2008.11.14 つけめん 玉
訪問日:2008年11月14日(金)

つけめん 玉-1

玉ネギマークに「玉」の文字。

店名は「ギョク」と読ませる…
玉川店主が営む店…

今年7月オープンした新店にもかかわらず、ドロドロのつけダレが話題の「つけめん」が早くも人気になっている!

さらに、TOKYO1週間の今年の「ラーメン大賞2008」において、「つけめん部門」の新人賞と「新人賞部門」の優秀賞をダブル受賞したことで一気に注目された。

つけめん処 むらさき-2

オープン以来、私も注目していた店だったんだけど、店まで遠かったのと、アクセスが悪かったのが今日まで訪問が遅れた原因…

店の場所は最寄り駅のJR南武線の浜川崎駅からも徒歩で16分かかる…
また、この南武線への都心からのアクセスが悪くて、何度も電車を乗り継がなければ行けない…

かといって、川崎駅からの徒歩圏にはなく、バス便になってしまうのが辛いところ…
それでも、行ってみたい気持ちが勝った!

JR川崎駅で下車…
駅東口から地上に下りて…
地上には出ずに、さらに地下の東口地下街「アゼリア」まで下りていく…
そして、目的地まで行くバス乗り場の入口を探し、階段を上っていく…

非常に不便でわかりにくいバス乗り場からバスに乗った!

私は10番バス乗り場から「三井埠頭行き」バスに乗ったんだけど、下記の路線でも行ける…
19番乗り場から川崎市営バス・川13系統扇町行きか塩浜営業所行き
10番乗り場から臨港バス・川22系統三井埠頭行きか浜町2丁目行き
9番乗り場から臨港バス・川23系統大師行き


バスに乗ること10分余りで着いた「大島三丁目」バス停…
バス停のすぐ先にある横断歩道を渡って、そのまま真っすぐ進んだすぐ右先に店はあった…
徒歩1分!

14時44分入店!
この時間でも店内はお客さんでいっぱい!
空いていたカウンター席になんとか待たずに座れたけど、この後、満席となり、5人待ちになった…

「何にしましょう?」
雑誌で拝見した玉川店主から注文を聞かれて…
「中華そば」と「つけめん」を注文!

つけめん 玉-2

最初に「中華そば」、次に「つけめん」の順で出してもらうようお願いした。

「つけめんは普通盛と中盛から選べます。」と言われたけど、2杯いただくので、当然、普通盛で…

ちなみに、普通盛は200g。中盛は300g。
中盛には無料で増量できる。

厨房には玉川店主の他に1名!
若い店員さんがいて、店主をサポートしていた。

6分ほどで「中華そば」登場!

つけめん 玉-3

熱々のスープをいただいて、最初に感じたのは、ちょっと甘いかなってこと…
魚粉の量もハンパじゃないほど多い!

でも、鶏、豚、野菜、魚介の出汁がよく出たスープで美味しい!
スープの味は東京・大泉学園の「麺屋 とらのこ」に近い気がした。

ただ、「ラーメン大賞2008」にあった「つけめんとは違った鶏と魚介のあっさりしたスープ」という審査員のコメントは、ちょっと違っていた…

雑誌のコメントから、食べる前までは、今月1日から「BASSO ドリルマン」へと店名変更した旧「中華そば ゼットン」の「中華そば」と「つけそば」のようにスープまで変えて劇的な差があるんだとうイメージがあったんだけど…

確かに、後で「つけめん」を食べたときにはだいぶ印象は違うようにも感じたんだけど…

「スープ割り」を飲んだら、酸味を除けばほぼ、「中華そば」のスープと同じだったし…
スープは「中華そば」、「つけめん」とも同じスープが使われていた。

なので、コメントとは違って、動物系は鶏以外に豚骨も入っていて…
鶏ガラ魚介のあっさり系「中華そば」だと思って食べにいくとイメージが違うのでご注意のほどを…

「三河屋製麺」の中細縮れの麺は、あまり主張しない麺だったけど、スープの引き立て役的な役割をしていて、これはこれでいい!

豚バラ肉のチャーシューにメンマも平均レベル以上!
面白かったのは、スープにはあらかじめザクッと切られた長ネギが入っているのに、卓上には玉ネギを細かく刻んだ微塵切りが置かれていたこと…

店名にかけた玉ネギをモチーフとしているからだろうか?

試しにスープに入れてみたけど、スープが余計甘くなってしまったので、私はあまりおすすめはしない…

また、魚粉も卓上に置かれ、自由に足せるようにはなっていたけど、それじゃなくても魚粉いっぱいのスープに追加する必要性は感じられなかった…

つけめん 玉-4

「中華そば」はそれなりに美味しかった…
次はさらに期待の「つけめん」!

つけめん 玉-5

住所:神奈川県川崎市川崎区追分町6-12
電話:044-366-3155
営業時間:11:00~15:00/17:00~22:00
休日:日曜
アクセス:JR東海道線・川崎駅、京急線京急川崎駅からバスで10分。「大島三丁目」停留所下車

川崎駅のバスターミナル入口は、東口地下街「アゼリア」内。「大島三丁目」に停車するバスは下記路線

19番乗り場から川崎市営バス・川13系統扇町行きか塩浜営業所行き。
10番乗り場から臨港バス・川22系統三井埠頭行きか浜町2丁目行き。
9番乗り場から臨港バス・川23系統大師行き

メニュー:つけめん…750円/味玉つけめん…850円/特製つけめん…1000円/辛いつけめん…850円/インドのつけめん…850円
大盛(400g)…100円増/特盛(500g)…200円増

中華そば…700円/味玉中華そば…800円/特製中華そば…950円
肉飯…200円


評価:中華そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/414-ff9f0ea4