訪問日:2017年5月20日(土)

【新店】麺屋 裕(ひろ)-1

ミシュランが認めた一杯を求めて、本日のランチに向かったのは、京都・山科にある『粉場打ち無手先謹製 麺屋 裕』!

こちらの店は、「ミシュランガイド2016 大阪・京都」のビブグルマンに掲載された人気行列店!

2014年3月18日に京都の西陣にオープンして!
先月の4月27日に、同じ京都の山科へと移転!


しかし、京都の東エリアから西エリアに引っ越してきても人気は衰えず♪
開店前から行列ができているという


昨夜、大阪入りして、とよつねさん、まーちんさんとともに「なにわの新店ハンターブラザース」の称号を与えられている人気ラーメンブロガーの黒帽子さんにお聞きして
今朝、黒帽子さんの愛車に同乗させてもらって、京都・山科へ向けて出発♪

そうして、店の近くのコインパーキングに車を停めて、10時30分に店の前でやってくると
11時の開店時間まで、まだ、30分あるというのに、20人のお客さんが、行列を作って待っていた。

【新店】麺屋 裕(ひろ)-2

黒帽子さんの話しでは、先週の日曜日に、同じ時間に訪問したときには、半分の10人だったそうで!
日曜日と土曜日の違いはあるかもしれないけど、行列は倍に延びていた
(汗)

今日の京都地方の天気は快晴!
最高気温も31℃という予報で!


日差しを遮るものがない、炎天下の中、待つのは辛いものがあるよね(汗)
それでも、誰も文句の一つも言わずに待っているんだから

「たかがラーメン。」
「されどラーメン。」


誰かがそんなことを言っていたのを
この光景を見て、ふと、思い出してしまった。

最後尾に付いて待っていると、後続、続々
そして、少し待っていると

キレイな女性スタッフの人が、店の中から出てきて、注文を取り始めた。
そうして、私たちの番になって、メニューを渡されて


私は、こちらの店の名物である「蟹塩そば」を数量限定の「鴨ロース増し」で注文!
黒帽子さんは、先週、これを食べたそうで、普通の「塩らーめん」をオーダー!


【新店】麺屋 裕(ひろ)-3

なお、麺メニューは、この名物の「蟹塩そば」に「塩らーめん」の他に「醬油らーめん」があって!
トッピングにサイドメニューも豊富!


トッピングの中では、「豚チャーシュー」に「鶏のチャーシューも」魅力だったけど
「鴨ロース増し」が特に魅力的で、今日は、この後、連食を予定しているのに、つい、注文してしまった(汗)

なお、全部のせの「特製裕盛り」もあって!
これは、前に並んでいたお客さんが注文したところ


女性スタッフの人から
「量が多いでけど、大丈夫ですか?」と聞かれていたメニューで!

スゴく興味があったけど
これは、また、次回のお楽しみということで(笑)

その後、11時の開店時間を迎えて!
第1陣が入店。


開店から30分後に入店。
中待ちのベンチで、さらに待って


逆L字型のカウンター8席の席が空いて
イケメンの男性スタッフから席へと案内されて

ラーメンが出されたのが11時47分だったから
開店から47分。

到着からは1時間17分待ちだったけど
美味しいラーメンを食べようと思ったら、これくらい待つ覚悟は必要。

供された「蟹塩そば」は、豚肩ロース肉鶏ムネ肉の2種類のレアチャーシューに姫竹玉ねぎ九条ネギ柚子皮糸唐辛子がトッピングされた一品!
追加トッピングした鴨ロース増しは、別皿に入っての提供!


【新店】麺屋 裕(ひろ)-4【新店】麺屋 裕(ひろ)-5【新店】麺屋 裕(ひろ)-6

まずは、清湯のはずなのにかなり濁りのあるスープをいただくと
思いっきり甲殻類!

アバンギャルドな味わいで!
着丼した瞬間から、かなり蟹というか甲殻類の強い香りを感じて、スゴく意外な感じ


実は、黒帽子さんと昨夜、話しをして、今日、こちらにお邪魔することになって
ぜんぜん、知らない店だったので(汗)

『麺屋 裕 蟹塩そば』でググってみたところ
「蟹の風味を最大限に活かす方向性で塩加減がまた絶妙で、全体的に優しい味わいに仕上がっています。」とか…

「やさしい旨味がいい。」「塩ベースな中にカニの風味が効いています。」
「塩味もそれほど強くなく、カニの風味が立つような塩梅。」
なんていう感じで…

「塩らーめん」は、おそらく、鶏ベースのスープなんだろうから、それに蟹のエキスが加わった蟹の風味がほのかに香るスープというイメージだったのに
ぜんぜん、違った(汗)

このスープ
風味からすると、渡り蟹!

なので、渡り蟹を味噌汁にするときみたいにぶつ切りにして
いや、もっと細かく裁断したものか

さらに、もっと、ミルで粉砕した渡り蟹で出汁をとったか
そんな感じの味わいのスープで!

ただ、ベースは鶏!
そして、昆布にホタテのうま味が感じられたので、この2つは使っているのは、間違いないし!


それに、渡り蟹だけではなく、海老も使っているような!?
そんな味わいに感じられた

そこで、常時、忙しい店主に、帰りがけに
「蟹塩ということですけど、このスープ、海老も使ってますよね?」と質問したところ

「ええ、海老も少しですけど、使ってます。」と答えてくれて
思った通りだったけど

京都の人たちは、あまり、食べログとか、ブログとかで、スープの詳細までは伝えないんだね。
私とは違って奥ゆかしいのかな!?

東京の人に、わかりやすく伝えるなら、『つけ麺 一燈』の「伊勢海老塩ラーメン」を伊勢海老ではなく、渡り蟹にしたという感じ!
ただ、こちらのスープの方が、だいぶオイリーかな!


でも、この味!
とても個性的だし、個人的に、めっちゃ好み♪


そして、柚子皮といっしょにスープを、いただけば、ちょっと、こってりだった味わいが爽やかに味変してくれて!
糸唐辛子といっしょにいただけば、ピリ辛になるのもよかったし♪


あるようでなかったオンリーワンのスープで!
これは、ミシュランの審査員じゃなくても、「C'est bon!」と言ってしまうよね♪


そして、この甲殻類のオンリーワンのスープに合わされた麺は、平打ちの中太ストレートの自家製麺で!
つるっとして、モチッとした、やや、やわめな食感の麺で!


【新店】麺屋 裕(ひろ)-7

この麺がこの独特な味わいのスープとよく合っていて!
美味しくいただけてよかったし♪


それに、この麺、噛みしめると
小麦粉の粉のうま味が、よ~くわかる良麺で!

これからの暑くなる季節に、この麺を冷水で〆たつけ麺で食べたら
最高なんじゃないかな♪

そして、トッピングされた具がよかった!
まず、豚肩ロース肉のレアチャーシューは、肉のうま味が閉じ込められた美味しいレアチャーシューだったし♪


鶏ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて!
ふっくらとした食感に仕上げられていたし♪


【新店】麺屋 裕(ひろ)-8

そして、別皿で提供された鴨ロース肉のレアチャーシューは、火入れの加減が絶妙で!
鴨を美味しく食べられるかどうかは、ほぼ、火入れで決まると言われるけど

【新店】麺屋 裕(ひろ)-9

こちらの店の火入れは完璧で!
噛むほどに、鴨ロース肉のうま味が感じられる逸品で♪


これが250円で食べられるというのも、かなり良心的な価格設定でよかったし!
これから、こちらの店に来る度、毎回、トッピングしてしまうかも♪


また、メンマ代わりに入れられた焼き姫竹が、また、よかった♪
まず、香りが格別!


そして、やわらかくて、ほくほくとした食感がよくて♪
少し甘めの味付けだったのもよかったし。


【新店】麺屋 裕(ひろ)-10

玉ねぎ、九条ネギもスープに合っていたし!
美味しかった♪


最後はスープも、すべて飲み干して完食♪
ご馳走様でした。


スープも麺も具もオンリーワンのクオリティの高いラーメン♪
これは、これだけ人気が高いのもよくわかった。


京都に来る機会があったら、ちょっと足を延ばしても来る価値のある店!
おすすめです♪


【新店】麺屋 裕(ひろ)-11

メニュー:蟹塩そば(名物)…750円/塩らーめん…750円/醤油らーめん…750円

メンマ増し…100円/味付け玉子…100円/チャーシュー増し(豚・鶏)…200円/鴨ロース増し(数量限定)…250円/特製裕盛り(数量限定)…350円

替え玉…100円/ごはん…150円/からあげセット…300円/おじやごはん…300円/炙り燻製鶏ユッケ丼…300円


麺屋裕



関連ランキング:ラーメン | 東野



好み度:蟹塩そば+鴨ロース増しstar_s45.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3982-b802d5e6