訪問日:2017年4月7日(金)

神保町黒須【六】-1

本日のランチに向かったのは、東京・神保町に昨年の11月1日にオープンした『神保町 黒須』!

今日は、時間がないので、近場でランチ!
というわけで、何か、めぼしい限定でもやっていないか


面白そうな新店ができていないか
スマホで探ってみたけど、近場ではなかった(汗)

そこで、思い浮かんだのが、こちら『神保町 黒須』!
こちらの店では、今年の仕事始めの1月5日に、トリュフオイルを使った限定をいただいた。


そして、この限定が、今はデフォで、いつでも食べられるようになったという情報を思い出したので!
というのも、明日の土曜日に、東京・三鷹に一昨日の4月5日にオープンした『ラーメン 健やか』を訪問する予定をしていて!


こちらの店が、やはり、鶏清湯スープにトリュフオイルが使われたラーメンを出す新店だったので!
もう一度、『神保町 黒須』で食べて、味の違いを確かめてみようと思った♪


そうして、店へとやってきたのは、13時30分になる時刻。
忙しくて、遅いお昼になってしまった
(汗)

すると
店頭のA型看板が、以前の「有吉ジャポン」に出演したときの映像のキャプチャー画像から、メニュー写真に替わっていて

以前の「中華蕎麦」、「煮干蕎麦」に加えて「つけ蕎麦」の写真があった。
さらに、「メニュー一新しました。」の文字もあって!


神保町黒須【六】-2神保町黒須【六】-3

何が替わったんだろうという興味もあったけど
ここは、まずは、新メニューの「つけ蕎麦」を食べておかないといけないでしょう♪

というわけで、ここに来るまでは、ポルチーニトリュフオイル入りの『中華蕎麦』を食べるつもりだったけど
この新メニューを食べることに、急遽、切り替えたんだけど(笑)

しかし、こんなメニューがあるなんて、TwitterにもFacebookにもブログにもなかったはずなのに
でも、来てよかったと思いながら、ルンルンで入店すると♪

こんな時間だというのに、ほぼ、満席状態!
ただ、辛うじて、一席のみ席が空いていた♪


まずは、券売機で食券を購入♪
しかし、何と、「つけ蕎麦」のボタンには、売り切れを示す赤い×マーク
(>_<)

神保町黒須【六】-4

マジで
後で、黒須店主に聞いたところ、いつも、13時頃には売り切れるということだったので

次回は早めに来て、食べないとね
というわけで、当初の目的通り、トリュフオイル入りの「中華蕎麦」を食べようとしたところ

「トリュフオイル」は、まず、「オイル」ではなく、「ソース」だった
そういえば、液体ではなく、個体だったなということも思い出した(汗)

そして、この「自家製トリュフソース」は、プラス50円で追加できると言うことだったので
「中華蕎麦」に、150円で食べられる超お得な「肉飯」の食券を買って、席について

カウンターの上に食券を置いて
さらに、その上に50円玉を重ねて!

そうして、食券を回収にきた女性スタッフの方に
「トリュフソースを別皿で出してもらえません!?」と聞いてみると…

奥の厨房の黒須店主に聞きにいってくれて
「大丈夫だそうです♪」の返答。

ただ、これ、ブログに書くので
誰でも対応してもらえるのかどうか

ここが大事なので、黒須店主に確認したところ
「言っていただければ、やります♪」ということで、一安心。

そうして、まず、黒須店主によって作られた「中華蕎麦」と、別皿に入れられ「自家製トリュフソース」が、女性スタッフの方によって配膳されて!
少し遅れて、「肉飯」も供された。


神保町黒須【六】-5

以前に比べると、分厚くなって、レア感の増した豚肩ロース肉のレアチャーシューに!
鶏ムネ肉のタタキ風レアチャーシュー穂先メンマ、白髪ネギ、カイワレがトッピングされた彩りもよくなって、見た目もよくなった「中華蕎麦」♪


神保町黒須【六】-6神保町黒須【六】-7

まずは、醤油が香るスープをいただくと
今年から、鶏を二段仕込みにして、鶏感を格段にアップさせたというスープは

神保町黒須【六】-8

鶏のうま味がハンパなくて!
これが醤油の芳醇なうま味と融合して!


めっちゃ美味しいし!
めちゃめちゃ好み♪


そうして、そのまま、麺を半分ほど食べたところで
「自家製トリュフソース」をスープに溶かし入れてみると

神保町黒須【六】-9

前回同様、トリュフにポルチーニ、アンチョビの風味が一気に口の中を駆け巡って!
スープがからイタリアンに一変!


そして、この何とも芳醇な風味が、とてもよくて!
『金色不如帰』リスペクト的な味わいもいいね♪


麺は、こちらは、オープン以来、使われている三河屋製麺の全粒粉が配合された、切刃22番の中細ストレート麺で!
つるっとした日本蕎麦の「二八そば」のような食感の麺は


神保町黒須【六】-10

啜り心地がよくて!
のど越しのよさもあって!


小麦粉のうま味も感じられる麺で!
それに、コクとうま味いっぱいのスープをいっぱい持ってきてくれるのがよかったし♪


トッピングされた2種類のレアチャーシューのうち
豚肩ロース肉のレアチャーシューは、以前に比べて、厚みが増して、レア感が増した分、肉のうま味も強く感じられるようになって!

これなら、1枚増しで100円のトッピング価格も納得できるし!
次回はぜひ、トッピングしてみようかという気になったし♪


神保町黒須【六】-11

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、前回は、自家製のポン酢に漬けて提供されていて
酸っぱかったのが(>_<)

それ以前は、豚バラ肉のローストチャーシューが使われていて
これが、肉のジューシーさを感じる美味しいチャーシューだったので!

この変更が、とても残念に感じられたんだけど
今日の鶏ムネ肉のレアチャーシューからは酸味が消えていて

黒須店主にそれを指摘すると
「塩と砂糖だけで味付けました。」なんて話してくれたけど…

この変更は、個人的には、めっちゃ嬉しかったし♪
しっとりとした食感も、この味付けも、とてもよかった♪


そして、「肉飯」にも、レアが増して、厚みも増した豚肩ロース肉のレアチャーシューがいっぱい使われていて!
半分はそのまま


神保町黒須【六】-12

半分は、残ったスープをかけていただいたんだけど
どちらも、美味しくいただけたし♪

神保町黒須【六】-13

最後は今日も、スープの最後の一滴まで残さず完食♪
ご馳走さまでした。


PS 「自家製トリュフソース」は、風味がとても強いので
チャーシューの上に載せられて提供されても

配膳される、僅かな時間に、少しでもスープに溶けてしまうと、最初のスープの風味を損ねるので
やっぱり、提供は別皿がいいと思う♪

黒須店主は、やると言ってくれているので
遠慮なくお願いして、「二度美味しい」を実感してみてください♪

神保町黒須【六】-14

メニュー:特製中華蕎麦…1000円/味玉中華蕎麦…850円/中華蕎麦…750円

特製煮干蕎麦…1000円/味玉煮干蕎麦…850円/煮干蕎麦…750円

替玉…100円

特製つけ蕎麦…1050円/味玉つけ蕎麦…900円/つけ蕎麦…800円

※麺の量を1玉(140g)または1.5玉(210g)から選択。替玉不可

肉飯…150円/白飯…100円

トッピング
焼豚1枚…100円/味玉…100円/メンマ…100円/自家製トリュフソース…50円


神保町 黒須



関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅



好み度:中華蕎麦+自家製トリュフソースstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3931-34ad0278