訪問日:2017年6月21日(水)

【新店】さんしょの木-1【新店】さんしょの木-2

本日のランチに向かったのは新宿御苑前に昨日6月20日にオープンした『さんしょ』!

閉店した『小麦と肉 桃の木』の跡地にできた店で、それ以前は『ひるがお 新宿御苑店』として営業していた店!

今回も前店、前々店と同じ、『せたが屋』グループが経営。
そして、こちらの店の店長に就任するのが、4月末に閉店した中延の『NOODLE CUISINE KENJI 麺処 けんじ』の高橋健治店主!


健治店主は、古巣の『せたが屋』グループに戻って、前島オーナーから、この新店の店長を任されたようで!
先週の土曜日に、大井町の『中華そば 大井町 和渦』を訪ねたときに、健治店主と同姓の高橋店主から話しを聞いて、訪ねてみることにした。


東京メトロ丸ノ内線の新宿御苑前駅3番出口を出たら左手へ!
さらに、すぐ先の道を左折して、靖国通り方面に真っ直ぐに歩いて行って


花園西公園の隣の角地に建つビルの1階にある店へとやってきたのは午後の2時を少し回った時刻
店頭には、『つけめん 玉』、『ど・みそ』、『金沢濃厚中華そば 神仙』のラーメン店3店からの開店祝いのお花が飾ってあった。

【新店】さんしょの木-3【新店】さんしょの木-4【新店】さんしょの木-5

入店すると、こんな時間だというのに、店内は、ほぼ、満席状態で!
ただ、ラッキーなことに1席のみ席が空いていた。


厨房には健治店長の姿があって!
閉店した『小麦と肉 桃の木』の元女性店長の方と、もう一人、男性スタッフの人がいて、3人体制で営業していた。


健治店主と挨拶を交わして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
メニューは、大きく分けて、「醤油ラーメン」と「つけ担々麺」の2種類!

【新店】さんしょの木-6

事前に『中華そば 大井町 和渦』の高橋店主に聞いていた話しでは、「醤油ラーメン」に「担々麺」の2種類のラーメンで!
後から、「塩ラーメン」も出されるということだったけど


「担々麺」はラーメンではなく、つけ麺になったんだね!
さて、どうしようか


「醤油ラーメン」には、「特製」、「チャーシュー」、「雲呑」の各トッピングバージョンがあって!
「雲呑醤油ラーメン」にしようかと思ったけど、「特製」には、この雲呑に半熟味玉と2種類のチャーシューも入って、こちらの方がお得そうだし


ただ、「つけ担々麺」も食べてみたいし
そうなったら、デフォの「醤油ラーメン」と「つけ担々麺」の連食か!?

なんて考えていたら、後から、お客さんが2人入ってきたので
とりあえず、デフォの「醤油ラーメン」の食券を買うと

男性スタッフの人が食券を回収していった。
席につくと、目の前の厨房では、忙しく、ラーメンが作られていて


健治店長によって、まず、2個作りされた「醤油ラーメン」が完成すると、スタッフの人によって、運ばれていったんだけど
面白かったのは、健治店長の湯切り!

両手にテボを持って、左右のテボを交互に前に突き出す湯切りパフォーマンスは
『ロックンビリーS1』の嶋崎店主を彷彿とさせるもの(笑)

今まで、間借り営業していた『わっとこ』でも、中延の店でも、厨房がクローズドで
こうして、健治さんがラーーメンを作るのを拝見するのは今日が初めてで!

こんなパフォーマンスをしているなんて
知らなかったな(笑)

そうして、「醤油ラーメン」が出されていくと
今度は、麺を何玉もテボの中に放り込んでいって

先ほどより、少し長めに茹でられた麺が冷水に曝されて
2人のスタッフとの共同作業で4つの「担々つけ麺」を完成させた。

この「担々つけ麺」!
麺はラーメンと同じ中細ストレート麺で!


面白いのは、その麺の上に肉味噌のようなものが掛けられたこと!
これに朱色のつけ汁がセットされて、お客さんに出されていったんだけど


その「担々つけ麺」が供された隣のお客さんは、麺に肉味噌を和えて、和え麺のようにして食べたり!
また、麺を辛そうなつけ汁につけて食べたりと


楽しそうにしながら食べていたので!
これは、私も連食で食べないとね♪


そんなことを思っているうちに、次に作られた「醤油ラーメン」の一つが私のもとに着丼!
豚ロース肉の大判のローストチャーシュー穂先メンマアーリーレッド青ネギ


それに、屋号になっている山椒の葉がトッピングされた
彩りもよくて、美しいビジュアルのラーメン♪

【新店】さんしょの木-7【新店】さんしょの木-8

まずは、レンゲにとってスープをいただくんだけど
レンゲが赤くて、スープの色がわからないのが

黒のレンゲもそうだけど
レンゲは、やっぱり、白でしょう!

スープは、カエシの醤油が思った以上に主張するスープで!
鶏のうま味に昆布、煮干し、鰹節、鯖節などの乾物のうま味も感じられる。


ただし、最後に中延の店でいただいたスープと比べると淡麗で!
スープの厚みが違うかな


それと、以前の店では、ボルシチに使われるビーツをスープに加えることで!
和風のラーメンのスープに洋風のエッセンスを入れて、美味しく仕上げてくる♪


元フレンチの料理人らしいセンスを感じるオンリーワンのスープだったのに
スープからは、そういう個性的な味わいが消えていた。

今時のスープにカエシという感じで、この方が一般受けするからかな!?
美味しいことは美味しいので、いいとは思うけど

できれば、次作の「塩らーめん」では、ドライとフレッシュのトマトの甘味と酸味を入れた、あの味わいを残してもらえると
嬉しいんだけどね

中細ストレートの麺は、つるっとした食感の中加水麺で!
啜り心地がよくて!


【新店】さんしょの木-9

のど越しのよさもある麺で!
スープとの絡みもまずまず!


トッピングされた豚ロース肉のローストチャーシューは、大判でよかった!♪
ただ、肉の厚みが薄かったのが


【新店】さんしょの木-10

穂先メンマは、太い一本物が使われていて!
根本もやわらかかったし!


穂先が超やわらかくて、シュクシュクした食感だったのがよかったし♪
アーリーレッドのシャリシャリとした食感もよくて!


【新店】さんしょの木-11

それなりに美味しい醤油ラーメンではあったけど
健治さんの作ったラーメンにしては、ちょっと、物足りなさを感じてしまったかな

なお、私は滅多に、卓上の調味料を使わない人だけど
屋号が『さんしょの木』で!

「山椒」の葉がラーメンにトッピングされていて!
それで、卓上調味料に山椒があったので!


「これ、醤油らーめんにも使っていいんですか!?」と健治店長に聞いてみると
「いいですよ。」と言うので

試してみたところ
これは、日本山椒ではなく、中国山椒の花椒(ホアジャオ)で!

ミルで花椒を削り入れたところ
強烈なスパイスの香りにやられて、スープの味がわからなくなってしまったので

あまり、おすすめはできないかな(汗)
もし、するなら、ほどほどにとどめておくのがおすすめ。

【新店】さんしょの木-12【新店】さんしょの木-13

なお、今日は、この花椒の刺激で舌が麻痺してしまったのと
雨降る中、外待ちして待っているお客さんもいたので

「つけ担々麺」は、またの機会にいただくことにして、店をあとにしたんだけど
できることなら、こちらの店でも、健治さんらしい、オンリーワンの美味しいラーメンを提供してもらえると嬉しいんだけどね

「塩らーめん」が発売されたら、また、来ます♪
ご馳走さまでした。


【新店】さんしょの木-14【新店】さんしょの木-15

メニュー:特製醤油らーめん…1100円/チャーシュー醤油らーめん…1050円/雲呑醤油らーめん…1000円/醤油らーめん…800円

つけ担々麺…900円/つけ担々麺 大盛り…1050円

半熟 味付玉子…120円/焼きのり(5枚)…100円/雲呑(3ケ)…200円
茶碗カレー…300円/サービス小ご飯(ランチのみ)…0円/半ライス…150円


さんしょの木



関連ランキング:ラーメン | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅



好み度:醤油らーめんstar_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3999-871465b3