訪問日:2017年5月12日(金)

【新店】中華そば ぬんぽこ-1

本日のランチに向かったのは、大阪・天六に5月8日にオープンした『中華そば ぬんぽこ』!

こちらの店は、天六の居酒屋 『海の家 MUSH-UP (マッシュアップ)』のあっしーこと芦田店主が、『マッシュアップ』のランチタイムを利用して2012年5月8日にオープンした店を5年ぶりにリバイバルオープンさせた店!

5年前に、旧『中華そば ぬんぽこ』を訪れて、あっしー店主に初めてお会いした。
そして、提供されていた「八王子ラーメン」風の「中華そば」をいただいて!


こんな大阪にはないラーメンを大阪で食べることができる!
面白い店が誕生した♪


と思っていたんだけど
すぐに営業をやめてしまって

その後、『ふすかけ』とのコラボ営業店とのフレコミストライク軒を2013年8月8日にオープンさせたけど
あっしー店主も『ふすかけ』の健ちゃんこと実藤店主も店にいるわけでもなく、もう一つ、盛り上がりにかけた…

ただ、あっしー店主とは、東京ラーメンショーや、東京・幡ヶ谷の『一汁三にぼし 裏不如帰』、兵庫・塚口の『ロックンビリーS1』のオープンの日にお会いしたりと
店以外の場所では、ちょくちょく、お会いしていたんだけど

今回の新店では、腰を落ち着かせて、ラーメンが提供されるのだろうか(笑)
ということで、『マッシュアップ』のある「レンガ通り」の1本裏側の路地にある店を訪ねたところ

暖簾も看板もない
知る人ぞ知るといった感じの隠れ家的な店で(笑)

11時11分11秒に入店すると
厨房前に造られた8席あるストレートのカウンター席には5人のお客さんが座っていて

オープンキッチンの厨房には、あっしーさんと、もう一人、男性スタッフの姿があって!
このイケメンスタッフの人は、あとで、あっしーさんの実の兄弟と判明したんだけど


似ているかな(笑)
ともあれ、この新生『中華そば ぬんぽこ』は、あっしーブラザーズの2人による営業で!

【新店】中華そば ぬんぽこ-3

あっしー店主の話しによると
オープンから3日間営業して!

昨日は1日休んで、看板メニューの「中華そば」の味の修正を行った!
麺も、切刃18番から16番の、より太い麺に変更したという。


また、今日からは、もう一つの看板メニューにしようと考えている「ちゃんぽん」が発売になる。
これは、長崎の豚骨ベースのチャンポンではなく、自分の出身の愛媛県宇和島の名物ちゃんぽんだと話していたけど


【新店】中華そば ぬんぽこ-2

相変わらず、あっしー店主のマシンガントークの破壊力はスゴい(笑)
そうして、そのあっしー店主に注文を聞かれて、「中華そば」をオーダー!

すると、前金制になると言うので
黒いお皿の上に千円札を置くと

220円のお釣りがリターンされて
お皿の隣に置かれていた小判型の札が下げられて、注文成立!

後客の分と合わせて「中華そば」を3個作りし始める、あっしー店主!
そうして、テボで麺を茹でて!


茹で上がると、緩い湯切りをして
テボに箸を差し入れると

麺が一直線になるよう箸で挟んで
スープの張られたラーメン丼の中に、キレイに麺を折り畳むようにして盛りつけていたけど

【新店】中華そば ぬんぽこ-4

平ざるを使って、この業を行うのが、東京・つつじヶ丘にある『柴崎亭』で!
平ざるではなく、テボで


しかし、『柴崎亭』のように、麺線を揃えて、麺を美しく盛りつけたいと考えて、練習を重ねて
テボでも、キレイに盛りつけられるようにしたのが

東京・九段下の『八咫烏(やたがらす)』に東京・王子神谷の『麵屋 坂本02』
しかし、大阪でも、同じことをしている店があるとは!


そうして、最後に具がキレイに盛りつけられて、3個作りされていた「中華そば」が完成すると
「熱いので、気をつけてください。」という注意喚起の言葉とともに、あっしー店主から供された。

【新店】中華そば ぬんぽこ-5【新店】中華そば ぬんぽこ-6

なお、スープが並々と注がれたラーメン丼は、ラーメン丼の縁を持っても、マジで熱い(汗)
それで、カウンターの上から下へと移動させるのを一瞬、躊躇していると

それを見た、あっしー店主が、厨房側から、カウンターの上にあったラーメンをカウンターの下へと、代わりに移動させてくれた。
ありがとうございます。


大きな豚ロース肉のチャーシュー支那竹九条ネギ玉ねぎ、海苔が載る、実にシンプルな見た目のラーメン!
まず、着丼したときに目立ってた大判の豚ロース肉のチャーシューについて、あっしー店主に


「ロース肉のチャーシュー使うなんて、ロックンビリーみたいですね!」と言うと…
「ええ、参考にさせてもらいました。」とあっしー店主(笑)

そうして、まずは、淡口醤油と濃口醤油をブレンドした色合いの琥珀色したスープをいただくと
じんわりとした鶏のうま味が感じられて

さらに、昆布に節、煮干しの魚介出汁も感じられる淡麗な味わいのスープで
カエシの味わいも淡くて、関西風のうどんつゆを濃いめに仕上げたような味わいで

旧『めんぽこ』や『ストライク軒』の「中華そば」のように東京風のものではなく
大阪を意識したかのような味付けがなされていた。

【新店】中華そば ぬんぽこ-7

すると、あっしー店主から
「僕の地元・愛媛県宇和島市の媛っこ地鶏を使って、鯵と鰹で出汁を引いたスープです。」

「どうですか!?」と感想を聞かれて
「淡い、大阪風の味わいのスープですね。」と話すと…

「宇和島の地元の巽醤油に薄口醤油を合わせて、大阪の人たちの口に合うようにしてみました。」
そう言って、我が意を得たりといった表情を浮かべるあっしー店主!


【新店】中華そば ぬんぽこ-8

なお、使われた節が鰹と言っていたので
私の方から

「節は鰹ですか!?」と聞いてみると…
「大阪の味わいは鰹ですから…」と言うので…

「目近(メジカ)使ってません?」と言って、反応がなかったので
「宗太鰹(=目近)使ってます?」と言い直すと

「ええ、宗太鰹を使いました。」
「でも、よくわかりましたね。」
と言うので…

「鰹にしては、節の味が濃くて、鯖とは風味が違ったので、宗太鰹だと思いました。」と答えさせてもらったけど…
このスープを飲んで、ふと、思い出したのが、寺田町にあって、5年前に閉店した『まるとら本店』で出されていた「鶏そば」!

今は、千葉県山武郡で『麺処 くろ川』を営む小川店主が、濃口醤油に淡口醤油をブレンドして、大阪向けにアレンジして作ったラーメン!
ただ、この味を本当に大阪のお客さんが受け入れるのだろうか
!?

大阪らしいといえば、大阪らしい味わいと言えるかもしれないけど
大阪のラーメンといったら、以前は、ライトな豚骨醤油ラーメンというイメージがあったし

大阪のご当地ラーメンはないものの、プチご当地ラーメンとして認定されている東大阪の「高井田系ラーメン」があって、この淡い味わいとは真逆の、濃口醤油がカエシに使われた、しょっぱい味わいのスープだし
それに、今の大阪は、そんな地域性にとらわれない全国区のラーメンを出す店が主流だと思うので

でも、ある意味、個性的なオンリーワンのラーメンといえるし!
美味しいスープなので、このスープが、どう大阪のお客さんに受け止められるのか注目して見ていきたいと思う。


麺は、東京から取り寄せた三河屋製麺の切刃16番の中太ストレート麺が合わせられていて
つるっとした、啜り心地がよくて、のど越しのいい麺で!

モチッとしたうどんのような食感の多加水麺は、これも、大阪のお客さんを意識した麺のように感じられたけど
これも、どう受け止められるのか!?

【新店】中華そば ぬんぽこ-9

個人的には、スープとの絡みが、もう一つに感じられたので
もっと細い中細ストレート麺にして!

もっと加水率の低い中加水麺にするか
あるいは、白河ラーメンの麺のように、平打ちにして、縮れをつけて、スープと絡みやすくした方がいいように感じられた。

具では、豚ロース肉のローストチャーシューは、肉質のいいものが使われていて!
肉のうま味を感じる美味しいチャーシューでよかった♪


【新店】中華そば ぬんぽこ-10

しかし、支那竹は、細切りの筍で、やわらかい食感だったのが
ここは、コリッとしたカタめの食感の細切りメンマにしてほしかったかな

スープも麺も、大阪を意識して作られた一杯!
ぜひ、一度、食べてみてください。


なお、この「中華そば」と愛媛県宇和島風の「ちゃんぽん」の他、あっしー店主が好きだったのに、今は廃業して食べられなくなってしまった東京・新大久保の『めとき』
『永福町大勝軒』の「中華そば」をアレンジした煮干し清湯ラーメン等も限定で出していくと話していたので!

こちらの店は、個人的には、デフォのラーメンではなく、限定に期待かな♪
ご馳走さまでした。


【新店】中華そば ぬんぽこ-11【新店】中華そば ぬんぽこ-12【新店】中華そば ぬんぽこ-13

メニュー:中華そば…780円/ちゃんぽん…880円

〆めし…100円/大盛り…100円
煮卵…100円/支那竹…150円/九条ねぎ…150円/具(大)…300円

めし(大盛も可)…200円/生卵(有精卵使用)…150円
からあげ…400円/からあげ 大…700円
ランチ(からあげ+めし)…300円


中華そば ぬんぽこ



関連ランキング:ラーメン | 天神橋筋六丁目



好み度:中華そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3962-d93a03d6