訪問日:2017年4月12日(水)

神保町 黒須【七】-1

本日のランチに向かったのは、先週の金曜日に続いて、再び、東京・神保町に昨年の11月1日にオープンした『神保町 黒須』!

今日も、あまり時間がなくて、近場でランチ!
そこで、先週は売り切れていた「つけ蕎麦」狙いで訪問。


こちらの店の黒須店主からは、13時前に来れば残っていると聞いていて
でも、次回は開店間際の11時に行くつもりだったから、関係ないと思っていたけど

今日も忙しくて、店へとやってきたのは、お昼の12時30分になる時刻(汗)
入店すると

店内は満席で
店内のベンチには2人のお客さんが待っている状態。

そして、券売機の前に立つと
「つけ蕎麦」は、しっかり、売り切れずに残ってくれていた♪

神保町 黒須【七】-2

今日は、暖かかったから、「つけ蕎麦」が出るんじゃないかと思ったので
もしかして、早めに売り切れているのでは!?

そんな不安もあったので
残っていてよかった♪

そこで、デフォの「つけ蕎麦」の食券を買って、待ち合いのベンチへ
すると、黒須店主から

「お待ちのお客さんに注文を聞いてください。」
そう、言われて、まず、2人で来ていた先客から食券を受け取る女性スタッフの人


そうして
「つけ蕎麦に味玉つけ蕎麦です。」と注文を告げたところ

「それで、つけ蕎麦終了です!」
黒須店主から、いきなり、死刑宣告の言葉が出た!


そこで
「えっ、もうつけ蕎麦の食券買っちゃったんですけど…」と言うと…

「今、何人お待ちですか?」と聞いて
「全部で4人です。」と女性スタッフの方から答えがあると

「もう1人の方のご注文は?」と聞いて
その会話を聞いていた、後客のお客さんから

「煮干蕎麦です。」
「つけ蕎麦じゃありません。」


それを聞くと
「今、店内にいるお客さんまで!」

そう言って、厨房を飛び出すと
券売機を開けて、「つけ蕎麦」のボタンに売り切れの×マークを点灯させる黒須店主。

神保町 黒須【七】-3

危なかった(汗)
ギリ、セーフ!

そうして、食券を回収にきた女性スタッフの人に食券を渡すと
麺1玉(140g)か、麺1.5玉(210g)のどちらにするか聞かれて

麺1.5玉でお願いして、待っていると
この後、ガバッと席が空いて、待ち合いのベンチで待っていたお客さん全員が席につくことができた。

さらに、少し待っていると、黒須店主のワンオペで3個作りされた「つけ蕎麦」が出来上がったようで!
女性スタッフの方の手によって順番に配膳!


麺の上に、真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシュー三ツ葉が載り、レモン柚子胡椒が添えられて
つけ汁の中には、穂先メンマとネギが入る、シンプルながら、彩り鮮やかで、美しいビジュアルの「つけ蕎麦」♪

神保町 黒須【七】-4神保町 黒須【七】-5神保町 黒須【七】-6

まずは、「中華蕎麦」と同じ、三河屋製麺の全粒粉が配合された中細ストレートの麺をいただこうとしたんだけど
麺の入った丼の底には、水たまりになっていて、めっちゃ、水切りが悪いのが(汗)

神保町 黒須【七】-7神保町 黒須【七】-8

そうして、箸で手繰って、麺だけをいただくと
冷水で〆られたからか、「中華蕎麦」で食べるのとは違って、ザクッとしたカタめの食感に感じられて!

でも、この食感
最高♪

そして、なぜか、麺だけを食べたのに、煮干しと昆布の風味が感じられた。
もしかして、この底にたまった水は、水切りの悪さから、たまった水ではなく、煮干し昆布水とか
!?

そこで、デッドに丼に口をつけて、この水を飲んでみたところ
これは

水出しした煮干し出汁だった。
そして、後で、黒須店主に確かめたところ


この液体は、実は、「煮干蕎麦」のスープそのものであることが判明したけど
コストがかけられた煮干しスープを昆布水替わりに使用するとは

でも、だから、この量だったんだね(笑)
昆布水にしては少ないので、ただ、単に、水切りが悪いだけなのかと思ってしまった(汗)

次に、生醤油香るつけ汁に麺をつけていただくと
今年から、鶏を二段仕込みにして、鶏感がパワーアップさせたという鶏スープが使われたつけ汁からは

鶏のうま味がいっぱいに感じられて!
鶏の豊潤なうま味とカエシに使われた生醤油の芳醇なうま味がハーモニーを奏でて、最高に美味しい♪


そうして、食べ進めていくうちに
だんだんと、煮干しが顔を出してきて!

最初は、鶏オンリーの味わいだったつけ汁が、徐々に味変して、鶏も煮干しも感じるつけ汁に変わっていったのが面白くて!
このアイデア、めっちゃ、いいじゃないですか♪


そうして、さらに、後半、柚子胡椒を麺に塗って食べてみたり♪
さらに、終盤には、レモンを麺に搾りかけて、食べてみたんだけど


これが、どちらも、風味よく味変してくれて!
一度に何度も、いろいろな味を楽しめたのがよかったし♪


こうなると、これに、さらに「自家製トリュフソース」をプラス50円で追加して食べてみたら
どうなったんだろうなんて興味も湧いたし♪

この「つけ蕎麦」!
思った以上に完成度が高くて!


美味しくて♪
面白い逸品だった。


トッピングされた具の豚肩ロース肉のレアチャーシューは、先週同様、厚めにカットされているのがよくて♪
食感は、生ハムのようにしっとりとしていて


噛めば、肉のうま味をいっぱいに感じられる
絶品のレアチャーシューだったし♪

神保町 黒須【七】-9

三ツ葉の香りもよくて♪
醤油味のスープとよく合っていたし!


そうして、最後は、黒須店主にスープ割りをお願いすると
ネギがいっぱい足されて!

鶏香るスープ割りになって、戻ってきて!
これが、また、めっちゃ、美味しくて♪


神保町 黒須【七】-10

最後まで、堪能させてもらいました♪
ご馳走さまでした。


神保町 黒須【七】-11

メニュー:特製中華蕎麦…1000円/味玉中華蕎麦…850円/中華蕎麦…750円

特製煮干蕎麦…1000円/味玉煮干蕎麦…850円/煮干蕎麦…750円

替玉…100円

特製つけ蕎麦…1050円/味玉つけ蕎麦…900円/つけ蕎麦…800円
※麺の量を1玉(140g)または1.5玉(210g)から選択。替玉不可

肉飯…150円/白飯…100円

トッピング
焼豚1枚…100円/味玉…100円/メンマ…100円/自家製トリュフソース…50円


神保町 黒須



関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅



好み度:つけ蕎麦star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3933-f4f10002