訪問日:2017年3月24日(金)

麺処 ほん田【壱六】-1

本日のランチに向かったのは、東京・東十条にある元祖ラーメン王子こと本田店主の店『麺処 ほん田』!

2008年2月15日に弱冠21歳で『麺処 ほん田』を開業!
現在、都内に3店舗と埼玉県の大宮に1店舗を出店している本田店主!


麺処 ほん田【壱六】-2

本田店主のスゴいところは、経営者としてもとても忙しいはずなのに、開業以来、本店の厨房に立ち続けていること!
これは、『中華蕎麦 とみ田』の富田店主と共通するところだけど


謙虚にして驕らず、味のブラッシュアップに努め!
行列店のできる人気店にも関わらず、味のリニューアルも大胆に行ってきた。


そんな、本田店主が、『麺屋こうじ』グループのイベントで行ったタイで購入した材料で作る「タイカレーつけ麺」が提供されているという情報を今週の火曜日に知って!
金曜日に十条に行く用事があったので!


麺処 ほん田【壱六】-00麺処 ほん田【壱六】-0

ちょうどいい機会だったので!
開店30分前の11時を目指して出発!


11時になる時刻に店の前までやってくると
なぜか、暖簾が掛かっている。

あれ、まだ、開店まで30分以上あるというのに、おかしいな
と思いながら、入口の引戸を開けて入店すると

すでに営業しているようで、3人のお客さんが席についていた。
厨房には本田店主に男性スタッフの人が2人!


そして、私の顔の顔を見るなり
「あれっ!今日はどうしたんですか?」

恒例の本田店主からの軽い嫌み(笑)
本田店主の作る淡麗なラーメンに濃厚なつけ麺は、どちらも、とても好きなんだけど

基本、あまり同じ店で、同じラーメンにつけ麺は、食べない人で
新店や好みのラーメンを出す店の限定を追いかけているので

だから、2008年2月15日のオープンの日にポールで並んだ割りには、そんなに訪問回数も多くはないんだよね(汗)
それで、いつも来る度に、こうして、軽く嫌みを言われる(笑)

そこで
「タイカレーつけ麺食べにきました♪」と言うと…

「そんな、一期一会さんに、わざわざ食べていただくようなものではありません(笑)」なんて言うんだけど(汗)
そう言いながらも

「限定900円の食券を買ってください。」と言われて…
券売機で言われた通り「限定900円」の食券に「半ライス」の食券を購入して席へ。

麺処 ほん田【壱六】-3麺処 ほん田【壱六】-4

そうして、本田店主に
「開店時間、11時半じゃなかったでしたっけ?」と疑問を呈したところ

「そうです。開店時間は11時30分です。」
「でも、開店の準備が出来たら、いつも早く開店してます。」
と言う…

一巡目に入店して食べたかったので、店頭で30分待つつもりできたのに
これは、めっちゃ嬉しい♪

そして、本田店主から
「大阪から研修に来ている『麺や 輝』の○○さんです。」

「○○さんは、大阪か京都で、店をオープンされる予定です。」
そう言って、スタッフの人の紹介をしてくれたんだけど


見覚えのあるこの方は
『麺や 輝 長堀橋店』のともや店長!

昨年の12月に、大阪・長堀橋にある店を訪ねて、ともや店長の作る、「12月☆夜☆の限定麺」の「潮豚骨ラーメン」をいただいた。
カプチーノのように泡立つスープラーメンで!


豚骨のうま味に昆布とホタテのうま味の出た、クリーミーで円やかな味わいの塩味のラーメンは
デフォの「魚介とんこつ」とは、また、一味違った味わいが楽しめてよかった♪

縁あって、『麺処 ほん田』でお世話になることになったと、ともや店主は話していたけど
東京で、こんなカタチで再会できるとは思ってもいなかったので、本当、ビックリ!

ガンバって、いろいろなものを吸収していってください。
店のオープンが決まったら大阪でも京都でも伺いますので♪


そんな話しをいている最中も、本田店主は、麺を手揉みしてラーメンを作っていて
体重を掛けて、麺を捏ねて

見ていて、めっちゃ、大変そうで
腱鞘炎になるんじゃないかと心配してしまう(汗)

麺処 ほん田【壱六】-5麺処 ほん田【壱六】-6

そうして、先客の「手揉み醤油ラーメン」に「濃厚豚骨魚介つけ麺」が出された後に
私の「タイカレーつけ麺」も本田店主によって作られて

「パクチー大丈夫ですか?」と聞かれて…
「ぜんぜん大丈夫!」と答えると…

最初に、美しく麺線が整えられた麺の上に、具がトッピングされたお皿が出されて!
次に、最後にレンジで熱々に温められたつけ汁が着丼!


味玉2種のチャーシューパクチーが麺の上に載せられて!
鶏肉しめじパプリカ青菜糸唐辛子がつけ汁の中に入る、彩りも鮮やかで美しいビジュアルの「タイカレーつけ麺」♪


麺処 ほん田【壱六】-7麺処 ほん田【壱六】-8麺処 ほん田【壱六】-9

まずは、艶やかに輝く太ストレートの麺だけを、つけ汁にはつけずにいただくと
香り高い小麦粉の風味がふわっと口の中に広がって♪

麺処 ほん田【壱六】-11

噛めば、つるっとして、モチッとした食感の多加水麺で!
しっかりとしたしたコシもあって!


小麦粉のうま味も感じられて!
風味も食感も、とてもいい麺♪


そして、この麺を、食欲をかきたてるエスニックなハーブとスパイスのフレーバー漂うつけ汁につけていただくと
サラッとした、とろみのないスープカレーのようなつけ汁で

レッドカレーペーストにココナッツミルクを加えて
さらに、ラーメンの鶏スープを入れて作った味わいのつけ汁は

赤唐辛子の辛味をココナッツミルクの甘味が緩和して、辛味は控えめ。
そして、レッドカレーペーストに使われているレモングラス、ガランガル
(タイしょうが)、こぶみかんの皮といったタイ独特のスパイスにナンプラーがうま味をプラスして!

レッドカレー独特のコクと辛味とうま味が感じられて!
もう20年も前に、初めてバンコクに行って食べたレッドカレーの味を彷彿させるような味わいだったのもよかくて、めっちゃ美味しい♪


日本では、辛味の強い青唐辛子が使われるグリーンカレーの方が有名かもしれないけど!
本場タイでは、赤唐辛子に甘口唐辛子を使った、このレッドカレーの方がポピュラーで!


癖になる味わいで!
嵌まる人は嵌まると思う♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、いい感じのレア感に仕上げられていて!
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいチャーシューでよかったし♪


麺処 ほん田【壱六】-12

豚バラ肉の吊し焼きチャーシューは、香ばしくて!
肉のジューシーさが感じられる美味しいチャーシューで、最高だったし♪


デフォで付いていた味玉は、卵黄の茹で加減が理想的な仕上がりで!
ネットリとした味わいがバツグンに美味しかったし♪


麺処 ほん田【壱六】-13

そうして、最後に出してもらった半ライスは
これで、半ライスというほど、盛りのいいもので(汗)

麺処 ほん田【壱六】-14

さらに、カットしたチャーシューも載せられていて!
ライスダイブさせて食べようかと思ったけど


そうすると、絵面が悪くなりそうなので、半ライスにレッドカレーを掛けて!
大満足で完食♪


麺処 ほん田【壱六】-15

美味しかった♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【壱六】-16

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

【限定】タイカレーつけ麺…900円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円


麺処 ほん田

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅



好み度:タイカレーつけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3910-4cb0c5e9