訪問日:2017年8月20日(日)

【新店】中華そば 寿限無-1

空路、福岡入りして、本日のランチに向かったのは『地鶏らーめん はや川』

そして、『地鶏らーめん はや川』を後にして、本日2軒目のランチに向かったのが、地下鉄・渡辺通駅から徒歩7分ほどの場所に8月15日にオープンした新店の中華そば 寿限無

食べログの口コミを見て、スゴく評判がよさそうだったので!
期待して訪問♪


『地鶏らーめん はや川』のある高宮駅から西鉄天神大牟田線に乗って薬院駅へ!
そして、薬院駅からは8分ほど歩いて、目抜き通りの渡辺通りから少し入った路地裏にある、大きな赤提灯が目を引く店を訪ねたのは、午後の1時30分を回った時刻。


【新店】中華そば 寿限無-2

入店すると、正面が厨房になっていて
そして、そのオープンキッチンの厨房には店主が1人。

客席は、厨房前に真っ直ぐに並んだカウンター席が6席のみ。
スペース的にはテーブル席も作れそうだけど、1人で営業するには、ちょうどいいキャパだと思う♪


6席ある席のうち5席が、お客さんで埋まっていて
失礼ながら、新店で、この場所で、昼間の、しかも、1時半すぎの遅い時間で、これだけお客さんが来てくれるというのは、まずまず、上々の滑り出しなんじゃないのかな♪

なんて、思っていたら
すぐに2人!

さらに1人
その後も、私の滞在中には、後客が7人も来店してくれて、開店早々から、思った以上に流行ってる♪

席につくと、店主から
「券売機で食券をお買い求めください。」と言われて…

振り向くと
小型の券売機があった(汗)

【新店】中華そば 寿限無-3
【新店】中華そば 寿限無-4【新店】中華そば 寿限無-5

メニューは、「醤油らーめん」一本!
後は、チャーシュー、味玉、メンマをトッピングしたバージョンがあるだけ。


潔いと言えば潔いと言えるかもしれないけど
「塩らーめん」とか、「醤油つけめん」とか、もう1種類くらいメニューがないと、お客さんを飽きさせてしまうよね

デフォルトの「醤油らーめん」の食券を買うと
券売機の隣に、東京・小岩にある『横浜家系ラーメン 作田家』からの開店祝いのお花があったんだけど、どういう関係なんだろう

【新店】中華そば 寿限無-6

そんなことを思いながら、席へと戻って
カウンターの上に食券を上げて、ラーメンができるのを待つ

注文を受けると、まず、3玉の麺を取り出して、茹で麺機の中の3基のテボに入れて、タイマーをセットする店主!
次に、ラーメン丼を3個取り出して


大胆にも、そこに、白い魔法の粉をバサッと入れると(笑)
カエシと透明なラードと思われる香味油を入れていく

さらに、冷蔵庫からチャーシューの肉塊を取り出して
包丁でカットしていくと

大きな寸胴から直接、スープをお玉ですくって
平ざるで漉しながら、スープをラーメン丼に入れていく

すると
ピピピッ!ピッ

タイマーをセットしてから、2分40秒後にタイマーが鳴り出して
湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられて

箸で軽く麺を整えると、チャーシュー他の具がトッピングされて
最後にレンゲをセットして、最初の3人のお客さんに出されていった。

そうして、これが繰り返されて、また、3個作りされた「醤油らーめん」が完成すると
そのうちの一つが私にも出されたんだけど

【新店】中華そば 寿限無-7【新店】中華そば 寿限無-8

見ていて、よかったのは、お客さんに丼を触らせることなく、手元まで運んでくれたこと♪
先客が店主が運んできたラーメンを受け取ろうとした際に


「丼が熱くなっていますので私が置きます。」と言っていたので、わかったことだけど
細かいことだけど、こういう気遣いは嬉しい♪

豚バラ肉の煮豚メンマほうれん草刻みネギなると
見た目は、典型的な「昔ながらの中華そば」といったスタイルのラーメン!

まずは、スープをいただくと
これは、完全に、子供の頃に、街の中華料理屋さんで食べた、懐かしい味わいの東京ノスタルジック醤油ラーメン♪

【新店】中華そば 寿限無-9

濃口醤油をカエシに使用した鶏ガラ醤油スープは、九州ではポピュラーな、たまり醤油が使われていないので、甘味がなく
関東風のすっきりとした味わい。

帰りがけに店主に聞いた話しでは、店主は関東の出身らしく
東京・小岩に店をオープンさせた『作田家』の店主とともに、こちら福岡の某有名とくこつラーメンの店で修業したということだった。

そして、店をオープンさせるに当たっては、東京風の醤油味の中華そばを作りたかったと話していて
確かに、昭和にタイムスリップしたかのようなこの味は、店主の目指すものだったのかもしれないけど

鶏のうま味はほとんど出ていないし
煮干しは仄かに感じられるものの

味わいは、ほぼ、カエシと旨味調味料の味わいで
これはこれで、悪くはないけど

ただ、不思議なのは、食べログの評価もいいし
福岡のラーメンブロガーの方々がこのスープを大絶賛していること

なお、卓上調味料は「GABAN」の胡椒のみだったんだけど
隣に座ったお客さんが、大量の胡椒を投入して食べていて、この胡椒の匂いには閉口させられた

しかし、この「GABAN」の胡椒さえもベタ褒めしていた方もいたので
何か意図的なものを感じてしまう(汗)

麺は、東京のノスタルジックな醤油ラーメンであれば、普通は、切刃20番の中庸な太さの縮れ麺を合わせるか
オーソドックスに22番の中細ストレートのはずだけど

合わされたのは、福岡では有名な「製麺屋 慶史」という製麺所の中太ストレート麺が使われていて!
スープに合っているか」どうかは別にして、これは、個性的でいいと思うし!


【新店】中華そば 寿限無-10

見た目から、きっと、モチモチとした食感の、コシのある多加水麺なんだろうなと思ったのに
麺の茹でが足りないのか

カタメでグニグニとした食感の麺で
これ、『二郎』に合うんじゃないの!?

あるいは、ジャンクな汁なしだったら、合いそうな
そんな食感の麺で、スープとはまったく絡まず

もっと、麺の芯まで、しっかりと茹でてあれば、感想もだいぶ変わったかもしれないけど…
これでは、ちょっと

豚バラ肉の煮豚は、デフォで3枚入っていたけど、薄切りのもので、3枚合わせても、他店の1枚程度の厚さのものだったし
味付けも、あまり好みのものではなかったかな

【新店】中華そば 寿限無-11

しかし、この内容で、デフォの「醤油らーめん」の価格が750円
この薄切りのチャーシューが2枚で200円というトッピング価格も、とても割高に感じられたし

それに、申し訳ないけど、このラーメンの味とクオリティは
少なくとも、私の口には合わなかったかな

【新店】中華そば 寿限無-12

メニュー:醤油らーめん…750円/ちゃーしゅー麺…1050円/味玉らーめん…850円/めんまらーめん…850円

味玉…100円/めんま…100円/ちゃーしゅー(2枚)…200円
ごはん(小)…100円/ごはん(大)…150円/豚丼…350円


中華そば寿限無



関連ランキング:ラーメン | 渡辺通駅薬院駅西鉄平尾駅



好み度:醤油らーめんstar_s25.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/4056-2d75b21c