訪問日:2017年5月26日(金)

貪瞋痴【四】-1

北陸プチラーメンツアー初日!

高岡駅からJR氷見線に乗り換えて氷見駅へ!

貪瞋痴【四】-2貪瞋痴【四】-3

そうして、氷見駅で待っていてくれたのは
あみの3さんに金沢のラーメン大好き女子のワンふるさん♪

そうして、彼女の真紅のSUVに乗せてもらって!
向かったのは『貪瞋痴』!


あみの3さんのホームでもある氷見にあるラーメンが美味しいワインバー!
そして、「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」のビブグルマンにラーメン店として掲載された店。


前回は、絶品のワインとコース料理を堪能して♪
〆に、「金目鯛ラーメン」と「氷見煮干しの追い煮干しかけラーメン」2杯の特別なラーメンをいただいた。


「金目鯛ラーメン」は、伊豆稲取産の金目鯛のアラと昆布で出汁を引いたという鮮魚ラーメンで!
「氷見煮干しの追い煮干しかけラーメン」は、文字通りの「氷見煮干しラーメン」のスープを、さらに追い煮干しして出された、かけスタイルのラーメンで!


どちらのラーメンも、今年食べたラーメンの中でベスト10に食い込んでくるのは間違いない!
最高に美味しいラーメンだった♪


こちらの店をホームとする、あみの3さんが主催する会に参加させていただいて!
こんな、普段は食べられない特別なラーメンを食べることができてよかった♪


今夜は、そんな会が、また、催されるというので!
図々しくもまた、参加させていただいた
(笑)

店へとやってきたのは、夜の8時20分になる時刻。
店の看板には灯りは灯っておらず


今夜は、予約のみの貸切営業。
入店すると

入口近くのカウンター席の上にオードブルが載せられた3つのプレートが準備されていた。
こちらの店では、コース料理は4名様以上で予約制になっていて、料金は5000円から


前回は、4人の予約だったので、コース料理だったけど
今夜は3名の予約ということだったから、オードブルのコース(こちらも予約制で料金は同じ5000円から)の予約ということなのかな!?

貪瞋痴【四】-4

そんなことを考えながら席につくと
さっそく、紅出店主によってワインがグラスに注がれたんだけど

何と、これが白ワイン!
これで、まず、「富山湾産のバイ貝」を召し上がれという趣向で


貪瞋痴【四】-5

まずは乾杯して、さっそく、このバイ貝の刺身をいただくと
肉厚で、コリッコリの食感がたまらなくよかったし♪

さらに、後から、供されたた「白魚のカクテル」との相性もバッチリ!
やっぱり、魚には白ワインなのかな
!?

貪瞋痴【四】-6貪瞋痴【四】-7

しかし、この白ワインは、フルーティーで爽やかな味わいのシャルドネで!
シャブリのようなキリッとした酸味ではなく、果実味が強めで、これなら、魚料理だけではなく、鶏や豚の肉料理にも合う♪


なので、白ワインを飲み進めたんだけど
「ラタトゥユ」だけは赤が欲しいなと思ったら、大きなワイングラスに、紅出店主から注がれたのは赤ワイン!

貪瞋痴【四】-8

そして、この後、豚肩ロース肉の塊をオーブンで焼いて、大きな賽子状にカットした肉料理が出されたんだけど
こうなると、ふくよかな味わいのシャルドネも合わないことはないけど、やっぱり、赤ワインが合う♪

貪瞋痴【四】-9貪瞋痴【四】-10貪瞋痴【四】-11

そうして、4,000円以上するワインを3本空けたところで
いよいよ、今晩のメインディッシュであるラーメンが紅出店主によって作られることに(笑)

そうして、まず、出てきたのが「本枯鰹ラーメン」!
文字通りの本枯れ鰹で出汁をとったという一品。


貪瞋痴【四】-12

ラーメンは「かけスタイル」による提供で!
別皿に菜の花


貪瞋痴【四】-14

さらに、ラーメンが提供される直前に
紅出店主によって、削り器で削り出された本枯れ鰹の削り節も、小皿に入れられて供された。

貪瞋痴【四】-16貪瞋痴【四】-15

鰹と醤油が香る♪
めちゃめちゃいい香りのするスープをいただくと


昆布と鰹のうま味いっぱいの、最高に美味しい味わいのスープで♪
この味が嫌いな日本人は、そうはいないんじゃないかな
!?

途中で、小皿で供された削り節をラーメンに入れて、いただくと
さらに、鰹が香る絶品の味わいのスープへと変容してくれたけど

貪瞋痴【四】-17

この本枯れ鰹!
紅出店主が削っていた本節を見る限りは


日本そば屋で使われる、かなり高価なものと思われるけど!
贅沢なお出汁のスープをいただけてよかった♪


ただ、このスープだけを飲んだら、これがラーメン!?
という感じにも感じられてしまうけど

東京・蒲田の菅野製麺から取り寄せている切刃22番の中細ストレート麺とともにいただくと
しっかり、ラーメンになっている!

そして、この麺は、つるっとした食感の啜り心地のいい麺で!
のど越しのよさもあって!


しかし、噛むとパツッと切れる歯切れのよさもある麺で!
食感が最高♪


それに、スープとの相性もよくて!
極上のスープをいっぱい持ってきてくれたのもよかったし♪


そうして、3人全員が1杯目のラーメンを食べ終わるタイミングを図って、紅出店主より供された、本日2杯目の「焼きアゴラーメン」!
こちらも、ラーメンは「かけスタイル」で!


貪瞋痴【四】-18

別皿に豚ロース肉のスモークチャーシューと、もう一皿は柚子かな!?
柑橘系の果実が入れられての提供。

貪瞋痴【四】-19

まずは、琥珀色したスープをいただくと
焼きアゴの何ともいえない最上のうま味が口の中に広がって

これ、ヤバい!
めちゃめちゃ美味しい♪


これだけアゴが香る♪
アゴのうま味いっぱいのスープというのも記憶にないほど


麺は、先ほどの「本枯れ鰹ラーメン」と同じ
そして、デフォルトの3種類のラーメンにも使われている菅野製麺の中細ストレートの中加水麺が合わせられていたけど

つるパツな食感のこの麺は、どんな清湯スープのラーメンにもオールマイティーに合う麺で!
この焼きアゴ出汁のスープとの相性もよかったし♪


そして、別皿にトッピングされた豚ロース肉のスモークチャーシューは、香り高くて♪
肉質のいい豚肉が使われていて!


貪瞋痴【四】-20

噛めば、ジューシーな肉のうま味が口の中に広がる逸品で♪
これだけ美味しいチャーシューをラーメン店で食べたことはない。


しかし、この紅出店主という人は
美味しいフレンチにイタリアンを作る人♪

でも、これだけ美味しい和食の出汁も引けるし!
そして、これだけ美味しいラーメンを作れる


前回の「金目鯛ラーメン」もそうだけど…
この「焼きアゴラーメン」も、今年食べたラーメンの中では、最上位にくる美味しさの一杯だった♪


今夜も、こんな激うまなラーメンを作ってくれた紅出店主に感謝!
そして、こんな機会を作ってくださった、あみの3さんにも感謝!


堪能させてもらいました。
ご馳走さまでした。


貪瞋痴【四】-22

メニュー:白醤油ラーメン…700円/黒醤油ラーメン…700円/氷見産煮干しラーメン(昼だけの提供)…800円

氷見牛すじカレー…700円

味玉…円/岩のり…円/ライス…円




夜営業

オードブル(予約制)…5000~
コース料理(4名様以上)(予約制)…5000円~


※今夜の「本枯れ鰹ラーメン」、「焼きアゴラーメン」ラーメンはコース料理に含まれていたため価格不明。

貪瞋癡

夜総合点★★★★★ 5.0



関連ランキング:ラーメン | 氷見駅



好み度:本枯れ鰹ラーメンstar_s50.gif
焼きアゴラーメンstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3975-90e3447f