱい詰まったスープで!

後から、昆布と伊吹いりこのうま味が追いかけてきて!
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪


しかし、いりこ出汁のあっさりとした味わいのスープのラーメンを出す店が、こんな濃密なスープを作るなんて
そして、こんな絶品の味わいのスープに仕上げてくるなんて

食べる前には、「これが凶と出るか吉と出るか…」なんて思っていたけど
地鶏のスープに伊吹いりこのうま味を合わせることで、スープのバランスがよくなっていて!

特に、塩ラーメンの場合は、鶏オンリーのスープよりも、こちらのスープの方がよかったと思う♪
失礼しました
(汗)

そうして、この天草大王と伊吹いりこがマリアージュしたスープには、意外にも極細の麺が合わされていて
「この麺、26番ですか?」と山中店主に尋ねると…

中華そば いぶき【四】-12

「そうです。」
「26番です。」


「はるゆたか100%の新麦を使って製麺しました。」なんていう答えが返ってきて…
そういえば、『らーめん専門 和海』も、替え玉用の麺は切刃26番の極細ストレート麺が使われていたっけ

でも、悪くはないけど、低加水のカタい麺なので
食感はいいけど、麺との絡みという点では、もう一つのようにも感じられたけど

しかし、今日のこの麺は、つるっとした啜り心地のいい中加水麺で!
スープとの絡みもバッチリ♪


そして、小麦粉の風味も感じられる麺で♪
いいな、この麺!


昨日は、ランチに『カドヤ食堂』で「春よ恋」の新麦を使った麺でラーメンをいただいて!
ディナーには、その『カドヤ食堂』出身の『中華そば うえまち』で、「春よ恋」の新麦の全粒粉が配合された麺もいただいた。


どちらも、いい麺だったけど、風味のよさは、この「はゆるたか」の方が上♪
そんな感想を話すと


山中店主からは
「春よ恋は、はるゆたかをベースにアメリカ小麦と掛け合わせ栽培しやすい小麦に品種改良したものですからね。」という答えがあって、納得♪

そして、豚の内モモ肉を使って作ったというレアチャーシューが、また、最高♪
モモ肉ということで、カタいんじゃないかと思ったのに


中華そば いぶき【四】-13

とても、やわらかくて
しっとりとした食感に仕上げられていて

それに、肉のうま味が中に閉じ込められた絶品のチャーシューで!
これは、次回からは、トッピングして食べないとね♪


スープに麺にチャーシューも、すべて満足できる味わいで!
堪能させてもらいました♪


今後は、大阪に来たら、こちらの店に通う回数が増えそう♪
ご馳走さまでした。


中華そば いぶき【四】-14中華そば いぶき【四】-15

メニュー:イリコそば…780円/とり白湯そば…850円/塩そば…880円/つけそば…900円
大盛り…+100円

セットメニュー
白ごはん…100円/チャーシュー丼…280円

トッピング
鳴門産わかめ…100円/メンマ…150円/チャーシュー…200円/味付け玉子…100円/天草大王…350円


中華そば いぶきラーメン / 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅

夜総合点★★★★ 4.5



好み度:塩そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4144-37bfbad8