訪問日:2017年3月1日(水)

Homemade Ramen 麦苗【壱弐】-1

本日のランチは、東京・大森に大行列を作らせる『Homemade Ramen 麦苗』で!

こちらの店のネコ目美女のじゅんちゃんが、昨日からTwitterで気になるツイートを連発していて!
今日は、何か特別な限定をやるみたいで♪


そして、今日は、ちょうど、大森の病院で検診があって、10時過ぎに終われば10時30分までには店に行ける。
これは、神が与えてくれたチャンス♪


そして、今朝のじゅんちゃんのTwitterには、和歌山県有田市の名店『清乃』の名前があって
リンクされていた、こちら『Homemade Ramen 麦苗』の深谷店主のTwitterのツイートを見にいってみると

『和 dining 清乃』の「有田ブラック」をリスペクトした限定をやるということだったけど!
実は、『和 dining 清乃』には何度か行っているけど、まだ、「有田ブラック」は、食べたことがなかった。


本当は、『清乃』で食べたことのある「角長しょうゆ『巧』」「紀ノ国地鶏塩」だったら、味の比較ができるので、よかったかもしれないけど
でも、東京で「有田ブラック」が食べられるというのは嬉しい♪

そこで、どうにか、昼夜5食限定の「有田ブラック」をゲットするため、早く店へと向かいたかったのに
思った以上に、検診に時間が掛かってしまって、店の前へとやってきたのは11時11分11秒

もう店に向かう途中で、「有田ブラック」リスペクトは諦めていた。
でも、こちらの店は、スープも麺も、常にブラッシュアップさせていて、こちらの店の『醤油らあめん』は、全国でも屈指の味わいだと思っている一杯なので!


『醤油らあめん』を今回は、チャーシューが別皿で提供される「チャーシュー」トッピングで食べればいいと思いながら、店へとやってくると
店の前では、すでに15人のお客さんの姿があって

完全にアウト(>_<)
まあ、でも、一縷の望みもないだろうと思っていたから、そうショックはない(笑)

なお、ポールにいたのは、いつも、いろいろな店で限定をやると、必ずと言っていいほど一番に並ぶ人だったけど
今朝、深谷店主が告知したばかりの限定でも、しっかりと反応してポールで並ぶ♪

さすがっす!
そうして、並んでいると、じゅんちゃんが店の中から現れて


お客さんに事前に注文をとっていたんだけど
こんな光景を見たのは始めて!

そうして、私のところまできて
「ご注文はお決まりですか?」と聞かれて!

ダメもとで
「有田ブラック!」と答えると!

「まだ、3人目ですよ♪」
じゅんちゃんからは、そんな、意外な答えが返ってきてビックリ!


16番目なのに、限定5食の「有田ブラック」リスペクトを食べることができる
それだけ、こちらの店はデフォのラーメンの人気があるということなんだろうけど(驚)

諦めていただけに
めちゃめちゃ嬉しい♪

そして、この後、30人のお客さんが行列を作ったところで、開店時刻の11時30分を迎えて!
じゅんちゃんが、再び、店の中から出てきて、開店♪


一巡目には入れず、外で待つうち、食べ終わったお客さんが次々に出てきて
じゅんちゃんから呼ばれて入店すると

「特製醤油らぁめんの食券を買ってください。」と、じゅんちゃんから言われて
今日の限定には、〆のご飯がつくので、券売機では「特製醤油らぁめん」990円の食券だけを購入して席へ。

Homemade Ramen 麦苗【壱弐】-2

そうして、深谷店主と挨拶を交わして
「また、何で、有田ブラックリスペクトだったんですか?」と聞いてみると…

「有田ブラックリスペクトなんて(汗)」
「イチエさんに食べてもらうようなラーメンではありませんよ。」


「清乃さんでいただいた有田ブラックが美味しくて…」
「清乃さんからいただいた湯浅醤油を使って、国産和牛のもつを煮てもつラーメンを作ってみただけです。」


謙遜しながら、そんな話しをしていたけど
見ていたら、注文毎にモツに火を入れていて、オペレーションが大変そう(汗)

そうして、深谷店主によって作られた、本日限定の「有田ブラック風 もつらあ(追い飯付き)」が完成すると!
深谷店主自らの手によって供された。


Homemade Ramen 麦苗【壱弐】-3Homemade Ramen 麦苗【壱弐】-4

国産牛モツ豚肩ロース肉のレアチャーシューのカットチャーシュー、味玉ハーフ牛蒡ローストオニオン青ネギが入り、レモンが添えられて
『和 dining 清乃』のトレードマークである紅芯大根がトッピングされた、彩り鮮やかで美しいビジュアルのラーメン♪

まずは、漆黒のスープをいただくと
甘辛い濃いめの味わいの醤油味のスープに牛モツから出た脂が溶け込んで

ニンニクが効かされていて!
牛モツのうま味がギュウっと詰まった、このコクとうま味いっぱいのスープは、理屈抜きに、めっちゃ、美味しい♪


ただ、『麦苗』らしさは、ほとんど感じられないスープだったし
『清乃』の「有田ブラック」は食べたことはないけど、『清乃』の原田店主が作るラーメンという感じもしなかったかな(笑)

そして、このスープに合わせられた麺は切刃14番の太ストレート麺で!
これだけ、味が濃くて、強い味わいのスープだと、いつもの切刃22番の中細ストレート麺では負けてしまうだろうし!


ムチッとした食感の麺は弾力があって、コシのある麺で!
このコクうまの牛モツスープに適度に絡んで、美味しく食べさせてくれたし♪


Homemade Ramen 麦苗【壱弐】-5

それに、トッピングされた牛モツのカットチャーシューは、本当、お酒のつまみにはピッタリの一品で!
めっちゃ、美味しかったし♪


牛蒡ローストオニオンも、牛モツと、この濃いめの甘辛い味わいのスープともバッチリ合っていて♪
これも美味しくいただけたし♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、今日も、しっとりとした食感に仕上がっていて!
肉のうま味が閉じ込められた、バツグンに美味しいレアチャーシューだったし♪


Homemade Ramen 麦苗【壱弐】-6

後半レモンを搾ると
爽やかさに味変してくれたのもよかったし♪

麺を食べ終えたところで、じゅんちゃんが出してくれた「追い飯」に残しておいた具とスープを掛けていただくと
これは、合うに決まってるよね♪

Homemade Ramen 麦苗【壱弐】-7

この一杯は、「有田ブラック」リスペクトとか、『清乃』とのコラボラーメンとか、そんな感じではなく
イメージ的には、深谷店主が賄いで作った美味しいラーメンという感じだったけど

たまに食べるなら、こんなラーメンもいい♪
ご馳走さまでした。


Homemade Ramen 麦苗【壱弐】-8

通常メニュー:醤油らあめん…780円/味玉醤油らあめん…900円/特製醤油らあめん…990円

にぼらあ…780円/味玉にぼらあ…900円/特製にぼらあ…990円

【3月1日(5食)限定】有田ブラック風 もつらあ(追い飯付き)

コロチャー小めし…200円/土鍋炊き小めし…120円/実家の魚めし…380円


生姜醤油に変更…100円/チャーシュー(4枚)…300円/メンマ…150円/海苔(5枚)…100円/味玉…120円/海老ワンタン(3個)…350円/肉ワンタン(3個)…250円

Homemade Ramen 麦苗

昼総合点★★★★★ 5.0



関連ランキング:ラーメン | 大森海岸駅大森駅立会川駅



好み度:有田ブラック風 もつらあstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3968-221304b4