訪問日:2017年3月4日(土)

【新店】和風拉麺 喜粋-1

本日のランチに向かったのは、東京・根津に2月22日オープンした新店の『和風拉麺 喜粋』!

こちらの店は、あまりの行列のため、初めてラーメン店で整理券を発行した
東京・湯島の元祖整理券店『らーめん天神下 大喜』出身の店主が、2012年10月1日に『麺酒房 喜粋』として、つくばエキスプレス浅草駅近くで営業していた店を根津に移転オープンさせた店。

以前は、昼はラーメン専門店。
夜は焼鳥居酒屋で、〆にラーメンを出す麺酒場という営業形態だったものを、移転に当たってはラーメン一本で行くようで!


『大喜』の「とりそば」他の「しお味」のラーメンが好きで♪
『大喜』出身の『らー麺 N( らーめん えぬ)』で食べた「塩らー麺」も好みの味わいだったので、こちらの店にも期待して訪問♪


東京メトロ千代田線の根津駅1番出口を出て、前に走る不忍通りの横断歩道を渡って左手・千駄木方面へ。
そうして、2分ほど歩くと道路の右手にある店へとやってきたのは、午後の2時近い時刻。


入口左横のA看板には、「本日、鶏白湯拉麺終了しました。」の文字。
この時間だから、当然だよね。


【新店】和風拉麺 喜粋-2

でも、大丈夫!
元々、清湯の「塩拉麺」狙いで来ているので♪


入店すると
店内は奥がクローズドキッチンの厨房になっていて

客席は、店の入口から奥の厨房へと延びるカウンター10席に、4人掛けのテーブル席が2卓。
こんな遅い時間だからか、お客さんは2人だけ。


奥のクローズドキッチンの厨房には店主1人。
ホールには男女2人のスタッフの姿があった。


そして、その男性スタッフの人から
「奥へどうぞ!」と言われて、奥の方のカウンター席へとつく。

券売機はなく、メニューを見て、口頭で注文する方式。
メニューは、「醤油拉麺」、「薄口醤油拉麺」、「塩拉麺」の3種類の清湯スープのラーメンに、「鶏つけ麺」、「鶏白湯拉麺(限定)」とあって!


【新店】和風拉麺 喜粋-3

3種類の清湯スープのラーメンには、どれも「ワンタン麺」のラインナップがあるのに
「チャーシュー麺」は「醤油拉麺」にしかなく

これは、『大喜』同様、「醤油拉麺」が豚チャーシュー!
「塩拉麺」が鶏チャーシューで、鶏チャーシューのトッピングバージョンがないということなんだろうけど


でも、この中で、一番気になるのが、『大喜』にない「薄口醤油拉麺」!
そこで、男性スタッフの人に


「醤油ラーメンに濃口醤油と薄口醤油の2つのスープのラーメンがあるのも珍しいですね。」と言うと…
「薄口醤油は、醤油と塩を合わせたラーメンなんですよ。」なんて言うんだけど…

マジっすか!?
濃口醤油のカエシと塩ダレを合わせたカエシのラーメンが「薄口醤油拉麺」って

それは、薄口醤油ではないのでは(汗)
でも、面白いので、一瞬、「薄口醤油拉麺」にしようかと思ったけど

でも、『大喜』といえば、やっぱ、「塩」でしょう♪
というわけで、注文は、ワンタンがトッピングされた「塩わんたん麺」にすることにした。


さらに、ランチのみ提供のサイドメニューに「おまかせミニ丼」なんていうのがあったので
どんなものなのか聞いてみると

「今日は、そぼろ丼です。」という答えがあって…
日替わりで替えているみたいだったけど

そぼろは、あまり好きではなかったので(汗)
「塩わんたん麺」のみお願いすることにした。

そうして、少し待っていると、完成した「塩わんたん麺」が、受け皿に載せられて、男性スタッフの人によって運ばれてきた。
鶏チャーシュー、ワンタン、味玉ハーフ極細メンマ小松菜、海苔がトッピングされたラーメンは、一見、『大喜』ライクに見えたけど


【新店】和風拉麺 喜粋-4【新店】和風拉麺 喜粋-5

何か違うような
と思って、後で『大喜』の画像を見直して見たところ

カイワレと白髪ネギがなかったのと
細かくカットしたネギがスープに散りばめられていないのが、違いとわかったけど

でも、なぜ、こちらの店では、薬味を使わないんだろう!?
それはさておき、さっそく澄み切った塩スープをいただくと

【新店】和風拉麺 喜粋-6

「煮干と鶏のWスープで煮干の風味を抑えて鶏の旨みとコクを感じるチューニング…」と店頭の看板に説明のあったスープは
丸鶏で出汁をとったスープのような、上品で、ふくよかな鶏のうま味を感じる♪

ただ、煮干しは弱めで
それに、煮干しだけではなく、このスープには『大喜』同様、昆布に干し椎茸、鯖や宗太鰹の節の和風出汁のうま味も入れられていたけど

これも弱めで
『大喜』の武川店主の作るスープといったら、この和風出汁の味わいが秀逸なのが最大の特徴なのに

同じ『大喜』出身の『らー麺 N』の「塩らー麺」も、あまり、和風出汁のうま味は感じられず
これも『大喜』の武川店主の作るスープとは違う。

でも、こちらは、鶏出汁のうま味が際立つスープで!
これはこれで、とても美味しくいただけた♪


ただ、こちらのスープは、鶏が強いかというと
そうでもなく

そこそこ美味しいスープではあるけど!
もう少し、出汁感が強く感じられると、よかったと思うし


そうなれば、このスープ!
大化けする可能性はある。


麺は中細ストレートの中加水麺が合わされていて!
つるパツの食感の中加水麺は、啜り心地がよくて!


【新店】和風拉麺 喜粋-7

のど越しのよさもあって♪
スープとも合っていてよかった♪


トッピングされた鶏モモ肉のチャーシューは、醤油、塩、酒で味付けされたもののようで
味わいもまずまずだったし♪

【新店】和風拉麺 喜粋-8

ワンタンは、トゥルンとした皮の食感がよくて!
肉餡も肉のジューシーさを感じられるものでよかったし♪


【新店】和風拉麺 喜粋-9

デフォルトで半玉入る味玉も、黄身の半熟具合もよくて!
中まで、味が滲みて、なかなかの美味しさだったし♪


細切りのメンマは、コリコリとした食感がよくて!
美味しく完食♪


『大喜』のイチオシは「塩」!
でも、こちらの店の場合は、メニュー先頭にあった「醤油」なのかな
!?

「塩拉麺」は、もう一つ、訴えかけるものが弱かった気がしたので、機会があったら、「醤油拉麺」を食べてみるつもり♪
ご馳走さまでした。


【新店】和風拉麺 喜粋-10

喜粋



関連ランキング:鳥料理 | 根津駅東大前駅千駄木駅



好み度:塩わんたん麺star_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3907-b931bc1b